wifi

激安のポケットWi-Fi10社比較|選び方や申し込み方法も解説

  • 激安ポケットWi-Fiにはどんなものがあるの?
  • 激安ポケットWi-Fiはどうやって選べばいいの?
  • おすすめの激安Wi-Fiや申し込み方法が知りたい

当記事では上記のような質問にお答えいたします。

激安ポケットWi-Fiにはさまざまなサービスがあり、いったいどういった基準でどのサービスを選べばいいのかわからないと思います。

そこで、当記事ではおすすめの激安ポケットWi-Fiサービスを紹介した上で、選び方やよくある質問についても解説いたします。

ぜひ1度読んでみてください。

■この記事でわかること
・激安ポケットWi-Fiサービス10選
・激安ポケットWi-Fiはどのように選ぶのか
・激安ポケットWi-Fiの申し込み方法
・激安ポケットWi-Fiに関するFAQ

激安のポケットWi-Fi10社比較

比較

まずは、当記事がおすすめする激安ポケットWi-Fiを10社あげてみました。

FUJI WiFi表用画像THE WiFi 商標楽天モバイルAir-wifilogoGMOとくとくBBカシモWiMAXlogoMUGENwifiZEUS WiFi 表用MONSTER MOBILEロゴ
実質月額料金(税込)2,992円~3,073円0円~3,278円~2,079円~1,408円~3,293円~3,366円~980円~2,090円~
使用回線docomo/au/softbankdocomo/au/softbank楽天(au回線)docomo/au/softbankWiMAX2+/au 4G LTE/au 5GWiMAX2+/au 4G LTE/au 5Gdocomo/au/softbanksoftbankdocomo/au/softbankdocomo/au/softbank
提供エリア全国全国全国全国全国全国全国全国全国全国
データ容量30GB~100GB1GB~100GB無制限無制限100GB40GB~20GB~20GB~
最大通信速度下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
下り2.7Gbps
上り183Mbps
下り:Mbps612
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
キャンペーン契約期間6ヶ月キャンペーン。5つのプランで月額料金割引4ヶ月間月額料金0円
30日間お試し期間あり
500ポイント付与
本体代が実質無料
楽天ポイント5,000ポイント還元
30日間お試し期間あり総額118,868円の特典
20,000円キャッシュバック
なし30日間全額返金
最大20,000円還元
指定のオプション加入で初期費用(3,300円)無料10ヶ月間の月額料金54%オフ(100GBプラン:月1,980円)6ヶ月間割引
5,000円キャッシュバック

それぞれについても解説します。

FUJI WiFi

『FUJI WiFi』は、料金プランが豊富でSIMだけでも申し込めるのが特徴です。

契約期間は設けておらず、いつ解約しても違約金がかかりません。

ただし、最安値で利用したい場合にはデポジット料金の5,500円を預ける必要があります。

デポジット料金は、1年後に返金されますが1年未満で解約した場合は返金されないので、実質の違約金です。

また最大300GB(毎日10GBまで)まで使えるプランもあり、クラウドSIMにも対応しています。

サポート対応は、電話とお問い合わせフォームどちらでも対応可能で、月額数百円で端末破損による機器損害金を保証してくれるオプションもあります。

不明点をしっかりと聞いてから申し込みたい方や、申込後のアフターフォローがほしい方にはFUJI WiFiがおすすめです。

THE WiFi

THE WiFI

『THE WiFi』は、クラウドSIMを採用しているポケット型Wi-Fiサービスの中でも、最安級のサービスです。

プランは、2種類から選べデータ量に応じて料金が変動するプランと100GB固定のプランがあります。

100GBプランでは、初月を含む4ヶ月間の月額料金がすべて無料となるキャンペーン実施中です。

つまり、12,292円(3,073円×4ヶ月)キャッシュバックされます。

契約期間は、24ヶ月となっており以降の解約金は発生しません。

端末代は無料の上、最短即日発送にも対応しており30日間のお試し期間もあります。

海外での使用にも対応しているので、大容量ポケット型Wi-Fiサービスの中でもかなり使い勝手がいいといえます。

Rakuten WiFi Pocket

楽天モバイル

 

 

『Rakuten WiFi Pocket』の最大の特徴は、利用データ量に応じて月額料金が変わる点です。

しかも、1GB以内の使用であれば月額料金は無料になります。

さらに、初期費用(事務手数料)が無料の上、楽天エリア内であれば容量無制限で使えます。

ただし、楽天回線エリア外(au回線エリア)では月に5GBまでしか使用できず、5Gを超えると速度制限がかかる点にだけ注意が必要です。

楽天ポイントが5,000円分もらえるキャンペーンもやっているので、楽天ユーザーにはおすすめできる内容となっています。

AiR-WiFi

『AiR-WiFi』は、100GBの大容量ポケット型Wi-Fiサービスで月3,278円から使用できます。

公式サイトからの申し込み限定で、初期費用が無料かつ30日間モニター期間として使用できます。

契約期間は1年間で、海外135ヶ国での使用も可能です。

なお、月330円支払えば契約期間を気にせずに使用できるので、違約金の心配もいりません。

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB

『GMOとくとくBB WiMAX』は、数あるWiMAXサービスの中でも最安値に近いサービスです。

月2,079円で、

  • データ容量無制限
  • 端末代無料
  • 最短即日発送

と圧倒的にコスパのいいサービスです。

土日祝でも即日発送に対応しており、すぐに必要となった場合にも対応できるのが便利です。

プランはスタンダードプラントと5Gサービスが使えるプラスエリアモードの2種類があります。

ただし、プラスエリアモードを使用する場合、月に15GBを超えると速度制限がかかります。

なお、契約期間は3年間で、3年目以降で解約すれば違約金はかかりません。

カシモWiMAX

『カシモWiMAX』はポケット型Wi-Fiサービスの中でも、月額料金の安いサービスです。

2022年4月のWi-Fiに関する調査で3部門1位をとっています。

月額料金は、初月は1,518円で2ヶ月目以降はずっと3,978円とシンプルな料金体系です。

2022年5月に、3日間で15GBの速度制限を撤廃したのでデータ容量は実質無制限になりました。

契約期間は、GMOとくとくBB WiMAX同様3年間です。

MUGEN Wi-Fi

Mugen WiFi

『MUGEN WiFi』は最大100GBまで使用可能なポケット型Wi-Fiサービスです。

特徴は、速度制限が一切ない上に通信回線もLTEを採用しているのでつながりやすい点です。

契約期間は2年間ですが、契約期間のないプランもあります。

30日間のモニター期間もあるので、大容量ポケット型Wi-Fiサービスの中でも申し込みのハードルが低いサービスとなっています。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFI

『縛りなしWiFi』は、その名の通り契約期間のないポケット型Wi-Fiサービスです。

データ容量は40GB~100GBまで選べ、月額料金は3,360円~と可もなく不可もなくといったプランです。

ただし、プランによっては容量を超えてしまうと、その月は全く使えなくなる場合もあります。

即日発送にも対応しており、当日の14時までに申し込めば当日中に受け取れるので緊急で必要な場合にも対応しています。

ZEUS WiFi

ZEUS WiFi

『ZEUS WiFi』は、月間100GBまでの使用であれば最安値級のポケット型Wi-Fiサービスです。

2022年6月7日まで当月を含む10ヶ月間月額料金が54%も安くなるキャンペーンをやっており、100GBプランなら月額4,268円が1,980円になります。

さらに、3大キャリア回線が使用可能で最短翌日発送にも対応しています。

もし、データを使い切ってしまっても550円から追加可能です。

通勤や通学で、動画やアニメをよく見る方におすすめできる大容量ポケット型Wi-Fiサービスといえます。

MONSTER MOBILE

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)って?どんなプロバイダなの?

『MONSTER MOBILE』は、月2,090円から利用できるポケット型Wi-Fiサービスです。

端末代は無料で、最短即日発送にも対応しています。

プランは、1年契約と契約期間なしの2種類のプランが存在し、1,000円前後の価格差があります。

なお、データ容量を超過した場合は、専用のアプリから追加購入が可能です。

もちろん、容量不足や契約期間が気になるのであれば、かんたんにプランが変更できます。

激安ポケットWi-Fiの選び方

チェックをつける手元

激安ポケットWi-Fiの選び方について、下記6つの視点で解説します。

それぞれ解説します。

提供エリアに合うWi-Fiを選ぶ

まずは提供エリアに対応しているWi-Fiサービスを選びましょう。

もちろん、各社全国対応していますが、それでもつながるかどうかは使ってみないとわかりません。

もしつながるかどうかが心配であれば、モニター期間のあるサービスがおすすめです。

モニター期間中に、自分のエリアが対応可能かどうかを調査できます。

また、クラウドSIMにも対応しているサービスであれば、

  • docomo
  • au
  • softbank

の中から最もつながりやすい回線を自動的に選んでくれます。

ただし、クラウドSIMは以前に大規模な通信障害があったので過信は禁物です。

どちらにせよ、モニター期間で試すかクラウドSIMに対応しているサービスを選べば、つながらない心配はないといっていいでしょう。

実質料金で比較する

2つ目の選び方は、実質料金で比較する方法です。

ポケット型Wi-Fiサービスの料金は、月額料金だけではなくキャッシュバックの金額や初期費用の有無によって決まります。

実質料金は、それぞれのサービスの値段を下記の公式にあてはめます。

実質料金=(月額料金×契約期間+初期費用-キャッシュバック・料金割引)÷契約期間

基本的に、契約期間が長ければ長いほど支払総額は高くなります。

また、サービスによっては初期費用や端末料金が無料だったりキャッシュバックなどのキャンペーンがあったりするサービスもあります。

したがって、上記の公式にあてはめて本当の料金を算出し比較することが重要です。

利用用途に合ったデータ容量を選ぶ

3つ目の選び方は、利用用途に合ったデータ容量です。

例えば、ビジネスに使うなどでメールのやり取りや資料作成、簡単な電話応対で使うのであればそこまでデータ容量は必要ないでしょう。

逆に、動画や海外ドラマを観ている方であればそれ相応の容量が必要となります。

とはいえ、目安がわからないと比べようがないので下記の表を参考にしてください。

1GB20GB50GB100GB
ネットサーフィン(スマートフォンの場合)約3,300回約66,000回約165,000回約330,000回
Twitter閲覧約3,100回約62,000回約155,500回約310,000回
YouTube視聴(高画質)約1.5時間約30時間約75時間約150時間
ゲーム約6時間約120時間約300時間約600時間
Zoomなどのビデオ通話約1.5時間約30時間約75時間約150時間

上記の表を目安に、自分のライフスタイルに合わせて最適なデータ容量プランを選びましょう。

通信速度を比較する

4つ目の選び方は、通信速度です。

一般的に30Mbpsあれば、動画視聴にも差し支えなく使用可能だといわれています。

しかし、30Mbpsはどのサービスでも充分出せる数値です。

問題は、速度制限がかかった場合です。

速度制限がかかると、通常よりも著しく遅くなるのでネットサーフィンすらままなりません。

したがって、通常の通信速度ではなく速度制限がかかった場合の通信速度を比べましょう。

契約期間を確認する

5つ目の選び方は、契約期間です。

ポケット型Wi-Fiサービスは、契約期間があるものとそうでないものがあります。

もし月額料金を抑えたければ、契約期間のあるサービスを選びましょう。

ただし、契約期間内に解約すると違約金を請求されるので、早期に解約した場合は契約期間なしのプランよりも料金が高くなります。

したがって、長期で利用するのであれば契約期間のないサービスを選び、使用期間が決まっていれば契約期間のあるサービスを選んだほうが安くすむでしょう。

キャンペーンを比較する

6つ目の選び方は、キャンペーンです。

ポケット型Wi-Fiサービスを提供している会社は、それぞれ魅力的なキャンペーンを行っています。

内容は、現金のキャッシュバックや他社からの乗り換えの際にかかる違約金の負担などです。

WiMAXのように同じ回線を利用しているサービスでも、プロバイダによってはキャンペーンをしてたりしてなかったりすることもあります。

したがって、キャンペーンで選ぶ場合はキャッシュバックの金額や付与条件なども含めて比べるのがおすすめです。

激安ポケットWi-Fiに申し込む際の注意点

注意点

次に、激安ポケットWi-Fiに申し込む際の注意点について解説します。

上記4点について、解説します。

データ容量が完全無制限のポケットWi-Fiはない

1つ目の注意点は、データ容量が完全無制限のポケットWi-Fiは存在しないという点です。

サービスの中には、「データ容量無制限!」と謳っているサービスがありますが、条件があります。

例えば、無制限ではあるけれども月のデータ容量が決まっていたり、ある期間までデータ容量は無制限など期間による制限があります。

以前には『どんなときもwifi』で完全無制限のプランがありましたが、通信障害によりサービスが終了しました。

したがって、完全にデータ容量無制限というプランはほぼありません。

申し込む場所によってキャンペーンの内容が異なる

2つ目の注意点は、申し込む場所によってキャンペーンの内容が異なる点です。

ネット上では、Wi-Fi比較サイトが乱立しており、「当サイト限定」などの謳い文句でいろんなキャンペーンをアピールしています。

しかし、本当にそのキャンペーンで申し込みたいのであれば、公式サイトや信頼できるプロバイダのサイトが一番確実です。

場合によっては、本来受けられるはずのキャンペーンが受け取れない可能性もあるので申し込みの際はキャンペーン内容をよく見たほうがいいでしょう。

レンタル機器だと紛失や故障に多額の弁償金がかかる場合がある

3つ目の注意点は、レンタルの場合だと紛失や故障によって多額の弁償金がかかる場合がある点です。

例えば、子供が間違ってルーターを持って落としてしまったりジュースをこぼしたりして電源がつかなくなるなどの場合が該当します。

端末補償オプションに加入していない場合、2万~3万ぐらいの端末料金相当の弁償金がかかります。

もし心配であれば必ず端末補償オプションをつけるようにしましょう。

逆に、端末補償オプションのないレンタルWi-Fiサービスは利用しないほうが得策といえます。

解約違約金がかかる場合がある

4つ目は、解約違約金がかかる場合がある点です。

契約期間のあるポケット型Wi-Fiサービスは、いかなる場合でも契約期間内に解約すると解約金が発生します。

違約金は、解約した時期が早ければ早いほど高額になります。

したがって、つながるかどうか心配であれば、まずはモニター期間のあるポケット型Wi-Fiサービスに申し込みましょう。

繋がらなかったとしても、モニター期間中であれば違約金はかかりません。

激安ポケットWi-Fiの申し込み方法

laser-show-4168131_640

では、激安ポケット型Wi-Fiの申し込み方法について解説します。

もう少し、詳しく解説します。

希望の激安ポケットWi-FiのWebサイトから申し込む

実際に申し込みたいサービスが決まったらWebサイトから申し込みます。

さらに受け取りたいキャンペーンの内容が決まっているのであれば、そのキャンペーンが適用できるWebサイトに申し込みましょう。

公式サイトからではないWebサイトから申し込むとキャンペーンが受けとれない可能性があるからです。

また、利用したい月が来月以降であれば、来月以降に端末を受け取るようにしましょう。

来月から使うのに、当月に受け取ってしまうと当月分が請求される可能性があるからです。

端末を受け取って利用開始

実際に端末を受け取ったら利用開始です。

基本的には、

  • 端末本体
  • 充電ケーブルなどの付属品
  • マニュアル

が付いています。

マニュアルに従って設定すれば、すぐに使えます。

万が一、マニュアルを見てもわからない場合は公式サイトのFAQや各種問い合わせ窓口に問い合わせてみましょう。

ただし、サービスによってはサポート窓口がなかったり問い合わせフォームのみとなっていたりすることもあります。

もし、口頭でしっかりとサポート受けたい場合は、電話窓口のあるサービスを利用した方がいいでしょう。

激安ポケットWi-Fiに関するよくある質問

faq-g68d420a0c_640

最後に激安ポケットWi-Fiに関するよくある質問について解説します。

上記7つの質問について、さらに詳しく解説します。

激安ポケットWi-Fiは5Gに対応してる?

激安ポケットWi-Fiの中には、5Gサービスに対応しているサービスもあります。

例えば、WiMAXであればプラスエリアモードを利用すると5Gサービスを利用できます。

ただし、5Gサービスを使う場合、月のデータ容量が決まっていたり47都道府県の都市部でのみ使用できなかったりします。

もし、5Gサービスを使うのであれば、サービスの概要をよく調べてから申し込むようにしましょう。

激安ポケットWi-Fiは海外でも使える?

激安ポケットWi-Fiの中には海外で使用できるサービスもあります。

今回紹介したものでいえば、『Air-WiFi』や『THE WiFi』です。

どちらもモニター期間が存在する上、Air-WiFiであれば契約期間なしのプランも選べます。

注意点は、渡航先の国で使用できるかどうかです。

国によっては対応していないので、事前に対応エリアについては調べておくといいでしょう。

激安ポケットWi-Fiを使うメリットは?

激安ポケットWi-Fiを使うメリットは、なんといっても月々のコストが抑えられる点です。

3大キャリア回線でもポケット型Wi-Fiは扱っていますが、激安ポケットWi-Fiと比べると料金が高く設定されています。

もちろんサポートに優れているなどのメリットもありますが、安く利用したいのであれば激安ポケットWi-Fiの方がいいでしょう。

自分の使い方に応じて、適切なデータ量のプランを選べばさらに月々のコストを抑えられます。

激安ポケットWi-Fiを使うデメリットは?

激安ポケットWi-Fiを使うデメリットは、契約期間が決まっているプランや端末が故障した場合に違約金を払わなければいけない場合がある点です。

契約期間内に解約すれば違約金がかかりますし、端末が故障した際に補償オプションに入っていなければ多額の弁償金を支払うこともあります。

また、固定回線のように建物内で快適に使えるとは限らない点もあげられます。

さらに、別のWebサイトから申し込むことでキャンペーンが受けられなくなるケースもあるので、しっかりとサービスの内容を把握することが重要です。

激安ポケットWi-Fiはどんな人におすすめ?

激安ポケットWi-Fiは、月々のコストを抑えたい方におすすめです。

基本的に、固定回線は料金が高めに設定されてます。

また、持ち運びもできないため外出先で使いたいなどのニーズにも答えられません。

外出先で使う場合、フリーWi-Fiスポットしかないため仕事で利用する場合はセキュリティ面が心配です。

固定回線に比べて、激安ポケットWi-Fiであれば持ち運びもできるしセキュリティもしっかりしているはずなので仕事にも使えます。

もちろん、固定回線よりも料金は安く済むためコスパを抑えつつ外出先でも使用したい方にはおすすめできます。

激安ポケットWi-Fiの速度制限って何?

速度制限は、サービスごとに定めているデータ量や期間中の使用量を超えると通信速度が抑えられてしまう状態です。

特定のユーザーの使いすぎによる影響を防ぐため、通信速度を制限して全ユーザーにまんべんなくデータ通信をできるようにします。

速度制限がかかると、ネットサーフィンも満足にできないばかりか動画の視聴もままなりません。

また、速度制限の解除時期もサービスごとに異なるので、事前に調べておくといいでしょう。

激安ポケットWi-Fiは口座振替に対応してる?

激安ポケットWi-Fiの料金は、基本的に安く設定されているため支払い方法はクレジットカードに限定されています。

サービスを提供する側としては確実に月額料金を回収したいので、クレジットカードに限定しているサービスがほとんどです。

ただし、中には口座振替に対応しているサービスもあります。

今回紹介している中では、『MUGEN WiFi』であれば口座振替に対応しています。

また、サービスによっては追加料金を支払うことで口座振替に対応しているサービスがあるので調べてみましょう。

まとめ:激安のポケットWi-Fiなら「Rakuten WiFi Pocket」がおすすめ

OKのジェスチャーをする女性

以上、激安ポケットWi-Fiについて解説しました。

選び方や注意点をいろいろあげましたが、当記事でおすすめするのは『Rakuten WiFi Pocket』です。

  • 1GB以内であれば、月額料金が無料
  • 端末代も無料
  • 初期費用も無料

上記3つの点から、圧倒的にコスパがいいのが理由です。

もちろん、楽天エリア外ではデータ量の制限がありますが、基本的には都市部であれば楽天エリア内なのでそこまで心配することもありません。

楽天ポイントが5,000円分つくキャンペーンもやっているので、楽天ユーザーにとっては魅力的です。

ぜひ1度検討してみてください。