WiMAX

dtiwimaxの評判は悪い?どんな人におすすめできるのかを徹底解説

20社以上あるWiMAXプロバイダの1つである『dtiwimax』。実際の評判はどうなのか気になりますよね。

契約する前にdtiwimaxの評判は知っておきたいところ。

本記事ではdtiwimaxの基本的な情報や、評判の良し悪しどんな人におすすめできるかなどをまとめました。

記事を通して正しい知識を身に付け、後悔のない選択をしましょう。

【この記事でわかること】
・dtiwimaxの基本情報
・口コミやレビューからわかるdtiwimaxの評判
・メリットとデメリット
・契約をおすすめできる人、そうでない人
・他社WiMAXプロバイダの紹介
・よくある質問と答え
  1. dtiwimaxはどんなサービス内容?評判の前に基本情報を確認
    1. 通信業界の老舗が運営している
    2. 料金プランは1種類とシンプル
    3. IPv6通信を無料で利用できる
  2. dtiwimaxの評判ってどうなの?口コミやレビューから解説
    1. 良い評判①:サポートセンターの対応が良い
    2. 良い評判②:地方でもしっかり通信できる
    3. 悪い評判①:スマホセット割が無い
    4. 悪い評判②:速度が遅く感じる
    5. 総評:dtiwimaxの評判はサポートが丁寧だがスマホとの割引がない
  3. 評判と口コミから見えた|dtiwimaxに契約するメリット3選
    1. プラスエリアモードオプションが無料
    2. 会員限定の施設割引が使える
    3. 申し込みの際にオプションに加入する条件がない
  4. 評判と口コミから見えた|dtiwimax に契約するデメリット3選
    1. キャッシュバックなどのキャンペーン内容が他社と比べると劣る
    2. 端末料金が20,000円以上する上に一括で購入しなければならない
    3. スマホとのセット割がない
  5. 評判と特徴からわかった|契約をおすすめできる人とおすすめできない人の特徴
    1. おすすめできる人①:料金プランであまり悩みたくない人
    2. おすすめできる人②:いろいろな施設の特典を受けたい人
    3. おすすめできない人①:インターネット代を安くしたい
    4. おすすめできない人②:au、UQmobileとのセット割を適用させたい
    5. 総評:dtiwimaxは通信費を安くしたい人には不向き
  6. dtiwimax以外ならどこがおすすめ?評判の良いwimaxプロバイダを3社紹介
    1. GMOとくとくBB:とにかく多彩なキャンペーンが魅力的
    2. Broad WiMAX:他社違約金負担ありのプロバイダ
    3. カシモWiMAX:シンプルでわかりやすい料金体系
  7. dtiwimaxの評判に関するよくある質問
    1. dtiwimaxは5Gに対応している?
    2. dtiwimaxで速度制限にかかると通信速度はどれぐらいになる?
    3. dtiwimaxから他の機種へ変更する方法はある?
  8. dtiwimaxの評判はイマイチ|強いこだわりがなければ他を検討すべき

dtiwimaxはどんなサービス内容?評判の前に基本情報を確認

DTI Wimax

dtiwimaxのサービス内容は、そもそもどんなものかをあらためて確認しましょう。

運営会社株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
月額料金【DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラスプラン(3年)】
1~25ヶ月目:4,070円
26ヶ月目以降:4,620円
データ容量上限なし
端末代金21,780円
キャンペーン7ヶ月間の利用で21,780円キャッシュバック
契約期間3年契約
解約違約金~37ヶ月目:10,450円
38ヶ月目・更新月:0円
39ヶ月目以降:10,450円
※更新期間は更新月前月の26日~更新月当月の25日

※料金はすべて税込。
※2022年4月時点の情報です。

dtiwimaxは、プロバイダ事業も展開しているDTI(株式会社ドリーム・トレイン・インターネット)が提供しているサービスです。

通信業界の老舗が運営している

dtiwimaxの運営会社は株式会社ドリーム・トレイン・インターネットです。(以下DTI)

DTIは1995年に設立されているので、歴史ある会社ですよ。

【DTIの会社情報】
社名:株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
設立:1995年10月26日
会社所在地:東京都渋谷区
提供サービス:DTI光、DTI SIM、DTI WiMAX 2+ トーンモバイル など

光回線のプロバイダや、光コラボである『DTI光』の運営会社でもあるので、聞いたことがある人もいますよね。

また、格安SIMである『DTI SIM』と『トーンモバイル』も運営している会社ですね。

dtiwimaxは、通信業界の老舗の会社が運営しているので、安心できますね。

料金プランは1種類とシンプル

2022年4月時点で新規受付しているプランは1種類のみで、非常にシンプルな料金体系です。

基本料金は4,620円(税込)です。

【DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラスプラン(3年)】
・au5Gに対応
・au4G LTEとWiMAX2+エリアも利用可能
・上限なし
・25ヶ月目までは550円の割引あり
・プラスエリアオプションが無料

以前は他のプランもありましたが、現在受付中のプランはギガ放題プラスプランのみですね。

プランを選ぶ必要がないため、手間は省けますね。

IPv6通信を無料で利用できる

dtiwimaxの接続した時に出るIPアドレスを調べてみると、IPv6のIPアドレスも割り振られています

【IPv6通信とは】
インターネット上の住所の役割を持つIPアドレスが枯渇することを避けるために、生まれた新たな通信規格。
従来の通信方式のIPv4に比べると、混雑が緩和しているため通信速度が速くなる傾向があります。

IPv6に対応すると、次世代通信のインターネットにいち早く対応できます。

無料でIPv6通信ができる点は、インターネットを使っていく上で大きなメリットと言えますね。

dtiwimaxの評判ってどうなの?口コミやレビューから解説

dtiwimaxの評判を口コミ、レビューから解説

dtiwimaxの評判って実際どうなのか気になりますよね。

ユーザーや検討している人の口コミやレビューほど、リアルに近いものはありません。

SNSや口コミサイトで調べた内容をまとめました。実際に使っているユーザーや、検討している人の生の声を参考にしてみてください。

良い評判①:サポートセンターの対応が良い

良い評判の1つ目は“サポートセンターの対応が良かった”という内容です。

口コミ・評判:★★★★☆
料金や速度に満足しています

料金を気にせず、端末代金無料ということや、画像などの容量の大きいデータも送受信することができることから、定額使い放題プランを選んで使っています。最初はよくわからないことが多く、サービスセンターに何回も電話して、いろいろ聞いて長時間かかっても優しく説明してくれまして、安心感を得ました。今使ってみてこれといったトラブルも生じていないし、回線の速度にもそれほど遅いと感じたことはありません!私はこだわりがあまりなく、インターネットを使えればいい、という感じです。今のところは満足です!

引用:みんなの評判ランキング

こちらの方は端末代金が無料(実質無料)な点、通信容量が大きいデータの送受信が可能という点でdtiwimaxを契約しています。

何かあった時のサポート対応が良かったとのことですね。問い合わせに時間がかかっても優しく対応してくれたと評価されていますね。

初心者の場合、何かあった時にサポートセンターの担当者が親切丁寧に対応してもらえると安心感が出てきますよね。

これといったトラブル無し、速度に対して大きな不満は無く、満足との回答でした。

良い評判②:地方でもしっかり通信できる

良い評判の2つ目は“地方でもしっかり通信できる”という内容です。

口コミ・評判:★★★★☆

個人的には良かった!!

元々は他社製品を使っていました。友人に勧めてもらって、実際使ってみた感想は、途中で止まることは無いという印象でとても良かったです。
僕は地方に住んでいますが、しっかり通信できました。仕事で都内に行くときがあるのでそのときは持っていきましたが、接続状況はストレスなかったです!!

スマホで仕事をするときも、重たいデータを扱うのでパケットを節約したい自分にとってはぴったり!
料金がお手頃なのも魅力的でした。スマホやPCと並行して使うのには適していると思います。

また機会があれば使ってみたいです。

引用:みんなの評判ランキング

こちらの方はdtiwimaxの前に他社のポケットWi-Fi(WiMAX)を使用されていたそうですが、友人からの勧めで乗り換えられています。

地方でも問題なく使えていると高評価ですね。

普段使用している中で、接続状況に大きな問題はなくストレスを感じず使用できたとのこと。

WiMAXは使えないと契約しても無意味になるため、地方でもしっかりと使える点に魅力を感じられています。

料金が手ごろで、機会があればまた使ってみたいとの回答でした。

悪い評判①:スマホセット割が無い

悪い評判の1つ目は“スマホセット割が無い”点です。

こちらの方は検討中の段階ですが、スマホとのセット割がないことを気にされていますね。

他社WiMAXプロバイダでは、auやUQmobileスマホが割引される『auスマートバリュー』や『自宅セット割』が適用されます。

しかし、dtiwimaxでは割引対象外です。

auスマホの料金を下げたいと考えているものの、対象外と知って契約を悩んでいるという内容でした。

悪い評判②:速度が遅く感じる

悪い評判の2つ目は“速度が遅く感じる”点です。

こちらの方は、実際にdtiwimaxを使用されていて速度と、通信が良く切断される点に不満を抱かれています。

速度は、実際の使用状況によって左右されるため、必ずしも全員が遅いというわけではありません

しかし、不満を感じているユーザーがいるという点は良い評判とは言えませんね。

dtiwimaxの速度に不満があるという内容でした。

総評:dtiwimaxの評判はサポートが丁寧だがスマホとの割引がない

口コミ、評判からの総評ですが、“サポートは丁寧なもののスマホとの割引がない”となります。

速度は満足している方もいらっしゃいましたし、不満に感じている方もいらっしゃいました。

そもそもWiMAXは、プロバイダによって使用している回線に違いはありません。

そのため、dtiwimaxが特別速かったり、遅かったりする可能性は低いと言えます。

何かあった時のサポートが丁寧という点はユーザーの立場からすると助かりますよね。

反対にスマホとのセット割が無いと、au・UQmobileスマホユーザーが契約するメリットの1つが無くなってしまいます。

口コミ、評判を確認して、dtiwimaxが自分に合いそうか判断する1つの材料にしてみてくださいね。

評判と口コミから見えた|dtiwimaxに契約するメリット3選

dtiwimaxのメリット

dtiwimaxを契約するメリットをご紹介します。評判と口コミに記載されていた内容以外にもメリットはいくつかあるので、そのメリットを中心に解説します。

記載されているメリットに魅力を感じたら、dtiwimaxはおすすめできると言えますね。

プラスエリアモードオプションが無料

dtiwimaxのメリット1つ目は、他社では有料な場合が多い”プラスエリアモードオプションが無料”です。

【プラスエリアモードオプションとは】
ルーターでモード切り替えをすると、auサービスと同等のエリアを使えるオプション。
通常1,100円の追加料金が発生します。

プラスエリアモードに切り替えることで、より広いエリアで使用できます。しかし、注意点があります。

それは、誤ってモード切り替えしてしまった場合でも、解除はできず切り替えたタイミングでオプション料金が請求されること。

使用料金が上がってしまうリスクとも言えますよね。

dtiwimaxはオプション代が無料なので、モードを誤って切り替えてしまっても料金は変わりません

1つの安心ポイントでもありますね。

auと同等の広いエリアで使いたいと考えている人にとって、大きなメリットではないでしょうか。

会員限定の施設割引が使える

dtiwimaxのメリット2つ目は、“会員限定の施設割引が使える”点です。

DTIのサービス契約者限定で『DTI Club Off』というサービスが使えます。

【DTI Club Offの特徴】
・福利厚生サービスのリロクラブと提携
・国内20,000軒のホテルや旅館が最大90%割引
・映画チケットが前売りより安く購入可能
・エンターテイメント施設が最大50%割引
・国内700ヶ所の遊園地やテーマパークが最大75%割引

各種施設の利用料金が割引されたり、映画館のチケット代が安く購入出来たりするサービスです。

よく外出する、映画館で映画鑑賞をよくする人にはおすすめですね。

いろいろな施設の優待を受けたい人には、メリットの1つと言えますね。

申し込みの際にオプションに加入する条件がない

dtiwimaxのメリット3つ目は、“申し込みの際、オプションに加入する必要がない”点です。

WiMAXプロバイダによっては、申し込み時に指定オプションに加入する必要があります。

オプションの解除忘れがあった場合、結局は月額料金が思っていたより上がってしまう可能性がでてきますよね。

必須オプションが無いと、解除する手間が省けるので安心して利用できます。

ちなみにdtiwimaxのオプションは下記のものがあります。

・機器修理保証サービス
安心サポート:330円/月 ※2ヶ月間無料
安心サポートワイド:550円/月
安心サポートワイドプラス:605円/月
・プラスエリアモードオプション:無料
・有害サイトフィルタリングサービス:330円/月 ※初月無料
機器修理保証サービスは、契約同時にしか申し込みができないので保証を付けるか悩んでいる場合はつけておくことをおすすめします。

不要なオプション加入が必要ないのは、月額料金のみで利用したいと考えている人にとってメリットと言えますね。

評判と口コミから見えた|dtiwimax に契約するデメリット3選

dtiwimaxのデメリット

dtiwimaxを契約するデメリットをご紹介します。

キャンペーン内容が劣っていたり、最初に端末代金を一括で支払わなければいけなかったりとデメリットはいくつかあります。

デメリットが気になる場合、他社を検討することをおすすめします。

キャッシュバックなどのキャンペーン内容が他社と比べると劣る

dtiwimaxのデメリット1つ目は、“キャッシュバックなどのキャンペーン内容が他社より劣る”点です。

2022年4月時点のdtiwimaxのキャンペーンは“端末代金実質無料”と”25ヶ月間550円割引”です。

端末代金のキャンペーンは利用から7ヶ月経過後に、21,780円がキャッシュバックされるという内容。

そして、25ヶ月間550円割引は、全部で最大13,750円の割引が受けられます。

端末代金が実質無料だったり月額料金の割引があったりするのは魅力的ですが、正直他社だとキャンペーン内容がより充実しています。

【キャンペーン内容が充実しているWiMAXプロバイダ】
・GMOとくとくBB:端末代金0円、14,000円キャッシュバック、月額料金最大37,488円割引、プラスエリアモード無料
・Broad WiMAX:他社違約金負担、月額料金最大35,530円割引、公式サイトからの申し込みで初期費用20,743円割引
・Vision WiMAX:端末代金0円、プラスエリアモード無料、他社へ乗り換え時の違約金無料
・BIGLOBE WiMAX:15,000円キャッシュバック、月額料金最大17,688円割引

プロバイダによっては端末代金0円+キャッシュバック、さらに月額料金が割引される場合があります。

特典が少ない点は、dtiwimaxを契約する上でデメリットの1つと言えますね。

端末料金が20,000円以上する上に一括で購入しなければならない

dtiwimaxのデメリット2つ目は、“端末代金が高額にもかかわらず、一括で購入する必要がある”点です。

端末代金は21,780円(クレードルセットは25,630円)と決して安い金額とは言えません。

ほとんどのWiMAXプロバイダは、端末代金0円、もしくは分割での購入となっていますが、一括で払う必要があります。

契約初月に支払う必要があるので、初月は月額料金+端末代金+事務手数料3,300円と30,000円近くの支払いとなります。かなり痛い出費ですよね。

キャンペーンで7ヶ月後に端末代金相当分のキャッシュバックがありますが、それでも一度立て替える必要があるのは辛いものがあります。

短期解約した場合はもちろん受け取れないため、払い損になってしまいます。

他社では端末代金負担が無いのに、高額な端末代金を最初に支払う必要がある点がデメリットの1つですね。

スマホとのセット割がない

dtiwimaxのデメリット3つ目は、“スマホとのセット割がない”点です。

WiMAXのプロバイダのほとんどは“au、UQmobileスマホとのセット割”があります。

しかし、dtiwimaxはセット割がありません。そのため、au、UQmobileユーザーが契約するメリットが無くなってしまいます。

セット割引が適用になると、最大で、毎月1,100円の割引がスマホから入ります。

つまり、毎月最大1,100円の損、年間では12,000円以上損してしまいますよね。

他社のWiMAXプロバイダとならセット割引が適用されるのに、わざわざ割引がないdtiwimaxを選ぶ理由がありません。

割引を適用させたいau、UQmobileスマホユーザーは一切の恩恵が無い点が大きなデメリットの1つですね。

評判と特徴からわかった|契約をおすすめできる人とおすすめできない人の特徴

dtiwimaxをおすすめできる人とできない人の特徴

dtiwimaxの契約をおすすめできる人と、おすすめできない人の特徴をまとめました。

料金プランであまり悩みたくない人、いろいろな施設の特典を受けたい人にはおすすめです。

反対にインターネット代を下げたい人、auとUQmobileスマホ代を安くしたい人にはおすすめできません。

おすすめできない人に当てはまっていた場合、契約を見送った方が良いですね。

おすすめできる人①:料金プランであまり悩みたくない人

料金プランであまり悩みたくない人にはおすすめです。

他社では2年プランと3年プランが混合している、上限あり、上限なしと分かれているなどで料金プランが複雑な場合があります。

dtiwimaxは2022年4月時点で新規契約できる料金プランは、1つしかありません。

【申し込み可能な料金プラン】
■DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラスプラン(3年)
基本料金:月額4,620円(キャンペーンで25ヶ月目まで4,070円)
データ容量:月間の上限なし
エリア:au5G、au4GLTE、WiMAX2+

上記のプランのみ契約可能なので、どのプランにするか悩む必要がありません

上限なしのWiMAXを求めていれば、プランを考えずに申し込みができますね。

おすすめできる人②:いろいろな施設の特典を受けたい人

いろいろな施設の割引を受けたい人にもおすすめです。

DTIのサービス契約者限定で『DTI Club Off』というサービスが使えるので、あらゆる施設の特典を受けられます。

【DTI Club Offの特典例】
・国内20,000軒のホテルや旅館が最大90%割引
・映画チケットが前売りより安く購入可能
・エンターテイメント施設が最大50%割引
・国内700ヶ所の遊園地やテーマパークが最大75%割引
・全国40,000店舗の飲食店や宅配ピザなどで最大50%割引
・全国700ヶ所以上の日帰り温泉施設が最大60%割引

DTI Club Offは、各種施設の利用料金が割引されたり、映画館のチケット代が安く購入出来たりするサービスです。

基本的にはすぐに利用可能ですが、5年目以上の利用から対象になる『VIP DTI』では、より多くの特典が受けられます。

長期利用で考えている人は、メリットの1つになる可能性がありますね。

おすすめできない人①:インターネット代を安くしたい

インターネット代を安くしたい人にはおすすめできません。

正直、料金が安いWiMAXプロバイダはたくさんあります。

【月額料金が安いプロバイダ】
・GMOとくとくBB:2ヶ月間2,079円 34ヶ月間4,389円 37ヶ月目以降4,444円
・BroadWiMAX:最大3ヶ月間2,090円 36ヶ月目まで3,894円 37ヶ月目以降4,708円
・BIGLOBE WiMAX:24ヶ月間3,810円 25ヶ月目以降4,928円

※dtiwimaxと同等のプランを記載しています。(5G対応)
※価格は税込

2年後や3年後の料金はdtiwimaxと大きく差はありませんが、1年目と2年目の料金の差が歴然ですよね。

WiMAXを安く使いたいと考えている人は、dtiwimaxを選ぶべきではありません。他社検討をおすすめします。

おすすめできない人②:au、UQmobileとのセット割を適用させたい

auかUQmobileのスマホを使っていて、セット割を適用させたい人にもおすすめできません。

他社WiMAXプロバイダでは、au、UQmobileスマホから割引される『auスマートバリュー』『自宅セット割』がそれぞれ適用されます。

しかし、同じWiMAXプロバイダにもかかわらず、dtiwimaxでは対象外のため、割引が適用されません

スマホセット割は、スマホの契約プランにもよりますが最大1,100円がスマホ料金から毎月割引されます。

年間で考えると12,000円ほど損してしまうことになりますよね。

そのため、au、UQmobileスマホとのセット割を適用させたいと考えている人はおすすめできません

対応しているWiMAXプロバイダを選択しましょう。

総評:dtiwimaxは通信費を安くしたい人には不向き

dtiwimaxは料金プランがシンプルだったり、施設割引サービスがあったりとメリットもあります。

しかし、インターネット代やスマホ代といった通信費を下げたいと考えている人には向いていません。

通信費を下げたい人は多くいると考えられます。

そのため、どちらかと言うとdtiwimaxは万人受けではなく、一部の人向きのWiMAXプロバイダと言えますね。

dtiwimax以外ならどこがおすすめ?評判の良いwimaxプロバイダを3社紹介

評判の良いWiMAXプロバイダ

dtiwimax以外にもプロバイダはあるとお伝えしましたが、どこが良いか気になりますよね。

評判の良いWiMAXプロバイダは『GMOとくとくBB』『Broad WiMAX』『カシモWiMAX』の3社です。

プロバイダ名月額料金初期費用端末代金キャンペーン
dtiwimax
DTIWiMAX
1~25ヶ月目:4,070円
26ヶ月目以降:4,620円
事務手数料:3,300円21,780円
※初回請求時に一括支払い
月額料金割引
7ヶ月後に端末代金相当分のキャッシュバック
プラスエリアモード無料
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
1~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
事務手数料:3,300円0円月額料金割引
プラスエリアモード無料
キャッシュバックあり
Broad WiMAX
BroadWiMAX
1~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
事務手数料:3,300円
初期費用:20,743円
21,780円
※一括か36回の分割払い
月額料金割引
条件達成で初期費用無料
他社違約金負担
カシモWiMAX
カシモWiMAX
初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
事務手数料:3,300円0円初月の月額料金割引
プラスエリアモード無料

※2022年4月時点の情報です。
※料金は税込
※5G対応、3年契約プランで比較

各社それぞれの特徴や魅力を紹介します。

GMOとくとくBB:とにかく多彩なキャンペーンが魅力的

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは“とにかく多彩なキャンペーンが魅力”なWiMAXプロバイダです。

【GMOとくとくBBの特徴】
・キャンペーンの充実度がトップクラス
・運営会社がプロバイダも運営しているGMOインターネット株式会社で安心
・最短即日発送ですぐに使える

キャンペーン充実度がトップクラスのGMOとくとくBB。2022年4月時点のキャンペーン詳細は下記の通りです。

・14,000円キャッシュバック
・端末代金0円
・月額料金が合計で37,488円割引
・プラスエリアモードが無料

特典の中でも人気の“キャッシュバック”と”端末代金0円”と月額料金割引”が揃っているのは非常に魅力的ですね。

キャンペーン重視の人はGMOとくとくBBをおすすめします。

Broad WiMAX:他社違約金負担ありのプロバイダ

BroadWiMAX

Broad WiMAXは“他社から乗り換えを検討している人”におすすめのWiMAXプロバイダです。

【Broad WiMAXの特徴】
・キャンペーンで初期費用がグンと下げることが可能
・他社違約金負担あり
・平日に申し込みなら最短当日発送

他社から乗り換える時に発生する違約金を負担してもらえるのは、ありがたいですよね。

Broad WiMAXを契約する時にネックなのが、初期費用の高さ。しかし、20,000円以上の初期費用を0円にする方法があります。

その方法は“公式サイトから指定オプションに加入して申し込み”かつ”クレジットカード払い”をすることです。

指定オプションは下記のもので、不要であれば後日解除できます。

・安心サポートプラス:605円/月
・My Broadサポート:998円/月 ※2ヶ月無料

キャンペーンを上手く使うことで、他社違約金を含めた初期費用が非常に安くなりますね。

他社からの乗り換えで検討している人にBroad WiMAXをおすすめします。

カシモWiMAX:シンプルでわかりやすい料金体系

カシモWiMAX
カシモWiMAXは“シンプルでわかりやすい料金体系”が特徴のWiMAXプロバイダです。

【カシモWiMAXの特徴】
・初月以外の月額料金は一定というわかりやすい料金体系
・端末代金不要
・紹介キャンペーンあり

カシモWiMAXの月額料金ですが、初月以外はずっと一定の料金が設定されています。

初月を過ぎると月額料金が4,455円になります。2年後、3年後も4,455円です。非常にわかりやすいですよね。

他社WiMAXプロバイダは、割引が段階的に入ることで月額料金を安くしています。しかし、裏を返せば割引終了後は本来の月額料金に戻るので、高くなったように感じてしまいますよね。

キャッシュバックのような派手なキャンペーンはありませんが、とにかくシンプルでわかりやすい料金体系が良い人におすすめです。

dtiwimaxの評判に関するよくある質問

よくある質問と答え

dtiwimaxに関するよくある質問と答えをまとめました。

5Gに対応しているか、速度制限後の通信速度はどのくらいか、機種変更する方法などの質問に回答しています。

気になる質問内容があれば、参考にしてみてくださいね。

dtiwimaxは5Gに対応している?

dtiwimaxの『DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラスプラン(3年)』であれば『au5G』に対応しています。

au5Gエリアでは、WiMAXの弱点の1つである“3日で10GB、15GB制限”が撤廃されています。

3日間制限が撤廃されたということは、5Gエリア内であれば実質無制限で使えるようになったと言っても良いですね。

2022年4月現在、5G対応エリアはまだまだ少ないのが現状です。

エリアがまだまだ限られているのが難点ですが、時間が経てば対応エリアは増えていくと予想されます。

対応されるようになれば、快適にインターネット通信ができるようになるので、今は対応していなくても楽しみにしておきましょう。

dtiwimaxで速度制限にかかると通信速度はどれぐらいになる?

dtiwimaxで速度制限に引っ掛かると速度はどうなるか、気になる人もいますよね。

速度制限に関してですが、プランによって変わります。

現在新規受付中のプランであれば、以前は3日で15GB使用すると、通信速度が最大速度1Mbpsまで落ちていました。※2022年4月時点では『DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラスプラン(3年)』のみ新規受付中

しかし、2022年2月1日より緩和され、“混雑する時間帯の通信速度を制限する場合がある”との表記に変更されています。

実際に検証された方によると、60GB使っても速度制限にかからなかったとのこと。

プラン名は異なりますが、同じ5G対応プランです。

結構ガッツリ使っても問題なく使用できそうですね。速度制限に引っかかっても、最大1Mbpsの速度と考えて良さそうです。

dtiwimaxから他の機種へ変更する方法はある?

dtiwimaxの『ギガ放題プラン』で使用していた端末から、5G対応の『ギガ放題プラスプラン』へ機種変更する方法ですね。

2022年4月時点では、残念ながら機種変更の申し込み受付はしていません

機種変更を実施していた時に記載されていた情報をまとめたので、今後の参考にしてみてください。

【dtiwimaxの機種変更】
・プラン解除料0円
・新機種代金0円
・事務手数料0円
・LTEオプション(au 4G LTE)0円
・月額基本料金がずっと4,400円

機種代金や手数料が無料になっていますね。今後機種変更の受付が開始されたら、上記の特典が受けられる可能性があります。

しかし、受付されていないため、機種変更がしたい場合は他社へ乗り換えをおすすめします。

dtiwimaxの評判はイマイチ|強いこだわりがなければ他を検討すべき

他のWiMAXを検討すべき

dtiwimaxはWiMAXプロバイダの中で特におすすめ!と言えるプロバイダではありません

au、UQmobileスマホとのセット割が無い、特典は他社が充実している、月額料金が他社より安くないなどのおすすめできない理由はあります。

特にau、UQmobileユーザーはスマホ割が無いので、割引が適用される他社を契約する方がお得ですよ。

特に強いこだわりがなければ、他社WiMAXプロバイダを検討することをおすすめします。

他社比較検討をしっかりと行い、後悔の無い選択をしましょう!