格安SIMおすすめのSIM

【2022年最新版】格安SIMのおすすめ15選!料金、実測値やオプションから本当におすすめできるものを厳選!

格安SIMが安いのは分かるんですがいっぱいありすぎて選べません。

たろっさ
たろっさ

そんな声にお答えしてプロの目線でおすすめの格安SIMをご紹介します!

節約術の筆頭に挙げられる格安SIMですが、総務省の2017年の発表によると現在600社以上の事業者が提供を行っているとされており、何も知らずに最適なSIMを探すのはとても困難です。

しかしながら実際に自分に合った格安SIMの選び方が分かっていればどの格安SIMがよいのかをひと目で判別できるようになります。

今回はさまざまな観点から自分にとってベストな格安SIMの選び方を解説するとともに、プロの家電ライターたろっさがおすすめする格安SIMカードをご紹介していきます。

・格安SIMの選び方がわかる
・お得な格安SIMとそうじゃないSIMの違いがわかるようになる
・容量ごとのおすすめ格安SIMがわかる
・代表的なオプションサービスがわかるようになる
  1. 格安SIMとは?すぐに自分のスマホでも使えるの?
  2. 格安SIMの3つの選び方
    1. どの程度の容量が必要かという点を考えながらプランを選ぶ
    2. 自分の使用しているスマホに合った格安SIMをチェック
    3. eSIM対応のMVNOはまだまだ数が少ない
  3. 格安SIMのメリット・デメリット
    1. 格安SIMのメリット
    2. 格安SIMのデメリット
  4. プロが選んだ格安SIM15選!実測値データ付き
    1. BIGLOBEモバイル|知名度・信頼性共に高い格安SIM
    2. J:COM MOBILE|しっかり速度も出て安心
    3. OCNモバイルONE|専用アプリで電話料金も抑えられる
    4. IIJmio|対応機種の多さとサービス提供期間が魅力的
    5. mineo|大手事業者の安心感
    6. NURO Mobile|SNSはデータ容量必要なしで使える
    7. UQmobile|auのサブブランドで通信回線やエリアも広い
    8. Y!mobile|家族割が使えて複数人で使うとお得になる
    9. イオンモバイル|豊富なプランでライフスタイルに合ったものを選択可能
    10. リンクスメイト|オンラインゲームと連携でき特典をゲットできる
    11. 楽天モバイル|データ使用量1GBまでなら無料
    12. ahamo|docomoショップで契約できて安心
    13. povo|トッピング形式でプランを決められる
    14. LINEMO|Softbank回線を使用しており品質の高さが○
    15. HISモバイル|低用量プランなら業界トップクラスの安さ
  5. 格安SIMに関するよくある質問
    1. SIMロックの解除方法は?
    2. MNP・MNP予約番号って何のこと?
  6. まとめ:自分に合った格安SIMを見つけよう

格安SIMとは?すぐに自分のスマホでも使えるの?

おすすめ光回線

格安SIMとは毎月の利用料金が格安なSIMカードのことで、docomo、au、ソフトバンクなどの大きなキャリアの回線を間借りして他の事業者が運営しています。理論上は回線自体は3大キャリアのもののため、回線品質などに差は出ません。月々の通信費用を大きく抑えることができるため、一定の利用者数がいるサービスです。

人件費を抑えて価格を抑えているため、インターネット上での契約のみだったり電話サポートがなかったりなどする場合も多く、混雑する時間帯は速度が落ちてしまったりという弊害も。しかし、月額が現在の半額になるということもあるので、その辺には目をつぶりながら契約を考えるようにしましょう。

使用自体は簡単で、今自分が使用しているスマホのSIMカードを差し替えて少し設定を行えばすぐに使用できる場合がほとんどです。もし判別がつかない場合は格安SIMのHPにある動作確認端末に自分の使用しているスマホがあるかどうかを検索するとよいでしょう。

たろっさ
たろっさ

SIMカードを自分で刺し直す・アクセスポイントを設定するなど、キャリアSIMではやらないような操作もあるため、自信のない人は利用方法を熟読するようにしましょう。

格安SIMの3つの選び方

楽天ひかりの違約金に関するよくある質問は?

それでは早速、自分に合った格安SIMを探すための選び方を見ていきましょう。

どの程度の容量が必要かという点を考えながらプランを選ぶ

昨今は5Gプランが普及してきていることもあり、データ容量が足りなくなる・データ容量について考えたことはあまりないという人も増えてきています。しかしながら、各キャリアのマイページで使用する容量を確認すると、月にどの程度の容量を使用しているかというのは参照できるため、そちらを見ながら月の容量を決定するとよいでしょう。

しかしながら5G対応のプランからの乗り換えであれば5Gに対応している格安SIMでないと今まで使用していた回線より速度が落ちてしまう可能性もあります。4Gしかない格安SIM事業者も多いため、その点は注意が必要です。

たろっさ
たろっさ

5Gに対応している格安SIM事業者はまだまだ少数です。大手の格安SIM事業者でも導入できていないところが多数のため、5Gプランからの乗り換えはじゅうぶんに注意しましょう。

自分の使用しているスマホに合った格安SIMをチェック

格安SIMはいうなれば非純正のパーツを組み込むようなもので、大手キャリアが格安SIMに合わせるのではなく、格安SIMが大手キャリアに合わせているというのが現状です。

大手キャリアで契約したスマホやタブレットはそのキャリアの電波で使用されることを想定しているため、いくらSIMロックが解除されていても違うキャリアの電波を受信することができるかどうかはやってみないとわからない部分が大きく、最悪契約しても使用できないとなってしまう場合も。

そうならないためにも必ず契約したい格安SIMのHPに行き、動作確認済みの端末に自分の端末があるかどうかをチェックしましょう。

たろっさ
たろっさ

大手キャリアはSIMロックが禁止になったためSIMロック自体は現在されていませんが、他のSIMカードで動作するかどうかのチェックまでは当たり前ですがしていません。同じキャリア系列の格安SIMを使うようにしたほうが無難です。

eSIM対応のMVNOはまだまだ数が少ない

iPhoneをはじめとする内蔵SIMカードであるeSIMですが、物理的にSIMカードを挿さなくてよいためSIMカードの読み取り不良などの破損が発生しない・海外使用やSIMカードの使い分けが簡単にできるなどのメリットがあります。

そんな便利なeSIMなのですが、残念ながらeSIMに対応した格安SIM事業者はかなり少なく、eSIMを使いたいのであれば選択肢がぐっと狭まってしまう点は注意しましょう。

格安SIMのメリット・デメリット

楽天ひかりの違約金は乗り換えで減らせる|キャンペーン利用でお得に変えよう

次に格安SIMのメリットとデメリットを見ていきます。通常の大手キャリアと比べての内容になります。

格安SIMのメリット

スマホ代の節約に大きく効果を発揮する

例としてdocomoのギガライトプランの7GBと比較してみましょう。

  • ・docomoギガライトプラン7GB=6,150円
  • ・nuroモバイルVLプラン10GB=1,485円

もちろん各拠点でサポートを受けられる・キャリアメールが使えるなどの利点があるものの、価格差は歴然です。賢く使用すれば月々のスマホの利用料を格段に抑えられます。

料金プランが豊富で自分の好みに合わせて選択できる

大手キャリアの料金プランは少なく、自分にピッタリのものがなかなか無い場合もよくあります。

そんな時に格安SIM事業者であれば非常に多くのプランから選択することができるため、データ容量は少なく、通話は多くといった特殊な使い方をする場合や中速で無制限にデータ使用ができるプランなど、幅広いプランから選択可能な点はメリットといえるでしょう。

スマホ端末とのセット販売をしている事業者もあり、スマホ自体も格安の場合が多い

スマホとセットで販売を行っている事業者も最近は珍しくありません。しかも端末も格安の場合が多く、SIMカードとセットで契約を行っても断然大手キャリアより安いということは多々あります。

しかしながら肝心のセット販売されるスマホが少し前のモデルだったり、無名メーカーのそこまで性能が高くないものだったりする場合もあるため、最新モデルのスマホを使用したい場合は別途用意する必要がある場合も多くなります。

格安SIMのデメリット

キャリアメールやSMSが使用できなくなる

~~~@docomo.ne.jpなどの携帯電話に付随しているメールアドレスですが、こちらは原則使用できなくなります。

各キャリアのデータ通信に紐付けされているメールアドレスのため、電話番号と違って引き継ぐことができません。キャリアメールアドレスでアカウントやサービス登録を行っているものがあるのであれば、新たに登録し直しやメールアドレスの変更が必要になるので注意しましょう。

昼休みや夜のGTなど、混む時間帯は回線が遅かったり繋がりにくかったりする場合も

MVNOはMNOの回線を間借りしているため、お昼休み時やゴールデンタイム時などの通信が混む時間帯はキャパシティが3大キャリアより少なく、速度が遅くなったり通信が不安定になる傾向があります

その時間帯に使用することが多い・Wi-Fiも利用できないという環境で使用したいのであればある程度の速度減衰は目をつぶる必要があるでしょう。動画配信サービスやゲームなどの多く帯域を使うものはカクカクになってしまう可能性もあります。

契約~設定、各種サポートはすべてネット上でのやり取りの場合がほとんど

格安SIMを提供している多くの事業者は一番削れる額の多い人件費を削って安値を実現しています。

なのでリアル店舗を構えている事業者は少なく、担当者と対面での契約やサポートというのはほとんど期待できません。すべてネット上で契約を完了させなければいけないため、色々と説明を聞きながら契約を行ったりサポートを頼みたいという人にはハードルが高いといえます。

また、設定も自身で行わなければいけないため、なにかトラブルがあっても自力である程度のことは完結できるのが望ましいです。

プロが選んだ格安SIM15選!実測値データ付き

料金体系

たろっさ
たろっさ

ここからは、家電のプロである私が選んだ格安SIMのおすすめを紹介します。

【おすすめ格安SIMの選定基準】
・データ容量はしっかりあるか
・利用料金の安さ
・通信速度の実測値
・実際に使っている人のレビューや評判
格安SIMデータ容量月額料金初期費用契約解除料実測値使用回線
BIGLOBEモバイル

1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GB1,078円/1,320円/1,870円/3,740円/5,720円/7,450円事務手数料3,300円/SIMカード準備料433円1,000円平均Ping値: 49.3ms
平均ダウンロード速度: 19.07Mbps
平均アップロード速度: 9.73Mbps
docomo/au
J:COM MOBILE

1GB・5GB・10GB・20GB1,078円/1,628円/2,178円/2,728円WEB申込みで0円(通常3,300円)5,280円(1GB)・9,350円(5GB/10GB/20GB)平均Ping値: 61.75ms
平均ダウンロード速度: 51.32Mbps
平均アップロード速度: 7.59Mbps
au
OCNモバイルONE

500MB・1GB・3GB・6GB・10GB550円/770円/990円/1,320円/1,760円事務手数料3,300円/SIMカード準備料433円平均Ping値: 54.64ms
平均ダウンロード速度: 51.98Mbps
平均アップロード速度: 11.26Mbps
docomo
IIJmio

2GB・4GB・8GB・15GB・20GB858円/1,078円/1,518円/1,848円/2,068円事務手数料3,300円/SIMカード準備料433円(eSIMの場合、準備料金220円)平均Ping値: 71.01ms
平均ダウンロード速度: 51.13Mbps
平均アップロード速度: 11.5Mbps
docomo/au
mineo

1GB・5GB・10GB・20GB1,298円/1,518円/1,958円/2,178円事務手数料3,300円/SIMカード準備料440円平均Ping値: 71.38ms
平均ダウンロード速度: 42.31Mbps
平均アップロード速度: 8.76Mbps
docomo/au/ソフトバンク
NURO Mobile

3GB・5GB・10GB・20GB(20GBはdocomo回線のみ)792円/990円/1,485円/2,699円事務手数料3,300円/SIMカード準備料440円平均Ping値: 52.07ms
平均ダウンロード速度: 34.5Mbps
平均アップロード速度: 12.66Mbps
docomo/au/ソフトバンク
UQmobile

3GB・15GB・25GB1,628円/2,728円/3,828円3,300円平均Ping値: 68.82ms
平均ダウンロード速度: 60.28Mbps
平均アップロード速度: 12.45Mbps
au
Y!mobile

3GB・15GB・25GB2,178円/3,278円/4,158円3,300円平均Ping値: 39.82ms
平均ダウンロード速度: 63.75Mbps
平均アップロード速度: 15.65Mbps
ソフトバンク
イオンモバイル

0.5GB~50GBの間で17個のプラン730円~3,300円平均Ping値: 108.12ms
平均ダウンロード速度: 21.48Mbps
平均アップロード速度: 8.74Mbps
docomo/au
リンクスメイト

100MB~1TBの間で30プラン以上517円~-(eSIMの場合、550円)3,300円平均Ping値: 54.84ms
平均ダウンロード速度: 95.49Mbps
平均アップロード速度: 15.2Mbps
docomo
楽天モバイル

0GB~無制限1GBまで:0円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB以降:3,278円
平均Ping値: 66.04ms
平均ダウンロード速度: 15.08Mbps
平均アップロード速度: 8.54Mbps
docomo/au/楽天
ahamo

20GB2,970円平均Ping値: 49.79ms
平均ダウンロード速度: 111.74Mbps
平均アップロード速度: 14.93Mbps
docomo
povo

24時間・1GB・3GB・20GB・60GB・150GB330円/390円/990円/2,700円/6,490円/12,980円平均Ping値: 72.55ms
平均ダウンロード速度: 71.05Mbps
平均アップロード速度: 13.36Mbps
au
LINEMO

3GB・20GB990円/2,728円平均Ping値: 39.37ms
平均ダウンロード速度: 57.72Mbps
平均アップロード速度: 14.61Mbps
ソフトバンク
HISモバイル

格安ステップ:1GB~10GB
格安弐拾:20GB
格安かけ放題:3GB~30GB
ビタッ!プラン:100MB~30GB
590円~/2,178円~/2,728円~/1,078円~3,300円平均Ping値: 101.01ms
平均ダウンロード速度: 19.14Mbps
平均アップロード速度: 3.29Mbps
docomo/ソフトバンク

BIGLOBEモバイル|知名度・信頼性共に高い格安SIM

元はNEC、現在はau系列の事業者として知名度の高いBIGLOBEのモバイルサービスです。

1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GBのプランが用意されており、BIGLOBE光など、BIGLOBEのサービスを利用している人はさらに割引が適用されるという仕組みになっています。

たろっさ
たろっさ

通話オプションも豊富で、メインのスマホとして十二分に使用できるポテンシャルをもっています。

データ容量1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GB
月額料金1,078円/1,320円/1,870円/3,740円/5,720円/7,450円
初期費用事務手数料3,300円/SIMカード準備料433円
契約解除料1,000円
実測値平均Ping値: 49.3ms
平均ダウンロード速度: 19.07Mbps
平均アップロード速度: 9.73Mbps
使用回線docomo/au

ケーブルテレビサービスを提供しているJ:COMのモバイルです。

1GB・5GB・10GB・20GBから選べます。10GB以上のプランだと速度制限がかかってしまっても最大1Mbpsの中速でつながるため、他より速度がそこまで気にならないのがメリット

たろっさ
たろっさ

5分/回のかけ放題パックも格安で提供されているため、短時間の通話が多い人にとくにおすすめです。

データ容量1GB・5GB・10GB・20GB
月額料金1,078円/1,628円/2,178円/2,728円
初期費用WEB申込みで0円(通常3,300円)
契約解除料5,280円(1GB)・9,350円(5GB/10GB/20GB)
実測値平均Ping値: 61.75ms
平均ダウンロード速度: 51.32Mbps
平均アップロード速度: 7.59Mbps
使用回線au

OCNモバイルONE|専用アプリで電話料金も抑えられる

たろっさ
たろっさ

NTT系列で提供されている老舗プロバイダ、OCNのモバイルサービスです。

500MB・1GB・3GB・6GB・10GBからデータ容量を選ぶことができます。IP電話サービスも展開しており、専用のアプリを使用すれば格安で通話を行うことができるのもメリット。

最低利用期間などもないため、手軽に始めやすいのもポイントです。

データ容量500MB・1GB・3GB・6GB・10GB
月額料金550円/770円/990円/1,320円/1,760円
初期費用事務手数料3,300円/SIMカード準備料433円
契約解除料
実測値平均Ping値: 54.64ms
平均ダウンロード速度: 51.98Mbps
平均アップロード速度: 11.26Mbps
使用回線docomo

IIJmio|対応機種の多さとサービス提供期間が魅力的

興隆の激しい格安SIMの中でも息の長いサービスを提供している事業者です。

2GB・4GB・8GB・15GB・20GBとそれぞれプラン選択ができます。IIJmioの特徴はなんといってもeSIMに対応しているという点。

たろっさ
たろっさ

iPhoneXS以降のiPhone、もしくは一部のAndroid機種ではeSIMが使えるので、対応機種を持っているのであればぜひとも利用してみるとよいでしょう。

データ容量2GB・4GB・8GB・15GB・20GB
月額料金858円/1,078円/1,518円/1,848円/2,068円
初期費用事務手数料3,300円/SIMカード準備料433円(eSIMの場合、準備料金220円)
契約解除料
実測値平均Ping値: 71.01ms
平均ダウンロード速度: 51.13Mbps
平均アップロード速度: 11.5Mbps
使用回線docomo/au

mineo|大手事業者の安心感

関西電力系列の会社で、こちらも格安SIMサービスの中では大手の事業者になります。

1GB・5GB・10GB・20GBからプランを選択でき、少なめですが分かりやすいプラン金額が売りの一つ。また、3大キャリアすべての回線を用意しているため、幅広いスマホに対応できるのもメリットです。

たろっさ
たろっさ

各地にリアル店舗を構えているので、対面での相談が行いやすいのもポイントでしょう。

データ容量1GB・5GB・10GB・20GB
月額料金1,298円/1,518円/1,958円/2,178円
初期費用事務手数料3,300円/SIMカード準備料440円
契約解除料
実測値平均Ping値: 71.38ms
平均ダウンロード速度: 42.31Mbps
平均アップロード速度: 8.76Mbps
使用回線docomo/au/ソフトバンク

NURO Mobile|SNSはデータ容量必要なしで使える

光回線で有名なソニーのNUROが提供しているモバイルサービスです。

3GB・5GB・10GB・20GBから選択できます。このうち20GBはNEOデータフリーというサービスに対応しており、LINE・Twitter・Instagramにかかるデータ容量はカウント外になるため、データ容量を十分に活用することができます。

データ容量3GB・5GB・10GB・20GB(20GBはdocomo回線のみ)
月額料金792円/990円/1,485円/2,699円
初期費用事務手数料3,300円/SIMカード準備料440円
契約解除料
実測値平均Ping値: 52.07ms
平均ダウンロード速度: 34.5Mbps
平均アップロード速度: 12.66Mbps
使用回線docomo/au/ソフトバンク

UQmobile|auのサブブランドで通信回線やエリアも広い

auのサブブランドとしてWiMAXなども手掛けているMVNOです。3GB・15GB・25GBからプランを選べます。

かけ放題オプションが豊富に用意されており、MVNOでは珍しい完全かけ放題のオプションもあるのは利点。また、現在はキャンペーンでデータ容量増量サービスが1年間無料となっています。

たろっさ
たろっさ

家族割などの割引サービスが豊富なのもメリットですね。また、5Gプランになっているため、5Gエリアであれば高速なデータ通信を行うことができます。

データ容量3GB・15GB・25GB
月額料金1,628円/2,728円/3,828円
初期費用3,300円
契約解除料
実測値平均Ping値: 68.82ms
平均ダウンロード速度: 60.28Mbps
平均アップロード速度: 12.45Mbps
使用回線au

Y!mobile|家族割が使えて複数人で使うとお得になる

3大キャリアのソフトバンク傘下の格安SIMサービス事業者です。3GB・15GB・25GBから選ぶことができます。

1回線目はそこまで安い金額ではありませんが、家族割を使用すると2回線目からは1,100円の割引が入るため、業界最安クラスになるというのが特徴です。

たろっさ
たろっさ

5Gに対応しているのと余ったデータを翌月に繰越できるというのも利点といえるでしょう。

データ容量3GB・15GB・25GB
月額料金2,178円/3,278円/4,158円
初期費用3,300円
契約解除料
実測値平均Ping値: 39.82ms
平均ダウンロード速度: 63.75Mbps
平均アップロード速度: 15.65Mbps
使用回線ソフトバンク

イオンモバイル|豊富なプランでライフスタイルに合ったものを選択可能

全国展開している大手スーパー、イオンが展開している格安SIMです。

0.5GB~50GBまでなんと17個ものプランからそれぞれ選ぶことができます。各イオンでもWeb上でも契約ができるため、他の格安SIMに比べてサポートが強力というのが最大のメリット。

たろっさ
たろっさ

60歳以上であれば無条件で永年割引されるため、スマホ操作が苦手な人でもとっつきやすい事業者といえるでしょう。

データ容量0.5GB~50GBの間で17個のプラン
月額料金730円~
初期費用3,300円
契約解除料
実測値平均Ping値: 108.12ms
平均ダウンロード速度: 21.48Mbps
平均アップロード速度: 8.74Mbps
使用回線docomo/au

リンクスメイト|オンラインゲームと連携でき特典をゲットできる

格安SIM事業者の中では比較的新しい部類に入るモバイルサービスです。

100MBというごくごく小容量から1TBという業界最大クラスの容量まで豊富なプランが用意されています。この事業者の最大の特徴はなんといってもゲーム連携サービスで、リンクスメイトのSIMカードを使用しているだけで対応タイトルでアイテムや特典を受け取ることができるというもの。

たろっさ
たろっさ

その他に月550円のカウントフリーオプションに加入していれば、対象のアプリのカウントがすべてフリーになるため大きな容量節約になります。ゲームを頻繁に楽しむ人にとくにおすすめです。

データ容量100MB~1TBの間で30プラン以上
月額料金517円~
初期費用-(eSIMの場合、550円)
契約解除料3,300円
実測値平均Ping値: 54.84ms
平均ダウンロード速度: 95.49Mbps
平均アップロード速度: 15.2Mbps
使用回線docomo

楽天モバイル|データ使用量1GBまでなら無料

MNOにも新規参入を果たしたIT企業、楽天の提供するモバイルサービスです。

プランは1種類だけですが、使わない月は0円、その後は段階的に金額が上がっていき、20GB以上使用した時は3,278円で使い放題となっています。使用しない月は一切金額がかからないので、使用する容量がまちまちな人におすすめです。5Gにも対応しているのはメリットといえるでしょう。

データ容量0GB~無制限
月額料金1GBまで:0円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB以降:3,278円
初期費用
契約解除料
実測値平均Ping値: 66.04ms
平均ダウンロード速度: 15.08Mbps
平均アップロード速度: 8.54Mbps
使用回線docomo/au/楽天

ahamo|docomoショップで契約できて安心

ahamoはdocomoの新プランで、Web限定の契約・ショップでのサポートなどは対象外などを条件に提供する格安SIMサービスです。

プランは2,970円の20GBプランのみで、1回5分までの通話し放題が最初から付いているのが特徴。キャリアメールに対応はしていないものの、eSIMに対応しているため、最新のiPhoneなどを使用している人にはメリットのあるプランといえるでしょう。

データ容量20GB
月額料金2,970円
初期費用
契約解除料
実測値平均Ping値: 49.79ms
平均ダウンロード速度: 111.74Mbps
平均アップロード速度: 14.93Mbps
使用回線docomo

povo|トッピング形式でプランを決められる

povoはauが提供する新しいプランです。こちらもWeb限定で店頭サポートは対象外となっており、対面でのサポートがauではあるもののできない点は注意しましょう。

基本料金が0円でトッピングという形で使用する方式になっており、自分の好みのプランやデータ容量を都度選んで使用するという珍しい形態になっています。

たろっさ
たろっさ

どの程度使用するかなどを大体把握しておかないといけないため、慣れが必要です。

データ容量24時間・1GB・3GB・20GB・60GB・150GB
月額料金330円/390円/990円/2,700円/6,490円/12,980円
初期費用
契約解除料
実測値平均Ping値: 72.55ms
平均ダウンロード速度: 71.05Mbps
平均アップロード速度: 13.36Mbps
使用回線au

LINEMO|Softbank回線を使用しており品質の高さが○

LINEMOはソフトバンクが提供する新しいプランで、もともとLINEモバイルだったものがソフトバンクの傘下に入り、新しいプランとして生まれ変わりました。

こちらもWeb限定でahamo、povoと同じく店頭でのサポートに対応していません。しかしながらソフトバンク回線をMNOとして使用しているため、回線の品質が高いのが特徴です。

データ容量3GB・20GB
月額料金990円/2,728円
初期費用
契約解除料
実測値平均Ping値: 39.37ms
平均ダウンロード速度: 57.72Mbps
平均アップロード速度: 14.61Mbps
使用回線ソフトバンク

HISモバイル|低用量プランなら業界トップクラスの安さ

旅行やツアー会社として有名なHISの提供するモバイルサービスです。1GB~10GB・20GB・3GB~30GB・100MB~30GBの段階別料金のプランをそれぞれ用意しており、回線はdocomoとソフトバンクの2種類です。

たろっさ
たろっさ

とくに格安ステッププランが中でも群を抜いて安く、1GBまでしか使わないのであれば590円で通話も可能というのは破格といえるでしょう。

データ容量格安ステップ:1GB~10GB
格安弐拾:20GB
格安かけ放題:3GB~30GB
ビタッ!プラン:100MB~30GB
月額料金590円~/2,178円~/2,728円~/1,078円~
初期費用3,300円
契約解除料
実測値平均Ping値: 101.01ms
平均ダウンロード速度: 19.14Mbps
平均アップロード速度: 3.29Mbps
使用回線docomo/ソフトバンク

格安SIMに関するよくある質問

よくある質問と答え

たろっさ
たろっさ

最後に、格安SIMに関するよくある質問をお答えします。

SIMロックの解除方法は?

スマホのSIMロック解除方法は、各キャリアによって異なります。

そのため、まずはキャリアの店舗に持って行って相談するか、電話などでサポートを受けてみましょう。

MNP・MNP予約番号って何のこと?

MNPとはMobile Number Portability(携帯電話番号ポータビリティ)の頭文字を取った言葉です。

簡単に説明すると、現在使っているスマホの電話番号を変えずにSIMを乗り換えるために必要な番号だと考えてください。

まとめ:自分に合った格安SIMを見つけよう

冒頭でも述べたとおり格安SIMは現在無数に提供されているため、ひと目見ただけではどれが自分に合っているのか、これが本当に安いのかというのが分かりづらいのがネックです。

しかしながら多くの事業者の中で本当におすすめできて安くてサービスもよい事業者は一握り。今回のおすすめを参考にしながら賢く節約できる格安SIMを選んでみてくださいね。