WiMAX

WiMAXとは?仕組みやポケットWi-Fiとの違いをわかりやすく解説

「WiMAXとはどんなものなのかを具体的に知りたい」と悩まれてはいませんか?

WiMAXって名前だけは知っていても、具体的にどんなものなのか、またポケットWiFiと比べて何が違うのかなど契約するなら理解しておきたいですよね。

そこで本記事では、そのような悩みを抱えられている方に向けて「WiMAXとはなにか」「WiMAXとポケットWiFiとの違いなどの情報をお伝えしていきます。

本記事をお読みいただくことで「WiMAXとはどういったものなのか」を理解できて、契約するなら注意すべきポイントなどを理解できるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

【この記事からわかること】
・WiMAXとはなにか
・WiMAXを利用するメリット
・WiMAXを利用する際の注意点
・WiMAXを申し込んで使えるようになるまでの流れ

WiMAXとは?

WiMAXとは、無線通信技術の1つで、わかりやすくお伝えすると、「docomo」「au」「SoftBank」の大手3キャリアが使う4G LTE回線と並ぶ、無線インターネット回線の一つです。

WiMAX回線を利用したWiFiサービスだという認識を持っていただければわかりやすいかと思います。

UQ WiMAXやBroad WiMAXとは何が違うの?

WiMAXの中にも「UQ WiMAX」「Broad WiMAX」と名前に違いがありますが、端末の特徴や料金形態などが大きな違いだといえます。

例えば「月額料金」「端末代金代」「キャンペーンの内容」「解約違約金がかかるかかからないか」などが大きな違いです。

WiMAXの契約を検討する際に見るべきポイントは、人によって求めるものは違うと思うので見るべきポイントは変わってくるとは思いますが「料金」が1番安い会社を契約するのが無難な選択だといえるでしょう。

WiMAXの会社自体扱っている商品は、サービス内容や対応エリアなどほとんど同じものが多いので、「料金」が1番安い会社を選ぶといいです。

WiMAXとポケットWiFiは違う?

「WiMAX」と「ポケットWiFi」どちらとも外出先や自宅で無線通信が可能なサービスモデルですが、2つにも違いがあります。

2つの違いとしては「WiMAX」はUQコミュニケーションズ社が提供しているサービスモデルで「ポケットWiFi」はワイモバイル社が提供しているサービスモデルです。

提供会社が違うため「通信回線」「通信速度」「対応エリア」「月額料金」などが異なってきます。無線通信できるWiFiをお探しの場合は、自分にとって何が重要なのかを理解して契約するようにしましょう。

WiMAX 2+とは?

WiMAX 2+とは、WiMAX回線が進化した新しい無線通信技術の規格のことを表します。

「docomo」「au」「SoftBank」の3大キャリアをお使いの方に向けてわかりやすくお伝えすると、「3G回線」と「4G回線」との違いのように考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

WiMAX 2+サービス自体は、2013年から開始されたサービスで提供エリアはどんどん拡大されており、通常のWiMAX回線と比較すると、WiMAX 2+回線の方が通信速度は遥かに速めです。

具体的な通信速度については、最大下り速度が「440Mbps」と設定されています。あくまで理論値なので、常に設定されている速度が出るわけではありません。

自分が住んでいる地域や電波が入りにくい場所によっては、通信が入らないことも考えられるので、契約するなら事前に回線状況など調べるようにしましょう。

WiMAX 5Gとは?

「WiMAX 5G」とは2021年4月よりスタートされた新しい通信規格サービスです。

「docomo」「au」「SoftBank」の3大キャリアをお使いの方に向けてわかりやすくお伝えすると、「4G回線」と「5G回線」との違いのように考えてもらえばイメージしやすいでしょう。

次世代通信の「5G」を利用した通信サービスで、最大下り速度が「2.2Gbps」と高速通信ができ、WiMAX 2+には存在する容量制限も緩和されて使い勝手の良いサービス内容です。

最大下り速度の「2.2Gbps」については、光回線会社に並ぶ通信速度の速さなので、ストレスがかかることなくWiFiを利用できるのが大きなメリットです。

 

当サイおすすめのWiFiを見る

WiMAXを利用するメリット7つ

ここでは、WiMAXを利用するメリットを紹介します。

ポケットWiFiでなく、WiMAXを利用してみたいと考えている方は参考にしてみてください。

開通工事不要ですぐに利用開始できる

1つ目のメリットは「開通工事不要ですぐに利用開始できる」ことです。

自宅に光回線を引いてWiFiを利用しようとする場合だと、基本的には工事をする必要があるので、WiFiが利用できるまで、大抵の場合1〜2ヶ月の時間が掛かってしまいます。

しかし、WiMAXは申し込みをしたら数日で端末が届いて、なおかつ難しい設定などは一切することなく利用できるようになるので、WiFi環境が早く欲しい方にとっては打ってつけの商品だといえるでしょう。

光回線と比較すると「通信速度」は劣ってしまうため、高速通信を求めている方は、WiMAXを契約するよりも光回線の方を契約することをおすすめします。

通信速度に大きなこだわりはなく、WiFi環境が早く欲しいと感じている方にとっては、WiMAXの利用はおすすめできるといえるでしょう。

利用できるエリアが広い

2つ目のメリットは「利用できるエリアが広い」ことです。

WiMAXは元々、光回線の開通が難しい田舎や山奥でも高速通信が可能な端末という側面を持った商品でした。

LTE回線ができる前まで、スマートフォンが使えない地域ではWiMAXを利用することで、高速通信が可能になるといったケースもあったと言われています。

そのためWiMAXは、よほどの山間部でもない限りは通信ができて利用可能エリアも広めに設定されています。場所によっては十分なスピードを確保できないこともありますが、通信提供エリアは広めです。

もしも、利用を開始して「スピードが遅すぎて使い物にならない…」と感じてしまった場合には、契約してから8日以内なら契約解除ができるクーリングオフのような仕組みも存在します。契約してから不満を感じた場合はキャンセルできるので、気になれば契約するのも1つの手だといえるでしょう。

オプションでauのLTE回線も利用できる

3つ目のメリットは「オプションでauのLTE回線も利用できる」ことです。

WiMAXはKDDIグループの会社なので、オプションを追加で契約すれば「au」のLTE回線も利用が可能です。

WiMAXの通信容量は基本的に無制限ですが、こちらのオプションの利用には、ひと月あたり7GBの通信制限があるので無制限でないことは頭に入れておきましょう。

WiMAXのエリアが入らない地域で利用する場合には有効的なオプション内容なので、出張が多い方には相性の良いオプションだといえます。

WiMAXは通信速度が速い

4つ目のメリットは「WiMAXは通信速度が速い」ことです。

WiMAXの最新規格では、最大下り速度が「2.7Gbps」の端末が存在するように、ポケットWiFiやスマートフォンの通信速度と比べると速いです。

あくまで理論上の限界の数字なので、実際は設定された数字と同じぐらいの通信速度を常に出せるかというと、そうではありませんが理論上では光回線と同等だといえるでしょう。

通信速度がどれぐらいなのか気になる人もいらっしゃるかと思うので、表を使って他社と比較していきます。

機種通信速度
WiMAXPing値:83.4ms
下り速度:64.77Mbps
上り速度:12.15Mbps
ドコモPing値:50.93ms
下り速度:160.85Mbps
上り速度:16.63Mbps
ソフトバンクPing値:37.37ms
下り速度:91.77Mbps
上り速度:20.07Mbps
ワイモバイルPing値:38.77ms
下り速度:50.92Mbps
上り速度:13.9Mbps

表に記載してある通信速度の数値は「みんなのネット回線速度」の情報を元に記載しています。

みんなのネット回線速度とは、実際に使用しているユーザーの方が公表している、直近3ヶ月に計測された通信速度のデータをまとめているサイトのことです。
機種を使用しているユーザーがリアルに公表しているデータなので、数字に信憑性があります。

大手3キャリアと比較すると通信速度の速さは劣りますが、同じ無線WiFiの「ワイモバイル」と比較すると通信速度は若干速めだということがわかりますね。

データ容量無制限で使える

5つ目のメリットは「データ容量無制限で使える」ことです。

WiMAXでは毎月あたり規制されているデータ通信容量は、無制限に設定されていることが多いです。

3日で10GB以上使用したら通信制限に掛かったり、3日で15GB以上使用したら通信制限に掛かったりと、プランによっては通信規制が掛かったりすることが多いので、完全な無制限とは言い切れません。

ちなみに1GBの目安数値としては、HD動画を1時間視聴するぐらいが目安数値なので、3日でHD動画を5時間以上視聴してしまうようだと、通信規制に掛かってしまう恐れがあります。

WiMAXで毎月使えるデータ使用量は、完全な無制限でないことは頭に入れておきましょう。

同時接続可能な台数が多い

6つ目のメリットは「同時接続可能な台数が多い」ことです。

同時接続台数とは、タブレットやスマートフォンやPCなどのネットワーク接続機器をいくつ同時に接続できるかを表した数のことをいいます。

最大同時接続台数は機種によって変わってきますが、20台同時に接続できる機種もあれば、40台同時に接続できる機種も存在します。最新機種であればあるほど接続台数も増えることが多いですが、一般的な家庭で使用する場合だと最大同時接続台数は気にする必要はないかもしれません。

なぜなら、家族だけで機種を使用する場合だと、どれだけ多くても同時接続台数は10台程度だと思うからです。

会社などで数多くの人とシェアしながら使う場合なら、気にする必要も出てくるかもしれませんが、基本的にはそれまで気にする必要はありません。

お得なキャンペーンが多く実質月額料金が安い

7つ目のメリットは「お得なキャンペーンが多く実質月額料金が安い」ことです。

WiMAXではフレッツ光やauひかりなどと同等に新規申し込みによって、キャッシュバックなどのプレゼントキャンペーンが存在するのでお得に契約を検討することが可能です。

キャンペーン内容については、WiMAXのプロバイダや代理店で変わってきますが、主に「初期費用無料」「月額料金大幅割引」「端末代金が無料」などのキャンぺーンが存在します。

キャンペーン内容が充実している会社を選ぶのも、賢い選択だといえるので、WiMAXの契約を検討している場合キャンペーン内容もチェックを忘れないようにしましょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

WiMAXを利用する際の注意点3つ

ここでは、WiMAXを利用する際に注意すべきポイントを紹介します。

WiMAXへの契約を検討しているなら、不安な点もしっかりとチェックしておきましょう。

3日で10GBを超えると通信制限にかかる

1つ目の注意点は「3日で10GBを超えると通信制限にかかる」ことです。

WiMAXは基本的にデータ使用量は無制限ですが、3日で10GBを超えると通信制限に掛かってしまいます。(WiMAX 2+プランを利用している場合)

ただしWiMAXで通信制限に掛かったとしても、携帯キャリアのように、ほとんど何もできなくなる状態までは遅くなることはありません。

なぜなら、WiMAXで通信制限に掛かっても、通信速度は「1Mbps」程度のスピードは出るようになっているからです。

「1Mbps」の通信速度で、具体的に何ができるのかというと、アプリゲームをして遊んだり、ネットサーフィンをする程度だと問題なくできるでしょう。

通信容量を大量に使用するOSのアップデートをする場合などは、通信制限に掛かっている場合だと、使いものにならない恐れがありますが、基本的には問題なく使用できます。

WiMAXは地下で電波が弱いという声が目立つ

2つ目の注意点は「WiMAXは地下で電波が弱いという声が目立つ」ことです。

https://twitter.com/takabe0829/status/1407537795996946437

WiMAXは、電波の提供エリア内だったとしても電波が繋がりにくい場所だと入りづらいことがあります。WiMAXの電波は障害物に弱いため、地下で使用する場合だとコンクリートの壁などで電波が阻害されることによって、電波が入らなくなってしまうこともあります。

最新機種であればあるほど、それに応じてWiMAX端末の性能は高くなるため、最新機種であれば障害物に電波の阻害を受けることなく使用できる可能性もありますが、地下やビルの中などの障害物が多い場所では電波が入りにくいことは頭に入れておきましょう。

プロバイダが多くて比較が難しい

3つ目の注意点は「プロバイダが多くて比較が難しい」ことです。

WiMAXは現在プロバイダが20社以上存在するため、初めてWiFiを契約しようとしていて、プロバイダを選ぼうとしている方にとっては「プロバイダが多すぎてどこの会社を選べばいいのかわからない…」というのが正直な意見だと思います。

WiMAXの契約プロバイダを考える際に1番目をつけるべきポイントは「料金」です。なぜなら、料金以外の「通信速度」「提供エリア」については、どのプロバイダ会社もほぼ差がないからです。

プロバイダの中でも特におすすめなのは「GMOとくとくBB」というプロバイダ会社です。月額料金が安く、キャッシュバックキャンペーンなどが充実しているため、数多く存在するプロバイダ会社で初心者の方に、おすすめできるのは「GMOとくとくBB」だといえるでしょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

WiMAXの申し込みから利用開始までの流れ

ここでは、WiMAXの申し込みから利用開始までの流れを紹介します。

WiMAXへの契約を検討していて、これから申し込みをしようと考えている方は参考にしてみてください。

申し込むプロバイダを選ぶ

WiMAXの利用を開始するなら、まずは「プロバイダ」を選ぶ必要があります。

WiMAXには、約20社以上のプロバイダ会社が存在するため、どのプロバイダ会社を契約するか自分で決めて選びましょう。

プロバイダを選ぶ際には「料金の安さ」を見て選ぶことが1番無難なので、何か大きなこだわりがない場合は、料金の安さを視点に、自分が契約するプロバイダを選びましょう。

プロバイダのHPで提供エリア確認をしてから申し込む

契約するプロバイダを決めたら、プロバイダ会社のHPから提供エリア情報を確認してから、プロバイダ会社に申し込むようにしましょう。

プロバイダ会社だけ決めても、自分が利用しようとしている場所が電波提供エリア外だった場合は、端末だけが届いて利用できないので、プロバイダ会社を決めたら提供エリア内に入っているのか確認するようにしてください。

申し込みについては、案内に沿って申し込みプランや端末情報や住所など必要事項を入力していけば、申し込みは簡単にできるので、提供エリアの確認は忘れないように必ずやっておきましょう。

機器を受け取り初期設定をして利用開始

申し込みが完了して、端末が届いたらWiFiルーターの初期設定を行いましょう。

設定方法は難しくなく「SIMカードを入れて、WiMAXの電源を入れる」だけで初期設定は完了するので、誰でも簡単に設定ができます。

注意点として初期設定をする際は、WiMAX本体の電源は切った状態で行うようにしてください。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

WiMAXについてよくある質問

ここでは、WiMAXについてよくある質問とその回答を紹介していきます。

この中に気になる質問内容があれば、回答している内容を参考にしてみてください。

WiMAXってどこの回線?

WiMAXのネット通信回線は「UQコミュニケーションズ株式会社」が運営するネット通信回線です。

WiMAXは独自のネット通信回線網を使用しており、WiMAX専用の基地局を設置して、WiMAX専用の電波を発信しています。

WiMAXのおすすめプロバイダはどこ?

WiMAXのおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

なぜなら、月額料金が最安でキャッシュバックも最大20,000円もらえるためおすすめできます。

ただし、キャッシュバックが貰えるのは11ヶ月後なので、キャッシュバックの適応を受けたい方は、契約してから直ぐに受け取ることができないのは最初から頭に入れておきましょう。

「GMOとくとくBB」の運営会社である「GMOインターネット株式会社」は、通信事業者としての歴史も古くて東証一部に上場している企業なので、初心者でも安心して使用することができます。

12ヶ月以上使用する場合だと、全プロバイダの中でも1番安いので、長期的な利用を考えている方にはおすすめででるといえます。

WiMAXのおすすめルーターは?

WiMAXのおすすめのルーターは「Speed WiFi 5G X11」です。

なぜなら、WiMAXの中で1番最新の機種で端末の性能が1番良いからです。

「Speed WiFi 5G X11」は2022年3月現在で最新のWiMAXモバイルルーターです。下り最大速度が2.7Gbpsと光回線と同等の通信速度を兼ね備えています。さらに5Gにも対応しているため、自宅でも外出先でも5Gを利用して高速通信を行うことができ、非常に便利です。

他にも、重さが174gと非常に軽くて持ち運びが気軽にでき、搭載バッテリーも4,000mAhと大容量のため長い時間の利用が可能です。最新機種だからこその特権だといえるでしょう。

WiMAXは解約時に違約金がある?

WiMAXは契約期間を満たしていない状態で解約をしようとすると、解約違約金が発生します。

WiMAXは基本的に契約期間は3年に設定されているため、更新月以外に解約しようとすると主に以下の解約金が掛かってしまいます。

契約期間解約違約金
1〜12ヶ月目20,900円
13〜24ヶ月目15,400円
25ヶ月目10,450円
37ヶ月目0円
それ以降10,450円

WiMAXは海外でも使える?

WiMAXは海外での使用はできません。

「WiMAX 2+」が実装される2015年以前までは、海外でも利用できていた時期があったらしいですが、現在ではWiMAXでは海外での使用は不可能です。

もしも、海外でモバイルWiFiを利用したい場合は、海外専用のモバイルWiFiを契約したり、海外にも対応しているクラウドWiFiを契約するなどの対処をとって、解決するようにしましょう。

WiMAX以外におすすめのモバイルWiFiはある?

WiMAX以外におすすめのモバイルWiFiは「FUJI WiFi」です。

なぜなら、契約期間に縛りがなかったり、月額料金が安かったりなどのメリットがあるからです。

「FUJI WiFi」は契約期間に縛りがないため、解約違約金が発生しません。

そのため、自分が解約したいと思ったタイミングでいつでも解約できます。WiMAXでは契約期間に縛りがあるため、いつでも不自由なく解約していい状態を作っておきたいのであれば、おすすめできます。

月額料金については、月額データ使用量が50GB以下のプランであれば「FUJI WiFi」の方がWiMAXよりも安くで利用できます。

毎月のデータ使用量が100GBを超えるといった人には「FUJI WiFi」はおすすめできませんが、毎月のデータ使用量が50GB以下の場合は契約をおすすめできるといえるでしょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見

まとめ:WiMAXとは無線インターネット回線のこと

WiMAXとは無線インターネット回線のことです。

WiMAXとポケットWiFiについては、野球とソフトボールのような親戚のようなもので、ほとんど同じようなものですが「通信回線」「月額料金」「端末代金代」「キャンペーンの内容」「解約違約金がかかるかかからないか」など違いはたくさん存在します。

WiMAXもポケットWiFiも、どこでも持ち運びができて、外出先でもWiFiの利用ができるのが大きな特徴なので、どちらを選ぶかは自分が求めている条件に沿って選ぶようにしましょう。

最後までご精読いただきありがとうございました。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る