wifiおすすめの回線

【2022年8月最新】プロが本当におすすめするWi-Fi15選!状況別の最適な選び方

「自分に合ったWi-Fiの選び方がわからない」

「種類が多すぎて選ぶ基準がわからず悩んでいる」

Wi-Fiの種類は増加し、幅広い用途に対応できるようになっています。そのため、上記のような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

Wi-Fiの中で特に利用者数が多いのが下記の3つになります。

・モバイルWi-Fi
・ホームルーター
・光回線

Wi-Fiそれぞれの利用用途や特徴がわかると、自分のライフスタイルに最適なWi-Fiを選べるようになるでしょう。

この記事では自宅で使えるWi-Fi3種類やWi-Fiを選ぶ際の4つの基準、モバイルWi-Fi/ホームルーター/光回線それぞれのおすすめ3選などを紹介します。

この記事でわかること
・自宅で使えるWi-Fi3種類
・Wi-Fiを選ぶ際の4つの基準
・モバイルWi-Fi/ホームルーター/光回線それぞれのおすすめ3選
・回線別の最も安いWi-Fi
【この記事を書いた人:プロ家電ライターたろっさ】
たろっさ
たろっさ

ゲームと妻と温泉巡りが大好きな37歳。20歳のときにメーカーヘルパーとして家電量販店を経験し、家電の世界へ飛び込む。元から接客と家電に興味があり、昔からの趣味のPCの知識を活かしながら勉強の日々を過ごし、2年で年商2億円を突破。

現在は専業家電ライターとして活動中。家電量販店で携帯コーナーを担当した経験から通信機器、光回線など通信系にも精通している。
たろっさのプロフィール

プロバイダ月額料金実質速度データ容量
UQ WiMAX

4,268円〜4,950円下り速度:248Mbps
上り速度:43.2Mbps
無制限
縛りなしWi-Fi

1,890円〜下り速度:28.66Mbps
上り速度:7.02Mbps
10GB〜90GB
THE Wi-Fi

3,119円下り速度:17.07Mbps
上り速度:7.76Mbps
100GB
  1. ※2022/07/01より契約解除料が大幅に減額されました!
  2. 自宅で使えるおすすめWi-Fiは何がある?|代表的なWi-Fi3種類
    1. モバイルWi-Fi:小型で気軽に持ち運べるWi-Fi
    2. ホームルーター:工事不要で引越し先でも使いやすい
    3. 光回線:安定感・回線速度No.1!
  3. 自宅でWi-Fiを使うときはどう選べばいい?|選ぶときにおすすめしたい4つの基準
    1. 実質でかかる料金で比較する
    2. 対応しているエリアで比較する
    3. 実質速度がどれほど出るかで比較する
    4. 容量はどの程度必要なのかで比較する
  4. 自宅でおすすめなモバイルWi-Fiには何がある?|選ばれている回線5選
    1. UQ WiMAX:圧倒的な回線速度
    2. 縛りなしWi-Fi:契約期間が自由で短長期的に利用可能
    3. THE Wi-Fi:大容量100GB利用可能
    4. GMOとくとくBB:キャンペーン内容充実のプロバイダ
    5. BroadWiMAX:長期で使用すればするほど安くなる
  5. 自宅でおすすめな工事不要ホームルーターには何がある?|選ばれている回線5選
    1. カシモ WiMAX:5Gをお手頃価格で利用できる
    2. モバレコ Air:豊富なキャンペーンが魅力
    3. SoftBank Air 通信制限がなく無制限で利用可能
    4. ドコモ home 5G:圧倒的速度がウリ
    5. au ホームルーター 5G:2年間の割引が嬉しい
  6. 自宅でおすすめな光回線には何がある?|選ばれている回線3選
    1. au光 工事費実質無料などキャンペーンが充実
    2. 楽天ひかり ランニングコストの低さが魅力
    3. SoftBank光 ソフトバンクユーザーはよりお得
    4. NURO光 最大2Gbpsで速度良好
    5. BIGLOBE光 選べる特典が魅力的
  7. 自宅で使うルーター等の料金は抑えたい|回線別で最も安いおすすめWi-Fiはどこ?
    1. モバイルWi-FIならTHE Wi-Fiが最安
    2. ホームルーターならモバレコAirが最安
    3. 光回線ならNURO光が最安
  8. 自宅でおすすめなWi-Fiに関するよくある質問は?
    1. wi-fiルーターの価格ってどのくらいが相場?
    2. ポケットwifi(モバイルWi-Fi)の料金相場はどのくらい?
    3. 一人暮らしではモバイルWi-Fiがおすすめって聞いたけど本当?
  9. まとめ:自宅で使うなら光回線が一番おすすめ|状況に応じて最適なものを選ぼう

※2022/07/01より契約解除料が大幅に減額されました!

光回線、キャリアWi-Fi、クラウドSIMWi-Fi、WiMAXなどの多くの契約はこれまで使用期間の縛りを設ける代わりに各種キャンペーンが設定され、契約期間内での解除は多額の契約解除料がかかるというのが常でした。しかし、2022/07/01よりその契約解除料の上限が「1月の月額以下」と定められたため、高額な契約解除料を課せられることが無くなりました。同時に月額も引き下げられ、今後契約を行う方には大きな追い風となっています。

ただし、それに伴って高額なキャッシュバックなどはかなり減ってしまっているためご注意ください。また、縛りがないといってもほとんどの事業者が端末割賦代金や光回線であれば工事費を月々割引で実質無料にしており、途中解約をすると端末の残債を一括請求される契約が多くなっています。

たろっさ
たろっさ

今後は各キャリアとも月額の安さで見ていくのが主流になりそうです。また、国の判断により大きく施策が変わる可能性もありますので、今後も注意しましょう。

自宅で使えるおすすめWi-Fiは何がある?|代表的なWi-Fi3種類

「Wi-Fiの種類が多すぎてどれを選んだらいいかわからない」と疑問を持つ人もいますよね。

ここでは自宅で使える代表的なWi-Fiを3種類紹介します。自宅で使用するWi-Fi選びに悩んでいた人は参考にしてください。

モバイルWi-Fi:小型で気軽に持ち運べるWi-Fi

モバイルWi-Fiは、小型で気軽に持ち運べるWi-Fiです。

代表的なものとしてキャリアモバイルルーター・WiMAX・クラウドSIMルーターなどがあります。

回線開通の工事をする必要もなく、契約後自宅に届いてすぐに利用できます。場所を選ばずWi-Fiを利用できるので「屋外でもWi-Fiを使いたい」という人に特におすすめです。

また、ホームルーターや光回線と比較すると、料金も安価で2000円台のものもあり安くWi-Fiを使いたい人におすすめできます。

しかし、ホームルーターや光回線よりも回線速度が遅い傾向にあり、オンラインゲームや高画質動画を楽しみたい人が利用すると少し不満を感じるかもしれません。

また、どうしても電波の受信になるため、地下などに入ってしまうと電波が弱くなってしまい、通信が不安定になってしまう場合もあります。

SNSの閲覧やメールの送受信に関しては、問題なく利用できる回線速度なので多くの人は満足できるでしょう。

また、他のWi-Fi方式と違い、旅行期間中や出張時だけのレンタルなどを行っている業者もあり、汎用性が高いWi-Fi方式といえます。

たろっさ
たろっさ

5Gの普及により、速度の問題はだいぶ解決に向かいつつあるものの、どうしても電波の入りづらいところでの使用が安定しないという問題があります。

ホームルーター:工事不要で引越し先でも使いやすい

ホームルーターは、コンセントを挿すだけで利用できるWi-Fiルーターです。

光回線とは違い、工事不要でコンセントを挿すだけなので契約後すぐにWi-Fiを利用できるようになります。また、契約しているホームルーターのエリアに対応していれば、どこでも利用できるのも大きなメリットです。

例えば、仕事の都合で引っ越し回数が多いと毎回Wi-Fiを契約するのはとても手間がかかりますよね。

しかし、ホームルーターを契約しエリアに対応していれば、場所を選ばず利用できるので引っ越しの度にWi-Fiを契約することもありません。

エリアに対応していればどこでも使えて、利用方法もコンセントを挿すだけなのでかなり使いやすいWi-Fiです。

回線速度はモバイルWi-Fiよりも速いものが多く、不便に感じることも少ないでしょう。

コンセントを挿す必要があるので、持ち運びには不向きですが自宅で使うには十分な性能を備えているWi-Fiです。

たろっさ
たろっさ

速度的には光回線とモバイルWi-Fiの中間位と言われていますが、実際は設置した場所の環境や電波の入りやすさにもよります。電波が入りづらいと感じたら窓際に設置したりなどの工夫が必要です。

光回線:安定感・回線速度No.1!

光回線は、モバイルWi-Fiとホームルーターよりも回線速度が速く安定しています。

モバイルWi-Fiとホームルーターより月額料金が高いものが多いですが、何より回線速度が速く安定しています。光回線に繋いでいると高画質動画が観やすく、ゲームのラグが起こりにくくなるのでFPSなどオンラインゲームが趣味の人にはおすすめです。

最大のデメリットは、回線開通工事が必要なところです。

回線開通工事は、契約したプロバイダにもよりますが2週間〜1ヵ月かかることが多く、長いと2ヵ月程の期間を要することも。

また、住んでいる賃貸や一戸建てによっては工事できない可能性もあるので、光回線を契約したい人は事前に自分の住んでいる場所で回線開通の工事ができるか確認しましょう。

たろっさ
たろっさ

プラン内容も様々で多種多様なニーズに応えられるのが光回線です。ただし、関西限定などの地域限定回線が多い点も注意しましょう。

当サイトおすすめのWiFiを見る

自宅でWi-Fiを使うときはどう選べばいい?|選ぶときにおすすめしたい4つの基準

「Wi-Fiの種類はわかったけど何を基準に選べばいいの?」と困っている人もいるでしょう。人によって重要視するポイントも違うので、おすすめの基準があると選びやすいですよね。

ここでは、自宅用Wi-Fiを選ぶときの基準を4つ紹介します。

実質でかかる料金で比較する

自宅で利用するWi-Fiを選ぶときは、実質でかかる料金を比較するのがおすすめです。

Wi-Fiの契約で重要視するポイントは人それぞれですが、月額料金で契約を決める人は多いのではないでしょうか。例えば、モバイルWi-Fiと光回線で契約を迷っている場合。金額的には1000円〜2000円程の差になるため、毎月の支払い金額に大きな差はないように感じます。

しかし、年単位で考えると実質でかかる料金は、12000円〜24000円程と出費額に大きな差が生まれます。

回線速度や対応エリアなど、Wi-Fiを決める基準は様々ですが実質にかかる料金だけ見た場合、お得にWi-Fiを使いたい人は1番安価なモバイルWi-Fiを選ぶのがおすすめです。

対応しているエリアで比較する

自分に最適なWi-Fiを選ぶには、対応エリアの比較が必須です。

Wi-Fiの種類によって対応エリアは異なります。関東などの都市部だと多くのWi-Fiが対応していますが、地方だと対応エリア外ということも。

対応エリアを確認せずにWi-Fiを契約すると、実は対応エリア外で使えないという事態も考えられます。

Wi-Fiを再度契約したくても、最低利用期間により解約金を支払い損することもあるでしょう。

余計な手間と解約金を払うことがないよう、対応エリアは契約前に確認してください。

実質速度がどれほど出るかで比較する

Wi-Fiを選ぶ際は、実質速度がどれくらい出るか比較しましょう。

ホームルーターやモバイルWi-Fiのホームページを見ると「最大速度1Gbps」などの記載があります。しかし、どんな環境でも最大速度を出せるわけではありません。

最大速度は「業者が頑張って出せる1番速い速度」なので、鵜呑みにして契約すると「全然最大速度出てない」ということもあり得ます。

実質速度は「使ったときに出るWi-Fiの実際の速度」です。

利用者の口コミや回線測定サイトをみて、Wi-Fiの実質速度を比較してみましょう。

たろっさ
たろっさ

平均値ではあるものの、こちらのサイトがある程度の指標になります。

みんなのネット回線速度 Radish Network Speed Testing

容量はどの程度必要なのかで比較する

Wi-Fiの容量を確認し、どの程度容量が必要なのか比較してWi-Fiを選びましょう。

毎月10GB〜50GBなどの定量や無制限など、Wi-Fiのプランは幅広いです。自分がどれくらい通信量を使うか把握していないと、容量を超えて通信制限がかかり不便な思いをすることも。

高画質動画の視聴やゲームをする人は、無制限プランが多い光回線、毎月10〜50GBなど定量で足りると感じる人は、モバイルWi-Fiやホームルーターの契約がおすすめです。

自分のライフスタイルや使用する通信量を把握し、最適なプランを選ぶと通信制限を気にせず快適にインターネットを利用できるでしょう。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

自宅でおすすめなモバイルWi-Fiには何がある?|選ばれている回線5選

自宅でおすすめのモバイルWi-Fiはどんなものがあるのでしょうか。

プロバイダごとに運営会社や月額料金など比較しました。下記をご覧ください。

プロバイダ月額料金実質速度データ容量契約期間回線エリア
UQ WiMAX

4,268円〜4,950円下り速度:248Mbps
上り速度:43.2Mbps
無制限2年〜契約期間上限なし全国
縛りなしWi-Fi

10GB:1,890円
30GB:2,680円
60GB:3,480円
90GB:3,980円
下り速度:28.66Mbps
上り速度:7.02Mbps
10GB〜90GB契約期間上限なし全国
THE Wi-Fi

3,119円下り速度:17.07Mbps
上り速度:7.76Mbps
100GB2年全国
GMOとくとくBB

1~24ヶ月目:3,553円
25~35ヶ月目:4,103円
36ヶ月目以降:4,708円
平均ダウンロード速度: 47.58Mbps
平均アップロード速度: 9.91Mbps
無制限2年全国
Broad WiMAX

1ヶ月目:1,397円
2ヶ月目以降:3,883円
平均ダウンロード速度: 80.36Mbps
平均アップロード速度: 13.25Mbps
無制限2年全国

UQ WiMAX:圧倒的な回線速度

運営会社UQコミュニケーションズ株式会社
月額料金4,268円〜4,950円
実質速度WiMAX5G:下り速度:248Mbps
上り速度:43.2Mbps
データ容量無制限
契約期間2年
回線エリア全国

UQ WiMAXは圧倒的な回線速度が強みのモバイルWi-Fiです。

WiMAX2+とWiMAX+5Gの2種類のサービスがあり、特にWiMAX+5Gは下りの実測値が248Mbpsなので高画質動画やFPSなどのゲームをする人も快適に利用できるでしょう。

回線は全国対応なので、地下や山間部などを除けば多くの場所で利用可能です。

契約期間が2年のサービスがメインなので、長期的に利用を考えている人におすすめです。

高速回線を利用したい人は、UQ WiMAXの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

しかしながら契約期間が2年間となってはいるものの、契約解除料は1,100円とかなり安価のため、条件の良い他のものがあればある程度楽に乗り換えを考えることが可能なのは利点と言えます。

縛りなしWi-Fi:契約期間が自由で短長期的に利用可能

運営会社フォン・ジャパン
月額料金10GB:1,890円
30GB:2,680円
60GB:3,480円
90GB:3,980円
実質速度下り速度:28.66Mbps
上り速度:7.02Mbps
データ容量10GB~90GB
契約期間契約期間上限なし
回線エリア全国

 

縛りなしWi-Fiは、契約期間に縛りがないのが特徴です。

「出張の1ヵ月間だけ使いたい」「長期的に使うことを考えている」など、人によって求める利用期間は異なります。

縛りなしWi-Fiは、契約期間が自由なので1週間だけ利用することも可能です。解約金もかからないので、自分が利用したい期間だけ利用できるので幅広いニーズに対応できます。

2022年の3月に大幅にプランが見直され、それまであったソフトバンク回線を廃止、現在は3大キャリアが使用できるクラウドSIMでの運用になっています。

これにより速度は出づらくなったものの、1GBあたりの金額が安くなった実質の値下げ、接続可能エリアの拡大を実現しています。

出張や旅行先で少しブラウジングをしたい、移動中に文章メインのインターネットを参照したいなどの使用用途であれば活用できるでしょう。

THE Wi-Fi:大容量100GB利用可能

運営会社スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社
月額料金3,119円
実質速度下り速度:17.07Mbps
上り速度:7.76Mbps
データ容量100GB
契約期間2年
回線エリア全国

THE Wi-Fiは、毎月100GB利用できるのが強みです。

100GBあれば、YouTubeの動画を約185時間再生できるデータ容量なので、テレワークで大容量のデータをやりとりする人や動画鑑賞が趣味の人などにおすすめできます。

また、大手3大キャリアの回線を利用できるクラウドSIMが搭載されているので、繋がりやすさも申し分ありません。

実質速度はUQ WiMAXと縛りなしWi-Fiに劣っていますが、料金や繋がりやすさを考慮すると使いやすいWi-Fiと言えるでしょう。

たろっさ
たろっさ

コスパは悪くないものの、縛りなしWi-Fiと同じく速度は全く期待できません。ネットゲームなどはほぼ無理と思って間違いないでしょう。

GMOとくとくBB:キャンペーン内容充実のプロバイダ

運営会社GMOインターネット株式会社
月額料金1~24ヶ月目:3,553円
25~35ヶ月目:4,103円
36ヶ月目以降:4,708円
実質速度平均ダウンロード速度: 47.58Mbps
平均アップロード速度: 9.91Mbps
データ容量無制限
契約期間2年
回線エリア全国

GMOインターネット株式会社が提供するWiMAXを利用したプロバイダです。

最大49,000円のキャッシュバック、2年間の月額約3,500円で使い放題、速度もそれなりとかなりコストパフォーマンスの良い内容になっています。

契約解除料も1,100円と安くなっているため、乗り換え自体もしやすいですが、上記の金額は端末代金は別になっており、+550円が月にかかる点は注意しましょう。

たろっさ
たろっさ

また、auの5Gエリアを使用するプラスエリアモードの利用も別料金で1,100円かかります。使用しなければかかりませんが、WiMAXのエリア以外の地域で使用する場合はこちらも注意しましょう。

BroadWiMAX:長期で使用すればするほど安くなる

運営会社株式会社LinkLife
月額料金1ヶ月目:1,397円
2ヶ月目以降:3,883円
実質速度平均ダウンロード速度: 80.36Mbps
平均アップロード速度: 13.25Mbps
データ容量無制限
契約期間2年/期間無し
回線エリア全国

株式会社LinkLifeのWiMAXプロバイダです。

速度がかなり出やすい・2ヶ月目以降金額が変わらずかなり安い・auのスマートバリューとUQmobileのセットを組めると長期で使用すればするほど他の事業者との金額のメリットが大きくなる事業者ということがいえます。

反面、0円や1,100円と7/1以降どこの事業者もかなり契約解除料を安く設定している中、3,883円と1ヶ月分の月額を違約金に設定しているため、若干契約解除が高く付いてしまう・口座振替は別途手数料が発生するなどのデメリットがあります。

たろっさ
たろっさ

端末代金は別途かかってしまうものの、それを差し引いても余りある金額のメリットが大きな特徴のプロバイダです。

自宅でおすすめな工事不要ホームルーターには何がある?|選ばれている回線5選

続いてホームルーターのおすすめ3選を紹介します。

下記の比較表をご覧ください。

プロバイダ月額料金実質速度データ容量契約期間回線エリア
カシモ WiMAX

1,408円〜4,708円下り速度:37.38Mbps
上り速度:5.82Mbps
無制限2年〜3年全国
モバレコ Air

2,167円〜5,368円下り速度:38.02Mbps
上り速度:
5.86Mbps
無制限3年間全国
SoftBank Air

5,368円下り速度:51.86Mbps
上り速度:6.69Mbps
無制限2年間全国
ドコモhome5G

4,950円平均ダウンロード速度: 214.6Mbps
平均アップロード速度: 20.53Mbps
無制限なし全国
au ホームルーター 5G

5,170円平均ダウンロード速度: 90.55Mbps
平均アップロード速度: 14.93Mbps
無制限なし全国

カシモ WiMAX:5Gをお手頃価格で利用できる

運営会社株式会社MEモバイル
月額料金1,408円〜4,708円
実質速度下り速度:37.38Mbps
上り速度:5.82Mbps
データ容量無制限
契約期間2年〜3年
回線エリア全国

カシモ WiMAXは、5Gをお手頃価格で利用できるのが強みです。

初月は1,408円で利用でき、2ヵ月目以降は4,455円〜4,708円になります。また、長期的な利用しても月額料金が変わらないのでずっと同じ料金でWi-Fiを利用可能です。

端末を複数台接続した場合も安定して利用できますが、直近3日間で15GB以上利用すると通信制限がかかるので注意しましょう。

5Gをできるだけ安く利用したい人におすすめです。

モバレコ Air:豊富なキャンペーンが魅力

運営会社株式会社グッド・ラック
月額料金2,167円〜5,368円
実質速度下り速度:38.02Mbps
上り速度:5.86Mbps
データ容量無制限
契約期間3年
回線エリア全国

モバレコWi-Fiは、キャンペーンの豊富さが魅力のホームルーターです。

現在モバレコWi-Fiのホームページから契約することで、30,000円がキャッシュバックされます。

その他にも、2年間月額料金割引や他社回線からの乗り換えで「違約金」「撤去工事費用還元」など、キャンペーン内容が豊富です。

価格も初月と2ヵ月目は2,167円で利用できるので、お得にWi-Fiを利用できるでしょう。

SoftBank Air 通信制限がなく無制限で利用可能

レビュー】ソフトバンクエアーの感想とベストな解約タイミング

運営会社株式会社ACE
月額料金5,368円
実質速度下り速度:51.86Mbps
上り速度:6.69Mbps
データ容量無制限
契約期間2年
回線エリア全国

SoftBank Airは、他社のホームルーターに見られる「直近3日間〇〇GB利用で通信制限」がありません。

いくら利用しても通信制限がかからず、無制限に利用できるのでテレワークで大容量のデータのやり取りがある人や、動画鑑賞が趣味の人は利用しやすいでしょう。

また、大手3大キャリアであるSoftBankの回線を利用しているので、繋がりやすく実質速度も申し分ありません。

SoftBankでスマホを契約している人は、セット割でよりお得に利用できるのでチェックしてみてください。

ドコモ home 5G:圧倒的速度がウリ

運営会社NTTドコモ
月額料金4,950円
実質速度平均ダウンロード速度: 214.6Mbps
平均アップロード速度: 20.53Mbps
データ容量無制限
契約期間なし
回線エリア全国

ホームルーターの中では価格も安め・データ容量も無制限・契約期間や違約金も無しと使いたい時にサッと使用できるホームルーターです。

特筆すべきはなんといっても速度。平均200Mbps超えは光回線並みということがいえます。ホームルーターの選択肢としてはかなり強い選択肢と言えるでしょう。

光回線が開通するまでの繋ぎなどに使用する方も多いサービスとなっています。

au ホームルーター 5G:2年間の割引が嬉しい

運営会社KDDI
月額料金5,170円
実質速度平均ダウンロード速度: 90.55Mbps
平均アップロード速度: 14.93Mbps
データ容量無制限
契約期間なし
回線エリア全国

auが以前より提供しているサービスで、5G対応・機種の刷新でリニューアルして登場しました。TWT(Target Wake Time)という新しい技術を採用し、デバイス間のスリープ状態を検知、省電力設定を行うため、デバイスのバッテリー持続時間を大幅に延長することが可能になっています。

もちろんデータ使用も無制限で、コンセントを挿すだけで使用可能。また、初回1回線に限り、月々550円の割引が入って2年間月額4,620円と、ほぼ最安水準で使用することができるのもメリットといえるでしょう。

自宅でおすすめな光回線には何がある?|選ばれている回線3選

eo光で回線障害が起きているか確認する方法は?

続いて光回線のおすすめ3選を見ていきましょう。

下記の比較表をご覧ください。

プロバイダ月額料金実質速度データ容量契約期間回線エリア
au光

マンション:4,180円
一戸建て:5,610円
下り速度:429.64Mbps上り速度:
373.02Mbps
基本無制限
※数日間で30GB以上データをアップロードした場合通信制限あり
3年【一戸建て】中部:静岡、愛知、岐阜、三重
関西:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
沖縄以外対応
【マンション】全国
楽天ひかり

マンション:4,180円
一戸建て:5,280円
下り速度:216.7Mbps
上り速度:185.92Mbps
無制限3年全国
SoftBank光

マンション:4180円〜5390円
一戸建て:4,950円〜6,930円
下り速度:315.5Mbps
上り速度:213.04Mbps
無制限2年〜5年全国
NURO光

5,200円平均ダウンロード速度: 511.6Mbps
平均アップロード速度: 469.15Mbps
無制限3年20都道府県
NURO光サービス提供エリア
BIGLOBE光

戸建て:5,478円
マンション:4,378円
平均ダウンロード速度: 283.98Mbps
平均アップロード速度: 214.21Mbps
無制限3年全国

au光 工事費実質無料などキャンペーンが充実

運営会社フルコミット株式会社
月額料金マンション:4,180円
一戸建て:5,610円
実質速度下り速度:429.64Mbps
上り速度:373.02Mbps
データ容量基本無制限
※数日間で30GB以上データをアップロードした場合通信制限あり
契約期間3年
回線エリア関西地方、沖縄、中部地方以外は対応している

au光は回線速度が速く、快適にインターネットを利用できます。

実質速度が下り429.64Mbpsで、上りが373.02Mbpsと他社の光回線と比較しても圧倒的に回線速度が速いです。

一戸建てだと対応していない地域もありますが、マンションだと全国対応なので場所を選ばず利用できるでしょう。ただし、マンションによっては対応外の場合もあるので事前の確認が必要です。

また、au光のサイトから申し込むことで工事費用を月額料金から割引くので、工事費が実質無料になります。

楽天ひかり ランニングコストの低さが魅力

運営会社楽天コミュニケーションズ株式会社
月額料金マンション:4,180円
一戸建て:5,280円
実質速度下り速度:216.7Mbps
上り速度:185.92Mbps
データ容量無制限
契約期間3年
回線エリア全国

楽天ひかりは、ランニングコストの低さが魅力の光回線です。

マンションタイプが4,180円、一戸建てタイプが5,280円と他社の光回線と比較してもかなり安く利用できます。

また、IPv6対応のため回線も速く快適です。

楽天ポイントも溜まりやすいので楽天ユーザーはお得に更にお得に利用できるでしょう。

SoftBank光 ソフトバンクユーザーはよりお得

運営会社ソフトバンクBB株式会社
月額料金マンション:4180円〜5390円
一戸建て:4,950円〜6,930円
実質速度下り速度:315.5Mbps
上り速度:213.04Mbps
データ容量無制限
契約期間2年〜5年
回線エリア全国

SoftBank光はキャンペーンが豊富で、有効活用すればお得に光回線を利用できます。

ワイモバイルやSoftBankスマホを契約している場合に適用される「おうち割光セット」や、他社からの乗り換えで「他社への撤去工事費と違約金の満額還元」などがあります。

時期によってキャンペーン内容も異なるので、光回線を検討している段階でチェックしてみましょう。

NURO光 最大2Gbpsで速度良好

運営会社ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
月額料金5,200円
実質速度平均ダウンロード速度: 511.6Mbps
平均アップロード速度: 469.15Mbps
データ容量無制限
契約期間3年/2年
回線エリア20都道府県
NURO光サービス提供エリア

他の事業者と違い、ソニー独自の回線網を使用したソニー謹製のインターネット回線です。

他の光回線の提供はほとんどが最大速度1Gbpsに対し、NURO光は2Gbps。インターネットの速度がかなり変わります。

契約期間は3年と2年がありますが、110円しか契約解除料が変わらないため、基本的に3年縛り契約のほうがキャンペーンなどもオトクなものが揃っています。

しかし残念ながら回線はまだ全国に届いていなく、提供エリア外にお住まいの方は回線が延伸されるのを待つか、提供エリア内に引っ越しをしなければ使用できないというのが唯一のネックです。

BIGLOBE光 選べる特典が魅力的

運営会社ビッグローブ株式会社
月額料金戸建て:5,698円
マンション:4,488円
実質速度平均ダウンロード速度: 283.98Mbps
平均アップロード速度: 214.21Mbps
データ容量無制限
契約期間3年
回線エリア全国

特典を40,000円のキャッシュバックか月々1,628円の値引きを1年間の2つから選べる事業者です。金額的には40,000円のキャッシュバックの方が有利ではあるものの、12ヶ月後の支払いであることを考えると、月の支払い額をグッと抑える月額割引も魅力。また、新規工事の割賦料金を月額から値引きし、実質無料になっているのもポイントです。

契約解除料は戸建て:4,230円、マンション:3,360円となっており、3年を待たずに解約してもそこまで大きな負担にはなりません。

自宅で使うルーター等の料金は抑えたい|回線別で最も安いおすすめWi-Fiはどこ?

Wi-Fiを利用するなら少しでも料金を抑えたいと考える人は多いでしょう。ここでは、回線別で最も安いおすすめのWi-Fiを紹介します。

モバイルWi-FIならTHE Wi-Fiが最安

モバイルWi-Fiなら、THE Wi-Fiが最安で利用できます

縛りなしWi-Fiの方が月額料金は低額ですが、THE Wi-Fiは4ヵ月間月額料金が無料なので年単位で考えるとTHE Wi-Fiが安くなるでしょう。

安く利用したい場合は月額料金はもちろん、年単位で考えることも重要ですね。

ホームルーターならモバレコAirが最安

モバレコAirは初月〜2ヵ月目まで月額2,160円で利用できるため、ホームルーターの中で最安と言えるでしょう。

30,000円キャッシュバックや、他回線からの乗り換え時にかかる「違約金」「撤去工事費」も負担してくれるため、お得に乗り換えも可能です。

キャンペーンが充実していると乗り換えのハードルも下がりますね。

光回線ならNURO光が最安

光回線なら、高額キャッシュバックのあるNURO光が最安で利用できます。

月額料金は5,200円と可もなく不可もなくといったところですが、工事費用は実質無料・他社違約金キャッシュバック・1年間980円で使用可能・ゲームが好きな方は手に入りづらいPS5を月額でレンタルできると特典がとても多い事業者であるといえます。

提供地域は限られているものの、地域内にお住まいの方は検討して見る価値があるでしょう。

自宅でおすすめなWi-Fiに関するよくある質問は?

屋外でパソコンを使っている画像

ここからは、自宅でおすすめなWi-Fiに関するよくある質問に対して順番に答えていきます。Wi-Fiを契約前に疑問点を解消しておきましょう。

wi-fiルーターの価格ってどのくらいが相場?

Wi-Fiルーターの価格相場は、約3,000円〜5,000円です。

プランによってはカシモWiMAXのように、約2,000円で利用できるWi-Fiルーターもあります。

サービス内容と価格をチェックし自分に合ったWi-Fiルーターを選びましょう。

ポケットwifi(モバイルWi-Fi)の料金相場はどのくらい?

モバイルWi-Fiの料金相場は、約2,000円から〜4,000円です。

モバイルWi-Fiは自宅だけではなく、屋外でも利用でき様々なシーンで利用可能です。

屋外でも利用できる汎用性の高さで約2,000円〜4,000円はかなり安いのではないでしょうか。

一人暮らしではモバイルWi-Fiがおすすめって聞いたけど本当?

モバイルWi-Fiは、一人暮らしにおすすめです。

一人暮らしだと複数人でWi-Fiを利用する場面が少なくなります。ホームルーターや光回線のようなデータ容量無制限でなくても、十分データ容量が足りることが多いです。

データ容量が多い方が安心という人は月100GB利用できるTHE Wi-Fiがおすすめです。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る

まとめ:自宅で使うなら光回線が一番おすすめ|状況に応じて最適なものを選ぼう

いかがでしたでしょうか?

ここまで、自宅で使えるWi-Fi3種類やWi-Fiを選ぶ際の4つの基準、モバイルWi-Fi/ホームルーター/光回線それぞれのおすすめ3選などを紹介しました。

自宅で使うならデータ容量無制限の光回線がおすすめです。

しかし、一人暮らしや利用するデータ容量などによって最適なWi-Fiは異なります。

「自分が毎月どれくらいデータ容量を使うのか」「屋外でも使うことがある」など、自分のライフスタイルや利用量を把握し、あなたに最適なWi-Fiを見つけてくださいね。

 

当サイトおすすめのWiFiを見る