wifiルーター

【2022年12月】おすすめモバイルルーター10選徹底比較

場所を気にせずネットを利用でき、持ち運びに便利な”モバイルルーター”

「外出先でもネットが利用したい」

このようにモバイルルーターの契約を検討しているのではないでしょうか?

また、契約を検討するにあたって

「モバイルルーターの種類が多い」

などといったお悩みも合わせてお持ちかと思います。

そこでこの記事では、モバイルルーターのおすすめTOP10をご紹介しております。

また、各モバイルルーターの特徴や月額料金、通信速度などといった情報を網羅的に解説しておりますので、最後まで目を通していただけると幸いです。

〜この記事でわかること〜
◯モバイルルーターの基礎情報
◯モバイルルーターTOP10
◯モバイルルーターのメリット/デメリット
  1. モバイルルーターとは
    1. ホームルーターやモバイルルーター(ポケット型Wi-Fi)との違い
  2. モバイルルーターの選び方
    1. 提供エリア
    2. 月額料金
    3. 通信速度
    4. データ容量
    5. 契約期間
  3. おすすめのホームルーター10社
  4. おすすめのホームルーターの特徴を解説
    1. GMOとくとくBB WiMAX:業界最安値のモバイルルーター
    2. hi-ho Let’s Wi-Fi:1GBあたりのコスパ良いモバイルルーター
    3. Rakuten WiFi Pocket:データ無制限のモバイルルーター
    4. MUGEN WiFi:追加オプションで縛りなしにできるモバイルルーター
    5. BIGLOBE WiMAX:支払方法を選択したい方におすすめ
    6. AiR-WiFi:最短翌日から利用できるモバイルルーター
    7. UQ WiMAX:通信速度が安定しているモバイルルーター
    8. ZEUS Wi-Fi:データ容量が追加できるモバイルルーター
    9. クラウドWiFi:プランが選べるモバイルルーター
    10. Monster Mobile:50GBプランが最安値のモバイルルーター
  5. モバイルルーターのメリット2つ
    1. 外出先に持ち運んで使える
    2. 工事不要なので、申し込み後すぐに利用開始できる
  6. モバイルルーターのデメリット2つ
    1. 光回線に比べて通信速度や安定性は弱い
    2. 速度制限がある
  7. おすすめのホームルーターに関するよくある質問
    1. モバイルルーターとWiMAXは別物?
    2. モバイルルーターは海外でも使える?
    3. データ無制限のモバイルルーターはある?
    4. 5Gに対応してるモバイルルーターはある?
  8. まとめ:特におすすめのモバイルルーターは「GMOとくとくBB WiMAX」

モバイルルーターとは

モバイルルーターとは

・光回線
・ホームルーター
・モバイルルーター

などといった3つのインターネット回線の中でも持ち運びに特化されたものになります。

モバイルルーターのレンタル事業者なども近年では増えており

・日帰り旅行
・海外旅行

などといった旅行先でも快適にインターネットを利用することが可能です。

また、ネット社会といわれる中で働き方を在宅ワークへ移行する企業も多く、近年ではモバイルルーターの需要が高まっています。

ホームルーターやモバイルルーター(ポケット型Wi-Fi)との違い

ホームルーターとモバイルルーターの大きな違いは、次の2つです。

・回線の安定性
・利便性

モバイルルーターと比べ、ホームルーターは回線の安定性が高いです。

モバイルルーターは、利用するエリアで最適な回線と接続することで、インターネットを利用することが可能ですが、接続が不安定になりやすいといったデメリットがあります。

反対に、モバイルルーターと比べ、ホームルータは持ち運びには適しません。

ホームルーターのサイズ感も1Lのペットボトルくらいあるので、持ち運びには不便ですし、なによりコンセントがなければ利用できないため、利便性は低いです。

一方で、モバイルルーターのサイズ感はスマホサイズですし、充電もモバイルバッテリーでできるため、利便性が高いです。

モバイルルーターの選び方

モバイルルーターは”どのポイントを重視するか”でも選び方が異なってきます。

モバイルルーターを選ぶポイントは大きく次の5つです。

それでは1つ1つ詳しく紐解いていきます。

提供エリア

モバイルルーターと契約するにあたって”提供エリアの確認”は重要です。

モバイルルーター自体は、持ち運びに特化されたインターネット回線ですので、全国各地で比較的に安定した速度で利用することができます。

しかし、離島や田舎といった一部地域では

・提供エリア外
・回線の接続が不安定

などといった場合があるのです。

ですので、モバイルルーターを契約し快適にネットを利用したいのであれば”利用を検討している地域は提供エリア内なのか”といった確認が重要です。

月額料金

モバイルルーターを選ぶには月額料金の比較も大切です。

というのも、モバイルルーターは2,000円台のものから5,000円台のものまで金額が月額料金が事業者によって異なるのです。

価格の違いは、大きくいうと”通信速度”にあります。

・価格が安い=通信速度が悪い
・価格が高い=通信速度が良い

これはあくまで極端な判断基準ですが、間違いではありません。

ですので、モバイルルーターを検討する理由が

「デスクワークで利用したい」
「高画質で動画を楽しみたい」

といった場合であれば、あまりにも安いモバイルルーターはおすすめできません。

月額料金は、次に紹介する「通信速度」と合わせて検討すると、自分に合ったモバイルルーターを選ぶことができます。

通信速度

バイルルーターを検討する上で最も重要なポイントと言っても過言ではないのが”通信速度”です。

モバイルルーターを提供している事業者によって通信速度は異なります。

というのも、事業者によっては最新の高性能なモバイルルーターを取り扱っていないからです。

従来のモバイルルーターと最新の高性能なモバイルルーターでは、どうしても通信速度に大きな差が生まれます。

先ほど「月額料金」のところでもお伝えしたましたが

「デスクワークで利用したい」
「高画質で動画を楽しみたい」

といった方は、通信速度の安定性が重要となってきますので、モバイルルーターを選ぶ際には”最新で高性能は製品”がおすすめです。

データ容量

モバイルルーター選びで月額料金・通信速度の次に重要なのが”データ容量”になります。

モバイルルーターの多くは

・3日で10GB
・3日で15GB
・30日で100GB

といったように通信速度が設けられているのです。

基本的に最新の高性能なモバイルルーターであれば、データが大容量のものが多いです。

実際に私が利用しているモバイルルーターは、5G回線にも対応している最新のものであり、データ大容量の製品ですので、速度制限にかかることはほとんどありません。

とはいえ、

・頻繁な高画質での動画視聴
・高度なオンラインゲーム

などといった際にモバイルルーターを利用する場合は、多くの容量を消費するので注意が必要です。

契約期間

モバイルルーターを契約するにあたって、意外に見落としがちなポイントが”契約期間”です。

モバイルルーターを提供している事業者によっては契約期間が異なります。

・2年契約
・3年契約
・縛りなし

などといった大きく3つの契約形態があり、基本的には自動契約更新です。

「とりあえずお試しで利用したい」

といったお考えでモバイルルーターを契約するのであれば”縛りなしのモバイルルーター”がおすすめになります。

契約満了前に解約すると高額の違約金が発生する事業者もあるので

「長く利用したい」
「期間に縛られたくない」
「高額の違約金を避けたい」

などといった内容をふまえた上で、契約期間の確認は重要です。

おすすめのホームルーター10社

バイルルーターの契約を検討する中で

「どれが良いかわからない」

といった方は次に紹介するモバイルルーターの中から選ぶことをおすすめします。

まずは、早見表をご覧下さい。

提供エリア月額料金通信速度データ容量契約期間
GMOとくとくBB WiMAX     全国2,079円〜67.5Mbps無制限3年
hi-ho Let’s Wi-Fi3,828円〜29.7Mbps・1日4GB
・1日7GB
2年
楽天 Pocket Wi-Fi3,078円〜20.1Mbps無制限なし
MUGEN WiFi3,718円20.7Mbps100GB2年
BIGLOBE WiMAX4,191円〜28.1Mbps無制限1年
AiR-WiFi3,278円〜16.2Mbps100GB1年
UQ WiMAX3,880円〜47.2Mbps無制限2年
ゼウス Wi-Fi3,278円〜18.5Mbps100GB2年
クラウドWiFi3,718円13.8Mbps100GBなし
Monster Mobile2,090円〜18.6Mbps20GB〜1年

10社を比較したところ、

・月額料金の相場は3,000〜4,000円台
・通信速度の平均が約29.6Mbps

ということがわかります。

月額料金や通信速度は、モバイルルーターを契約する上でも確認すべきポイントです。

万が一、モバイルルーター選びに迷われた際には紹介した2つの確認ポイントを意識して検討することで、自分に合ったモバイルルーターを選ぶことが可能です。

おすすめのホームルーターの特徴を解説

おすすめのホームルーター10社」でお伝えした各モバイルルーターの詳細をお伝えしていきます。

GMOとくとくBB WiMAX:業界最安値のモバイルルーター

GMOとくとくBB WiMAXは、月額料金が2,079円と業界でも最安値のモバイルルーターです。

前述でもお伝えしたように、月額料金の相場は約3,000〜4,000円台ですので、GMOとくとくBB WiMAXはかなり安いことがわかります。

またGMOとくとくBBWiMAXは、通信速度も比較的に安定しており、

・デスクワーク
・動画の視聴

などといった際に利用する場合であっても快適にネットを利用することが可能です。

GMOとくとくBBには”キャッシュバック額が最大で10万円を超える”といった特徴があります。

契約期間は3年と長いですが、10万円キャッシュバックされるとしたら実質使用料金も大幅に抑えることができ、お得にモバイルルーターを利用することができます。

GMOとくとくBB WiMAXを使うメリットとは?

GMOとくとくBBWiMAXを利用するメリットは以下の点が挙げられます。

・乗り換えの場合キャッシュバック金額が49,000円と高い
・5G対応の最新WiMAX端末を購入することができる
GMOとくとくBBWiMAXでは、現在利用しているインターネット回線から乗り換えると特典として最大49,000円のキャッシュバックを受けることが可能です。
他社で利用していた違約金や工事費などの残債などが20,000円未満であれば20,000円まで、20,000円以上であれば49,000円キャッシュバックをもらうことができます。
他社からインターネット回線を乗り換えを検討している場合初期費用や違約金を大幅に節約することができます。
もう一つは5G端末の最新のWiMAX端末を利用することができます。
5G端末であれば、下り最速2.2Gbpsと高速通信ができるので、WiMAX回線を十分に生かした通信を楽しむことができるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXを使うデメリットとは?

GMOとくとくBBWiMAXを使うデメリットは以下のとおりです。

・WiMAXは2年契約となっていて、途中解約の場合は違約金が発生
・キャッシュバック特典を受け取るまでの期間が11ヶ月後と長い
GMOとくとくBBWiMAXを使うデメリットは、2年契約となっており途中解約する場合は、税込み1,100円が発生します。そのため2年以内で解約したりする場合は別途費用が発生します。
端末も割賦で購入している場合は、途中で残りの機種代金を支払う必要があります。
しかし以前に比べて解約金も安くなっているので、そこまでデメリットに感じないかもしれません。
もうひとつのデメリットは、キャッシュバック特典を受け取るまでの期間が11ヶ月後と長くすぐに受け取ることができないということです。
そのため他社から乗り換えた場合でもすぐにキャッシュバックを受けるのではないため建て替えが必要です。
キャッシュバック申請も11ヶ月後と少し忘れた頃に申請しなければならないために注意が必要です。
申請忘れで受け取ることができないということを防ぎましょう。

hi-ho Let’s Wi-Fi:1GBあたりのコスパ良いモバイルルーター

hi-ho Let’s WiFiは、1GBあたりのコスパが良いモバイルルーターになります。

というのもhi-ho Let’s WiFiには2つのプランがあり、自分のデータ使用量に合ったプランを選ぶことで、コスパを高めることができるのです。

・ライトプラン:1日4GB
・通常プラン:1日7GB

また、hi-ho Let’s WiFiは”クラウドSIM WiFi”を採用しているため、インターネットを利用する場所に応じて

・docomo
・au
・SoftBank

といった3つのキャリア回線の中からつながりやすい回線を利用します。

hi-ho Let’s WiFiは、以上の内容からも、全国的にも利用しやすく通信速度も安定しているモバイルルーターの1つといえます。

hi-ho Let’s Wi-Fiを使うメリットとは?

hi-ho Let’s Wi-Fiを使うメリットは以下のとおりです。

・トリプルキャリア対応のクラウドSIM型モバイルルータ
・海外100カ国以上対応のモバイルルータ
hi-ho Let’s Wi-Fiで利用できるモバイルルータはクラウドSIM型です。
そのため日本では3大キャリアのドコモ、ソフトバンク、auの回線を自動的に選択し一番最適な回線に接続することができます。
そのため日本全国で圏外になることはほとんどありません。
もう一つのメリットは、海外100カ国以上でそのままモバイルルータを利用することができます。
通常モバイルルータを海外で利用する場合、利用できるルータをレンタルしたり返却したりが必要です。しかしhi-ho Let’s Wi-Fiであれば、そのままモバイルルーターを海外に持っていけば利用できるので便利です。

hi-ho Let’s Wi-Fiを使うデメリットとは?

hi-ho Let’s Wi-Fiを使うデメリットについては以下のとおりです。

・最新端末ではないため高速通信ができない
・2年間毎の自動更新により途中解約は違約金が必要
hi-ho Let’s Wi-Fiのデメリットは、最新端末でないため高速通信ができないということです。
端末はクラウドSIM対応で、下り150Mbps、上り50Mbpsが限界。
そのため大容量のデータを利用する方や、上り下りの速度が気になる人にとってはおすすめできないポイントです。
もう一つは2年契約の自動更新になっているので、途中解約をする場合は違約金がかかります。4,300円(税込み)が発生するので、短期間でのモバイルルータを探している人はおすすめできません。

Rakuten WiFi Pocket:データ無制限のモバイルルーター

Rakuten WiFi Pocketは、データ無制限のモバイルルーターになります。

・3GBまで:1,078円
・20GBまで:2,178円
・20GB以上:3,278円

といった”データの消費した分だけ支払えば良い”というメリットがあるほか、20GB以上はどれだけ利用しても追加料金も発生しないため、無制限プランがあるモバイルルーターの中でもお得です。

とはいえ、通信速度は5Gに対応しておらず、高速通信ではないため

高画質で動画を視聴したい」

といった方には向いていません。

Rakuten WiFi Pocketは”縛り期間がない”といった特徴があるので

「縛り期間がない大容量のモバイルルーターを利用したい」

といった方におすすめのモバイルルーターです。

Rakuten WiFi Pocketを使うメリットとは?

Rakuten Wi-Fi Pocketを利用するメリットは以下のとおりです。

・20GB以上利用しても速度制限がまったくない回線
・縛り期間や初期費用がいらないためすぐに利用できる
Rakuten Wi-Fi Pocketは、20GB以上利用してもまったく速度制限がかからない珍しいモバイルルータです。
そのため大容量で利用したい人にとってはとても便利なサービスです。
もちろんあまり利用しない人であれば、3GB以下に抑えることで月額費用のコストを抑えることも可能。
もう一つは縛り期間や初期費用が不要のため、すぐに利用開始することができます。
いつでも解約したりすることができる手軽さがあるので、お試しで利用し、自分の利用方法に合っているかどうか確認することもできるのでおすすめです。

Rakuten WiFi Pocketを使うデメリットとは?

Rakuten Wi-Fi Pocketを利用するデメリットは以下のとおりです。

・Rakuten回線のエリアが狭いために、圏外になる可能性がある
・5G通信に対応していないために、高速通信ができない
Rakuten回線が利用している独自エリアは、他社に比べてエリアが狭く圏外になる可能性があります。
それはプラチナバンドと呼ばれる電波の入りやすい周波数を持っていないことが原因です。
自社回線でエリアを広げていますが、すぐに広がるわけではため高層階や地下などが通信不可になることが多いです。筆者もRakuten回線ですが、なかなかつながらないことがあります。
もう一つは端末が5G回線に対応していないために、4G回線での利用になります。
最新の5G回線ではないため高画質動画の視聴や、大容量データのやり取りには向きません。
ご自分の利用方法にあっているかどうか確認して契約することをおすすめいたします。

MUGEN WiFi:追加オプションで縛りなしにできるモバイルルーター

MUGEN WiFiは、追加オプションで縛りなしにできるモバイルルータになります。

基本的にMUGEN WiFiは、2年間の契約期間があるのですが、660円/月の追加オプションを契約すことで縛りなしに切り替えることが可能です。

また、MUGEN WiFiのもう1つの特徴として”安心全額返金保証”というサービスがあります。

こちらのサービスは、モバイルルーターを利用して30日以内の解約であれば、全額返金してもらえるといったサービスです。

「初めてのモバイルルーターで選ぶのが不安」

といった方はMUGEN WiFiを選んでもすぐに乗り換えることで、全額戻ってくるため安心して利用することができます。

MUGEN WiFiを使うメリットとは?

MUGEN Wi-Fiを使うメリットは以下のとおりです。

・30日間お試し利用期間があるため、利用方法に合っていない場合は返品可能
・2年契約をオプション支払いで縛りなしに変更することができる
MUGENWi-Fiの特徴のひとつとして、30日間のお試し期間を設けてあります。その間に利用してみて自分の利用用途に合っていない場合は返品することが可能です。
そのため契約に不安がある人にとって安心できるサービスと言えるでしょう。
もう一つのメリットは、通常2年の縛り契約であるものを月額660円支払うオプションによって2年契約を縛りなしに変更することができます。オプション費用がかかってしまうもののあまり長く利用しないと考えている人にとってはおすすめのサービスです。

MUGEN WiFiを使うデメリットとは?

MUGEN Wi-Fiを使うデメリットは以下のとおりです。

・月間100GBプランしか用意されていないために小容量プランがない
・5G非対応端末のため下り最速150Mbpsしか速度がでない
MUGEN Wi-Fiでは小容量プランが用意されておらず、月間100GBプランのひとつだけです。あまり利用しないユーザーにとって割高になってしまう可能性があります。
そのためあまりデータを利用しない人にとっては他社回線を利用することをおすすめいたします。
MUGEN Wi-Fiが提供している端末はクラウドSIMモバイルルータです。そのため下り最速150Mbps、上りが50Mbpsしか速度がでません。高画質動画視聴や大容量データをやり取りしたい人や速度にこだわりがある人にはおすすめできないモバイルルータです。

BIGLOBE WiMAX:支払方法を選択したい方におすすめ

バイルルーターの支払い方法を選びたい方にBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

モバイルルーターの支払方法は”クレジット払い”が一般的で、口座振替に対応している事業者は少ない傾向にあります。

また、WiMAXを取り扱っているプロパイダは20社近くありますが、口座振替に対応しているものは

・UQ WiMAX
・BIGLOBE WiMAX
・broad  WiMAX

といった3つのみです。

この3つのプロパイダのなかでも、BIGLOBE WiMAXは月額料金が安いので、よりお得に利用することができます。

BIGLOBE WiMAXは、WiMAXを取り扱っているプロパイダの中でも総支払い額が1番安いプロパイダです。

BIGLOBE WiMAXを使うメリットとは?

BIGLOBE WiMAXを利用するメリットは以下のとおりです。

・口座振替に対応しているWiMAXを回線
・初月0円から利用でき、24ヶ月目まで大幅値引きで利用できる
BIGLOBE WiMAXでは、口座振替に対応している数少ないWiMAX回線です。ほとんどの場合がクレジットカード払いのみが多い中で、口座振替に対応しているので、クレジットカードを持っていない人にも契約しやすいです。
もう一つのメリットは、初月0円から利用することができて、24ヶ月目まで3,355円で利用できることです。他社WiMAX回線の平均相場は4,000円を超える中で、BIGLOBEWiMAXは月額費用を抑えることができるのでおサイフに優しい回線でおすすめです。

BIGLOBE WiMAXを使うデメリットとは?

BIGLOBE WiMAXを利用するデメリットは以下のとおりです。

・端末代金が分割での支払いが発生する
・プラスエリアモードの料金が無料ではない
BIGLOBE WiMAXのデメリットは、端末代金が分割での支払いが発生することです。ほとんどの他社WiMAX回線では割引であったりキャッシュバックで端末代金が無料であることが多いです。
しかしBIGLOBE WiMAXはそうしたキャッシュバックがないため端末を分割で購入する必要があります。途中で解約すると残りの残債も支払う必要があります。
もう一つのデメリットは、プラスエリアモードが無料ではないことです。WiMAXが利用できるモバイルルータはWiMAXエリアの他にau回線を利用するモードが用意されています。月間通信制限があるもののエリアが広いです。通常は無料で利用できるオプションが多い中で、BIGLOBEWiMAXは月額費用1,100円発生します。プラスエリアモードを利用したいと考えている人は特に注意が必要です。

AiR-WiFi:最短翌日から利用できるモバイルルーター

AiR-WiFiは、各事業者の中でも珍しい”最短当日発送”に対応したモバイルルーターです。

「急ぎで利用したい」
「一早く利用したい」

などといった方におすすめのモバイルルーターになります。

当日発送を希望する場合は、正午までに申し込みを終える必要があるので注意が必要です。

AiR-WiFiは”クラウドSIM WiFi”ですので、比較的に提供エリアも広く、

・郊外
・山間部

などといった地域でも利用できる場合が高いモバイルルーターになります。

AiR-WiFiを使うメリットとは?

AiR Wi-Fiを利用するメリットは以下のとおりです。

・30日間のお試しキャンペーンがあるため契約しやすい
・1年目だけでなく2年目以降も同じ利用料金である
AiRWi-Fiの特徴として、レンタルして30日間はお試しキャンペーンとして利用することができます。もし自分の利用方法や電波などに問題があり使えない場合は返金してもらうことができます。
契約してからすぐに解約できない回線ではないため、安心して契約することができるためおすすめです。
もう一つのメリットは、1年目だけでなく2年目以降もずっと同じ月額費用であることです。
1年目は割引があり2年目以降月額費用が上がるパターンが多い中で、AiRWi-Fiは月額費用3,278円でずっと利用することができるので安心です。
余計な手間や費用がかからないのもメリットです。

AiR-WiFiを使うデメリットとは?

AiR Wi-Fiを利用するデメリットは以下のとおりです。

・データ容量は100GBプランしか用意されていない
・更新月以外に解約すると違約金が発生する
AiRWi-FiはクラウドSIM型モバイルルータです。月間データ容量は無制限ではなく100GBまで利用することができます。そのため大容量プランを望んでいないユーザーにとってはコストパフォーマンスが悪く割高になってしまいます。データ通信が少ない場合は他社モバイルルータを選ぶことをおすすめします。
もう一つのデメリットは、更新月以外に解約すると違約金が発生することです。違約金は7,700円発生します。そのため短期利用での利用を考えている場合は、他社のモバイルルータを探すようにしましょう。

UQ WiMAX:通信速度が安定しているモバイルルーター

UQ WiMAXは、通信速度が安定しているモバイルルーターになります。

おすすめのホームルーター10社」でご紹介した平均速度に関しても、他社は10Mbps台が多い中、UQ WiMAXは40Mbpsと比較的通信速度も安定していることがわかります。

他社のモバイルルーターの口コミでは速度に関する投稿が目立ちませんでしたが、UQ WiMAXは多く見受けられました。

月額料金は3,880円とモバイルルーター業界の中では高めですが、WiMAXの各プロパイダの中でも1番通信速度が安定していますので

「価格よりも通信速度を重視」

といった方におすすめのモバイルルーターです。

UQ WiMAXを使うメリットとは?

UQ WiMAXを使うメリットは以下のとおりです。

・最短当日に発送されるのですぐに利用開始ができる
・WiMAX公式プロバイダのためサポート体制が厚い
UQWiMAXのメリットは、最短契約当日に発送されるので、すぐに利用開始することができます。引越し先ですぐに利用を開始したいケースなどにとても便利なサービスです。
もう一つはUQWiMAXはWiMAX公式プロバイダということもあり、サポート体制がとても厚いです。コールセンターも9-21時まで利用することができて他社WiMAX回線よりも長く利用することができます。
サポート体制がしっかりしているので、何か問題があったとしてもすぐに解決することができるでしょう。

UQ WiMAXを使うデメリットとは?

UQ WiMAXを使うデメリットはいかのとおりです。

・UQWiMAXではキャッシュバック等がなく月額費用が高くなる
・端末代金が別途発生するためトータル金額が高くなる
UQWiMAXは、キャッシュバック等のキャンペーンがないために月額費用が高くなってしまいます。月額費用を抑えたいと考えている人は他社のWiMAX回線でキャッシュバックを適用すると安くなるのでそちらを選びましょう。
端末代金もキャンペーンで無料になっていますが、UQWiMAXではそのようなサービスはありませんでした。そのため端末代金が別途発生します。最新モバイルルータを利用することができるので残念なポイントです。

ZEUS Wi-Fi:データ容量が追加できるモバイルルーター

ZEUS WiFiは”データ量が追加できる”モバイルルーターです。

「今月はデータを消費しすぎた」

といった場合は速度制限を迎えてしまい、快適にインターネットを利用することが難しくなる場合があります。

そのような時が多い方は”おかわりギガ”のあるZEUS WiFiがおすすめです。

・2GB:550円
・5GB:1,100円
・10GB:1,980円

データが足りなくなった場合は、以上の3つの選択肢から追加したいデータ容量を選ぶことができます。

ただし、追加したデータ容量は次月に繰り越すことができないため、損しないためにも使用しきることがポイントです。

ZEUS Wi-Fiを使うメリットとは?

ZEUS Wi-Fiを利用するメリットは以下のとおりです。

・クラウドSIMモバイルルータで3大キャリアが利用できる
・海外でも利用することができる
ZEUS Wi-FiはクラウドSIM対応しており国内3大キャリアで利用することができます。ドコモ、Softbank、au回線の最適な回線を自動的に選択して通信可能。そのためエリアで悩むことはほとんどないです。
ZEUS Wi-Fiでは端末をそのままに海外でも利用することができます。海外106カ国でそのままモバイルルータを持っていくだけで通信できます。海外に行くために別途モバイルルータを借りる必要がないため便利なサービスです。海外旅行や出張などで行く場合にはとても楽です。

ZEUS Wi-Fiを使うデメリットとは?

ZEUS Wi-Fiを利用するデメリットは以下のとおりです。

・通信速度が他社に比べて遅い
・2年以内の解約は違約金が発生する
ZEUS Wi-Fiが利用しているクラウドSIM型モバイルルータは、3大キャリアが利用できる反面速度があまり速くないという口コミが多くあります。日常生活でのインターネット回線には問題ないものの、高画質動画の視聴や配信を行うことがよくある人は気をつけるべきポイントです。
もう一つのデメリットは、2年以内の解約は違約金が発生するということです。10,450円かかるので短期で利用することには向いていません。3年目以降は自動更新がないためいつでも解約することができます。
ある程度長期で利用することを想定している人以外はおすすめできない回線です。

クラウドWiFi:プランが選べるモバイルルーター

クラウドWiFiは”自分に合ったプランを選べる”モバイルルーターです。

・20GB:2,580円/月
・50GB:2,980円/月
・100GB:3,718円/月

以上3つのプランはデータ容量によって選ぶことができるため、自分のデータ使用量に合ったプランを選ぶことで、モバイルルーターをよりお得に利用することができます。

また、クラウドWiFiは”解約金・縛り期間が一切ない”ので、解約金を気にすることなく、いつでも解約できることが特徴の1つです。

通信速度に関しても、クラウドSIM WiFiを採用しているため、比較的に広いエリアで安定したインターネット環境を整えることができます。

クラウドWiFiを利用するメリットとは

クラウドWiFiを利用するメリットは以下のとおりです。

・3大キャリアを利用できるクラウドSIMモバイルルータ
・海外でも利用することができる
クラウドWiFiが提供しているモバイルルータはクラウドSIMを採用し、3大キャリアのドコモ、Softbank、auの電波をシームレスに接続して利用することができます。そのため利用エリアを考えずに最適な環境で利用できます。
もう一つのメリットは、海外でもスムーズに利用することができます。134カ国でそのままモバイルルータを持っていくだけで利用することが可能。
よく海外出張にいかれる方や、海外旅行先でも利用したい人にはおすすめの回線です。

クラウドWiFiを利用するデメリットとは

クラウドWiFiを利用するデメリットは以下のとおりです。

・通信速度が遅いという口コミが多い
・回線速度が最大下り150Mbpsしかでない。

クラウドWiFiを調べると、速度が速くなく利用するのには困らないが大容量データのやり取りには向かないことがわかりました。端末も少し古く最大150Mbpsしか速度が出ません。そのためたくさんの端末でデータをやり取りする方や、高画質動画視聴などには向かないモバイルルータと言えるでしょう。

Monster Mobile:50GBプランが最安値のモバイルルーター

Monster Mobileの50GBプランは、業界最安値級のモバイルルーターになります。

というのも、モバイルルーターの50GBプランの相場は2,600〜3,300円に対し、Monster Mobileは2,640円から利用することが可能です。

1ヶ月100GBと比べると容量が見劣りしますが、

「SNSの閲覧をあまりしない」
「メールやLINEをメインに利用している」

といった方には50GBプランでも十分に容量は足ります。

万が一、容量が足りなくなった場合にはデータを格安でチャージすることが可能です。

・500MB:225円(利用期限:1日)
・1GB:330円(利用期限:7日)
・3GB:665円(利用期限:30日)
・7GB:979円(利用期限:30日)
・30GB:3450円(利用期限:60日)

以上のように5つの追加容量を決めることができますが、チャージしたデータには利用期限が設けられているので、あらかじめ確認しておくことが必要です。

Monster Mobileを使うメリットとは?

Monster Mobileを使うメリットは以下のとおりです。

・20GBプランで最安1,980円~利用できる
・1日制限プランが選ぶことができて自分の使用用途に合わせて契約できる
Monster Mobileでは、プランが2つ用意されており、月間プランとデイリープランがあります。
月間では20GB、50GB、100GBと用意されておりどのプランも他社回線より安く利用することが可能。
1日制限プランでは、毎日データ容量がリセットされるので自分の利用用途に合わせて2種類のプランを使い分けることで無駄なく利用することができます。

Monster Mobileを使うデメリットとは?

Monster Mobileを使うデメリットは以下のとおりです。

・月途中での申し込みで解約しても日割り計算はない
・解約時にモバイルルータの返却が必要
Monster Mobileでは、月途中で解約した場合でも1ヶ月分の料金を支払う必要があります。日割り計算がないので注意が必要です。
もう一つのデメリットは、解約時には今利用しているモバイルルータはレンタル品のため付属品も含めてすべて返却する必要があることです。付属品などが不足しているとさらに弁済金が発生することがあるので注意しましょう。

モバイルルーターのメリット2つ

モバイルルーターを利用する上でのメリットは大きく次の2つになります。

外出先に持ち運んで使える

バイルルーターの最大の特徴が”外出先に持ち運んで使える”ことです。

インターネット回線には

・光回線
・モバイルルーター
・ホームルーター

といった3つに分けることができますが、持ち運ぶことができるインターネット回線はホームルーターのみになります。

端末自体もスマホ台のサイズで、持ち運びがかなり便利です。

また、モバイルルーターは提供エリアも広く、全国で利用することが可能ですので、旅行や急な出張の場合でも快適にインターネット環境を整えることができます。

工事不要なので、申し込み後すぐに利用開始できる

バイルルーターの2つ目のメリットとして”工事不要ですぐに利用ができる”といったものがあげられます。

インターネット回線で唯一工事が必要とされる光回線では、申込後から回線開通まで2週間から長くて半年という期間を要します。

ですので、申し込んですぐに利用できるわけではありません。

一方で、モバイルルーターは、最短で申込後に当日発送を行う事業者もあるので2〜3日以内は商品が手元に届きます。

モバイルルーターが手元に届いたら電源を入れ、スマホにパスワードを入力することで利用することが可能です。

このことからも、モバイルルーターは、手間をかけずに簡単にインターネット環境を整えることができることがわかります。

モバイルルーターのデメリット2つ

モバイルルーターを利用する上でのデメリットは大きく次の2つです。

光回線に比べて通信速度や安定性は弱い

モバイルルーターは、光回線のと比べて通信速度が低いです。

インターネット回線の通信速度の安定性でいうと

・1位:光回線
・2位:ホームルーター
・3位:モバイルルーター

といった順位になります。

このことからも、モバイルルーターは、通信速度が安定しづらいことがわかります。

そもそもモバイルルーターは、

「高画質で動画を楽しみたい」
「高度なオンラインゲームを楽しみたい」

といった用途に特化しておらず、利便性に特化しているのです。

通信速度の安定性が光回線に比べて低いとはいえ、日常的にスマホやパソコンは利用するには十分な通信速度を発揮するので、場所を気にせずインターネットを利用したい方におすすめになります。

速度制限がある

モバイルルーターのデメリットとして”速度制限がある”とうものがあげられます。

データ量無制限や大容量などと言われていますが、実際には

・3日で15GB
・30日で100GB

といったようにモバイルルーターには容量が決められています。

その決められている容量を超えた時に速度制限になるのです。

モバイルルーターの事業者によって制限時の速度は異なりますが、速度が1番低くなるところで最大128Kbpsまで低下します。

この速度は、LINEの送受信が行える程度の速度です。

ですので、動画の視聴やSNSの閲覧などを快適に利用できない可能性があります。

おすすめのホームルーターに関するよくある質問

ホームルーターに関するよくある質問の中で特に多い内容が次の4つです。

それでは1つ1つ解説していきます。

モバイルルーターとWiMAXは別物?

論をお伝えすると、モバイルルーターとWiMAXは別物です。

というのも、WiMAXとは通信規格の1種ですので、モバイルルーターと利用している通信規格と異なります。

通信規格が異なるということは、当然お互いに重視しているポイントも異なるのです。

・モバイルルーター:音声通信の遅延を安定させる
・WiMAX:短期間に高速通信を行う

以上の通り、精密に言うと全くの別物ということがわかります。

ただし、見た目や形はほぼ同じであり、一括りに”モバイルルーター”と世間では浸透しているので、大きくいうと違いはありません。

モバイルルーターは海外でも使える?

モバイルルーターは海外でも利用することが可能です。

しかし、海外で利用ができるのは、全てのモバイルルーターの事業者に当てはまることではないので、事前に確認しておく必要があります。

また、海外に持って行ってそのまま利用できるものもあれば、事前に手続きを行わないといけないものがあります。

国内ではデータ容量無制限のホームルーターであっても、容量に制限がかかったり、別途費用が発生するので注意が必要です。

このことから、海外での利用を検討している方は、あらかじめ複数の事業者を比較することがおすすめです。

データ無制限のモバイルルーターはある?

結論をお伝えすると、データ無制限のモバイルルーターはあります。

おすすめのホームルーター10社」でお伝えしたモバイルルーターの中では

・GMOとくとくBB WiMAX
・楽天 WiFi  Pocket
・BIGLOBE WiMAX
・UQ WiMAX

といった4つがデータ無制限になります。

しかし、データ無制限といっても”3日で◯◯GBまで”といった一時的な縛りがあるので注意が必要です。

とくにWiMAXには3日15GBという縛りがあり、15GBを超えると速度制限になると言われています。

私は実際にGMOとくとくBB WiMAXの利用者ですが、3日で15GBを超えてもストレスなくインターネットを利用できているので、急激に速度が低下するといった心配もありません。

5Gに対応してるモバイルルーターはある?

5Gに対応しているモバイルルーターはあります。

今回紹介したモバイルルーターの中では

・GMOとくとくBB WiMAX
・楽天モバイル
・BIGLOBE WiMAX
・UQ WiMAX

以上の4つが5Gに対応しており、より快適にインターネットを利用することが可能です。

しかし、5Gとは4Gと違い、提供されているエリアがかなり少ないです。

とはいえ、各モバイルルーターの事業者も順次5Gに対応したモバイルルーターを発表したり、提供エリアを拡大しています。

このことから、5Gに対応したモバイルルーターの契約を検討しているのあれば、提供エリアの確認が重要です。

まとめ:特におすすめのモバイルルーターは「GMOとくとくBB WiMAX」

モバイルルーターのおすすめTOP10などを詳しく解説していきましたが、なかでも”GMOとくとくBB WiMAX”がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXのモバイルルーターは「GMOとくとくBB WiMAX:業界最安値のモバイルルーター」でお伝えした通り、

・5G回線に対応
・データ大容量

などとといった特徴があります。

そのため、快適にインターネットを利用できるほか、データを多く消費しても速度制限を迎えることが少ないです。

月額料金に関しても、他社のモバイルルーターと比較しても安く、高額のキャッシュバックも受け取ることができるので、実質使用料金を大幅に抑えることもできます。

このことから、GMOとくとくBB WiMAXは、通信速度と月額料金を重視している方におすすめのモバイルルーターです。