wifi

価格が安いポケットWi-Fi10選|500円で使いたい人必見

この記事では500円で利用できるポケット型WiFiについて解説しています。

・500円で利用できるポケット型WiFiがあるの?
・ポケット型WiFiは何を見て選べばいいのかな?
・価格が安いポケット型WiFiのおすすめが知りたい

こんな悩みを抱えていませんか?

動画やゲームなどオンラインでのコンテンツが増えて、外でもWi-Fi環境が欲しいという人も多いですよね。

またできるだけ安いものを利用したいと考えている人も多いでしょう。

しかしポケット型WiFiは種類が多くて、把握しきれないですよね。

そこでこの記事では、価格が安いポケット型WiFiについて解説します。

この記事を読むと、なんと500円で利用できるポケット型WiFiもわかります。

重村
重村

おすすめの事業者10選も紹介しているので、参考にしてくださいね!

【この記事でわかること】
・ポケット型WiFiの種類
・ポケット型WiFiを選ぶときのポイント
・価格が安いポケット型WiFi10選
・おすすめのポケット型WiFiの特徴
・ポケット型WiFiに関するよくある質問
回線名FUJIWi-FiFUJI wifi ロゴ縛りなしWi-Fi縛りなしWi-Fi ロゴTHEWi-FiTHE WiFi ロゴクラウドWi-FiクラウドWiFi ロゴMugen WiFiMUGEN WiFi ロゴAirWi-Fiair-wifi5GCONNECT5G Connect ロゴZEUSWiMAXZEUS WiMAXasahiネットWiMAX

asahinet

DTIWiMAXdtiwimax
提供エリア日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国
月額料金30GB:2,680円
50GB:2,970円
100GB:3,980円
200GB:5,380円
1日10GB:5,380円(月間)
10GB:1,890円
30GB:2,680円
60GB:3,480円
90GB:3,980円
40GB:2,980円
100GB:3,480円
100GB:3,718円100GB:3,718円サクッとプラン:3,278円
らくらくプラン:3,370円
まるっとプラン:3,608円
4,950円1~2ヶ月:1,474円
3~36ヶ月:3,784円
37ヶ月目以降:4,708円
0~2ヶ月:0円
3~36ヶ月:4,719円
37ヶ月目以降:4,785円
1~25ヶ月:4,180円
26ヶ月目以降:4,730円
データ容量30GB
50GB
100GB

200GB
1日10GB
10GB
30GB
60GB
90GB
40GB
100GB
100GB100GB100GB無制限無制限無制限無制限
通信速度の実測値下り:17Mbps
上り:7Mbps
下り:22Mbps
上り:19Mbps
下り:21Mbps
上り:9Mbps
下り:27Mbps
上り:14Mbps
下り:12Mbps
上り:14Mbps
下り:28Mbps
上り:26Mbps
下り:54Mbps
上り:18Mbps
下り:20Mbps
上り:9Mbps
下り:18Mbps
上り:9Mbps
下り:62Mbps
上り:12Mbps

ポケットWi-Fiは大きく分けて3種類

え?ポケット型WiFiって種類があるの?

重村
重村

実はポケット型WiFiには種類が3つあります!

あまり知られていないかもしれませんが、ポケット型WiFiにも種類があるんです。

以下の3種類について解説します。

WiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社が提供している、モバイル回線です。

4GLTEだけではなく、5G回線にも対応しています。

WiMAXにはUQWiMAXやBIGLOBEWiMAXなどいくつかありますが、実は全て同じ回線を利用しています。

WiMAXは月額料金やキャンペーン内容はちがいますが、通信速度や提供エリアにちがいはありません。

例えば、BroadWiMAXは遅くてUQWiMAXは速いということはなく、全てのWiMAXで速度と提供エリアは同じです。

WiMAXごとに通信速度がちがうと勘違いしている人が多いかもしれませんね。

クラウドSIMのポケット型WiFi

クラウドSIMとはSIMカードが必要なく、クラウド上の情報をダウンロードして使うポケット型WiFiです。

カードの差し替えや設定変更することなく、インターネットに接続できます。

利用する場所ごとで、SIMの情報を読み込みインターネットに接続するので、場所に縛られず世界中でネット環境が使えます。

キャリア系のポケット型WiFi

キャリア系のポケット型WiFiは、3大キャリアの回線を利用してインターネットに接続します。

【3大キャリア】
au、ドコモ、ソフトバンク

キャリアが指定されているのか、自分で好きなキャリアを選べるのかは、ポケット型WiFiの事業者によってかわります。

スマホと同じようにポケット型WiFi端末に、SIMカードを挿入して設定をしたから使います。

ポケット型WiFiを選ぶポイント6つ

・ポケット型WiFiは何を見て選べばいいの?
・提供エリアって事業者によってかわるの?

ポケット型WiFiを選ぶとき、見るべきポイントが6つあります。

適当に選んでしまうと、目的と合っていなかったり割高になったりするんです。

重村
重村

ポイント6つを解説しているので、ポケット型WiFiで失敗しないためにも参考にしてみてくださいね!

提供エリア

ポケット型WiFiを選ぶときは、提供エリアを確認しましょう。

ポケット型WiFi事業者によって提供エリアがかわり、地域によっては使えないケースがあるからです。

例えば日本全国で使えるポケット型WiFiもあれば、地方や山間部では使えないポケット型WiFiもあります。

住んでいる地域が提供エリア内じゃないと、電波が入らずポケット型WiFiは利用できません。

また提供エリア内であっても、電波が入りやすいエリアと入りにくいエリアがあります。

なので自分が住んでいる地域と、ポケット型WiFiの提供エリアを確認しましょう。

月額料金

ポケットWiFiを選ぶときは、月額料金を確認しましょう。

同じデータ容量であっても、事業者によって料金がちがうケースがあるからです。

例えばZEUS WiFiの100GBプランは3,278円です。

一方、FUJI WiFiの100GBプランは3,980円になります。

同じ100GBプランでも、700円ほどの差があるんです。

データ容量が同じなら、料金は安いほうがいいですよね。

やはりポケット型WiFiを利用するときは、月額料金を気にしますよね。

このように同じプランであっても料金がちがったり、予算を把握したりするためにも、月額料金を確認しましょう。

データ容量

ポケットWiFiを選ぶときは、データ容量を確認しましょう。

プランによって使えるデータ容量がかわるからです。

使えるデータ容量や料金形態がかわります。

1日単位で利用できる事業者もあれば、月単位で利用する事業者もあります。

また月単位でも使えるデータ容量が、10GB〜無制限までと幅広いです。

そして自分が使いたいデータ容量と、同じくらいのプランを選ばないとお金を損してしまいます。

例えば縛りなしWi-Fiの10GBプランは1,890円、FUJI WiFiの100GBプランは3,980円です。

毎月10GBしか使わないのに、FUJI WiFiの100GBプランを契約するのはお金が無駄になりますよね。

10GBしか使わないのなら、縛りなしWi-Fiの10GBプランを契約した方が、約2,000円も節約できます。

このように自分に合ったデータ容量を選ぶとお金を節約できるので、データ容量を確認しましょう。

通信速度の実測値

ポケット型WiFiを選ぶときは、通信速度の実測値を確認しましょう。

ポケット型WiFiを使うのに、通信速度が一番重要だからです。

通信速度には最大通信速度と実測値がありますが、実測値のほうが実際に利用するときの速度に近いです。

実は最大通信速度が出ることは、ほとんどありません。

例えばZEUS WIFIの最大通信速度は150Mbpsです。

しかし実測値は20Mbpsしかありません。

最大通信速度と実測値には大きな差があるんです。

実測値の方が利用するときの速度に近いので、実測値を確認するほうが参考になります。

キャンペーンの有無

ポケット型WiFiを選ぶときは、キャンペーンの有無を確認しましょう。

キャンペーンは料金の割引やキャッシュバックなど、お得になるケースが多いからです。

例えばMugen WiFiには、最大10,000円キャッシュバックのキャンペーンがあります。

Air-WiFIには30日間お試しキャンペーンがあります。

これらを活用すれば契約しただけでお金がもらえたり、30日間は無料でポケット型WiFiを使えたりするんです。

事業者によってキャンペーンの内容やキャッシュバックの金額、条件などがかわります。

よりお得に契約するためにも、キャッシュバックの有無を確認しましょう。

契約期間と解約金

ポケット型WiFiを選ぶときは、契約期間と解約金を確認しましょう。

ポケット型WiFiを利用する期間によっては、解約金で損してしまうからです。

例えばTHE WIFIでは契約期間が2年あり、更新月以外に解約すると9,800円が発生します。

はじめから短期での利用が前提だと、契約期間があるポケット型WiFiを選ぶと確実に解約金を払わないといけません。

実は契約期間がなく、解約金も発生しない事業者もあります。

短期での利用が前提なら、解約金が発生しない事業者を選んだほうが、余計なお金を支払わなくて済みますよね。

なので契約期間と解約金は確認しましょう。

価格が安いポケット型WiFi10選

価格が安いポケット型WiFiがしりたいなあ。

こう考えている人へ向けて、おすすめのポケット型WiFiの10選を紹介します。

重村
重村

ぜひ参考にしてみてくださいね。

回線名FUJIWi-FiFUJI wifi ロゴ縛りなしWi-Fi縛りなしWi-Fi ロゴTHEWi-FiTHE WiFi ロゴクラウドWi-FiクラウドWiFi ロゴMugen WiFiMUGEN WiFi ロゴAirWi-Fiair-wifi5GCONNECT5G Connect ロゴZEUSWiMAXZEUS WiMAXasahiネットWiMAX

asahinet

DTIWiMAXdtiwimax
提供エリア日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国日本全国
月額料金30GB:2,680円
50GB:2,970円
100GB:3,980円
200GB:5,380円
1日10GB:5,380円(月間)
10GB:1,890円
30GB:2,680円
60GB:3,480円
90GB:3,980円
40GB:2,980円
100GB:3,480円
100GB:3,718円100GB:3,718円サクッとプラン:3,278円
らくらくプラン:3,370円
まるっとプラン:3,608円
4,950円1~2ヶ月:1,474円
3~36ヶ月:3,784円
37ヶ月目以降:4,708円
0~2ヶ月:0円
3~36ヶ月:4,719円
37ヶ月目以降:4,785円
1~25ヶ月:4,180円
26ヶ月目以降:4,730円
データ容量30GB
50GB
100GB

200GB
1日10GB
10GB
30GB
60GB
90GB
40GB
100GB
100GB100GB100GB無制限無制限無制限無制限
通信速度の実測値下り:17Mbps
上り:7Mbps
下り:22Mbps
上り:19Mbps
下り:21Mbps
上り:9Mbps
下り:27Mbps
上り:14Mbps
下り:12Mbps
上り:14Mbps
下り:28Mbps
上り:26Mbps
下り:54Mbps
上り:18Mbps
下り:20Mbps
上り:9Mbps
下り:18Mbps
上り:9Mbps
下り:62Mbps
上り:12Mbps

価格が安いポケット型WiFi10選の特徴を解説

おすすめのポケット型WiFiの特徴を知りたいなあ。

ポケット型WiFiは、通信速度や料金など特徴がちがうので解説します。

重村
重村

ぜひ参考にしてみてくださいね!

FUJIWi-Fi:契約期間がなく200GBと大容量

FUJI Wi-Fi

FUJIWi-Fiは、契約期間がなく200GBと大容量なのが特徴です。

データ容量が決まっているポケット型WiFiは100GBまでがほとんどですが、FUJIWi-Fiでは200GBもあるんです。

100GB以上は欲しいけど、無制限まではいらないという人には嬉しいですよね。

さらに契約期間が無いので、いつ解約しても解約金が発生しないのも嬉しいポイントです。

無制限で利用できるWiMAXには契約期間の縛りがあり、長期で利用しないと損してしまいます。

「短い期間だけど大容量で使いたい」という人におすすめです。

縛りなしWi-Fi:いつでも解約金0円

縛りなしWi-Fiは契約期間の縛りと違約金もありません。

急に入院になったからモバイルWi-Fiルーターを使いたいけど、いつ退院かわからないといった時にも何も考えず利用できます。

一般的な事業者であれば契約期間が2年、違約金もあるので短期での利用は難しいですが縛りなしWi-Fiであれば可能です。

また、申し込み後に最短翌日から利用できるので、急なケースでも対応できるのは嬉しいですね。

THEWi-Fi:4ヶ月間料金が割引になる

thewifi

THE WiFiは利用開始から4ヶ月無料になるキャンペーンがあります。

4ヶ月目以降から通常の月額料金を支払う形となります。

事務手数料も2,000円と一般的な事業者より安く、できるだけ安くモバイルWi-Fiルーターを使いたい人におすすめです。

また100GBのプランもあり大容量で、さらに海外でも利用できます。

ただし、通常の月額料金がやや高めとなっているため、長期で利用すればするほど実質料金が高くなるのには注意が必要です。

クラウドWi-Fi:クラウドSIMだから繋がりやすい

クラウドWi-Fiは、クラウドSIMだから繋がりやすいのが特徴です。

【クラウドSIMとは?】
ネット上のSIM情報(インターネット通信に必要な情報)をダウンロードし、契約情報と紐つけて利用する方法。
情報をダウンロードするので、SIMカードは必要ない。

利用している場所で一番繋がりやすい電波をキャッチします。

またそのまま海外でも利用できるので、海外旅行や出張に行く人におすすめです。

Mugen WiFi:プランがシンプルでお試しあり

mugenwifi

Mugen WiFiは、プランがシンプルでお試しがあるのが特徴です。

Mugen WiFiは100GBしかないので、わかりやすく迷わないのでいいですよね。

また料金も最安レベルなので、お得に使えます。

また30日間のお試しキャンペーンがあります。

なんと契約して30日以内に解約すれば、初月の料金と初期費用が返却されるんです。

実際に利用して、速度やサポートに不満があれば実質無料で解約できます。

「試しにポケット型WiFiを使ってみたい」という人におすすめです。

AirWi-Fi:初期費用が0円

AiR WiFi 商標

AirWi-Fiは初期費用が0円なのでお得です。

一般的には初期費用が3,300円かかりますが、0円なのは嬉しいですよね。

また、Air-Wi-Fiは100GBのプランになりますが、同じ100GBのプランの中では最安水準となっています。

初期費用が0円で月額料金も最安レベルなので、できるだけ安くポケット型WiFiを利用したい人におすすめです。

5GCONNECT:WiMAXをお試しで使える

5G Connect

5GCONNECTは、WiMAXをお試しで使えるのが特徴です。

5GCONNECTはWiMAX回線ではめずらしい、30日間のお試しキャンペーンがあります。

契約から30日間以内の解約で、初月の料金と初期費用が返金されます。

「WiMAX回線を試しに使いたい」という人におすすめです。

また3ヶ月以上利用すれば、解約金が発生しなくなるのも嬉しいですね。

ZEUSWiMAX:3年間使うと料金がお得になる

ZEUSWiMAXは、3年間使うと料金がお得になるのが特徴です。

ZEUSWiMAXの月額料金は、2ヶ月目までは1,474円ととても安く、3年目までも3,784円と通常より安くなっているからです。

なのでトータルで考えると、他のWiMAX回線よりも実質料金がお得になります。

「少しでも安く、WiMAX回線を使いたい」という人におすすめです。

asahiネットWiMAX:固定IPアドレスを使える専用プランがある

asahi-net

asahiネットWiMAXは、固定IPアドレスを使える専用プランがあるのが特徴です。

自分専用の固定IPアドレスでインターネット通信ができるので、オンラインゲームや、ネット証券、VPN接続などで活用できますね。

固定IPアドレスで利用したいと考えている人におすすめです。

DTIWiMAX:色んな施設で会員優待が受けられる

dtiwimax

DTIWiMAXの特徴は、色んな施設で会員優待が受けられることです。

DTIWiMAXの契約者限定の「DTI CLUB Off」というサービスで、飲食代や宿泊施設などで割引などの会員優待が受けられます。

宿泊施設・レジャー施設・映画館・温泉施設・エンタメ施設・グルメと幅広いジャンルの施設が対象です。

普段アウトドア派の人にとっては嬉しいサービスですよね。

ポケット型WiFi500円に関するよくある質問

・500円で料金できるポケット型WiFiはあるの?
・無制限で使えるポケット型WiFiはどこが安い?

このような疑問を解決できます。

重村
重村

ポケット型WiFiに関して、よくある質問に回答しているので参考にしてください!

500円で利用できるポケット型WiFiはどれ?

500円で利用できるポケット型WiFiは、WiFiレンタルどっとこむとWiFiレンタル屋さんです。

【料金】
WiFiレンタルどっとこむ:1日470~
WiFiレンタル屋さん:1日390円~

月間500円で利用できるポケット型WiFiはありませんが、1日単位なら500円以下で利用できます。

データ容量無制限で1番安いポケット型WiFiはどれ?

データ容量無制限で1番安いのは、ZEUS WiMAXです。

【ZEUS WiMAXの料金】
1~2ヶ月:1,474円
3~36ヶ月:3,784円
37ヶ月目以降:4,708円

データ容量無制限を最初の2ヶ月間は約1,500円、そこから3年目までは約3,800円で利用できます。

ただし契約期間があり、3年以内に解約すると解約金が発生するので注意しましょう。

月額なしのポケット型WiFiはある?

ポケット型WiFiには月額だけではなく、1日単位から利用できるものもあります。

例えばWiFiレンタルどっとこむなら、1日470円から使えます。

またWiFiレンタル屋さんなら、1日390円から使えます。

ポケット型WiFiの料金形態は、月間だけでなく1日単位でも利用できます。

利用する目的によって、料金形態を選びましょう。

口座振替が可能なポケット型WiFiはどれ?

上記で紹介しているポケット型WiFiの中では、AiR-WiFIとDTI WiMAXが口座振替が可能です。

ポケット型WiFiはどこから申し込むのがおすすめ?

ポケット型WiFiは、インターネットから申し込むのがおすすめです。

その理由は、インターネットでしか対応していないキャンペーンがあるからです。

同じ事業者でも、店舗からの申し込みでは対応せず、インターネットからのみのキャンペーンもあります。

よりお得に契約できるので、インターネットからの申し込みがおすすめです。

ただし店舗での申し込みにも、「その場で質問できる」「かわりに設定してくれる」などメリットもあります。

まとめ:価格が安いおすすめのポケット型WiFiはTHE WiFi!

この記事では価格が安いポケット型WiFiについて解説しました。

・ポケット型WiFiの種類
・ポケット型WiFiを選ぶときのポイント
・価格が安いポケット型WiFi10選
・おすすめのポケット型WiFiの特徴
・ポケット型WiFiに関するよくある質問

価格が安いポケット型WiFiを利用したい人は、THE WiFiがおすすめです。

【THE WiFiの料金】
40GB:2,980円
100GB:3,480円

40GBプランも100GBプランも、他社と比較しても最安レベルなのでお得に使えます。

また契約期間の縛りもないので、解約金も発生しません。

なので短期で使いたい人にもおすすめです。

安く使いたい人は、THE WiFiを検討してみてはいかがでしょうか。