格安SIM

ワイモバイルの評判・口コミまとめ|メリット・デメリットも解説

ワイモバイルは通信が安定しているなど、良い口コミも多いけど本当のところどんなキャリアなんだろう?

実際の口コミや、デメリットも気になりますよね!

ワイモバイルの特徴やデメリットについて、実際の口コミをもとに検証します。

【この記事でわかること】
ワイモバイルの特徴
実際の口コミから見える、ワイモバイルのメリット・デメリット
ワイモバイルに関するよくある質問&回答
プラン⁺月額料金通信速度
ワイモバイル

シンプルS…2,178円平均:下り63.08Mbps
シンプルM…3,278円
シンプルL…4,158円
J:COMモバイル

1GB→5GB(データ盛)…1,078円平均:下り86.88Mbps
5GB→10GB(データ盛)…1,628円
10GB→20GB(データ盛)…2,178円
20GB→30GB(データ盛)…2,728円
ラインモ

ミニプラン/3GB/990円平均:下り78.95Mbps
スマホプラン/20GB/2,728円
ahamo

20GB…2,970円

100GB…4,950円

平均:下り125.26Mbps
楽天モバイル

従量制

3GBまで1,078円

20GBまで2,178円

20GB以上3,278円

平均:下り48.82Mbps

平均速度はみんなのネット回線速度より引用

  1. ワイモバイルの特徴5つ
    1. 複数回線を契約で月額料金が安くなる
    2. 通信制限にかかっても通信速度は1Mbps
    3. 余ったデータ容量を翌月に繰り越すことが可能
    4. 高速な5G通信を無料で利用できる
    5. 契約してから1年間はデータ増量オプションが無料になる
  2. ワイモバイルと他社格安SIMを比較
  3. ワイモバイルの評判・口コミまとめ
    1. 大手キャリアよりかなり安い
    2. スマートフォンのラインナップが最新ではない
  4. 他社比較と評判・口コミから見えたワイモバイルのメリット4つ
    1. ワイモバイルショップが全国展開している
    2. 通信や通話が高品質
    3. 完全通話かけ放題のオプションがある
    4. iPhoneなど人気の端末を一緒に購入できる
  5. 他社比較と評判・口コミから見えたワイモバイルのデメリット2つ
    1. 割引該当しないと特別安くはならない
    2. データ通信専用のSIMがない
  6. ワイモバイルがおすすめな人の特徴2つ
    1. Yahoo!ショッピングやPayPayモールよく利用している人
    2. 昼夜問わず安定した速度で通信したい人
  7. ワイモバイルがおすすめできない人の特徴2つ
    1. 最安料金プランの格安SIMを契約したい人
    2. データSIMを使いたい人
  8. ワイモバイルに関するよくある質問
    1. ワイモバイルの問い合わせ先は?
    2. ワイモバイルに乗り換える場合の手順は簡単?
    3. ワイモバイルを契約する時に利用できるキャンペーンのチェック方法は?
    4. ワイモバイルはテザリングできる?
    5. ワイモバイルよりおすすめの格安SIMはある?
  9. まとめ:ワイモバイルは通話サービスが充実している格安SIM

ワイモバイルの特徴5つ

複数回線を契約で月額料金が安くなる

ワイモバイルには家族割があるので、複数回線契約していると割引で料金が安くなります。

主回線は対象外ですが、2回線目以降は毎月1,188円割引になります。

なお、料金プランが

  • スマホベーシックプラン
  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
  • データベーシックプランL

の場合、割引額が550円になりますので、注意してください。

ちなみに、家族の範囲はかなり広く一緒に暮らす家族はもちろん、遠くの親戚、同一住所であれば恋人も適用になります。

毎月1,000円以上の割引はかなりお得です。

通信制限にかかっても通信速度は1Mbps

ワイモバイルの通信プランは容量によって、S/M/Lの3種類があります。

プランデータ容量データ容量オプション加入(1年間無料)データ容量超過後の制限速度月額料金(税込み)
シンプルS3GB5GB最大300Kbps990円
シンプルM15GB20GB最大1Mbps2,090円
シンプルL25GB30GB最大1Mbps2,970円

データ超過後の最大速度が、Mプラン・Lプランなら最大1Mbpsになります。

1Mbpsの制限はかなり緩いといえます。

LINEのやりとりLINE通話はもちろん、YouTubeの標準画質での再生、一般的なWebサイトの閲覧など基本的な使い方には支障なく対応します。

しかし、より高速で安定した速度が必要な通信には対応していません。

例えば、

  • Instagramの閲覧
  • YouTube高画質の動画視聴
  • 画質、動画が多めのWebサイト
  • オンラインゲーム

このような使い方には、最大1Mbpsでは物足りないといえます。

逆に言えば、このような使い方を普段しない人にとっては、制限がかかってもストレスなく使える優れたキャリアといえます。

使い方は人それぞれ、速度に対しての感覚も人によって違います。

余ったデータ容量を翌月に繰り越すことが可能

ワイモバイルのプランは、「くりこしプラン」という名前からも分かるように、余ったデータを翌月にくりこして使う事ができます。

2021年8月までは、余ったデータはくりこしされずに消滅してしまったので、ひとつデメリットが消えました。

なお、データ容量は前月のくりこし分から自動的に優先して消費されるので、データ量が無駄にならないように配慮されています。

データくりこしがないのは、ワイモバイルの弱みだったのでこの変更は大きなメリットになります。

高速な5G通信を無料で利用できる

ワイモバイルの通信プランは5Gでも追加料金はありません。

より高速な5G通信を無料で使えるのは大きなメリットですね。

しかし、まだ5Gエリアは拡大中で、全国的にもまだ5Gエリアになっていないエリアも残っています。

必ずワイモバイルのエリアマップをチェックして、過度な期待しないように気を付けてください。

まだ整備されていないエリアは大きいので、しっかりチェックしましょう。

契約してから1年間はデータ増量オプションが無料になる

ワイモバイルには「データ増量オプション」があり、毎月550円で容量データを増量できます。

Sプランは2GB、M・Lプランは5GB増やせます。

1年間はこの増量オプションが無料になります。

一番容量が大きなプランでも、Lプランの30GBが1年間限定になります。

1年後にはLプランも25GBになってしまいますので、大容量プランを考えている方には物足りないプランといえますね。

アハモには、100GBのプランもあるので、大容量を求めるならそちらをおすすめします。

ワイモバイルと他社格安SIMを比較

プラン⁺月額料金通信速度
ワイモバイル

シンプルS…2,178円平均:下り63.08Mbps
シンプルM…3,278円
シンプルL…4,158円
J:COMモバイル

1GB→5GB(データ盛)…1,078円平均:下り86.88Mbps
5GB→10GB(データ盛)…1,628円
10GB→20GB(データ盛)…2,178円
20GB→30GB(データ盛)…2,728円
ラインモ

ミニプラン/3GB/990円平均:下り78.95Mbps
スマホプラン/20GB/2,728円
ahamo

20GB…2,970円

100GB…4,950円

平均:下り125.26Mbps
楽天モバイル

従量制

3GBまで1,078円

20GBまで2,178円

20GB以上3,278円

平均:下り48.82Mbps

ワイモバイルの評判・口コミまとめ

大手キャリアよりかなり安い

大手キャリアも料金見直しが進みかなり安い料金になりましたが、割引をしっかり適用しないとまだかなり高額な請求になる傾向があります。

例えば、2022年7月のソフトバンクのメインプラン「メリハリ無制限」を、ひとりで使おうとすると、月額6,160円に音声基本料金1,078円がかかり、月額7,238円になります。

ワイモバイルのシンプルプランMなら、割引なしでも3,278円で使えます。

Mプランなら、データ容量を使い切った後でも最大1Mbpsで通信可能なので、通信の使い道によっては実質無制限で使えます。

これでおよそ半額の料金になりますので、特に大手キャリアで高額な支払いしていた場合、ワイモバイルに乗り換えでかなり料金が安くなる可能性があります。

大手キャリアからの乗り換えなら、安くなった実感をかなり得られますね。

スマートフォンのラインナップが最新ではない

スマートフォンの取り扱いが最新ではないのは、ひとつのデメリットです。

大手キャリアなら、2022年7月iPhone13の販売している段階ですが、ワイモバイルではまだ取り扱いがありません。

ソフトバンクでの在庫を流用する傾向もありますので、最新端末の販売は少し後になりますね。

常に最新の端末を持っていたい人には不向きなキャリアです。

他社比較と評判・口コミから見えたワイモバイルのメリット4つ

ワイモバイルショップが全国展開している

店頭でスタッフが手続きをしてくれる「ワイモバイルショップ」が、全国展開しています。

キャリアショップの店舗数
NTTドコモ2330
ソフトバンク2279
KDDI(au)2181
ワイモバイル852
楽天モバイル214
UQモバイル211

ソフトバンクショップでもワイモバイルを取り扱う、ダブルショップも展開しているので店舗数は3大キャリアについで多くなっています。

格安SIMなどはほとんど店舗での対応は期待できませんので、手続きに不安がある人、サポートが必要な人にはうれしいキャリアですね。

ソフトバンクとワイモバイルのダブルショップも良く目にしますね。

通信や通話が高品質

格安SIMは大手キャリアから通信回線を借りて運営しているので、通信の混雑時間帯(昼休みや夕方など)では通信速度がかなり落ちてしまいます。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして展開し、使っている通信回線はワイモバイルと全く同じものです。

格安SIMと比較して、混雑時間帯の遅延は少ない傾向にあります。

格安SIMで混雑時間帯つながらなくて困る!という人は、ワイモバイルに乗りかえることで改善がみられますよ!

通信は時と場所にもよるので一概にはいえませんが、安定感が増すのは間違いありません。

完全通話かけ放題のオプションがある

格安SIMでは5分~10分のかけ放題がメインですが、ワイモバイルなら完全かけ放題の通話オプションがあるので安心です。

ワイモバイルの通話オプション
だれとでも定額770円1回10分以内の通話が無料
スーパーだれとでも定額1,870円国内通話完全無制限

なお、ワイモバイルでは60歳以上のユーザーの場合、「60歳以上通話ずーッと割引キャンペーン」を実施していて、オプション料金の1,870円から1,100円が永年割引されます。

月額770円で完全かけ放題が使えるのでお得ですね!

ワイモバイルは3大キャリア以外では、いち早く完全かけ放題を取り入れたキャリアです。

iPhoneなど人気の端末を一緒に購入できる

ワイモバイルはオンラインも展開していて、常に限定のタイムセールも実施しています。

新機種も含めたラインナップで、豊富な機種からスマホを選びたい人には最適なキャリアといえます。

なお、iPhoneについては最新機種の取り扱いはありません。

ほとんど一つ前の機種がメインに取り扱われています。

タイムセールでは、iPhone8の認定中古品が1円で販売されていたりします。

とにかく安く端末を手に入れたい人にはおすすめのセールです!

認定中古品はソフトバンクで販売していたiPhoneをリユースした商品です。

他社比較と評判・口コミから見えたワイモバイルのデメリット2つ

割引該当しないと特別安くはならない

もう一度ワイモバイルの料金プランを見てみましょう。

プラン月額基本料金家族割orおうち割ひかりセット適用後
シンプルS2,178円990円
シンプルM3,278円2,090円
シンプルL4,158円2,970円

前項で解説した家族割か、おうち割ひかりセットが適用になると毎月1,188円割引になって月額料金がかなり安くなります。

おうち割ひかりセットは、自宅のインターネットをソフトバンクエアーか、ソフトバンク光にするともらえる割引です。

割引が大きいのは魅力ですが、裏を返せば割引がなければ月額料金は高いままという事です。

料金を最優先に考えるなら、条件なしでも同じ金額でサービスを提供している格安SIMも多いので、そちらを検討することをおすすめします。

単身者にとっては、割高なプランといえます。

データ通信専用のSIMがない

ワイモバイルにはデータ通信専用のSIMプランとして、データベーシックプランS/Lがありましたが、2021年8月をもって新規受付が終了になりました。

2022年7月現在では取り扱いがありませんので、データSIMを検討しているなら他のキャリアを考えましょう。

2021年8月時点で契約していた方は、引き続きサービスを利用できます。

ワイモバイルがおすすめな人の特徴2つ

Yahoo!ショッピングやPayPayモールよく利用している人

ワイモバイルはYahoo!やPayPayモールとも連携していますので、買い物で大幅なポイント還元があります。

PayPayモールYahoo!ショッピング
ワイモバイルEnjoyパック加入特典5%
PayPayステップ還元5%3%
PayPay支払い0.5%
ストアポイント1%
日曜日の買い物5%
合計還元ポイント16.5%14.5%

どちらのショップで買い物しても大幅な還元がありますが、買い物の回数や支払い額などの条件で還元される「PayPayステップ」の上限に差があります。

PayPayモールの方が最大還元額は大きいのですが、基本的にショップ数や品ぞろえはYahoo!ショップの方が勝っています。

ワイモバイルユーザーなら、どちらかを利用して買い物をしましょう。

格安SIMではこういった大手キャリアのようなポイント還元はほとんどありません。

ワイモバイルの大きな強みといえますね。

ネットショッピングを多用する人には絶対おすすめ!

昼夜問わず安定した速度で通信したい人

ワイモバイルなら昼夜を問わず安定した通信ができます。

時間帯下り速度上り速度
55.01Mbps16.51Mbps
56.59Mbps14.41Mbps
夕方70.99Mbps17.48Mbps
57.45Mbps14.93Mbps
深夜71.33Mbps16.37Mbps

注目は昼や夕方の時間帯です。

格安SIMでは特にこの混雑時間帯の通信に遅延が起きます。

ワイモバイルは1日を通して安定した速度を計測していますので、より安定した通信したい人にはおすすめのキャリアです。

サブブランドならではの強みですね!

ワイモバイルがおすすめできない人の特徴2つ

最安料金プランの格安SIMを契約したい人

ワイモバイルは料金面では最安クラスというわけではありません。

家族割もしくはおうち割ひかりセットを適用すれば、月額990円になりますが格安SIMなら割引条件がなくてもこの金額を提示しているキャリアがあります。

もちろん大手キャリアと比較すれば、かなりの節約にはなりますがとにかく最安値で使いたいという方には他におすすめがあります。

最後におすすめの格安SIMを紹介します。

データSIMを使いたい人

そもそもワイモバイルではデータ専用SIMの取り扱いが無くなってしまいました。

データ専用SIMを検討している人は他のキャリアをあたりましょう。

タブレット用などでデータ専用SIMを求める方はいらっしゃいますが、専用SIMはもともと通信速度や容量において制限が多い傾向があり、使い勝手が良くありませんでした。

通話機能付きSIMでも、サブ回線として料金的に負担にならない時代になりましたので、もう1回線契約することをおすすめします。

外出先で複数台インターネット接続する可能性がある場合は、ポケット型Wi-Fiの方が料金的にも性能的にも良いでしょう。

通話付きSIMをもう1回線契約しても損はない時代です。

ワイモバイルに関するよくある質問

ワイモバイルの問い合わせ先は?

電話での問い合わせ先は2種類あります。

音声ガイダンス(年中無休)ワイモバイルの電話から…116
他社のスマホ・固定電話から…0120‐921‐156
海外から…⁺81‐44‐382‐0414(有料)
オペレータ対応の総合窓口(9:00~20:00)ワイモバイルの電話から…151
他社スマホ・固定電話から…0570‐039‐151(有料)
海外から…⁺81‐44‐382‐0800(有料)

オペレーターに対応してもらいたい場合は、表の下の番号にかけましょう。

その際ワイモバイル電話から発信して、無料通話オプションに入っていれば対象になりますが、それ以外は通話料がかかりますので注意してください。

なお、紹介したようにワイモバイルでは、ショップが全国展開しています。

手続きに不安がある場合は、ワイモバイルショップに行きましょう。

ワイモバイルの強みなので、こういう時に活かしましょう!

ワイモバイルに乗り換える場合の手順は簡単?

他社から乗り換える場合の手順は、どのキャリアでも基本的に同じです。

MNP予約番号を取る

まずは、今いるキャリアでMNP予約番号を取得しましょう。

有効期限は15日あります。ワイモバイルの申し込みには有効期限が10日以上残っている必要がありますので、早目に手続きに進みましょう。

必要書類の準備

  • 本人書類
  • 支払い用のクレジットカードもしくは銀行口座
  • 連絡用のメールアドレス
  • 口座振替の場合は印鑑

これらを準備の上申し込みに進みます。

ワイモバイルショップやオンラインストアで申し込み

ワイモバイルショップなら来店予約して、手続きに望みましょう。

即日開通し、すぐに使えます。

オンラインストアなら、希望の端末・料金プラン・オプションなどを選択し、用意した本人書類をアップロードして手続き完了です。

自宅に製品が届いたら回線切り替え作業して乗り換え完了です!

ワイモバイルを契約する時に利用できるキャンペーンのチェック方法は?

ワイモバイルのキャンペーンには2種類あります。

公式オンラインストアとヤフーオンラインストアです。

【公式オンラインストアの特徴】
乗り換え時端末同時購入で、最大36,000円引き
【ヤフーオンラインストアの特徴】
SIMのみ契約で最大5,000円分のPayPayポイント付与。
期間内のPayPay支払いで、上限7,000分のポイント還元。
端末購入するか、キャッシュバックを狙うかによって申し込み窓口も変わります。

キャンペーンの詳細は下記の記事でも解説しています。

ワイモバイルはテザリングできる?

ワイモバイルではテザリングを無料で利用できます。

テザリングはインターネットを閲覧するスマホ端末を、無線ルーターとして使うことです。

スマホ端末がルータ―になれば、スマホにパソコンやタブレットなどの端末を無線で接続して外出先でもインターネットに接続できます。

利用可能なデータ量は、契約しているシンプルプランによります。

通信容量を超えた場合は、Sプランは300KbpsM/Lプランは最大1Mbpsで通信可能です。

ポケット型Wi-Fi持つよりも、スマホの契約で利用できるので節約になります。

ワイモバイルよりおすすめの格安SIMはある?

安さの面でワイモバイルより有利な「J:comモバイル」がおすすめです。

10GB~20GBの中間帯の通信プランではもっともお得なキャリアといえます。

データ容量1GB5GB10GB20GB
JCOMサービスとセットでデータ盛適用後3GB10GB20GB30GB
月額料金(税込み)1,078円1,628円2,178円2,728円
容量超過後の速度最大200Kbps最大1Mbps
10GBや20GBといったところのプランでは、ワイモバイルより料金的にお得です。
データ盛適用ならさらにデータ容量が増えて、通信容量に対しての料金がお得です。
条件がなくてもこの料金で使えるのがうれしいですね。

まとめ:ワイモバイルは通話サービスが充実している格安SIM

ワイモバイルは完全無制限のかけ放題もある、通話プランが充実したキャリアでした。

【ワイモバイルに向いている人】
通話プランを完全かけ放題にしたい人
大手キャリア並みの通信したい人
ショップでのサポートが必要な人
【ワイモバイルが向いていない人】
最安の料金で契約したい人
最新のiPhoneを使いたい人
自分に必要なポイントを考えて、ワイモバイルが自分に合うのかどうかよく検討しましょう!
ワイモバイルは品質と、低料金がバランスよくミックスされた貴重なキャリアです!