wifi

PS4はモバイルWi-Fiでもプレイ可能?ユーザーの意見から徹底考察

PS4はモバイルWiFiでもプレイ可能なの?

PS4はモバイルWiFiで接続できないって聞いたけど本当?

このような疑問はありませんか?

PS4でゲームをする際は多くのデータ容量が必要になりますが、モバイルWiFiで代用することができるのか本記事で確認していきましょう。

実際にモバイルWiFiを使ってPS4をプレイした方の口コミも掲載しているので、そちらも参考にしてみてください。

[この記事を読んで分かること]
・モバイルWiFiでPS4はプレイできるのか
・モバイルWiFiの速度はPS4に適しているのか
・実際にプレイした方の口コミ

当サイトおすすめのWi-Fi3選はコチラ
ポケットWiFi月額料金初期費用端末代金通信容量通信制限キャンペーン
2,079円3,300円0円無制限なし最大20,000円キャッシュバック
4,378円3,300円月/918円無制限なし最大19,800円キャッシュバック
3,718円3,300円0円100GBなしなし

当サイトおすすめのWiFiを見る

  1. モバイルwifiはPS4のゲームで利用可能?|プレイするために必要な回線速度目安
    1. 上り:10Mbpsくらいあれば問題なし
    2. 下り:30Mbpsはないとプレイは厳しい
    3. Ping値:30ms以下に押さえることが重要
  2. PS4ゲームをモバイルWifiでプレイしたユーザーの意見|快適プレイは可能?
    1. モバイルWiFiでもそこそこプレイできた
    2. PCでもPS4でも問題なし
    3. モバイルWiFiでPS4プレイできる
  3. PS4ゲームはモバイル型Wi-Fiでは不向き?|ユーザーからの否定的な声
    1. データ容量の消費が激しい
    2. 遅延(ラグ)が発生した
    3. 遅延や回線切断の繰り返し
  4. PS4ゲームをモバイルWi-Fiでプレイするときの注意点
    1. PING値を下げる設定を優先的に行う
    2. 設置場所はPS4との通信の障害にならないように配慮する
    3. 5GhzのWi-Fi周波数帯で利用する
  5. モバイルWi-FiとPS4を接続してゲームをするなら|最適なポケットWiFi比較表
    1. GMO WiMAX|データ容量無制限でキャンペーンも豊富!
    2. BIGLOBE WiMAX|クレジットカードがなくても利用可能!
    3. クラウドWiFi|契約期間に縛りなしで複数のプランから選択可能!
  6. ポケットWiFiでPS4ゲームをプレイすることに関するよくある質問は?
    1. モバイルwifi通信を高速化させるためにPS4側ではどう設定すればいい?
    2. ps4でモバイルwifiを利用すると遅いって聞いたけど本当?
    3. モバイルwifiでps4ゲームをしたときの通信量はどのくらい?
    4. モバイルwifiでPS4を有線接続するためにはどうすればいい?
    5. ps4でモバイルWi-Fiが接続できない場合の対処法は?
  7. まとめ:PS4でモバイルWi-Fiを使うなら周波数帯に注意

モバイルwifiはPS4のゲームで利用可能?|プレイするために必要な回線速度目安

モバイルwifiはPS4のゲームで利用可能?|プレイするために必要な回線速度目安

最初にモバイルWiFiはPS4のゲームで利用可能かについて紹介します。

結論から申し上げますと、モバイルWiFiでPS4のゲームプレイは可能です。

しかし、全てのモバイルWiFiでプレイできるかと言えばそうではありません。

これから紹介する「プレイするために必要な回線速度目安」を越えているか、それと同等の回線速度があるモバイルWiFiでなければいけません。

「プレイするために必要な回線速度目安」を越えていなければ、モバイルWiFiでPS4はプレイできません。

下記にある、プレイするために必要な回線速度目安を確認し、ここで必要な回線速度を覚えましょう。

上り:10Mbpsくらいあれば問題なし

最初に上り速度の目安について紹介します。

そもそも上り速度って何?という方のために簡単に説明すると、上り速度とはアップロード速度のことを指します。

アップロード速度は、情報を送る速度という意味で、PS4で例えると、自分のプレイヤーの情報を運営に送る速度のことを言います。

これを踏まえて、回線速度目安が10Mbpsあれば問題ないと記載しましたが、PS4でゲームをするなら上り速度より下り速度の方が重要です。

そのため、下り速度より上り速度が低くてもあまり問題はありません。

ですが、最低10Mbpsくらいはないとバランスが悪くなるので、最低10Mbpsは確保しておきましょう。

下り:30Mbpsはないとプレイは厳しい

次の回線速度目安は、下り速度になります。

下り速度は、上り速度とは逆に、ダウンロード速度を表しています。

ダウンロードと聞くと、ゲーム内でもよく見かける単語だと思います。

ダウンロード速度は、情報を受け取る速度のことを指します。

そして、モバイルWiFiでPS4をプレイするならこの下り速度が重要になってきます。

ゲーム内で情報を送る量より、受け取る量の方が圧倒的に多いため、下り速度の方が重要になります。

そのため、最低30Mbpsはないとゲームプレイはおろか、ゲームのダウンロードにほとんどの時間が持っていかれてしまいます。

なので、最低でも下り速度は30Mbpsは確保する必要があります。

Ping値:30ms以下に押さえることが重要

最後の回線速度目安はPing値になります。

Ping値とは、ゲームデータの送受信速度のことを表します。

PS4本体とサーバー間のデータ送受信速度が早ければ早いほど、ゲームは快適になります。

別名ラグとも呼ばれていますが、ゲーム内のラグが起きる場合は、このPing値が低いため発生します。

したがって、Ping値は低ければ低いほど速度は速くなるため、Ping値はなるべく低い方が快適にゲームをプレイできます。

Ping値30ms以下と記載しましたが、30ms以下であれば、普通にゲームプレイは可能です。

しかし、格闘ゲームやシューティングゲームなどをプレイしたい方は15ms以下でないと、プレイに支障をきたす可能性があります。

プレイするゲームジャンルによって目安Ping値は変わるので、最低30ms以下は確保しておきましょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

PS4ゲームをモバイルWifiでプレイしたユーザーの意見|快適プレイは可能?

PS4ゲームをモバイルWifiでプレイしたユーザーの意見|快適プレイは可能?

それでは、実際にPS4ゲームをモバイルWiFiでプレイしたユーザーの口コミを見てみましょう。

快適にプレイできるのか?

プレイしたユーザーは満足しているのか?

上記の回線速度目安を上回っているか、下回っているかなどにも注目して口コミを確認していきましょう。

モバイルWiFiでもそこそこプレイできた

上記の口コミでは、FPSゲームを参考に各回線速度が記載されています。

下り速度(ダウンロード)は31.5Mbps上り速度(アップロード)は2.2Mbpsとなっています。

上記で説明した回線速度目安を基に考えると、下り速度は目安を上回っていますが、上り速度が少し目安を下回っています。

ですが、重要なのは下り速度なので、プレイにそこまで支障は出ていないようです。

加えて、FPSゲームでも十分プレイできたとあるので、上り速度より下り速度を重要視するようにしましょう。

PCでもPS4でも問題なし

上記の口コミは、FF14とAPEXをPCやPS4でプレイした口コミになります。

どちらのゲームもクオリティの高いゲームで、回線速度も通常より早くなければプレイしにくくなってしまいます。

ですが、Ping値を見てみると、30ms近くなので普通にゲームがプレイできています。

回線速度は特に下り速度が目安より大幅に下回っていますが、Ping値のおかげで普通にプレイできています。

この口コミからは、下り速度が目安より遅くてもPing値さえ目安近くなら普通にプレイすることが出来ると分かります。

モバイルWiFiでPS4プレイできる

上記の口コミからは、単純にモバイルWiFiでもPS4がプレイできていることが分かります。

具体的な回線速度やPing値は記載されていないものの、プレイできていることは分かります。

ここまでの良い口コミからは、モバイルWiFiでも普通にPS4がプレイできることが分かりました。

また、回線速度の中で最も重要視するべき速度は、Ping値だということも分かりました。

アップロードやダウンロードが完了さえすれば、あとはPing値だけが重要になってくるので、最低でもPing値だけは確保しておきたいところです。

 

当サイトおすすめのWiFiをる

PS4ゲームはモバイル型Wi-Fiでは不向き?|ユーザーからの否定的な声

PS4ゲームはモバイル型Wi-Fiでは不向き?|ユーザーからの否定的な声

次は、モバイルWiFiでPS4をプレイしたけどあまりおすすめしないユーザーの口コミを紹介します。

PS4ゲームをモバイルWiFiでプレイするのはなぜ不向きなのか、ユーザーの否定的な声も確認しましょう。

そして、双方の口コミを比較した上で不向きなのかそうでないのかを判断して頂ければと思います。

データ容量の消費が激しい

上記の口コミからは、データ容量の消費が激しいことが分かります。

PS4に繋げっぱなしだったこともありますが、一日で使用上限を超えてしまうのはかなりのデータ消費だと分かります。

特に、ゲーム以外で用途がある方は、ほどほどにしないとこのようなことになってしまいかねます。

光回線では、データ容量気にせずプレイできますが、モバイルWiFiだとそうはいかないのが現実です。

モバイルWiFiでPS4のゲームはプレイできますが、長くはできないのが欠点になってしまいますね。

遅延(ラグ)が発生した

上記の口コミからは、ゲームのラグや遅延について記載されています。

回線速度やPing値が記載されていないので予測にはなりますが、回線速度が目安を下回っていた可能性が高いです。

つまり、Ping値が30ms以上でゲームのラグや遅延が起こったということです。

モバイルWiFiは時間帯や場所によって回線速度に変動があるので、このような事態もありえないことではありません。

むしろ、このような状況になる可能性の方が高いるくらいです。

モバイルWiFiでは安定してPS4ゲームをプレイするのは難しいかもしれませんね。

遅延や回線切断の繰り返し

上記の口コミからは、遅延や回線切断の繰り返しが酷いということが分かります。

これは、上り速度や下り速度、Ping値がどれも目安を下回っている可能性が非常に高いです。

上りや下り速度が安定しないと、ゲーム自体のダウンロードやアップロードがままならい状況ですし、できたとしてもPing値が高ければラグが発生します。

つまり、上り速度・下り速度・Ping値どれか一つでも目安を上回っていかないと、今後改善は厳しいと言えます。

このような状況に陥ってしまった場合は、必ず何かしらの対策をしないとデータ容量だけ消費されてしまいます。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

PS4ゲームをモバイルWi-Fiでプレイするときの注意点

PS4ゲームをモバイルWi-Fiでプレイするときの注意点

上記の口コミにもあったようにラグや遅延が発生してしまった場合はどうすればいいのか?

そのような場合は以下の注意点を参考にすることで、改善することが可能です。

PS4ゲームをモバイルWiFiでプレイするときの注意点をここで覚えておきましょう。

PING値を下げる設定を優先的に行う

上記で何回も出てくるPing値ですが、このPing値を下げることができれば、ゲームを快適にプレイすることができます。

そのため、最初の注意点は、Ping値を下げる設定を優先的に行うことです。

具体的には何をすればいいのでしょうか?

対策はいくつかありますが、最も簡単で手っ取り早いのは、無線接続から有線接続に切り替えることです。

やはり、無線よりも有線接続の方が接続が安定するため、ゲームを快適にプレイしたいなら有線接続がおすすめです。

有線接続に切り替えることで、Ping値を下げることができるため、Ping値を下げたいときは有線接続してみましょう。

設置場所はPS4との通信の障害にならないように配慮する

次の注意点は、設置場所はPS4との通信の障害にならないように配慮することです。

これは何となく想像が付くのではないでしょうか?

例えば、人の話を聞くときとは間に壁を隔てるなんてことはしませんよね。

それと同じように、通信も接続間に障害があると接続が悪くなってしまいます。

そのため、モバイルルーターはなるべくPS4の近くに設置しましょう。

モバイルルーターであれば持ち運び可能なので、微々たる差かもしれませんが、変えるのと変えないのでは全く違います。

5GhzのWi-Fi周波数帯で利用する

最後の注意点は、5GhzのWi-Fi周波数帯で利用することです。

5Ghzと聞いてあまりピンとこない方が多いかと思います。

簡単に説明すると、WiFi接続には2種類の接続先があり、一つは2.4Ghz帯という接続先ともう一つが5Ghz帯という接続先があります。

一般的に使用されているのが2.4Ghz帯でこの接続先は、接続距離が長いことが特徴です。

しかし、家電やその他の接続に影響を受けやすいという特徴があるため、ゲームをプレイする際には使いやすくありません。

しかし、5Ghz帯は家電など他の接続に影響を受けないため、接続が安定しやすい特徴があります。

なら全部5Ghz帯を使えばいいのでは?と思うのですが、5Ghz帯にも欠点があります。

それは、接続距離が短いということです。

そのため、5Ghz帯を使用する際はルーターが近くになければ接続できません。

PS4をプレイするときは近くにルーターを用意し、WiFi接続先を変更すれば、ゲームを快適にプレイできるようになります。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

モバイルWi-FiとPS4を接続してゲームをするなら|最適なポケットWiFi比較表

モバイルWi-FiとPS4を接続してゲームをするなら|最適なポケットWiFi比較表

ここでは、PS4をモバイルWiFiでプレイする際に最適にプレイできるポケットWiFiを紹介します。

あくまでPS4をプレイするときに最適なポケットWiFiなので、他に用途がある方は別のポケットWiFiも比較し忘れないようにしましょう。

ポケットWiFi月額料金初期費用端末代金通信容量通信制限キャンペーン
2,079円3,300円0円無制限なし最大20,000円キャッシュバック
4,378円3,300円月/918円無制限なし最大19,800円キャッシュバック
3,718円3,300円0円100GBなしなし

GMO WiMAX|データ容量無制限でキャンペーンも豊富!

GMO WiMAX

最初におすすめできるポケットWiFiは、GMO WiMAXになります。

GMO WiMAXはデータ容量が無制限なので、PS4をいくらでもプレイできるメリットがあります

さらに、キャンペーンも豊富なので、長期で契約したい方や乗り換えする方にとってはお得なキャンペーンばかりです。

通信回線も最新の5Gを使用できるので、PS4をより快適にプレイすることができます。

 

BIGLOBE WiMAX|クレジットカードがなくても利用可能!

BIGLOBE WiMAX

次におすすめできるポケットWiFiは、BIGLOBE WiMAXになります。

こちらもデータ容量無制限で3日〇〇GBまでなどの縛りもありません。

そのため、PS4ゲームを長時間プレイすることができますし、接続も安定しやすいです。

また、クレジットカードがなくても契約可能なので、クレジットカードがない方はBIGLOBE WiMAXをおすすめします。

ただ、端末代が月々で別途かかるため、そこを考慮する必要があります。

 

クラウドWiFi|契約期間に縛りなしで複数のプランから選択可能!

クラウドWiFi

最後におすすめできるポケットWiFiは、クラウドWiFiになります。

この中では唯一、データ容量に制限がありますが、最大で100GBも使えるのでPS4ゲームをプレイするにも十分なデータ容量と言えます。

また、クラウドWiFiは契約期間に縛りがないので、解約金が発生しません。

さらに、クラウドWiFiの最大の特徴ともいえるクラウドSIMが搭載されており、複数のキャリア回線に接続が可能です。

そのため、接続に特化したポケットWiFiと言えます。

接続の安定さを求めるならクラウドWiFiは持ってこいのポケットWiFiと言えます

 

ポケットWiFiでPS4ゲームをプレイすることに関するよくある質問は?

ポケットWiFiでPS4ゲームをプレイすることに関するよくある質問は?

次に、ポケットWiFiでPS4ゲームをプレイすることに関するよくある質問について紹介します。

この質問は、多くの方が疑問に思っている内容なので、下記の中に気になる質問があれば参考にしてみてください。

モバイルwifi通信を高速化させるためにPS4側ではどう設定すればいい?

最初の質問は、「モバイルwifi通信を高速化させるためにPS4側ではどう設定すればいい?」という内容になります。

PS4側の設定はいくつかありますが、結局のところ有線接続設定が最も高速化できる方法になります。

PS4側の設定には、DNS設定やMTU値設定などがありますが、実際のところあまり差はありません。

そのため、PS4側の設定というよりは有線接続にすることが一番の解決策であり、高速化させることができます。

ps4でモバイルwifiを利用すると遅いって聞いたけど本当?

次の質問は「ps4でモバイルwifiを利用すると遅いって聞いたけど本当?」という内容です。

結論から申し上げますと、モバイルWiFiによります。

というのも、モバイルWiFiを提供している会社によって、機能やサービス内容がことなるからです。

接続が遅いモバイルWiFiの特徴は、最大通信速度が通常よりも低いモバイルWiFiはPS4でプレイすると遅いです。

最低でも最大上り速度50Mbps、最大下り速度150MbpsがあるモバイルWiFiでないとPS4でゲームをプレイしたときに遅くなります。

モバイルwifiでps4ゲームをしたときの通信量はどのくらい?

次の質問は「モバイルwifiでps4ゲームをしたときの通信量はどのくらい?」という内容です。

ゲームのソフトやジャンルに寄りますので、具体的な数値は記載できませんが、参考にシステムアップロードやソフトのダウンロード時の通信量を紹介します。

システムアップロード=10~100GB

ソフトダウンロード=1~10GB

ゲームをプレイした場合は、上記の通信量よりも低いのでこのデータを参考にして頂ければと思います。

モバイルwifiでPS4を有線接続するためにはどうすればいい?

次の質問は、「モバイルwifiでPS4を有線接続するためにはどうすればいい?」という内容です。

結論から申し上げますと、LANケーブルを使用して接続します。

と言っても、モバイルWiFiに有線接続するための差込口はほとんどありません。

ですが、クレードルというツールを使用すれば、有線接続が可能です。

クレードルとは、モバイルWiFiのスタンドで、拡張機能を持ったアクセサリになります。

このクレードルにモバイルWiFiを設置し、クレードルにLANケーブルを接続すれば有線接続が可能です。

しかし、クレードルがない方は購入する必要があります。

ps4でモバイルWi-Fiが接続できない場合の対処法は?

最後の質問は、「ps4でモバイルWi-Fiが接続できない場合の対処法は?」という内容です。

結論から申し上げますと、対処法は二つあります。

一つ目は、接続のリセットです。

よくある接続し直すという方法ですが、意外とこれで接続状況が改善されるケースがあるので最初はこの方法を試してみてください。

二つ目は、モバイルWiFiのWiFi接続先を5Ghz帯に変更することです。

上記でも紹介したように、2.4Ghz帯よりも5Ghz帯の方が接続が安定するため、2.4Ghz帯を使用していたら5Ghz帯に変更しましょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

まとめ:PS4でモバイルWi-Fiを使うなら周波数帯に注意

まとめ:PS4でモバイルWi-Fiを使うなら周波数帯に注意

ここまでモバイルWiFiでPS4ゲームはプレイできるのか、快適にプレイするにはどうしたらいいのかについて紹介してきました。

有線接続やモバイルWiFiの設置場所を考えるなど様々な方法を紹介してきましたが、最も効果的なのは、周波数帯の変更です。

2.4Ghz帯をほとんどの方が使用していますが、PS4でゲームをする場合は別です。

他の通信や回線に影響されない5Ghz帯に切り替えることで、モバイルWiFiでもPS4をプレイしやすくなります。

また、周波数帯を変更するだけなので、お金などはかかりませんし、簡単にできる作業です。

モバイルWiFiでPS4をプレイする際は、ぜひとも周波数帯を5Ghz帯に変更してプレイしてみてはいかがでしょうか?

 

当サイトおすすめのWiFiを見る