WiMAX

ソフトバンクエアーの解約金は高いので要注意|0円解約の方法を解説します

「ソフトバンクエアーを解約したいけど高いって本当?」そんな不安を抱えている人も、少なくありません。しかし、実際に解約金は高いのでしょうか。

どうすれば解約できるのか、0円で解約する方法がないのかなどを詳しく解説していきます。

ソフトバンクエアーの解約を検討している人はぜひ、この記事を参考にしてお得に解約してみてください。

この記事でわかること
・ソフトバンクエアーの解約方法
・ソフトバンクエアーの解約金について
・ソフトバンクエアーに関するよくある質問

 

  1. ソフトバンクエアーの解約金は高い
    1. 解約金の対象は「契約期間外の違約金」と「端末料金の残債」
    2. 端末をレンタルしている場合は残債の支払いはない
  2. ソフトバンクエアーの解約金が発生するタイミング
    1. 最低利用期間内(2年以内)の解約
    2. ただし端末料金は36回分割になるため丸2年で解約しても残債支払いがある
    3. 丸3年利用して端末料金の支払いが完了しても今度は2年縛りの解約金がある
  3. ソフトバンクエアーの解約金を0円にする方法4つ
    1. 端末をレンタルしている人は丸2年利用する
    2. 端末を購入している人は丸4年利用する
    3. 解約金負担のキャンペーン行う他社回線に乗り換える
    4. 利用間もない人は「初期契約解除制度」を利用する
  4. ソフトバンクエアーの解約の流れ
    1. サポートセンターに解約の電話をする
    2. 端末をレンタルしている場合は返却する
  5. ソフトバンクエアーは解約金にまつわるトラブルもある
    1. トラブルに遭った時はどう対処すればいい?
  6. ソフトバンクエアーの解約金についてよくある質問
    1. ソフトバンクエアーの更新月はどうやって確認すればいい?
    2. 解約の連絡は更新月に入ってからすればいい?
    3. ソフトバンクエアーは解約後いつまで使える?
    4. ソフトバンクエアーの解約金の支払い方法は?
    5. レンタル端末はいつまでに返却すればいい?
    6. レンタル端末の返却方法は?
    7. レンタル端末が破損した場合はどうなる?
    8. ソフトバンクエアーから乗り換えるならどこがおすすめ?
  7. まとめ:ソフトバンクエアーは4年利用すれば解約金はかからない

ソフトバンクエアーの解約金は高い

ソフトバンクエアーの解約金は高い、という話を聞いたことはないでしょうか。

「実際のところはわからないけど不安だから」と、解約に踏み切れない人も少なくありません。

しかし、解約をしたいのにいつまでもそのままというのも、不安が残ります。

しかし、本当にソフトバンクエアーの解約金は高いのでしょうか。

解約金が安くなる時期はあるのか、実際のところどの程度解約金がかかるのかを、詳しくみていきましょう。

解約金の対象は「契約期間外の違約金」と「端末料金の残債」

ソフトバンクエアーに関して発生する違約金は、「契約期間外の違約金」と「端末料金の残債」となっています。

「契約期間外の違約金」とは、解約金不要期間外での解約をした場合に必要となる料金であり、10450円がかかります。

また、端末を分割で購入している場合には36分割、つまり3年で支払い終わるように設定してあるため解約したときに端末料金の残債が残っている場合は、その残金分を解約料金と一緒に支払うことになります。

そのため、解約金がどのくらい必要なのかということの他に、端末代金の残りがどのくらいあるのかも把握しておく必要があります。

端末をレンタルしている場合は残債の支払いはない

実際にソフトバンクエアーを契約するときには、端末をレンタルするか購入して分割で支払いをするかを選ぶことができます。

購入して分割で支払いをする場合は、解約した時点で残っている金額を一括で支払う必要があります。

しかし、端末をレンタルする場合には、月々のレンタル料を支払っているだけなので、端末を返却すればとくに残債は支払う必要がありません。

基本的にソフトバンクエアーの端末は2年の利用を予定しているのであればレンタルの方がお得ですが、3年以上利用する場合には購入するほうがお得です。

いざというときに解約金などの余分な料金を支払わなくても済むように、計画を立ててから利用するといいでしょう。

 

ソフトバンクエアーの解約金が発生するタイミング


ソフトバンクエアーには、解約金が発生するタイミングがあります。

つまり、解約金が発生するタイミングを理解して、それ以外の時期に解約をすることで、解約金を支払わなくて済むようになります。

ただし、解約金の全くないときに解約するのは難しく、タイミングをうまく見計らう必要があるでしょう。

そのため解約金が発生するタイミングを、しっかり見極めておく必要があります。

最低利用期間内(2年以内)の解約

ソフトバンクエアーには、最低利用期間というものがあります。

最低利用期間は2年に設定されているので、2年以内の解約をすると解約金がかかってしまいます。

解約金は10450円を一括払いとなるため、注意が必要です。ソフトバンクエアーを利用する場合には、最低でも2年間の継続利用が必要というわけです。

といって、2年たてばだれでもいつでも自由に解約金なしで解約できる、というわけではありません。

2年後には、自動更新でまた2年契約となるため、結局その後の解約に関しても解約金が発生することになります。

ただし、契約更新時の1か月間だけは解約金が発生しないため、もしも解約するならこのタイミングを逃さないようにしてください。

ただし端末料金は36回分割になるため丸2年で解約しても残債支払いがある

解約金に関して、2年目であれば0円で解約できるタイミングがやってきます。

しかし、せっかく0円で解約できる最短のタイミングがやってきたとしても、端末をレンタルではなく購入していれば、残念ながら別の料金が発生してしまいます。

いわゆる残債というものであり、端末購入代金で未払いの金額を一括で支払うことになってしまいます。

なぜなら、端末の購入代金は36分割になるためであり、2年で契約期間が終了したとしても、残り1年分の端末代金の支払いが残っているからです。

そのため、2年目の解約金0円のタイミングが来たとしても、支払いをなしに、ということはできません。

支払いの残りはどの程度なのかを、きちんと計算しておく必要があります。

丸3年利用して端末料金の支払いが完了しても今度は2年縛りの解約金がある

端末を購入して分割払いにしたなら、分割払いが終了する3年後の契約であれば問題ないと、解約をしたいと感じるかもしれません。

しかし、3年間の分割払いが終了するころには、その1年前に2年間の契約更新が行われているため、結局のところさらに1年間は解約金を支払わなくては解約できないということになります。

つまり、端末を購入しつつも0円で解約をしたいときには、最低でも4年間はかかるということを覚えておく必要があります。

解約金は、一括で支払う必要があります。

そのために、解約金がかかってもいいから早めに解約したいという人か、端末をレンタルにしている人でなければ、4年以内の解約は厳しいといわざるを得ないでしょう。

 

ソフトバンクエアーの解約金を0円にする方法4つ

ソフトバンクエアーの解約金は高いですが、0円にする方法もあります。

高い解約金は一括で支払うにはなかなか大変な部分もあるため、できれば解約金のないときにうまく解約をしたいということもあるでしょう。

ソフトバンクエアーの解約金を0円にする方法は、全部で4つあります。それぞれどういった方法なのかを詳しく解説していくため、ぜひ参考にしてみてください。

端末をレンタルしている人は丸2年利用する

端末をレンタルしている人は、丸2年間ソフトバンクエアーを利用する必要があります。

端末をレンタルするのであれば、購入とは違って支払いがあるわけではないため、いつ契約解除しても問題はありません。

しかし、ソフトバンクエアーの契約自体が2年契約となっているため、2年以内は解約をしても解約金がかかってしまいます。

そのため、解約金を支払わずに解約しようと思ったなら、2年後の解約がおすすめです。

ただし、0円で解約できる期間はわずか1ヶ月にすぎないため、注意が必要です。

1か月を過ぎると自動更新で再び2年契約となってしまい、その間に解約すると解約金が必要になります。だからこそ、0円で解約できるタイミングを逃さないようにしましょう。

端末を購入している人は丸4年利用する

端末を購入して分割払いで支払っている人は、途中解約をしてしまうと残りの代金を一括で支払うことになります。

また、解約するタイミングによっては解約金がかかってくるため、注意が必要です。

端末の分割払いの代金と解約金のすべてを一括で支払うのは、なかなか厳しい物があるでしょう。

そのため、端末を購入している人は3年間の分割払い期間が終わるのを待ち、なおかつ2年目に契約更新してまた2年契約になったソフトバンクエアーの契約が切れるまで、残り1年間待ちましょう。

全部で4年間待つことで、解約料金を0円に抑えることが可能です。

ただし4年待って解約金が0円でできる期間は1ヶ月しかなく、タイミングを逃すとまた2年間待たなくてはならないため、注意が必要です。

解約金負担のキャンペーン行う他社回線に乗り換える

2年も4年も待つのは難しい、できるだけ早く変えたいと考えているのであれば、解約金負担のキャンペーンを行う他社回線に乗り換えることも可能です。

乗り換えたい他社回線が、キャンペーンを行っている場合がもっともおすすめです。

しかし、ほかの回線でも問題ないというのであればぜひキャンペーンを行っている回線を中心にして探してみてください。

ただし、解約金負担のキャンペーンを行っている他社回線もまた、何らかの縛りがある可能性もあるため、契約に関する事項はしっかりと呼んでおく必要があります。

解約金負担をしてくれる他社回線を選ぶときには、条件をよく確認してから契約しましょう。

利用間もない人は「初期契約解除制度」を利用する

総務省は、2016年に「初期契約解除制度」を導入しています。

そのため、光回線の契約などについても、クーリングオフに似た制度を利用することが可能になりました。

「初期契約解除制度」とは、電波状況が不十分である・契約の説明が十分でない・契約書面が交付されていないなどの場合に、消費者側から契約解除を突きつけることができる制度です。

契約解除できる期間は、契約開始日から8日間です。この期間だけは、電気通信事業者の都合は関係なく解約することができます。

「初期契約解除制度」を利用することで、解約金以外の月額料金や端末料金といった契約にかかるすべての料金は無効となります。

ただし、ソフトバンクエアー本体や端末の返却が必要であれば、その送料だけは負担する必要があるため、覚えておきましょう。

 

ソフトバンクエアーの解約の流れ


ソフトバンクエアーを解約したいけど、どうすればいいのかよくわからないという人も少なくありません。

回線によって解約の仕方もいろいろあるため、それぞれの回線に必要な手続きをする必要があるからです。

そのため、回線を解約するときには事前にチェックしておくことは大切です。

ソフトバンクエアーの場合にはタイミングをうまくつかむ事ができれば、解約自体は簡単にできるため、そこまで心配する必要はないでしょう。

ここでは、ソフトバンクエアーを解約したいという人のために、解約の流れを詳しく解説していきます。

サポートセンターに解約の電話をする

ソフトバンクエアーは、サポートセンターに解約の電話をするだけで解約が可能です。逆にいえば解約の電話をする以外では、ソフトバンクエアーを解約することができません。

ちなみに解約するときは1日に解約しても20日に解約しても、月末が解約日となります。つまり、最後の月には丸々1か月間の契約料を支払うことになります。

また、25日以降になると次の月になる前に解約しなければという人が多くなるため、電話がつながりにくくなるので月をまたがないように気を付けてください。

ソフトバンクエアーサポートセンターの電話番号は、(186)+0800-1111-820です。受付時間は10:00~19:00です。

端末をレンタルしている場合は返却する

端末をレンタルしている場合には、返却する必要があります。

返却先は、ソフトバンク返品センターです。返却は、解約した翌月の20日までに行う必要があります。

返却の際には住所と品名を記入します。電話番号は記入する必要がありません。

品名には、「精密機器」と記入するといいでしょう。ただし、送料だけは自己負担になることは、覚えておいてください。

ちなみに、端末を返却しただけでは当然解約扱いにはならないので、必ず先に解約の電話を入れましょう。

返却先住所などは、解約の電話をした時にオペレーターに確認しておくことをおすすめします。

 

ソフトバンクエアーは解約金にまつわるトラブルもある

ソフトバンクエアーは、解約金にまつわるトラブルがあります。解約料金はかからなくても購入した端末代が高い、解約料金自体が高いなどです。

また、ルーターは6万円もしたのに全く使っていない、という人もいます。

解約時のトラブルを避けるためには、契約時に解約時の条件もすべて把握しておく必要があるでしょう。

少しでも気になる条件があったなら、契約を見合わせることも必要です。

トラブルに遭った時はどう対処すればいい?

ソフトバンクエアーの契約中や解約時にトラブルに遭った場合には、お問い合わせ窓口に相談してください。

トラブルによっては、ソフトバンクエアーへ相談しなくては解決できない場合もあるからです。

基本的に、ソフトバンクエアーはほぼすべて電話で対応しています。そのため、トラブルも電話での問い合わせが一般的です。

しかし、電話がつながりにくい場合や夜間などには問い合わせができないため、そういったときには別の方法を考えましょう。

そういったときにおすすめなのは、チャットです。

チャットであれば24時間問い合わせが可能だからです。ちなみに、WEBでは既存の疑問の確認しかできません。

そして、メールではお問い合わせ内容が限定されていて、契約や解約に関する内容には対応してもらえないので、おすすめできません。

 

ソフトバンクエアーの解約金についてよくある質問

ソフトバンクエアーの解約金について知りたい、質問があるという人は少なくありません。実際に契約書を見ても、わかりにくい事項も多いからです。

しかし、疑問や質問をどこに言えばいいかわからないという人も多くいます。

そこで、ここではソフトバンクエアーの解約金についてよくある質問を集めてみました。わかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンクエアーの更新月はどうやって確認すればいい?

ソフトバンクエアーには、更新月があります。解約金を掛けずに解約するためには、この更新月を知っておく必要があります。

しかし、基本的にソフトバンクエアーは自動更新のため、更新月がよくわかっていないという人も多いでしょう。

そういった人は、ソフトバンクのホームページからMy SoftBankに登録・ログインしてください。ソフトバンクエアーの更新月も、My SoftBankに記載されています。

ただし、契約情報を確認するためには、S-IDやパスワードが必要になるので、事前に用意をしておきましょう。

解約の連絡は更新月に入ってからすればいい?

「解約の連絡はいつすればいいのかわからない」「更新月では遅いのではないか」、と不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

ソフトバンクエアーの解約については、解約金がかからないのは1ヶ月だけに限定されているので、間違うわけにはいきません。

ちなみに、解約は更新月に入ったら早めに連絡してください。

更新月の前の月や更新月が過ぎて次の月になってから連絡すると、解約金がかかるため、注意が必要です。

解約の際には月のうちいつ解約したとしても、申し出た月の月末に解約ということになります。

月額料金はいつ申し出ても日割りにはならず、1月分を支払わなくてはならないことは覚えておきましょう。

また、25日以降は電話が通じにくいため、更新月のうちに確実に解約するためには、早めの連絡がおすすめです。

ソフトバンクエアーは解約後いつまで使える?

ソフトバンクエアーは、解約後はいつまで使えるのかを疑問に感じている人も多いでしょう。実際の

ところ、ソフトバンクエアーを解約すると、2日で解約しても15日で解約しても月末まで料金は日割りにならず、丸々支払う必要があります。

しかし、その分月のうちいつ解約を申し出たとしても月末での解約扱いになるため、月末まではネットを使うことが可能です。

そのため、解約の電話をするときには込み合って電話がつながらない月末付近ではなくなるべく繋がりやすい月初にするのがおすすめです。

また、最後までネットを使いたいというのであれば、レンタル端末は翌月の初めに返却手続きをしましょう。

せっかく料金を支払うのであれば、最後まで使った方がお得です。

ソフトバンクエアーの解約金の支払い方法は?

ソフトバンクエアーで解約金を支払わなければならない場合には、支払いはどうすればいいのかというのが気になるところです。支払いが必要な場合は、早ければ翌月に請求書が来ます。

とはいえ解約手続きの時期などによっても、請求書の送付時期が異なるため一概には言えません。

請求書の送付時期を知りたいのであれば、My Softbankを確認してください。「支払い方法を確認する」から「請求締日」をタップすることで確認可能です。

レンタル端末はいつまでに返却すればいい?

端末をレンタルしている場合には、返却する必要があります。

いつ・どうやって返却すればいいのかを知っておきたいところです。何よりも、いつまでに返却しなければならないのかを知っておくことが重要です。

レンタル端末は、解約した月の翌月20日までに返却してください。返却専用のセンターがあるため、そちらあてに梱包した機器を送付します。

残念ながら、送料は自己負担になります。返却時には、返却期限を過ぎないように注意してください。

もしも返却期限を過ぎても返却していなければ、Softbankから督促があり、それでも返却していなければ違約金を請求される可能性があります。

そのため、忘れないうちに早めに返却することをおすすめします。

ウッカリ忘れてしまっても、端末代の請求が来る前にはソフトバンクから督促が入るので、その時点で素早く返却してください。

レンタル端末の返却方法は?

レンタル端末の返却は、段ボールに梱包材と一緒に破損しないように注意して詰め込みましょう。

梱包材は自分で用意する必要がありますが、破損したら余分にお金を請求されてしまうので、梱包材か新聞紙などで保護するのがおすすめです。

商品のところに「精密機器」と記入して、できる限り無事に届くように手配します。宅配業者の指定は特にないため、自分が送りやすい業者を利用してください。

返却先は下記住所を参考にしてみてください。返却期間を守って返却することで、余計なトラブルは避けることができるでしょう。

住所〒272-0001
千葉県市川市二俣678-55 ESR市川ディストリビューションセンター3階 北棟N8
宛名ソフトバンク返品センター
電話番号電話番号の記載は不要

 

レンタル端末が破損した場合はどうなる?

レンタル端末が破損した場合は、修理費用などはどうなるのかが気になるところです。レンタル端末とはレンタル品であり、契約者はあくまでも「Softbank」となります。

そのため破損や故障の責任がユーザーにない場合には、無償で交換してくれるのではないかと期待している人もいます。

しかし実は、故障や破損をした場合には、レンタル端末であってもユーザー側が修理費用を支払わなくてはなりません。

つまり、たとえレンタル端末であっても、無料での交換はしてもらえないのが現状です。

逆に購入した場合であればサポートパックなどに入ることで、故障の場合などは1年間は無料で交換してもらえる場合があります。

修理費用はおおよそ17600円がかかるため、故障や破損には十分注意しましょう。

ソフトバンクエアーから乗り換えるならどこがおすすめ?

ソフトバンクエアーを解約して、別の回線に乗り換えたい、そういったときにはFUJIWi-Fiがおすすめです。

FUJIWi-Fiであれば、契約期間の縛りがなく、違約金なしで毎月大量のデータを使うことができます。しかもポケット型WiFiのSIMだけを契約できます。

料金プランが豊富に用意されていて、SIMプランも多くあるので、自分のライフスタイルにぴったりなプランを選ぶことができます。

とくにSIMのプランは、格安で提供されているためSIMだけが欲しいという人にはおすすめできます。

また、実質300GB以上のプランもあり、大容量で使いたい人はぜひ、活用してみてください。

少なくとも、いつ解約しても解約金がかからないというのは、ソフトバンクエアーを解約した人にとっては大きな利点であるといえるでしょう。

 

まとめ:ソフトバンクエアーは4年利用すれば解約金はかからない

おすすめの人そうでない人

ソフトバンクエアーは、基本的に4年間利用すれば解約金はかかりません

もちろん、契約内容によっては2年で解約できることもあるため、契約時に本当に端末を購入する必要があるかどうかを考えてからにしてください。

実際に端末を高額で購入しても、一度しか使わなかったという口コミなども多くみられます。

ソフトバンクエアーの解約金は高額になるため、できるだけお金をかけずに解約しましょう。

解約したら、次に契約する回線はぜひ、縛りのないいつ解約しても解約金の取られない回線を選ぶのがおすすめです。