wifi

貸し出し可能なおすすめのポケット型Wi-Fi10選|選ぶポイントも解説

自宅に普段からいる方だと光回線を利用する方が多いですが、外出する機会が多い方だと、ポケット型Wi-Fiの利用を視野に入れている方も多いです。しかし、ポケット型Wi-Fiにはさまざまな種類があり、中には一時的に借りてポケット型Wi-Fiを利用したいという方もいます。

谷

そこで今回は、貸し出し可能なポケット型Wi-Fiの利用を検討している方に向けて、おすすめのポケット型Wi-Fiやポケット型Wi-Fiの選び方などについて解説していきます。

【この記事で分かること】
・貸し出し可能なポケット型Wi-Fiを選ぶポイント
・おすすめの貸し出し可能なポケット型Wi-Fi
・貸し出し可能なポケット型Wi-Fiの注意点

\おすすめのポケット型Wi-Fiはこちら/

Mugen WiFi
MUGEN WiFi ロゴ
FUJI Wi-Fi
FUJI wifi ロゴ
WiFiレンタルどっとこむ
WiFiレンタルどっとこむ ロゴ
5G Connect
5G Connect ロゴ
AiR-WiFi
air-wifi
クラウドWi-Fi
クラウドWiFi ロゴ
NETAGE
NETAGE ロゴ
縛りなしWiFi
縛りなしWi-Fi ロゴ
WiFiレンタル屋さん
Wi-Fiレンタル屋さん ロゴ
E!Wi-Fi
E!Wi-Fi ロゴ
レンタル料金3,438円1,999円~526円/日~
7,880円/月~
4,950円3,278円~2,580円~715円/日
9,900円/月
2,178円~390円/日~
5,850円/月~
3,718円
通信回線・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・WiMAX
WiMAX・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・WiMAX
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・WiMAX
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
データ容量100GB・20~200GB
・1日10GB
5GB~無制限無制限100GB20~100GB20GB~無制限10~90GB20GB~無制限100GB
レンタル開始のタイミング最短即日最短翌日最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日最短翌日最短即日最短即日
返却方法端末の郵送端末の郵送・ポスト投函
・コンビニ
・空港カウンター
・端末の郵送
端末の郵送端末の郵送端末の郵送・ポスト投函
・端末の郵送
端末の郵送・ポスト投函
・コンビニ
・端末の郵送
端末の郵送
  1. 貸し出し可能なポケット型Wi-Fiを選ぶポイント6つ
    1. 提供エリア
    2. レンタルにかかる料金
    3. 端末と通信回線
    4. データ容量
    5. レンタル開始できるタイミング
    6. 返却方法
  2. 貸し出し可能なおすすめのポケット型Wi-Fi10選
  3. 貸し出し可能なおすすめのポケットWi-Fi10選の特徴を解説
    1. Mugen WiFi:お試し利用ができる
    2. FUJI Wi-Fi:実質無制限でお得な料金で利用できる
    3. WiFiレンタルどっとこむ:クーポンがお得
    4. 5G Connect:5Gの高速通信が楽しめる
    5. AiR-WiFi:違約金が安くて気軽に利用しやすい
    6. クラウドWi-Fi:料金プランがシンプルでわかりやすい
    7. NETAGE:5G通信が使えるWiMAX端末がレンタルできる
    8. 縛りなしWiFi:手厚いキャンペーンでお得に利用できる
    9. WiFiレンタル屋さん:お得な基本料金でレンタルできる
    10. E!Wi-Fi:おまとめ支払いで割引料金で利用可能
  4. 期間別|おすすめの貸し出しポケット型Wi-Fi
    1. 1日〜数日の場合:Wi-Fiレンタル屋さん
    2. 2週間程度の場合:Wi-Fiレンタルどっとこむ
    3. 1カ月程度の場合:FUJI Wi-Fi
    4. 1カ月以上の場合:縛りなしWi-Fi
  5. ポケット型Wi-Fiを貸し出しする際の注意点2つ
    1. 返却が遅れると追加料金が発生する
    2. 端末の破損や紛失をすると弁済金が請求される
  6. ポケット型Wi-Fiの貸し出しに関するよくある質問
    1. 店舗で即日受け取り可能なWi-Fiはある?
    2. 無制限で使えるおすすめの貸し出しWi-Fiは?
    3. 安い貸し出しポケット型Wi-Fiはどれ?
  7. まとめ:貸し出し可能なおすすめのポケットWi-Fiは「WiFiレンタル屋さん」

貸し出し可能なポケット型Wi-Fiを選ぶポイント6つ

ポケット型Wi-Fi 10選 2

谷

貸し出し可能なポケット型Wi-Fiを選ぶ際には、以下の6つのポイントを押さえておいたほうがよいです。

1つずつみていきます。

提供エリア

貸し出し可能なポケット型Wi-Fiを選ぶ際には、まずは提供エリアを確認しましょう。

ポケット型Wi-Fiは全国的にどこでも使いやすいですが、使っている回線によって利用可能なエリアが若干異なります。都会のエリアであればどの回線でも対応していても、田舎のエリアだと回線ごとで対応可能なエリアが若干異なり、途中で通信が途切れてしまうこともあります。

また、ポケット型Wi-Fiの種類によっては、日本でしか使えないものと海外でも使えるものがあります。そして、海外でも使えるポケット型Wi-Fiとしては、クラウド型Wi-FiとレンタルWi-Fiの2種類があげられます。

ポケット型Wi-Fiの種類や使っている回線の種類を把握し、利用する予定のエリアでインターネットが利用できるかよく確認してからレンタルしてください。

谷

回線の種類については後ほど詳しく触れます。

レンタルにかかる料金

提供エリアを確認し、利用を予定している場所でインターネットが利用できることが確認できたら、料金についてチェックしていきましょう。

一般的にポケット型Wi-Fiは国内向けのものか海外向けのものなのかで料金が大きく異なります。たとえば、国内向けのポケット型Wi-Fiであれば、安いもので1カ月2,000円程度で済むところもあります。しかし、海外向けのものになると、ほんの数日で2,000円以上超えることが多いです。

そもそも国際ローミングを利用する時点でかなりコストがかかるため、海外利用を前提とした海外向けのポケット型Wi-Fiは料金が高くなる傾向にあります。もし国内で海外向けのポケット型Wi-Fiを利用しようとするとかなり損してしまいます。

海外向けのポケット型Wi-Fiサービスは、海外で利用する際にのみ使ったほうがよいです。

ちなみに、通信速度がやや遅いというデメリットがありますが、クラウド型Wi-Fiなら国内料金で海外でもWi-Fiが利用できます。料金面だけ見て判断するならクラウド型Wi-Fiの利用が最もおすすめです。

谷

クラウド型Wi-Fiは国内外問わずクラウド上で回線情報を読み取る仕組みであるため、同じ料金基準でどこでもWi-Fiを利用することが可能となっています。

端末と通信回線

料金と同じくらいに重視されるのが通信速度の速さで、通信速度の速さを決めるのは利用する端末と通信回線です。

以下の表にポケット型Wi-Fiの種類別の端末と通信回線の傾向をまとめました。

国内向けポケット型Wi-Fiクラウド型Wi-FiレンタルWi-Fi
端末提供している事業者によって異なる概ね決まっているどのキャリアの端末でも契約できる
通信回線提供している事業者によって異なるどのキャリア回線でも使える端末ごとに異なる
(どのキャリア回線にも対応している)
通信速度やや速い遅いやや遅い
サービス例・WiMAX
・ドコモのポケット型Wi-Fi
・ソフトバンクのポケット型Wi-Fi
など
・Mugen WiFi
・FUJI Wi-Fi
・縛りなしWiFi
など
・WiFiレンタルどっとこむ
・NETAGE
・WiFiレンタル屋さん
など

WiMAXやドコモのポケット型Wi-Fiなどは、サービス事業者が提供している端末しか使えず、その端末はサービス事業者が提供している通信回線しか使えません。WiMAXプロバイダならWiMAX回線に対応した端末のみを提供しています。

Mugen WiFiやFUJI Wi-Fiなどはクラウド型Wi-Fiに該当され、クラウド上でSIM情報を処理できる端末がどの契約先でも使えます。そして、どのキャリア回線でも使用することが可能です。

たとえば、Mugen WiFiとクラウドWi-Fiは深い接点を持っているわけではありませんが、どちらもU3というクラウド型Wi-Fi端末を提供しています。

WiFiレンタルどっとこむやNETAGEなどはレンタルWi-Fiに該当します。ソフトバンク回線が使える端末やau回線が使える端末など、どのキャリア回線を使うかで利用する端末が異なる仕組みとなっています。

クラウド型Wi-Fiは同じ端末で複数の回線情報を処理することが可能です。それに対し、国内向けのポケット型Wi-FiやレンタルWi-Fiは端末と利用可能な回線が固定化されています。

こうした仕組みの違いを把握した上で、契約するポケット型Wi-Fiの種類を選定していってください。

谷

国内向けのポケット型Wi-Fi、レンタルWi-Fi、クラウド型Wi-Fiの順番で通信速度が速い傾向にあります。

データ容量

こちらも料金に関わってくる部分ではありますが、データ容量を決めることも大事です。

たとえば、動画をほとんど視聴しないのに毎月100GBも使えるプランを契約しても無駄な料金を払うことになってしまいます。そうならないためにも、自分が使うデータ容量がどのくらいになるのかある程度把握しておきましょう。

データ容量ごとにできることの目安を以下の表にまとめました。

5GB10GB30GB
SNS閲覧12.5時間25時間75時間
LINEのメッセージ・通話1,000通2,000通6,000通
YouTube視聴(720p)7.5時間15時間45時間
オンラインテレビ会議8.3時間16.6時間51.8時間

主に映像を扱う用途だとデータ容量が消費されやすく、文章や画像メインの用途だとあまりデータ容量が消費されない傾向にあります。

谷

これを参考に自分に合ったデータ容量の目安を計算し、それに合った料金プランを選びましょう。

レンタル開始できるタイミング

レンタル開始できるタイミングもチェックしておいたほうがよいです。

多くのポケット型Wi-Fiサービスでは最短即日をウリとしているため、場合によってはすぐにサービスが利用できます。しかし、中には契約してから数日しないと発想してくれないところもあります。

また、主にレンタルWi-Fiサービスで言えることですが、端末の受け取り方によって利用開始のタイミングが変わってきます。

たとえば、海外に出かける前に直接空港カウンターで受け取るならすぐにでも受け取ることが可能です。場合によっては、その場でレンタル契約してすぐに利用するということもできます。

しかし、レンタルWi-Fiで郵送となると、出発日の3日前くらいまで端末を発送してもらえません。レンタルを申し込んでもすぐに端末が手元に入るとは限らない点に注意が必要です。

谷

空港に向かうまでに端末を受け取らないと何かと手間がかかってしまう点にも注意しましょう。

返却方法

端末を借りる時だけでなく、返却する方法について確認しておくことも大事です。

国内向けのポケット型Wi-Fiやクラウド型Wi-Fiは端末を郵送するしか返却方法がありません。しかし、レンタルWi-Fiは郵送以外にポストに投函したり、コンビニで返却したり、空港カウンターのBOXに投函したりする方法があります。

レンタルWi-Fiを利用する際には、サービスごとで返却方法がそれぞれ異なるため、返却方法をよく確認しておきましょう。

谷

端末の返却を忘れてしまうと、高い機器損害金が発生してしまいます。

貸し出し可能なおすすめのポケット型Wi-Fi10選

ポケット型Wi-Fi 10選 3

貸し出し可能なポケット型Wi-Fiの選び方を踏まえると、以下のポケット型Wi-Fiが貸し出し可能なポケット型Wi-Fiの中でかなりおすすめのサービスと言えます。

貸し出し可能なおすすめのポケット型Wi-Fi
・Mugen WiFi
・FUJI Wi-Fi
・WiFiレンタルどっとこむ
・5G Connect
・AiR-Wi-Fi
・クラウドWi-Fi
・NETAGE
・縛りなしWiFi
・WiFiレンタル屋さん
・E!Wi-Fi

これらのポケット型Wi-Fiのサービス内容を以下の表にまとめました。

Mugen WiFi
MUGEN WiFi ロゴ
FUJI Wi-Fi
FUJI wifi ロゴ
WiFiレンタルどっとこむ
WiFiレンタルどっとこむ ロゴ
5G Connect
5G Connect ロゴ
AiR-WiFi
air-wifi
クラウドWi-Fi
クラウドWiFi ロゴ
NETAGE
NETAGE ロゴ
縛りなしWiFi
縛りなしWi-Fi ロゴ
WiFiレンタル屋さん
Wi-Fiレンタル屋さん ロゴ
E!Wi-Fi
E!Wi-Fi ロゴ
レンタル料金3,438円<契約期間6カ月(ルータープラン)>
・30GB:2,280円/・50GB:2,570円/・100GB:3,380円/・200GB:4,980円/・1日10GB:4,880円
<契約期間なし(ルータープラン)>
・30GB:3,410円/・50GB:3,740円/・100GB:4,895円/・200GB:5,995円/・1日10GB:5,995円
<契約期間6カ月(SIMプラン)>
・20GB:1,999円/・50GB:2,570円/・100GB:3,380円
<契約期間なし(SIMプラン)>
・20GB:2,990円/・50GB:3,740円/・100GB:4,950円
・SoftBank GW01 無制限:526円/日、7,880円/月
・SoftBank T7  無制限:605円/日、8,475円/月
・SoftBank T6 無制限:526円/日、7,880円/月
など
4,950円~・らくらくプラン(最大100GB):3,377円 ・サクッとプラン(最大100GB):3,278円 ・まるっとプラン(最大100GB):3,608円・20GBプラン:2,580円
・50GBプラン:2,980円
・100GBプラン:3,718円
715円/日
(32日目以降:319円/日)
9,900円/月
・10GB:2,178円
・30GB:3,278円
・60GB:4,103円
・90GB:4,818円
・SoftBank 601HW 20GB/月:390円/日、5,850円/月
・富士ソフト FS030W 20GB/月:390円/日、5,850円/月
・SoftBank 601HW 50GB/月:490円/日、7,350円/月
など
3,718円
通信回線・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・WiMAX
WiMAX・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・WiMAX
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・WiMAX
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
データ容量100GB・20~200GB
・1日10GB
5GB~無制限無制限100GB20~100GB20GB~無制限10~90GB20GB~無制限100GB
レンタル開始のタイミング最短即日最短翌日最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日最短翌日最短即日最短即日
返却方法端末の郵送端末の郵送・ポスト投函
・コンビニ
・空港カウンター
・端末の郵送
端末の郵送端末の郵送端末の郵送・ポスト投函
・端末の郵送
端末の郵送・ポスト投函
・コンビニ
・端末の郵送
端末の郵送
谷

すべて同じ種類のポケット型Wi-Fiサービスというわけではなく、クラウド型Wi-FiやレンタルWi-Fiといった種類のサービスが混在しています。

貸し出し可能なおすすめのポケットWi-Fi10選の特徴を解説

貸し出し可能なおすすめのポケット型Wi-Fiのサービス内容をまとめて簡単に紹介しました。

谷

先ほど記載した内容を基に、各ポケット型Wi-Fiサービスの特徴について見ていきます。

Mugen WiFi:お試し利用ができる

Mugen Wi-Fi

Mugen WiFiはお試し利用ができる点が特徴的な貸し出しポケット型Wi-Fiです。

たいていの貸し出しポケット型Wi-Fiは申し込んだ時点ですぐにサービス利用が開始されます。特にクラウド型Wi-Fiの場合は、契約期間が設けられている場合があるため、一度契約してしまうとなかなか解約しづらくなってしまいます。

しかし、Mugen WiFiは30日間のお試し利用から始まり、その期間が終わると本契約が始まる仕組みになっています。お試し期間であれば違約金などを気にせずに利用し、その後も利用し続けるかどうか判断しやすいです。

契約してから思ったよりも違うサービスだったと感じ、我慢してサービスを利用し続けることがなくて済むのはかなりありがたいですね。

谷

Mugen WiFiは月額料金も安くて10,000円キャッシュバックキャンペーンも実施していてかなりお得です。

FUJI Wi-Fi:実質無制限でお得な料金で利用できる

FUJI Wi-Fi

FUJI Wi-Fiは実質無制限でお得な料金で利用できる貸し出しポケット型Wi-Fiです。

全体的に大容量の通信が可能な料金プランとなっており、30GB・50GB・100GB・200GB・1日10GBのいずれかから選択する形となります。200GB利用できるところですらかなり少ないですが、1日10GBとなると最大310GBも利用することが可能です。

これだけ使えると、実質無制限でインターネットが利用できると言っても過言ではありません。

そして、月額料金の割引が適用され、200GBや1日10GBものデータ容量でも5,000円以内で利用できます。50GBまでなら2,500円程度で利用できてかなりお得です。

それだけお得な要件に加えて、契約期間が半年しかなく、途中で解約しても月額料金1カ月分の料金しかなくて利用しやすいです。

谷

FUJI Wi-Fiは大容量の通信をお得な料金で利用したい方におすすめです。

WiFiレンタルどっとこむ:クーポンがお得

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむはクーポンがお得な貸し出しポケット型Wi-Fiです。

時期によって配布されるクーポンが異なり、そのクーポンを利用すればWi-Fiをレンタルする際にかかる料金がかなり安くなる場合もあります。クーポンを利用しないのであればそこまで料金が安いとは言い切れないため、WiFiレンタルどっとこむを利用するのはクーポンが充実している時に限定したほうがよいです。

過去にはWiFiレンタルどっとこむから「最大33%OFF」割引クーポンや「500円/1,000円OFF」割引クーポンなどが配布されました。他にも、PayPayモールから各種割引クーポンが配布されることもありました。

WiFiレンタルどっとこむ以外からのクーポンもあるため、クーポン情報をよく確認しておきましょう。

ちなみに、WiFiレンタルどっとこむは先ほど紹介したクラウド型Wi-Fiサービスではなく、レンタルWi-Fiサービスに該当します。レンタルWi-Fiサービスは違約金などは気にする必要がないため気軽に利用しやすいです。

谷

月額料金が高くなってしまうため、長期利用はなるべく控えましょう。

5G Connect:5Gの高速通信が楽しめる

5G Connect

5G Connectは5Gの高速通信が楽しめる貸し出しポケット型Wi-Fiです。

4G通信でも決して遅いわけではありませんが、5G通信なら動画も快適に視聴しやすくなります。5G Connectはそんな快適なサービスを30日間お試し利用できるため、リスクをかかえずにサービスが利用しやすいです。

ポケット型Wi-Fiの中で5G通信に対応している端末というのはまだ少なく、主にWiMAX回線を利用したものになっています。クラウド型Wi-FiではWiMAX回線に対応した端末はほとんどなく、レンタルWi-Fiでも5G通信に対応した端末は取り扱っていません。

そのため、5G Connectは純粋なWiMAXプロバイダの国内向けポケット型Wi-Fiとなります。

海外では利用できませんが、その代わり国内で速い通信速度でインターネットを使えれば問題ないという方は視野に入れてみてください。

谷

データ容量の制限がないため、いくらでも自由にインターネットが使えます。

AiR-WiFi:違約金が安くて気軽に利用しやすい

air-wifi ロゴ

AiR-WiFiは違約金が安くて気軽に利用しやすいです。

まず初めの30日はお試しモニターが利用できるため、楽な気持ちで始めやすいです。モニター期間が終わったら、12カ月目までは違約金が2,970円という安さになります。

さらに、13カ月目は契約期間更新期間となって違約金無料になり、それ以降は1年周期で同じ違約金の流れが繰り返されていきます。

他のところだと違約金が10,000円以上になってしまうところもまだ多いですが、AiR-WiFiは違約金の減額化に早めに対応しました。乗り換えに対する負担が少ないため、もしお試し期間以降にサービスに不満を感じることがあっても少ない負担で乗り換えられます。

AiR-WiFiは少しでもリスクを減らしたいという方におすすめです。

谷

AiR-WiFiはクラウド型Wi-Fiで135カ国もの国の回線が利用でき、サービスの質も高いです。

クラウドWi-Fi:料金プランがシンプルでわかりやすい

クラウドWiFi

クラウドWi-Fiは料金プランがシンプルでわかりやすい貸し出しポケット型Wi-Fiです。

Mugen WiFiや5G Connectのような1つのプランだけ用意しているところもあれば、FUJI Wi-Fiのようなさまざまな料金プランを用意しているところもあります。前者だとシンプルすぎて多くのユーザーのニーズに合ったものが提供しづらく、逆に後者だと初めて契約する方がどのプランにすればいいのかと困ってしまいます。

しかし、クラウドWi-Fiは料金プランが少なすぎず、多すぎないちょうどいい3つの料金プランのみに絞ってサービスを提供しています。

また、20GBから100GBと利用者の多いデータ容量のプランを3段階に分けています。そのため、多くのユーザーが契約しやすいものになっています。

谷

初めから契約期間の縛りがなく、違約金無料で負担なくサービスが利用できます。

NETAGE:5G通信が使えるWiMAX端末がレンタルできる

NETAGE

NETAGEは5G通信が使えるWiMAX端末がレンタルできる貸し出しポケット型Wi-Fiです。

通常レンタルWi-Fiサービスでは4G通信が使える端末しかレンタルできません。しかし、NETAGEは通信速度の速さにやや敏感で、レンタルWi-Fiサービスの中では珍しくG通信が利用できる端末も貸し出しています。

5G Connectなどを利用しても問題ありませんが、NETAGEを利用して5G通信ができる端末を借りることで、海外でも5G通信を利用できるようになります。

ちなみに、NETAGEでは「Speed Wi-Fi 5G X11」などの端末が1日あたり715円、1カ月で9,460円でレンタル可能です。レンタルWi-Fi料金の中でも少し高い金額には部類されますが、海外で高速通信を利用するならチェックしておいたほうがよいです。

谷

5G通信はどこでも利用できるわけではなく、5G通信に対応していないエリアだと4G通信になってしまいます。

縛りなしWiFi:手厚いキャンペーンでお得に利用できる

縛りなしWi-Fi

縛りなしWiFiは手厚いキャンペーンでお得に利用できる貸し出しポケット型Wi-Fiです。主に月額料金割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

月額料金割引キャンペーンは数百円から1,000円程度割引されるキャンペーンとなっています。各プランの料金の内容は以下の表の通りです。

プラン内容割引適用前月額料金割引適用後月額料金
10GBプラン2,178円1,890円
30GBプラン3,278円2,680円
60GBプラン4,103円3,480円
90GBプラン4,818円3,980円

10GBプランだと300円ほどしか変わりませんが、90GBプランだと1,000円近く減額されます。そのため、縛りなしWi-Fiを利用する場合は、大きな容量のプランを契約することをおすすめします。

また、キャッシュバックキャンペーンについては、どのプランでも10,000円がもらえるものとなっています。特別課金オプションの契約を求められることはないため、安心してキャッシュバックの申請を行ってください。

キャッシュバックキャンペーンも適用した場合、実質月額料金は以下の表の通りとなります。

プラン内容キャンペーン適用前月額料金キャンペーン適用後月額料金
10GBプラン2,178円1,057円
30GBプラン3,278円1,847円
60GBプラン4,103円2,647円
90GBプラン4,818円3,147円

元々の料金からそれぞれ30%、40%程度安くなるため、しっかり2つのキャンペーンを適用させましょう。

谷

サービスを利用して月額料金の支払いを1度でも忘れてしまうと、キャッシュバックの申請ができなくなります。

WiFiレンタル屋さん:お得な基本料金でレンタルできる

Wi-Fiレンタル屋さん

WiFiレンタル屋さんはお得な基本料金でレンタルできる貸し出しポケット型Wi-Fiサービスです。

WiFiレンタル屋さんは特別優れたキャンペーンなどを実施しているわけではありません。ただ、レンタルWi-Fiサービスの中でも基本料金がお得なサービスとなっています。

一般的なレンタルWi-Fiサービスだと1日あたり600円程度かかってしまうところですが、WiFiレンタル屋さんでは400円程度の料金でレンタルできます。キャンペーンに依存しないとなるとそれだけ安定して安い料金でポケット型Wi-Fiが借りられます。

そのため、確実に安い料金でレンタルWi-Fiサービスを利用したい方におすすめです。

また、WiFiレンタル屋さんは顧客満足度1位を記録しており、これまで80万件以上のレンタル実績を達成しています。さらに、これまでWiFiレンタル屋さんを利用したことがある方のアンケートの回答によると、リピート希望率は98.8%を記録しています。

それだけWiFiレンタル屋さんは多くの方に支持されており、人気がかなり高いです。

谷

実績が高くて顧客満足度がNo.1だと、それだけ安心して利用しやすいですね。

E!Wi-Fi:おまとめ支払いで割引料金で利用可能

E!Wi-Fi

E!Wi-Fiはおまとめ支払いで割引料金で利用可能な貸し出しポケット型Wi-Fiサービスです。

E!Wi-Fiには3カ月おまとめシステムというオプションがあります。このオプションを利用すると、本来なら毎月の利用料金を支払うところですが、3カ月分の料金をまとめて3カ月に1回支払うだけで済ませられます。

そして、このオプションを利用すると、月額330円割引してもらうことが可能です。元々毎月100GBが3,718円で利用できて十分に安いですが、3,388円という最安値水準でサービスが利用できるようになります。

1回あたり10,000円程度の料金をまとめて支払うことになりますが、それでも問題なければ3カ月に1回の支払いにして契約してみてください。

谷

毎月20日以前の申請ならその月から適用され、20日以降に申請すると翌月以降適用されます。

期間別|おすすめの貸し出しポケット型Wi-Fi

ポケット型Wi-Fi 10選 4

おすすめの貸し出し可能なポケット型Wi-Fiをいくつか紹介しましたが、貸し出し可能なポケット型Wi-Fiは期間ごとに最適なサービスがそれぞれ異なります。

谷

そ期間別のおすすめの貸し出し可能なポケット型Wi-Fiを紹介していきます。

1日〜数日の場合:Wi-Fiレンタル屋さん

1日から数日程度レンタルする場合は、Wi-Fiレンタル屋さんがおすすめです。

国内向けのポケット型Wi-Fiやクラウド型Wi-Fiだと契約期間が設けられている場合が多く、その期間内に解約すると違約金が発生してしまいます。違約金も決して安いものではないため、ほんの数日程度借りるのであれば国内利用であってもレンタルWi-Fiが望ましいです。

レンタルWi-Fiの中でも1日あたりの利用料金が安いのがWi-Fiレンタル屋さんで、1日あたり400円程度でレンタルできる端末が多いです。

谷

Wi-Fiレンタル屋さんは空港カウンターでの返却ができない点に注意して利用してください。

2週間程度の場合:Wi-Fiレンタルどっとこむ

2週間程度レンタルする場合は、Wi-Fiレンタルどっとこむがおすすめです。

Wi-Fiレンタルどっとこむは積極的にクーポンを配布しており、リピーター用クーポンや紹介者用クーポンなどがあります。その時のクーポンによって変わってきますが、クーポン次第ではWi-Fiレンタル屋さんよりも安く利用することも可能です。

どちらにしても1カ月未満の利用ならWi-Fiレンタル屋さんでもWi-Fiレンタルどっとこむでもかなり安く利用できます。状況を確認しながら自分に合ったレンタルWi-Fiサービスを選択してみてください。

谷

公式LINEの友達登録をしてクーポンがもらえることもあります。

1カ月程度の場合:FUJI Wi-Fi

1カ月程度利用する場合は、FUJI Wi-Fiがおすすめです。

1カ月を超えてくると、レンタルWi-Fiよりもクラウド型Wi-Fiのほうがお得になってきます。クラウド型Wi-FiはレンタルWi-Fiよりかは通信速度が遅いですが、それ以外の面ではすべてクラウド型Wi-Fiに軍配が上がります。

国内利用する場合は国内向けポケット型Wi-Fiかクラウド型Wi-Fiにはなってきますが、海外で利用する場合でもクラウド型Wi-Fiのほうが望ましいです。

そして、FUJI Wi-Fiは100GBも3,000円程度で利用でき、さらに200GBのプランまで用意されています。逆に小さな容量でも30GBプランが2,000円程度で利用できてかなりお得です。

料金の安さやデータ容量の柔軟性の高さを考えるなら、FUJI Wi-Fiが望ましいです。

谷

少し料金は高くなってしまいますが、契約期間なしのプランにすればいつでも自由に乗り換えられるようになります。

1カ月以上の場合:縛りなしWi-Fi

1カ月以上利用する場合は、縛りなしWi-Fiがおすすめです。

縛りなしWi-Fiは月額料金そのものも安いですが、春トクキャンペーンで月額料金が割引され、かつキャッシュバックをもらうこともできます。キャンペーンの手厚さを活かせば、かなりお得にWi-Fiがレンタルできます。

ただ、キャッシュバックキャンペーンを活かすとなると、なかなかすぐに適用できるわけではありません。そのため、一定期間以上利用することが求められます。

もし2つのキャンペーンを適用すれば、30GBのプランであっても実質1,847円という安さで利用することが可能です。

もし1カ月以上レンタルし続ける場合は、月額料金とキャッシュバックのキャンペーンの2つが適用させられるサービスをチェックしてみてください。

谷

縛りなしWi-Fiのキャッシュバックはサービス利用開始から1年後に受け取り可能となっています。

ポケット型Wi-Fiを貸し出しする際の注意点2つ

ポケット型Wi-Fi 10選 5

ポケット型Wi-Fiは何かと複雑な仕組みになっており、いくつか注意して利用する必要があります。

谷

ポケット型Wi-Fiを貸し出しする際の注意点として以下の2つがあげられます。

1つずつみていきます。

返却が遅れると追加料金が発生する

ポケット型Wi-Fiの返却が送れてしまうと、追加料金が発生してしまいます。

ポケット型Wi-Fiには購入型とレンタル型の2種類になっており、購入型の場合はサービス利用が終わってもわざわざ返却する必要がありません。しかし、レンタル型だとわざわざ端末を返却するという処理が必要になってきます。

その返却が送れてしまうと追加料金が発生するところが多いです。場合によっては返却が遅れただけで高い端末損害金が発生してしまいます。

また、クラウド型Wi-Fiなどの場合は、契約期間が設けられていることがあり、厳密に解約処理の決まりが定められているところも多いです。

たとえば、その月の25日までに解約すればその月の解約として扱われるものの、それ以降に解約してしまうと翌月の解約扱いになるというケースがあります。そうなると余分に1カ月分の料金を払う必要があります。

そういった形でも不要な追加料金が発生してしまうこともあるため注意してください。

谷

返却期限はもちろん、郵送の場合は必着か消印有効かよく確認しておきましょう。

端末の破損や紛失をすると弁済金が請求される

ポケット型Wi-Fiの端末を返却したとしても、その端末が破損していたら端末損害金が発生してしまいます。また、端末を紛失してしまっても同様に損害を被ることになります。

少しでも無駄な負担を追うことがないように、普段から端末を丁寧に扱い、どこに端末を置いて管理しておくか決めておきましょう。

谷

端末の郵送時に端末が故障することがないように、しっかりと梱包してから発送することをおすすめします。

ポケット型Wi-Fiの貸し出しに関するよくある質問

ポケット型Wi-Fi 10選 6

貸し出し可能なポケット型Wi-Fiは、通常のポケット型Wi-Fi以上に複雑な仕組みになっています。そのため、インターネット上では貸し出し可能なポケット型Wi-Fiについていくつか質問が投稿されています。

谷

その中でも、今回は特に質問されることの多かった以下の質問について回答していきます。

1つずつみていきます。

店舗で即日受け取り可能なWi-Fiはある?

店舗で即日受け取ろうと思ったら、レンタルWi-Fiしかありません。

クラウド型Wi-Fiサービスを提供しているところの大半は、インターネット上でしかやり取りしていません。むしろ実店舗を構えないことで浮いたコストを月額料金やキャンペーンに還元している傾向にあります。

できれば事前に申し込んで余裕を持って端末を受け取るのが望ましいですが、どうしても緊急でポケット型Wi-Fiを借りる必要が出てきた場合は、レンタルWi-Fiサービスを利用しましょう。

ただ、レンタルWi-Fiサービスで店舗を構えているのは、主に主要空港くらいです。フライトするわけでもないのに空港に行く必要が出てくる場合があるのがやや面倒だと言えます。

谷

段々とWiMAXプロバイダで契約期間を設けないところも増えてきているため、国内利用に限定するならWiMAXもおすすめです。

無制限で使えるおすすめの貸し出しWi-Fiは?

無制限で使えるおすすめの貸し出し可能なポケット型Wi-Fiは、レンタルWi-Fi屋さんです。

無制限で使える貸し出し可能なポケット型Wi-Fiと言われると、レンタルWi-Fiになってきます。そして、レンタルWi-Fiサービスの中で安定してお得なのがレンタルWi-Fi屋さんがあげられます。

ただ、FUJI Wi-Fiのような200GBもの容量が使えるクラウド型Wi-Fiサービスもあり、そこまでの容量が必要ないならFUJI Wi-Fiなども選択肢の1つとして入れることも可能です。無制限でいくらでも使えるとはいえど、300GBも400GBも1カ月に利用するわけではないなら、無制限ではなく大容量プランでも十分です。

自分で毎月使う容量を把握し、大容量プランで十分ならそのほうがお得です。小さな容量だけに限らず、大きな容量でもどのくらいの普段自分が使っているのか把握しておきましょう。

谷

国内利用だけなら、WiMAXも5G通信なら実質無制限で利用できるため、5G通信のある5G Connectなどのプロバイダも選択肢に入れても構いません。

安い貸し出しポケット型Wi-Fiはどれ?

安い貸し出しポケット型Wi-Fiは、使う期間や具体的な利用用途によって大きく変わるため、どれが一番安いとはっきり断言することは容易ではありません。しかし、用途別に分けるならレンタルWi-FiはWi-Fiレンタル屋さん、クラウド型Wi-Fiなら縛りなしWi-Fiが最も安いです。

Wi-Fiレンタル屋さんはWi-Fiレンタルサービスの中で頭一つ抜けて月額料金が安定して安いです。Wi-Fiレンタルどっとこむでも構いませんが、クーポン頼りになってしまう点を考えると安定さに欠けます。

Wi-Fiレンタルどっとこむのクーポン状況を確認しながら利用先を決めることをおすすめします。

また、クラウド型Wi-Fiはキャンペーンのことまで考えると縛りなしWi-Fiが一番安いです。ただ、縛りなしWi-Fiは月額料金の割引は適用しやすくても、キャッシュバック適用までに1年かかってしまいます。

それまでサービスを使い続け、キャッシュバックの申請を忘れないという自信がない方は、キャンペーンを頼りにしないFUJI Wi-Fiがおすすめです。

谷

自分の性格なども踏まえ、自分が最もその契約先のサービス内容を活かせるものを選ぶようにしましょう。

まとめ:貸し出し可能なおすすめのポケットWi-Fiは「WiFiレンタル屋さん」

貸し出しポケット型Wi-Fiには色々なサービスがありますが、ポケット型Wi-Fiを継続利用せずレンタルする形で利用するとなると、たいていの方は短期間の利用になります。そうなると、貸し出しポケット型Wi-Fiサービスの中で最もおすすめなサービスは、WiFiレンタル屋さんです。

ただ、レンタルWi-Fiサービスは1日あたりの料金がやや高いため、長期間借りる場合にはあまりおすすめできません。1カ月以上利用し続けるなら、違約金の負担が少ない国内向けのポケット型Wi-Fiやクラウド型Wi-Fiのほうがよいです。

どのくらいの期間ポケット型Wi-Fiをレンタルするのかによって、利用する貸し出しポケット型Wi-Fiサービスを変えていきましょう。

谷

利用期間はもちろん、提供エリアやレンタル料金などの指標も参考にして利用先を選定してみてください。