WiMAX

WiMAX2プラスとは?WiMAXとの違いや料金・速度をまとめて解説

持ち運びができるポケットWiFiを検討している方は、WiMAX2プラスを視野に入れていることが多いと思います。

WiMAXとWiMAX2プラスの違いを聞かれたときに、答えられる人は少ないと思います。本記事では、WiMAXとWiMAX2プラスの違いを解説し、WIMAX2プラスの利用を考えている人の参考になればと思います。

この記事で分かること
・WiMAXとWiMAX2プラスの違い
・WiMAX2プラスのメリット、デメリット
・WiMAX2プラス利用開始の流れ

WiMAX2プラスとは?

まずWiMAXとは何かと聞かれると、ポケットWifiをイメージすると思います。
意外と勘違いしているところもあるので明確にしていきます。

WiMAXとWiMAX2プラスの違い

WiMAXとは「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、短時間に大量のデータを高速通信することを目指したものです。データ通信に特化した通信規格です。

簡単に言うとキャリアが使う4GLTE回線と同じような無線インターネット回線の一つです。キャリアが使う回線は、音声通信などを遅延なく安定して通信することを重視してます。WiMAXが通信をする仕組みは、モバイルルーターやホームルーター(WiMAXルーター)がWiMAX2プラス回線をキャッチして、スマホやパソコンなどを接続するとインターネット通信が可能になります。

現在WiMAXのサービスで主に使われているのがWiMAX2プラスです。今まではWiMAX回線が主流でしたが、2013年からWiMAX2プラスのサービスが提供開始になりました。2020年3月をもって、WiMAX回線はサービスを終了しています。現在はWiMAX2プラスのみサービス提供をしています。WiMAXは一昔前の回線でWiMAX2プラスは最新の回線になります。最新になった分、メリットもたくさんあります。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

WiMAX2プラスを使うメリット

最新のWiMAX2プラスにはどんなメリットがあるのか、解説していきます。

工事不要なのですぐに利用できる

光回線などは工事を行わないとWifiが使えません。会社によってはWifiえお利用できるまでに1,2か月先になることがあります。また光回線の工事費は2~30,000円かかる場合があります。

WiMAX2プラスならめんどくさい工事は一切ないので、すぐにWifiを使うことができます。さらに持ち運びも可能なので、旅行先や単身赴任先なども利用できるので、使い勝手がとてもいいです。

 

提供エリアが広い

WiMAX2プラス回線は「人口カバー率99%以上」なので全国広いエリアで利用できます。UQの公式サイトの提供エリアマップを確認するとほとんど利用できるようになっています。

特に首都圏に強く、ストレスなくインターネットを利用することができます。

 

 auの4G/LTE回線を利用する「ハイスピードエリアモード」で高速通信が可能

ハイスピードエリアモードとは、WiMAX2プラスと4G/LTEの2つの電波を使い分けて通信することです。WiMAX2プラスだけで通信すると下り最大558Mbpsです。auの4G/LTEは2012年から提供開始されており、下り最大75Hbpsです。

ハイスピードエリアモードに設定すると、WiMAX2プラスエリアとauの4G/LTEエリアの2つのエリアを自動で切り替えて通信します。そうすることで下り最大1.2Gbpsが可能になります。

2つの異なるエリアを利用することにより、片方でしか使えないエリアを補えるので、広いエリアで使えるようになります。山間部や地方などで安心してインターネットに接続することができます。

 

データ通信量に制限がない

ギガ放題プランを契約した場合は、月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限はありません。通信量を気にせず利用できるのはストレスフリーです。
※ただしハイスピードモードにした場合のみです。ハイスピードモードとは、WiMAX2プラスだけの通信のことです。
ハイスピードエリアモードで通信量が月間7GBを超過した場合、ハイスピードモードも制限の対象となり、当月末まで通信速度が128Kbpsへ制限されます。

 

実質月額料金が安い

月額料金はWiMAX、docomo、au、Softbank、Y!mobaileの5社で比較していきます。

WiMAXdocomoauSoftbankY!mobile
データ容量無制限30GB無制限50GB無制限
月額料金4,444~5,145円/月6,578円/月4,721円/月5,282円/月4,818円/月

WiMAXはプロバイダによって値段が変わりますが、最安値で比較すると一番安い月額料金になっています。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

WiMAX2プラスのデメリット

 

3日で10GBを超えると通信速度が1Mbpsになる

ネットワーク混雑回避の為、WiMAX2プラスと4GLTE通信の合計が直近3日間で10GB以上の場合、翌日の18時頃から2時頃の通信速度が1Mbpsに制限されます。ただし、電波環境によっては1Mbps以下になることがあります。

最近はこの3日制限がなくなったプランがあります。対象のサービスは「WiMAX+5G」サービス対象のプランを利用している人です。今回ご紹介しているのは、「WiMAX+5G」ではないので3日の制限はあります。今後制限がなくなると嬉しいです。

 

7GBのプランの場合、月に7GB以上使うと通信速度が128Kbpsになる

ギガ放題プランの他に、月7GBまでのプランがあります。7GB以上使うと通信速度が128Kbpsになります。この速度でできることは、LINEのメッセージを送るぐらいしかできません。LINE通話やTwitterなどはギリギリできるかもしれませんが、YouTubeで動画を見たりオンラインゲームなどはできなくなります。

7GBをオーバーした場合は解除の方法がなく、ギガ放題プランに変更するか翌月まで待つしかありません。ギガ放題プランに変更しても翌月適用の為、結局翌月までは低速のままです。

 

障害物に弱く、屋内や地下では圏外になることがある

屋内や地下で利用したときの口コミを抜粋してみました。

WiMAX2プラスは建物や障害物の影響を受けやすい特徴があります。特に金属、コンクリート、水槽などに電波を通さない、または減退させる可能性があります。

対策として窓際に置くこと、家電製品から極力離しておくこと、水槽の近くやコンクリートの厚い壁で囲まれた空間には置かないようにすると影響は軽減されると思います。

 

プロバイダが多く比較が難しい

WiMAXはUQコミュニケーションズが回線提供を行っており、契約できる会社(プロバイダ)は20社以上あります。プロバイダは回線を売る権利を借りて代理で販売している仕組みになります。

売られている商品自体は全く同じなので、通信速度や通信エリアは同じになります。料金や割引サービス、契約期間などのサービスが違います。

プロバイダによってサービス内容が全然違うので、20社以上あるプロバイダを比較するのは困難です。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

WiMAX2プラスの申し込みから利用開始までの流れ

どのように申し込みをすると、スムーズに契約できるのか順番に解説していきます。

UQ WiMAX公式サイトで提供エリアを確認する

契約した後にエリア外で使えなかったと後悔する前に、WiMAX2プラスを使いたい場所の提供エリアを確認します。

エリアマップ|対応サービスエリア|UQ WiMAX(wifi/ルーター)【公式】

引用:UQWiMAXエリア確認ページ(https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HGBHE+LFNBU+2LL6+61C2Qwimax/area/map/default/)

このエリアマップで黄色になっている部分は4Gに接続できるエリアになっています。
全国的に黄色になっているのでエリアはかなり広いです。

プロバイダを選んでwebから申し込む

エリアを確認したら、次にどこのプロバイダにするかを決めます。20社以上あるので選ぶのが難しいですが、その中でも人気なプロバイダは、カシモWiMAX、VisionWiMAX、GMOとくとくBBWiMAX、BIGLOBEWiMAX、BroadWiMAXになります。

サイトによってはこのサイトから申し込みをしないと、キャッシュバックや割引が受けられないなどがあるので気を付けないといけません。

機器を受け取り初期設定をして利用開始

機器を受け取ったら、SIMカードを本体に差し込み電源を入れます。SSIDとパスワードを確認します。SSIDとパスワードを使いパソコンやスマホのWifi設定に従って接続していきます。

※機種によってはSIMカードの差し込み口が違います。またSSID、パスワードの確認方法も違います。

初期設定が終わり次第、すぐに利用可能です。光回線とは違い、すぐに利用できるのはWiMAX2プラスの魅力のひとつです。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

WiMAX2プラスについてよくある質問

よくある質問を抜粋して説明します。契約する前に必ず確認しましょう。

WiMAX2プラスとauの4G/LTEはどういう関係?

基本設定はハイスピードモードといって、WiMAX2プラスの回線単体だけを使用します。WiMAX2プラスひと回線だけだと繋がりずらかったり、通信が不安定になります。auの4G/LTEを併用して使うことで、安定した高速通信、エリアの広さを実現しています。

2つの回線を併用して使うことをハイスピードプラスエリアモードと紹介しましたが、LTEの通信量が月7GBまでとなっています。7GB以上超えた場合は当月末までは通信速度が128Kbpsに制限されます。この時、ハイスピードモードも通信制限されてしまうので注意が必要です。

※プランによってはハイスピードプラスエリアモードを使用すると、使用した月のみオプション料として月額1,105円がかかります。

 

WiMAX2プラスはどんな人におすすめ?

外出先や地方などで安定した通信を利用したい人や、データ通信量を気にせず利用したい人におすすめです。

また、届いたその日から使えるので、早くインターネットを使いたい人や、ハイスピードプラスエリアモードで高速通信を利用したい人にもおすすめです。

WiMAX2プラスのおすすめプロバイダはどこ?

競争が激しいWiMAXの中でもおすすめなプロバイダは、GMOとくとくBBWiMAXです。全WiMAXプロバイダの中でも最もお得なプロバイダで有名です。

事務手数料が3,300円、1~2か月目は月額2,079円、3~36ヶ月目は月額4,389円、37か月目は月額4,444円となります。端末代0円、プラスエリアモード0円、入会費0円、最大20,000円のキャッシュバックが受けられます。また、月間通信容量の制限がありませんのでたっぷりインターネットが利用できます。
※2022年3月時点の情報です。

WiMAX2プラスのおすすめルーターは?

おすすめのポケットWifiは「Speed Wi-fi 5G x11」という5Gも利用できる新機種です。

通信新速度の下り最大2.7Gbpsでます。同時接続は16台も接続でき、重量は174gと軽くなっています。タッチ画面ではなくボタン式になり、よりコンパクトで使いやすい端末です。

バッテリーは約4,000mAhもありますが、本体は軽量で最大8時間の利用が可能になっています。WiMAXのモバイルルーター端末としては最速です。

 

3日で10GBってどれくらい使えるの?

月間の通信制限はありませんが、3日で10GBの制限はあります。10GBはどのくらい使えるかを表にまとめました。

LINEトーク500万回、通話約555時間
メール65万通
ネットサーフィン30000回
音楽ダウンロード約2,500曲
YouTubeの視聴40時間(標準)
Web会議システム約17時間
オンラインゲーム約63時間

まとめてみて、10GBで意外と使えることが分かりました。

通信速度が1Mbpsになったら何ができる?

サイト閲覧の場合、画像の多いサイトでは少し読み込み時間がかかることもありますが、気になるほどではありません。LINEは動画の送受信に少し時間がかかりますが、トークや通話は問題なく利用できます。SNSに関しても問題なく閲覧することができます。

動画視聴は標準画質であれば問題ないが、高画質の場合はまともに再生できません。アプリのダウンロードやアップデートも非常に時間がかかります。

速度制限が解除されるのはいつ?

3日で10GBを超えた場合、翌月の18時頃から2時頃に速度制限がかかり、翌翌月の2時以降に解除されます。

2時前より継続して利用している通信については、2時以降も通信制限が継続されることがあります。この場合は一旦機器の電源をオフにし、セッションを切断すると制限が解除されます。

WiMAX2プラスは違約金がある?

8日以内の初期契約解除をする場合は、違約金は発生しませんが、事務手数料3,300円は請求されます。

プロバイダによって、違約金の値段が変わります。1~20.000円くらいで、契約期間は2年か3年になります、

WiMAX2プラス以外におすすめのモバイルWifiはある?

毎月最大300GB使えるFuji Wi-fiがおすすめです。契約期間の縛りがないのでいつ解約しても無料で解約できます。

SIMカードのみの契約もできるので、ポケットWifiをもともと持っている人はSIMのみ契約も可能です。プランによっては月額料金が変わります。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

まとめ

WiMAX2プラスを契約するなら、最安値のGMOとくとくBBがおすすめです。
初期契約解除料はないので、試しに使ってみるのも良いと思います。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る