wifi

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルおすすめ10選|選び方や注意点も解説

コロナウイルスの流行によってテレワークを導入する企業が増えているなかで、まだ自宅にネット環境が整っていない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような人におすすめなのが短期間からレンタルできるポケット型Wi-Fiです。

レンタルできるポケット型Wi-Fiであれば最短1日から利用することができ、縛り期間も緩いものが多いので、気軽に利用することが可能になります。

また、ポケット型Wi-Fiを検討するにあたって

「選び方はあるの?」
「注意すべきポイントはあるの?」

などといったお悩みをお持ちかと思います。

そこで当記事では、レンタルWi-Fiに関するお悩みをスッキリ解決させる情報をどこよりも詳しく掲載しております。

申し込み手順なども詳しくお伝えしていますので、最後まで目を通していただけると幸いです。

〜この記事でわかること〜
・おすすめのレンタルWi-Fi10選
・レンタルWi-Fiのメリット/デメリット
・レンタルWi-Fiの選び方
・レンタルWi-Fiの注意点

\おすすめの回線はこちら/

使用回線レンタル期間料金最低契約期間データ容量最大通信速度キャンペーン
FUJIWi-Fi・docomo
・au
・SoftBank
なし1,408円〜/月12ヶ月30〜200GB/月300Mbpsなし
WiFiレンタルどっとこむ・WiMAX
・au
・当日
・1泊2日〜32泊
610円〜/日1日無制限2.7GbpsLINE公式アカウント登録キャンペーン
WiFiレンタル屋さん・docomo
・au
・SoftBank
・WiMAX
・1泊2日〜6ヶ月780円〜/日1日50GB/月430Mbpsなし

当サイトおすすめのレンタルWi-Fiを見る

  1. ポケット型Wi-Fiの短期レンタルおすすめ10選
    1. FUJI WiFi
    2. WiFiレンタルどっとこむ
    3. WiFiレンタル屋さん
    4. 縛りなしWiFi
    5. MONSTER MOBILE
    6. クラウドWiFi
    7. NETAGE
    8. どこでもネット
    9. WiFiレンタルJAPAN
    10. 楽天モバイル
  2. ポケット型Wi-Fiを短期レンタルするメリット4つ
    1. 利用したい期間だけ契約できる
    2. 1日単位で契約できるのでコストに無駄がない
    3. 端末が届いたらすぐに利用できる
    4. 解約時の違約金がない
  3. ポケット型Wi-Fiを短期レンタルするデメリット4つ
    1. 長期間レンタルすると割高になる
    2. 1日の通信量が限られているプランもある
    3. 期日までに返却できないと追加料金になる
    4. レンタル端末を破損した際の弁償金が高い
  4. ポケット型Wi-Fiを短期レンタルする際の選び方
    1. 使用回線と提供エリアを確認する
    2. 利用用途に合ったデータ容量を選ぶ
    3. コストを比較する
  5. ポケット型Wi-Fiを短期レンタルする際の注意点
    1. レンタル端末が届くまでの日数を確認する
    2. レンタルの開始日と終了日を確認する
    3. 返却方法を確認する
  6. ポケット型WiFiの短期レンタルの申し込み手順
    1. 申し込むポケット型Wi-Fiの公式サイトにアクセスする
    2. 必要事項を入力して申し込みを完了する
    3. 端末を受け取って利用開始
  7. ポケット型Wi-Fiの短期レンタルに関するよくある質問
    1. 短期レンタルのポケットWi-Fiは口座振替で支払いできる?
    2. 短期レンタルのポケットWi-Fiは海外でも使える?
    3. 即日レンタルすることは可能?
  8. まとめ:ポケット型Wi-Fiの短期レンタルで最もおすすめなのは「WiFiレンタルどっとこむ」

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルおすすめ10選

こちらでは、わかりやすくポケット型Wi-Fiの短期レンタルを取り扱っているおすすめ10社をご紹介しております。

次の表には各社の

・料金
・最低利用期間
・データ容量

などといった情報を掲載しているので、参考までにご覧下さい。

使用回線レンタル期間料金最低契約期間データ容量最大通信速度キャンペーン
FUJIWi-Fi・docomo
・au
・SoftBank
なし1,408円〜/月12ヶ月30〜200GB/月300Mbpsなし
WiFiレンタルどっとこむ・WiMAX
・au
・当日
・1泊2日〜32泊
610円〜/日1日無制限2.7GbpsLINE公式アカウント登録キャンペーン
WiFiレンタル屋さん・docomo
・au
・SoftBank
・WiMAX
・1泊2日〜6ヶ月780円〜/日1日50GB/月430Mbpsなし
縛りなしWiFi・SoftBank
・WiMAX
なし1,890円〜/月なし10〜90GB/月2.7Gbps最大15,920円キャッシュバック
MONSTER MOBILE・docomo
・au
・SoftBank
・マンスリープラン:1年
・デイリープラン:なし
2,228円〜/月なし〜1年62〜155GB/月150Mbps新生活キャンペーン
クラウドWiFi・docomo
・au
・SoftBank
なし2,580円〜/月1ヶ月20〜100GB/月150Mbpsなし
NETAGE・docomo
・au
・SoftBank
・Ymobile
・WiMAX
なし495円〜/日1日無制限〜100GB958Mbpsなし
どこでもネット・docomo
・au
・SoftBank
・Ymobile
・WiMAX
・1〜30泊
・60プラン
・90日プラン
・120プラン
・180日プラン
240日プラン
・360日プラン
900円〜/日1日無制限〜100GB558Mbpsなし
WiFiレンタルJAPAN・docomo
・au
・SoftBank
なし480円〜/日1日無制限〜100GB612Mbpsなし
楽天モバイル・楽天
・au
なし0〜3,278円/月なし無制限150Mbps5,000p楽天ポイント還元

以上の早見表をもとに

以上10社のポケット型Wi-Fiの詳細を解説していきます。

FUJI WiFi

大前提として”FUJIWiFi”は新規の受付を行なっていません。

近年のコロナウイルス流行によってテレワークへと移行する企業が急増したことで、ポケット型Wi-Fiの需要が急増してしましました。

その結果、パンク状態になったことが新規を受け付けなくなった最大の原因となっています。

参考までに、新規受付を停止するまでは月額1,480円からポケット型Wi-Fiをレンタルすることが可能でした。

また、契約の縛りが一切なく、SIMカードからでも契約できるといったポケット型Wi-Fiのなかでは珍しいサービスを展開しており、人気が高まった要因の1つと見受けられます。

WiFiレンタルどっとこむ

短1日から利用ができる”WiFiレンタルどっとこむ”

WiFiレンタルどっとこむはレンタルWi-Fiの中でも比較的安く、

・料金プラン
・利用可能な端末
・オプションサービス

などといったサービスが豊富で充実していることが特徴です。

口コミのとおり、”速度制限時の通信速度が遅い”とあるように、データ容量に達した際の速度は厳しいものだということがわかります。

そのほか、レンタルWiFiどっとこむは、1ヶ月以上レンタルすると割高になる可能性が高いので、短期間のレンタルを希望する方向けのレンタルWiFiになります。

WiFiレンタル屋さん

1ヶ月以上のレンタルも5,000円台で利用ができる”Wi-Fiレンタル屋さん”

レンタルWi-Fi業界では決して最安値級とは言えないものの、最短即日発送で店舗での受け取り希望の場合、申し込み当日から利用することが可能です。

「急ぎでWi-Fiが必要」

などといったシーンでも問題なくネット環境を整えてくれる優れたレンタルWi-Fiサービスになります。

そのほかにも、何かあったときのサポート体制が充実しています。

365日間休まず電話サポートを行なっているので、困った時にすぐに相談できるといった点はWi-Fiレンタル屋さんの特徴の1つです。

縛りなしWiFi

キャンペーンが手厚い”縛りなしWiFi”

現在では

・最大6ヶ月間実質無料
・最大15,920円キャッシュバック

といったキャンペーンを開催しております。

キャンペーン対象期間をふまえても、縛りなしWiFiは月単位といった長期的レンタルがお得なポケット型Wi-Fiです。

縛りなしWiFiのプランは

・縛りなしプラン
・縛っちゃうプラン

といった2つのみであり、シンプルわかりやすく、プランで悩む心配も必要ありません。

一方で、端末や使用回線を選べないという点に加え、途中でのプランの変更は行えないといったデメリットもあるため注意が必要です。

MONSTER MOBILE

1年契約が最もお得なのが”MONSTER MOBILE”

・デイリープラン
・マンスリープラン

といった2つのプランがありますが、現在注目が高まっているのが”マンスリープラン”になります。

マンスリープランはキャンペーン期間中に契約すると、最大6ヶ月間ポケット型Wi-Fiを1,590円からレンタルすルことが可能です。

デイリープランでもキャンペーンを開催しておりますが、他社と比較しても割高のプランですので、利用期間が1ヶ月未満を検討している方には、おすすめできないポケット型Wi-Fiになります。

クラウドWiFi

クラウドWiFiは、縛り期間のないポケット型Wi-Fiになります。

ただし、最低でも1ヶ月間利用しないといけない条件がありますので注意が必要です。

プランは20GB・50GB・100GBといった3つから選択できるので、ご自身のデータ消費量にあったプランを選ぶことでよりお得に利用することができます。

また、クラウドWi-FiはクラウドSIMを採用しています。

ですので、大手キャリアである

・docomo
・au
・SoftBank

といった回線を利用してWi-Fiを提供しているので、安定性の高いポケット型Wi-Fiの1つです。

NETAGE

レンタルポケット型Wi-Fiの業界の中でも、取り扱っている種類が豊富である”NETAGE”

・docomo
・au
・SoftBank
・Ymobile
・UQ WiMAX
・クラウドSIM

以上のキャリアのポケット型Wi-Fiを数多く取り扱っています。

注意点としては、レンタルする端末によっては利用可能なエリアがことなるため、事前の確認が必要です。

対応エリアの確認はNETAGEの公式サイトで行えます。

NETAGEで取り扱っているポケット型Wi-Fiは最低1日から利用することが可能ですので

「旅行先でネット環境を整えたい」
「急な出張でネット環境が必要になった」

などといった短期間のレンタルを希望する方におすすめのレンタルポケット型Wi-Fiです。

どこでもネット

どこでもネットは最短1日から利用することができ、店舗での受け取りも可能なポケット型Wi-Fiになります。

また、NETAGEと同様に、取り扱っている端末が豊富なことでも有名です。

利用可能なキャリアは次のとおりになります。

・docomo
・au
・SoftBank
・Ymobile
・UQ WiMAX
・クラウドSIM

どこでもネットのデメリットとしては

・料金は最安級ではない
・提供しているプランが少ない

などがあげられます。

なかでもプランに関しては、1日1GB以下の低容量プランをメインに取り扱っているので、大容量プランを利用したい方にはおすすめできないポケット型Wi-Fiです。

しかしながら、自分好みのキャリアを選択したい方や店舗で受け取りたい方にとってはおすすめできるポケット型Wi-Fiになります。

WiFiレンタルJAPAN

WiFi RENTAL JAPANは、レンタルポケット型Wi-Fi業界のなかでも無制限プランを取り扱っている数少ない企業になります。

365日申し込みが可能なうえに、16時までの受付で最短翌日には利用可能ですので

「急ぎでWi-Fiが必要」

といった方も安心して利用することが可能です。

無制限プランのポケット型Wi-Fiを1日から利用することができほか、最安値の端末であれば480円/日から利用することが可能ですので、かなりお得といえます。

しかし、長期契約となると割高になるので”1日〜1ヶ月の間”で利用を考えている方におすすめのポケット型Wi-Fiです。

楽天モバイル

楽天モバイルのポケット型は、スマホ乗り換えを合わせて行うことで、3ヶ月間実質無料で利用することが可能です。

ですので楽天モバイルのポケット型Wi-Fiは

「少しでも安く利用したい」
「光回線の工事化期間のつなぎとして利用したい」

といった方におすすめのポケット型Wi-Fiです。

料金プランも他社とはことなり、データ消費に応じて支払い料金が発生します。

次の料金表をご覧下さい。

データ量月額料金
1GB0円
3GB1,078円
20GB2,178円
20GB以上3,278円

以上の表のとおり、データ消費が20GBを超えても3,278円より増えることがないため、わかりやす料金プランになります。

ポケット型Wi-Fiを短期レンタルするメリット4つ

ポケット型Wi-Fiを短期でレンタルするメリットは次の4つがあげられます。

利用したい期間だけ契約できる

ポケット型Wi-Fiの短期レンタル最大のメリットは”利用したい期間だけ契約できる”といった点になります。

・旅行先でネットを利用したい
・出張先でネットが必要になった
・固定回線の工事の間にネットを利用したい

などといった限られた期間でネットを利用したい方にはポケット型Wi-Fi短期レンタルは最大限に活躍します。

1日単位で契約できるのでコストに無駄がない

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルでは、1日単位での利用が可能な企業も多くあります。

従来では1ヶ月単位で提供しているところが多かったのですが、

「1泊2日の外出先で利用したい」

といった方にとって1ヶ月の料金は無駄なコストが発生していました。

しかし、1日単位で利用できる企業が増えたことで1日300〜500円程度でポケット型Wi-Fiを利用することが可能となったのです。

このことから、ネット環境を数百円単位で整えることができるのは、短期レンタルの最大の魅力といえます。

端末が届いたらすぐに利用できる

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルの特徴として”手元に届いてすぐ利用できる”といったことがあげられます。

光回線を利用するには工事が必要で時間もかかりますし、ホームルーターではコンセントへ差し込んだり初期設定が必要になり、Wi-Fiをすぐに利用することができません。

また、工事をするとなったら

・立ち合い時間
・工事費用

などが発生するので手間もかかります。

一方でポケット型Wi-Fiはそのような手間を一切かからないため、ストレスを感じることなくWi-Fiを利用することが可能です。

解約時の違約金がない

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルは、解約時の違約金も発生しない企業が多いです。

そのほかにも事務手数料が無料のところも多く、無駄な費用を抑えながらWi-Fi環境を整えることができます。

違約金がない反面、端末の弁償代などが高額な場合があるので、別途費用が発生する

・端末保障
・安心パック

などといった任意の保険へ入ることがおすすめです。

当サイトおすすめのレンタルWi-Fiを見る

ポケット型Wi-Fiを短期レンタルするデメリット4つ

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルにはメリットも多くありますが、その反面デメリットもいくつかあります。

ポケット型Wi-Fiをレンタルするにあたって、おもなデメリットは次の4つです。

長期間レンタルすると割高になる

もそもポケット型Wi-Fiを短期レンタルとしてサービスを展開しいている企業は、長期レンタルに重きを置いていないので、割高になる場合があります。

特に3ヶ月を超えたポケット型Wi-Fiのレンタルを検討しているのであれば割高になる可能性が高いです。

割高対策としては、こまめに返却して必要な時に再度レンタルするといった対応をとることで、費用を抑えることができます。

1日の通信量が限られているプランもある

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルを展開している企業のなかで、無制限プランを取り扱っているとこもありますが、多くは少ない通信量のプランを取り扱っています。

具体的に言うと1日1GBまでしか利用できないプランが多いです。それ以降は速度制限にかかるので、快適にWi-Fiを利用することが難しくなります。

ですので”大容量のプランを利用したい”とお考えの方は申し込む前にプランを十分に確認することが必要です。

期日までに返却できないと追加料金になる

ケット型Wi-Fiの短期レンタルには”返却期限”を設けている企業が多いです。

ですので、期日までに返却できない場合追加料金が発生してしまいます。

基本的にポケット型Wi-Fiの短期レンタルでは

・開始日:受け取った日
・終了日:返却した日

となっていますので、利用期間の計算を事前に確認しておくことがおすすめです。

レンタル端末を破損した際の弁償金が高い

解約時の違約金がない」でも少しお伝えしましたが、ポケット型Wi-Fiの短期レンタルでは、端末の弁償金を高く設定している企業が多いです。

できるかぎり安くレンタルしたい方の多くは、任意の安心パックなど余計なオプションを取り付けない方が多いですが、それはおすすめできません。

・水没
・破損
・紛失
・盗難

などといったことが起こる確率は0ではないため、高額な費用を取られないためにも、安心パックなどといった任意のオプションに加入することをおすすめします。

当サイトおすすめのレンタルWi-Fiを見る

ポケット型Wi-Fiを短期レンタルする際の選び方

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルを行う場合は、利用用途の合ったものを選ぶことが重要です。

できる限り無駄を省くためにも次の3つの選び方を意識することをおすすめします。

使用回線と提供エリアを確認する

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルでは、使用回線と提供エリアがそれぞれことなります。

ですので、この2つの確認は重要です。

例えば、利用したい回線があるとしても、ポケット型WiFiの利用を検討している地域が回線の提供エリア外であればネット環境を整えることができません。

多くの回線は全国で利用することが可能ですが

・離島
・一部地域

などでは回線が通っていないので、必ず使用回線と提供エリアの確認を忘れないようにしましょう。

利用用途に合ったデータ容量を選ぶ

短期レンタルを行う場合は、自分に合ったデータ容量なのかを意識することがおすすめです。

YouTubeなどの動画を頻繁に視聴するためにレンタルするのであれば大容量のプランが良いですし、最低限のSNSの視聴や連絡目的でレンタルするのであれば、少ない容量のプランで問題ありません。

当然ではありますが、データ容量が低いポケット型Wi-Fiの方が費用も抑えことが可能です。

しかし、安くしたいからと自分の利用用途に合っていないデータ容量のプランを選択してしまうと、快適にネットを利用できなくなる可能性があります。

したがって、快適なネット環境と無駄な費用を抑えるためにも、利用用途に合ったデータ容量を選ぶようにしましょう。

コストを比較する

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルを検討する場合は複数の企業のコストを比較することをおすすめします。

基本料金だけでなく

・配送料
・事務手数料
・オプション量

などを含んだ全体的なコストを比較することが重要です。

基本料金は最安値でも”コストを合計してみたら割高になる”といったような可能性も高いです。

「できる限り安く利用したい」

といったように考えている方は特に、基本料金だけでなく全体的なコストを比較することで、より安いポケット型Wi-Fiをレンタルすることができます。

当サイトおすすめのレンタルWi-Fiを見る

ポケット型Wi-Fiを短期レンタルする際の注意点

ポケット型Wi-Fiを短期レンタルで利用するには次の3つには注意が必要です。

レンタル端末が届くまでの日数を確認する

レンタルしたポケット型Wi-Fiが届くまでに日数を確認しておくことが重要です。

例えば2泊3日といったプランで利用する際、届く予定日を把握しておらず、自宅を留守にして翌日に受け取るとしましょう。

そうすると、レンタル期間の開始日は到着予定日からカウントされる場合があるので、1日無駄にしてしまう形になります。

ですので、届く日数を忘れずにきちんと把握しておくことが必要です。

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルを提供している企業によっては店舗展開を行なっているところもあるので、確実に受け取りたい方は店舗受け取りをおすすめします。

レンタルの開始日と終了日を確認する

ポケット型Wi-Fiをレンタルするうえで、開始日と終了日の確認も忘れてはいけません。

開始日に関しては、郵送だと到着日または到着予定日が該当しますが、終了日はポストへの投函または店舗への返却した日が該当します。

また、開始日と終了日とでは、終了日の確認が特に重要です。

期日までに返却できないと追加料金になる」でお伝えしましたが、終了日を過ぎて返却が遅延してしまうと、追加料金を支払わないといけません。

無駄なコストをかけないためにも、終了日の確認は忘れないようにしましょう。

返却方法を確認する

ポケット型Wi-Fiをレンタルするのであれば、返却方法も確認しておきましょう。

返却方法は企業によって異なりますが、申し込む際に選択することができます。

・ポストへの投函
・コンビニでの発送
・店舗持ち込み

などが返却方法としてあげられますが、ポストへの投函とコンビニでの発送は注意が必要です。

というのも郵送の場合は、最低限の梱包をしないといけません。

万が一、郵送時にレンタルした端末が破損してしまった場合、弁償金を支払わないといけない可能性があります。

よほどのことがない限り破損はないと思いますが、リスクを回避するためにも最低限の梱包を心がけましょう。

補足として、破損のリスクを最小限にするためにもポストへの投函でなく、コンビニでの郵送がおすすめです。

当サイトおすすめのレンタルWi-Fiを見る

ポケット型WiFiの短期レンタルの申し込み手順

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルを行うには次の手順をふむ必要があります。

申し込むポケット型Wi-Fiの公式サイトにアクセスする

まずは、ポケット型Wi-Fiの短期レンタルを取り扱っている企業の公式サイトを開きます。

そこで「申し込みボタン」をクリックしましょう。

必要事項を入力して申し込みを完了する

申し込みボタンをクリックすると、ポケット型Wi-Fiを短期レンタルするための情報を記入するページへと移動します。

移動したページ先では

・プラン(利用日数)
・受け取り/返却方法の選択
・個人情報
・支払い方法

などといったレンタルする際に必要な項目を入力しないといけません。

入力を終えると、最後に申し込み内容の確認をすることで「申し込み完了」となります。

端末を受け取って利用開始

申し込みが完了すると、ポケット型Wi-Fiの短期レンタルを行なっている企業によっては最短翌日発送されるので、2〜3日で手元に届きます。

補足として、店舗受け取りを選択したのであれば、即日から利用することも可能です。

端末が手元に届いたら、軽く利用方法の書類に目を通し動作確認をして、お持ちのスマホと接続しましょう。

以上がポケット型Wi-Fiの単金レンタルを行うための一連の流れになります。

当サイトおすすめのレンタルWi-Fiを見る

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルに関するよくある質問

ポケット型Wi-Fiの短期レンタルに関してよくある質問は次の3つになります。

短期レンタルのポケットWi-Fiは口座振替で支払いできる?

短期レンタルのポケットWi-Fiの中には口座振替に対応している企業があります。

しかし、数に限りがあり、基本的な支払い方法としてはクレジットカード払いのみとしているところが多いです。

今回ご紹介したおすすめ10選の中で口座振替に対応しているのは”縛りないWi-Fiのみ”ですので、まだまだ口座振替に対応した企業は少ないことがわかります。

補足として、加え口座振替の場合、手数料を引かれることがあるので別途費用が発生してしまうので、無駄な費用を抑えたいのであればクレジット払いがおすすめです。

短期レンタルのポケットWi-Fiは海外でも使える?

短期レンタルのポケットWi-Fiは海外でも使うことが可能です。

しかし、こちらも利用できる端末には限りがあるので注意が必要です。また、国内で利用できるレンタルWi-Fiとちがって料金も少々高めに設定してあります。

1日あたり500円あたりで利用できるレンタルWi-Fiもありますが、海外で利用できるポケット型Wi-Fiの相場は1,000円程度です。

また、日本のポケット型WiFiを海外で利用数する場合、データ容量が低く設定されています。

基本的には300〜600MB/1日といったデータ量ですので、YouTubeなどの動画視聴を頻繁に行なっているとすぐに速度制限を迎えてしまう恐れがるため注意が必要です。

即日レンタルすることは可能?

ポケット型Wi-Fiを即日レンタルすることは可能です。

しかし、レンタルWi-Fiの申し込みを終えてその日の利用を検討しているでのあれば、店舗で直接受け取る方法しかありません。

郵送の場合は、最短でも翌日発送ですので、手元に届くのは申し込みから2〜3日かかります。

また、店舗展開を行なっている企業は少なく、自宅の周囲にあるとは限りません。

このことから、レンタWi-Fiは即日レンタルは可能ですが、店舗受け取りを選択する必要があります。

当サイトおすすめのレンタルWi-Fiを見る

まとめ:ポケット型Wi-Fiの短期レンタルで最もおすすめなのは「WiFiレンタルどっとこむ」

WiFiレンタルどっとこむ」でお伝えしましたが、私が考える最もおすすめな短期レンタルができるポケット型Wi-Fiは”WiFiレンタルどっとこむ”です。

基本料金も比較的に安く、利用している回線もau・WiMAXと通信速度の安定性にも期待できます。

最低利用期間も1日から利用することができるので、ちょっとした日帰り旅行にポケット型Wi-Fiを持っていきたい時でも問題ありません。

そのほかにも口コミをみてみると、問い合わせや連絡の対応も迅速に行うといった点が高く評価されていることがわかります。

WiFiレンタルどっとこむを利用するうえでの注意点として、長期的に利用すると割高になってしまうので、利用しなくなったら速やかに返却し、無駄なコストを削減しましょう。

当サイトおすすめのレンタルWi-Fiを見る