格安SIM

【2022年12月】格安SIMの最新キャンペーン10社比較|特典が最もお得な事業者はどこ?

月々の携帯代を大幅に抑えることができる”格安SIM”

とはいえ、格安SIMにはたくさんの種類があるので、どの端末を契約するのがお得なのかわからないですよね。

結論をお伝えすると、お得に利用ができる格安は楽天モバイルになります。

なぜなら、楽天モバイルは乗り換えキャンペーンとして最大24,000円相当の楽天ポイントを還元しているほか、データ無制限プランを3,278円で利用することができるからです。

楽天モバイルのほかにも、魅力的なキャンペーンや料金プランなどを取り扱っている格安SIMも多くあります。

そこで本記事では、キャンペーンや料金プランなどを加味した上で、おすすめ格安SIM10選の情報を詳しく盛り込んでいます。

また、格安SIMごとのリアルな通信速度といった情報も盛り込んでいますので、最後まで目を通していただけると幸いです。

【この記事からわかること】
・格安SIMのキャンペーンの種類
・格安SIM10社のキャンペーン内容
・格安SIMに申し込む前に確認したいこと
・格安SIMの申し込み方法

\おすすめの回線はこちら/
使用回線月額料金データ容量通信速度(実測値)キャンペーン
UQモバイル
au回線プランS+5G:1,628円(税込)
プランM+5G:2,728円(税込)
プランL+5G:3,828円(税込)
プランS+5G:3GB
プランM+5G:15GB
プランL+5G:25GB
上り速度:10.3Mbps
下り速度:50.3Mbps
Ping値:47.7ms
・対象機種を契約するとauPAY最大5,000円分還元
・UQ応援割
・最大auPAY13,000円分還元
ahamo
ドコモ回線2,970円(税込)20GB上り速度:124.45Mbps
下り速度:135.3Mbps
Ping値:48.4ms
・YouTube Premium3ヶ月無料
・ディズニープラスが6ヶ月無料&3,000円分のdポイント還元
・乗り換えで最大5,000ポイントのdポイント贈呈
Y!mobile
ソフトバンク回線シンプルS:2,178円(税込)
シンプルM:3,278円(税込)
シンプルL:4,158円(税込)
シンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
上り速度:15.6Mbps
下り速度:63.6Mbps
Ping値:39.0ms
・ソフトバンク認定中古品iPhoneが最安480円
・eSIM10,000円キャッシュバック
・ワイモバ親子丼
・新どこでももらえる特典
・SIMカード契約特典
・機種代最大36,000円値引き
・データ増量キャンペーン
・60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン
  1. 格安SIMのキャンペーンは主に5つ
    1. 現金やギフト券でのキャッシュバック
    2. 事務手数料などの初期費用無料
    3. 契約時にスマホを同時購入する場合の割引
    4. 月額料金の割引
    5. オプションの割引
  2. 格安SIMのキャンペーン10社比較
    1. UQモバイル:最大13,000円 au PAY残高還元
    2. ahamo:他社からの乗り換えでdポイント5,000pt還元
    3. Y!mobile:他社から乗り換えで10,000円のキャッシュバック【eSIM契約のみ】
    4. LINEMO:他社から乗り換えでPayPayポイントを最大10,000円分還元
    5. 楽天モバイル:他社から乗り換えで最大20,000円分の楽天ポイントを還元
    6. IIJmio:他社から指定プランに乗り換えると初期費用が半額
    7. mineo:かけ放題サービスが1年間割引される
    8. OCNモバイルONE:他社からの乗り換えで実質最大3ヶ月無料
    9. TONEモバイル:他社からの乗り換えで基本料金が最大2ヶ月無料
  3. キャンペーンが最もお得な格安SIMは「楽天モバイル」
  4. 格安SIMのキャンペーンに申し込む前に確認したいこと5つ
    1. 最新のキャンペーン情報
    2. キャンペーンの適用条件
    3. キャンペーンの実施期間
    4. 併用できるキャンペーンの有無
    5. キャッシュバックの受け取り時期
  5. 格安SIMの申し込みとキャンペーン申請の手順
    1. キャンペーン内容を確認する
    2. 各社のWebサイトから格安SIMに申し込む
    3. 端末やSIMカードを受け取る
    4. キャッシュバックキャンペーンの場合は申請手続きを行う
  6. 格安SIMのキャンペーンに関するよくある質問
    1. 格安SIMのキャンペーンは常にやってる?
    2. 格安SIMのキャンペーン内容は時期によって変わる?
    3. 格安SIMのキャンペーンの最新情報はどこで確認できる?
    4. キャンペーンの申請を忘れた場合はもらえない?
    5. 格安SIMにはタブレット向けのキャンペーンはある?
  7. まとめ:格安SIMのキャンペーンは「楽天モバイル」が1番お得

格安SIMのキャンペーンは主に5つ

格安SIMキャンペーンの種類は主に5つに分けられます。

現金やギフト券でのキャッシュバック

キャンペーンの1つ目は”現金やギフト券でのキャッシュバック”です。

キャッシュバックキャンペーンとは、数千円から数万円までの現金やギフト券を還元してくれるキャンペーンのことです。

お金やギフト券が還元されると聞くと、ワクワクする反面

「そんな美味しいキャンペーンに罠はないのか?」

と疑問を抱かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論としては、キャンペーンに適用条件が定められていることが多いです。

たとえば、指定オプションに加入して、指定年数使わないとキャッシュバックが反映されないなどが例として挙げられます。

すべてに適用条件があるわけではないですが、大きな金額のキャッシュバックには条件が定まってることが多いです。見た目の数字の大きさに騙されないように気をつけましょう。

事務手数料などの初期費用無料

キャンペーンの2つ目は”事務手数料などの初期費用無料”です。

初期費用無料キャンペーンとは、契約事務手数料やMNP手続き手数料を無料にしてくれるものです。相場としては3,000円ほどで、安い料金ではありますがキャンペーンを適用することでお得にできます。

事務手数料を無料にする手続きは、店舗からでなくWebからの申し込みを条件としている会社が多いので、申請時はWebから送るようにしましょう。

契約時にスマホを同時購入する場合の割引

キャンペーンの3つ目は”契約時にスマホを同時購入する場合の割引”です。

SIMカードだけの契約ではなく、スマートフォンも同時に契約する場合は、販売価格の10,000円〜20,000円ほど安く割引してくれるキャンペーンがあります。

スマートフォンを同時契約したい方にはお得なキャンペーンですよね。

ただ選べるスマホの機種は限られていることが多く、型落ちの端末を選ばなければならないことが多いです。

型落ちのスマホでも気にならず、グレードにこだわりがない方におすすめです。

月額料金の割引

キャンペーンの4つ目は”月額料金の割引”です。

月額料金の割引キャンペーンは、一定期間だけ月額料金が数百円から数千円まで安くなるサービスのことです。

毎月の通信費が安くなり、キャッシュバックのように適用条件がなく割引を受け取りやすいのが特徴です。ただ、キャンペーン内容によって期間は異なります。

たとえば、月額料金が1年無料な会社もあれば、2〜3ヶ月無料な会社もあります。会社によって期間はバラバラなので、契約前はどれだけの期間割り引かれるのかをチェックしましょう。

また”業界最安値級”と謳っている会社も多いです。通信費を最小限まで抑えたいと考える方は、格安SIMごとに年間単位でいくら掛かるのかをわけてみると計算しやすいです。

オプションの割引

キャンペーンの5つ目は”オプションの割引”です。

オプションの割引キャンペーンは、月額300円〜800円ほどのオプションを無料で使えたり、割引できたりするものです。契約を検討している端末で使いたいオプションがある場合は、おすすめできるサービスです。

ただ割引されるからという理由で、オプションを契約するのは本末転倒です。オプションを使うなら、目的を定めてから使うようにしましょう。

格安SIMのキャンペーン10社比較

「格安SIM会社で実施されているキャンペーンを知りたい」と思われている方に向けて、格安SIM会社10社で実施されているキャンペーンを紹介します。

使用回線月額料金データ容量通信速度(実測値)キャンペーン
UQモバイル
au回線プランS+5G:1,628円(税込)
プランM+5G:2,728円(税込)
プランL+5G:3,828円(税込)
プランS+5G:3GB
プランM+5G:15GB
プランL+5G:25GB
上り速度:10.3Mbps
下り速度:50.3Mbps
Ping値:47.7ms
・対象機種を契約するとauPAY最大5,000円分還元
・UQ応援割
・最大auPAY13,000円分還元
ahamo
ドコモ回線2,970円(税込)20GB上り速度:124.45Mbps
下り速度:135.3Mbps
Ping値:48.4ms
・YouTube Premium3ヶ月無料
・ディズニープラスが6ヶ月無料&3,000円分のdポイント還元
・乗り換えで最大5,000ポイントのdポイント贈呈
Y!mobile
ソフトバンク回線シンプルS:2,178円(税込)
シンプルM:3,278円(税込)
シンプルL:4,158円(税込)
シンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
上り速度:15.6Mbps
下り速度:63.6Mbps
Ping値:39.0ms
・ソフトバンク認定中古品iPhoneが最安480円
・eSIM10,000円キャッシュバック
・ワイモバ親子丼
・新どこでももらえる特典
・SIMカード契約特典
・機種代最大36,000円値引き
・データ増量キャンペーン
・60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン
LINEMO
ソフトバンク回線ミニプラン:990円(税込)
スマホプラン:2,728円(税込)
ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
上り速度:15.3Mbps
下り速度:58.5Mbps
Ping値:39.8ms
・ミニプラン基本料金最大半年間実質無料キャンペーン
・PayPayポイントあげちゃうキャンペーン
・LINEMUSIC6ヶ月間無料
・通話オプション割引
楽天モバイル
楽天回線
au回線
0〜1GB:0円
1GB〜3GB:1,078円(税込)
3GB〜20GB:2,178円(税込)
20GB移行:3,278円(税込)
無制限上り速度:25.1Mbps
下り速度:53.8Mbps
Ping値:51.3ms
・最大24,000円分の楽天ポイントを還元
・他社から乗り換えの方は楽天ポイントを8,000pt還元
・Rakuten Hand実質無料
・モバイルWiFi実質無料
・楽天ひかりセット割
IIJmio
ドコモ回線
au回線
ミニマムスタートプラン:1,760円(税込)
ライトスタートプラン:2,442円(税込)
ファミリーシェアプラン:3,586円(税込)
ミニマムスタートプラン:3GB
ライトスタートプラン:6GB
ファミリーシェアプラン:12GB
上り速度:12.3Mbps
下り速度:50.5Mbps
Ping値:107.1ms
・他社から乗り換えでスマホが割引
・初期費用半額
・通話定額オプションの割引
・IIJmioひかりとのセット割
mineo
au回線
ドコモ回線
ソフトバンク回線
1GBプラン:1,298円(税込)
5GBプラン:1,518円(税込)
10GBプラン:1,958円(税込)
20GBプラン:2,178円(税込)
1GB
5GB
10GB
20GB
上り速度:9.0Mbps
下り速度:41.3Mbps
Ping値:73.3ms
・かけ放題最1年間割引
OCNモバイルONE
ドコモ回線3GBプラン:990円
6GBプラン:1,320円
10GBプラン:1,760円
3GB
6GB
10GB
上り速度:11.7Mbps
下り速度:62.5Mbps
Ping値:54.8ms
・人気スマホSALE
・他社からの乗り換えで実質3ヶ月無料
TONEモバイル
ドコモ回線1,100円(税込)無制限上り速度:8.6Mbps
下り速度:22.2Mbps
Ping値:52.2ms
・紹介キャンペーン

10社の格安SIMを比較してわかることは、各社で実施されているキャンペーンの「数」も「種類」も違うということですね。

紹介キャンペーンを実施している会社も存在します。具体的な内容は、新規契約者を紹介することで、月額料金が割引されるといったサービス内容です。

ただ、キャンペーンには適用条件があることが多いので、事前に内容をチェックしてから契約を検討しましょう。

UQモバイル:最大13,000円 au PAY残高還元

UQモバイルは、auのサブブランドです。同じ通信回線を使用しているため、速度の安定度には定評があります。

速度制限にかかっても、「シンプルM+5Gプラン」「シンプルL+5Gプラン」を利用の方は、最大1Mbpsまでの速度は出ます。

そのようなUQモバイルの目玉キャンペーンは”最大13,000円 au PAY残高還元”です。

【キャンペーン内容】
期間:2021年9月2日~終了未定
特典内容:SIMのみ契約で最大13,000円分のau PAY還元
適用条件:オンラインショップにてSIMのみ契約で申し込む(au・povoから乗り換えは対象外)

UQモバイルの公式オンラインショップから「SIMのみ」で申し込むと、最大13,000円分のau PAYが還元されます。au PAYは現金と同じように使えるため、現金キャッシュバックとほとんど変わりません。

【補足】
最大額のキャッシュバックを受けたいのであれば、毎月550円かかる「増量オプションII」に加入する必要があります。

ここからは、以上のようなキャンペーンを開催しているUQモバイルの

について詳しくお伝えしていきます。

UQモバイルのメリット

UQモバイルを利用する上でのメリットは次のような内容があげられます。

・通信速度が安定している
・口座振替に対応している
・自宅セット割が利用できる

中でも自宅セット割は、auひかりまたはUQ WiMAXと合わせて契約を行うことでスマホ代がさらに割引されることで、通信費を抑えることが可能です。

気になる割引額は次のとおりです。

・くりこしプランS:638円(1,628円→990円)
・くりこしプランM:638円(2,728円→2,090円)
・くりこしプランL:638円(3,828円→2,970円)

UQモバイルのデメリット

UQモバイルを利用する上でのデメリットは次のような内容があげられます。

・利用できる回線を選べない
・プランが少ない
・データシェアができない

中でもデータシェア行えない点が1番のデメリットといえます。

なぜなら、他社の格安SIMであれば家族でデータをシェアできるため、

「容量が足りない」

といった場合でも、あまり使用しない方のデータを共有することができるからです。

ahamo:他社からの乗り換えでdポイント5,000pt還元

ahamoは

・ディズニープラス最大6ヶ月間割引
・YouTube Premium3ヶ月無料

などといった手厚いキャンペーンが実施中ですが、最もお得なキャンペーンが”他社からの乗り換えでdポイント5,000pt還元”になります。

この還元されるdポイントを利用して携帯代を支払うことができるほか、コンビニやドラッグストアなどでの買い物に際に利用することが可能です。

また、ahamoはドコモからの乗り換えを検討している方におすすめです。

なぜなら、dポイントをそのまま引き継ぐことができるほか、SIMの変更をすることなく、WEB手続きによって自動でahamoのプランに変更されるからです。

そのようなahamoの

以上2つの内容について詳しくお伝えしていきます。

ahamoのメリット

ahamoを利用する上でのメリットは次のような内容があげられます。

・通信速速度が速い
・キャリアメールを引き継げる
・5分以内の国内通話が無料で利用できる

以上で紹介したメリットの中でも、通信速度の速さは業界No.1と言っても過言ではありません。

実際に表で紹介した格安SIMの平均速度が約53Mbpsですが、ahamoの実測値は135.3Mbpsと倍の速さを誇ります。

ahamoのデメリット

ahamoを利用する上でのデメリットは次のような内容があげられます。

・プランが少ない
・実店舗サービスが受けられない
・留守番電話が利用できない

ahamoには20GB/2,970円といった1つのプランしかありません。

したがって、月のデータ使用量が20GB未満の方は、基本料金が割高になる恐れがあるのです。

”ahamo大盛り”といった100GB利用できるオプションを合わせても2通りのプランしかないため、自分のデータ消費量に合ったプランをお探しの方にはおすすめできない格安SIMになります。

Y!mobile:他社から乗り換えで10,000円のキャッシュバック【eSIM契約のみ】

Y!mobileは、家族割を適用することで、毎月の利用料金を最大1,188円まで割引できる格安SIMです。

そんなY!mobileの目玉キャンペーンは他社から乗り換えで10,000円のキャッシュバックを受け取れる”ことです。

ただしeSIMのみの契約に限るのと、3GBプランはキャンペーン適用の対象外になるので、その2点だけは頭に入れておきましょう。

他社から乗り換えでeSIMを契約すると、10,000円分のキャッシュバックを受け取れます。キャッシュバックは利用開始から4ヶ月後に、普通為替証書を発送する形で付与されます。

ここからは、以上のようなキャンペーンを開催しているY!mobileの

について詳しくお伝えしていきます。

Y!mobileのメリット

Y!mobileを利用する上でのメリットは次の通りです。

・セット割が利用できる
・店舗サービスが利用できる
・家族割が利用できる

紹介したメリット中でも特に、家族割は魅力的なサービスになります。

なぜなら、スマホ代が2回線目以降990円割引きされるからです。

利用するスマホの台数が増えれば割引額も増えますので、3人以上のファミリー向けの格安SIMといえます。

Y!mobileのデメリット

Y!mobileを利用する上でのデメリットは次のような内容があげられます。

・データ繰越プランがない
・最新のスマホ端末を購入できない
・通信速度の切り替えができない

特に、データ繰り越しプランを利用できない点が最大のデメリットになります。

他社の格安SIMは使用しなかったデータを翌月に繰り越すことができるところが多いため、よりお得にスマホを利用することが可能です。

しかし、Y!mobileは余ったデータは繰り越されることなく翌月にはリセットされてしまうので、データを消費しきれない場合は、他社の基本料金よりも割高になる恐れがあります。

LINEMO:他社から乗り換えでPayPayポイントを最大10,000円分還元

LINEMOは、ソフトバンクの新しい料金形態として開始されたサービスです。

そのようなLINEMOの目玉キャンペーンが「他社から乗り換えでPayPayポイントを最大10,000円分まで還元」になります。

キャンペーン詳細は次をご覧下さい。

【キャンペーンの詳細】
・期間:2021年6月5日~終了日未定
・内容:他社から乗り換えるで10,000円相当・新しい電話番号での契約で3,000円相当のPayPayポイント
・条件:ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイル以外から乗り換えまたは新規での契約

LINEMOは「3GBプラン:990円」「20GBプラン:2,728円」といった2つのプランがあり、とてもシンプルで良心的な価格といえます。

それでは、LINEMOの

以上の2つを詳しくお伝えしていきます。

LINEMOのメリット

LINEMOのメリットは次のとおりです。

・LINE利用時のギガ消費ゼロ
・5G通信が利用可能
・事務手数料が無料

中でもLINEを利用する際のデータ消費がカウントされない点がお得ポイントになります。

LINEMOのデメリット

高評価のメリットがある反面、LINEMOには次のようなデメリットがあります。

・キャリアメールが利用できない
・申し込みは全てオンライン
・最新のスマホ端末が購入ができない

特に、LINEMOは実店舗がなく、問い合わせや申し込み手続きは全てオンラインで完結する形になるので注意が必要です。

楽天モバイル:他社から乗り換えで最大20,000円分の楽天ポイントを還元

楽天モバイルは、毎月使ったデータ容量に応じて月額料金が変動する格安SIMです。

そのような楽天モバイルの目玉キャンペーンは「他社から乗り換えで最大20,000円分の楽天ポイントを還元」できることです。

他社から乗り換えで楽天ポイントが15,000円分還元されるほか、初めて契約する方には楽天ポイントが5,000円分還元されます。

その結果、2つのキャンペーンを合わせることで最大20,000円分の楽天ポイントを還元されることになります。

参考までに楽天モバイルのキャンペーン適用条件をご覧下さい。

【キャンペーン適用条件】
条件1:「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」へ申し込み※乗り換えも対象
条件2:楽天の対象製品を起動し「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」の利用を開始する
条件3:お持ちの楽天回線対応製品を利用し「Rakuten Link」を利用し、10秒以上の通話(発信)をする※条件4:上記全ての条件を申込をした翌月末までに達成すること

ここからは、楽天モバイルの

以上2つについて詳しくお伝えしていきます。

楽天モバイルのメリット

天モバイルを利用する上でのメリットは次のとおりです。

・データ無制限のプランがある
・解約違約金は一切発生しない
・楽天ポイントが貯まる/使える

紹介したメリット中でも楽天ポイントが貯まる・使えるポイントが最大の魅力といえます。

基本料金を支払うたびに楽天ポイントが貯まり、そのポイントで基本料金を賄うことができるほか、楽天市場での買い物にも利用できるため、楽天サービスを利用する方にとってお得な格安SIMです。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルを利用する上でのデメリットは次の通りになります。

・通話アプリの音質が悪い
・キャリアメールが利用できない
・利用できるエリアが限られている

なかでも、通話アプリは不安定になることが多く途切れてしまったり、途中で通話が切断してしまことがあるため注意が必要です。

IIJmio:他社から指定プランに乗り換えると初期費用が半額

IIJmioは、データ容量とSIMタイプの組み合わせの中から好きなプランを選べる格安SIMです。

そのようなIIJmioは、他社からの乗り換えで

・初期費用が半額
・購入端末の割引

といったキャンペーンを実施しています。

割引が適用されている端末は40種類を超えるため、豊富なラインナップの中からお手軽にスマホを購入することが可能です。また、最も安いの端末は1,980円から購入することができるので

「格安で端末を購入したい」

といった方にもIIJmioはおすすめになります。

それでは、ここからはIIJmioの

について詳しくお伝えしていきます。

IIJmioのメリット

IIJmioを利用する上でのメリットは次のとおりです。

・購入できる端末の種類が豊富
・みおフォンダイアルで通話料が半額
・バースト機能が利用できる

特に、紹介したバースト機能は、速度制限時であってもネット検索などを行う場合に、ダウンロードの初速が速くなるといった魅力があります。

IIJmioのデメリット

IIJmioを利用する上でのデメリットは次のとおりです。

・支払方法が選べない
・高速通信は利用できない
・実店舗がない

特に支払い方法に関しては、口座振替やキャリア決済・クレジットカード払いなどといった手段を展開している他社もあるなかで、IIJmioはクレジットカード払いの一択しかありません。

ですので、IIJmioを検討する場合には、クレジットカードを所持しておくことが必要です。

mineo:かけ放題サービスが1年間割引される

mineoは、大手3キャリアの通信回線の中から好きな回線を選べる格安SIMです。

そのようなmineoでは、かけ放題サービス1年間割引といったキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの詳細をご覧下さい。

定価割引後の価格
10分かけ放題550円440円
時間無制限かけ放題1,210円990円

以上の通り、10かけ放題では110円時間無制限かけ放題では220円とった割引が1年間適用されるため、お得に通話を楽しむことが可能です。

ですのでmineoは

「通話サービスをお得に利用したい」

といった方におすすめの格安SIMになります。

ここからはmineoの

といった内容について詳しくお伝えしていきます。

mineoのメリット

mineoを利用する上でのメリットは次のとおりです。

・大手3キャリアの回線を利用できる
・基本料金が業界最安値
・縛り期間がない
基本料金が業界最安値で880円/1GBで利用することができるほか、通信回線もドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアの中から選べるため、比較的に安定した通信速度でスマホ利用することができます。

mineoのデメリット

mineoを利用する上でのデメリットは次のとおりです。

・一部機種でテザリングができない
・端末料金のお得感があまりない
・通信速度は速くない

基本料金は業界最安値といっても端末の購入代金は決して安くないため、

「格安スマホを購入したい」

といった方におすすめできません。

OCNモバイルONE:他社からの乗り換えで実質最大3ヶ月無料

OCNモバイルONEには複数の料金プランが存在し、自分好みのプランを選べる格安SIMです。

料金プランは次のとおりです。

SIMの種類できること
音声通話付きSIMインターネット接続+SMS+通話
SMS対応SIMインターネット接続+SMS
データ通信専用SIMインターネット接続

OCNモバイルONEでは、以上3つのプランから選べるほか、利用できるデータ容量の種類も豊富な格安SIMになります。

そのようなOCNモバイルONEには、他社からの乗り換えで基本料金が実質3ヶ月無料で利用することが可能です。

参考までにキャンペーンの詳細をご覧下さい。

【キャンペーン詳細】
・内容:初期費用&月額料金相当のキャッシュバック
・条件:公式サイトでの申し込み&500MB/月コース限定
・期間:2022年11月30日まで(延長の可能性あり)

ここからは、以上のような特徴があるOCNモバイルONEの

といった2つの内容について詳しくお伝えしていきます。

OCNモバイルのメリット

OCNモバイルONEを利用する上でのメリットは次のとおりです。

・端末価格が安い
・対象サービスはデータを消費しない
・節約モードが利用できる

なかでも節約モードを利用できる点は、OCNモバイルONEの特徴といえます。

節約モードは、通信速度を意図的に制限することでデータ消費を0にすることが可能です。

切り替える際は、OCNマイページから簡単に切り替えることができます。

OCNモバイルのデメリット

節約モードといった魅力的なサービスがある反面、次のようなデメリットがあります。

・大容量プランがない
・実店舗がない
・5Gみ対応していない

大容量プランがないことに関して解説すると、OCNモバイルONEには、500MB・1・3・6・10GBといった5つのプランしかないため

「月のデータ使用量が10GBを超える」

といった方におすすめできません。

TONEモバイル:他社からの乗り換えで基本料金が最大2ヶ月無料

TONEモバイルには”トーンモバイル 紹介キャンペーン”といった特徴的なキャンペーンを展開している格安SIMです。

参考までにキャンペーンの詳細をご覧下さい。

【キャンペーンの詳細】
内容:TONEモバイルを紹介する方が1ヶ月無料・される方の基本料金2ヶ月無料
条件:申し込みの際に紹介された方の名前・電話番号の入力

以上のとおり、TONEモバイルの紹介キャンペーンは、紹介する方・された方の両者がお得にスマホを利用できる特徴的なサービスになります。

ここからは、特徴的なキャンペーンを展開しているTONEモバイルの

といった以上2つの内容について詳しくお伝えしていきます。

TONEモバイルのメリット

TONEモバイルを利用する上でのメリットは次のとおりです。

・料金プランがシンプル
・見守り機能がある
・初心者サポートが充実している

紹介したメリットの中でも”見守り機能”はTONEモバイルの特徴的なサービスになります。

見守り機能とは、子供がネット被害に巻き込まれることを防ぐためのサービスです。

参考までに見守り機能サービスの一覧をご覧下さい。

・アプリ制限機能
・GPS見守り機能
・自画撮り被害防止機能
・メッセンジャー管理機能

TONEモバイルのデメリット

見守り機能といった特徴的なサービスを展開している反面、TONEモバイルには次のようなデメリットがあります。

・通信速度が遅い
・一部縛り期間がある
・対応したいない端末がある

紹介したデメリットの通信速度に関してふれると、TONEモバイルは通信速度は決して速くありません。

格安SIMのキャンペーン10社比較」で紹介した表を改めて見ていただくと、TONEモバイルは他社の通信速度の実測値よりも遅いことがわかります。

キャンペーンが最もお得な格安SIMは「楽天モバイル」

キャンペーンが最もお得な格安SIMは”楽天モバイル”です。

なぜなら、楽天モバイルでは契約後にRakuten Linkを使って10秒以上通話をすれば、楽天ポイントを20,000円分還元されます。

キャンペーン適用条件も厳しくなく、割と簡単に楽天ポイントを獲得できるので、「多額のキャッシュバックを受け取りたい方」にはおすすめできます。

ただ、格安SIMを選ぶときに見るべきポイントは、キャンペーン内容だけではありません。

・月額料金
・通信速度の実測値
・オプションの充実度

などといったように、人によって見るべきポイントは異なります。

「今は楽天モバイルのキャンペーンが1番お得だから」

といった理由だけで契約してしまうと後悔してしまう可能性があります。

キャンペーン特典だけでなく、他にも見るべきポイントを抑えてから検討しましょう。

格安SIMのキャンペーンに申し込む前に確認したいこと5つ

格安SIMのキャンペーンに申し込むなら、事前にチェックしておくべきことが5つあります。

「キャンペーンを適用してお得に格安SIMを契約したい」と考えている方は、5つのポイントを事前にチェックしておきましょう。

最新のキャンペーン情報

事前にチェックすべきことの1つ目は”最新のキャンペーン情報”です。

これは「公式サイト」に掲載してある情報をもとに、チェックしていくイメージです。

たとえば、個人ブログからキャンペーンの情報を調べると、掲載してある情報がアップデートされておらず情報が古い可能性があります。

キャンペーンには期限が定められていることが多いので、できるだけ「公式サイト」を参考にしながら調べるようにしましょう。

キャンペーンの適用条件

事前にチェックすべきことの2つ目は”キャンペーンの適用条件”です。

適用条件を満たせていないと、キャンペーン特典を受け取れません。公式サイトや個人サイトにキャンペーンの適用条件がまとめられているので、事前にチェックしておきましょう。

また多額のキャッシュバックなどの「美味しい話」には、厳しい適用条件があることが多いので注意してください。

キャンペーンの実施期間

事前にチェックすべきことの3つ目は”キャンペーンの実施期間”です。

キャンペーンには、「期限がある」なものと「期限がない」ものの2つに分けられます。

キャッシュバックや月額料金割引などお金と結びつきのあるものは「期限がある」ことが多いので

「対象のキャンペーンはいつまで実施されているのか」

といった内容を確認するようにしておきましょう。

併用できるキャンペーンの有無

事前にチェックすべきことの4つ目は”併用できるキャンペーンの有無”です。

ほとんどの格安SIM会社では、同時に複数のキャンペーンが実施されていることが多いです。ただ、なかには併用して特典を適用できないキャンペーンも存在します。

キャンペーン併用の有無は、それぞれの適用条件を調べることで確認できます。

適用したい特典が2つ以上ある場合は、併用できるかを事前にチェックしておきましょう。

キャッシュバックの受け取り時期

事前にチェックすべきことの5つ目は”キャッシュバックの受け取り時期”です。

格安SIM会社によって、キャッシュバックを3ヶ月後に受け取れるところもあれば、8ヶ月後に受け取れるところもあります。

受け取り時期は会社によって違うことが多いので、

「いつキャッシュバックを受け取れるのか」

といった内容を事前にチェックしておくことが重要です。

また、キャッシュバックを受け取るときの手続き方法までを調べておくのをおすすめします。

中には、定された日時までにメールを送らないとキャッシュバックを受け取れないこともあるので、手続き方法や今後の流れまでを抑えておくと後が楽ですよ。

格安SIMの申し込みとキャンペーン申請の手順

「キャンペーン申請をして対象の格安SIMに申請を送りたい」と感じている方に向けて、ここでは格安SIMへ申し込む方法を簡単に解説します。

キャンペーン内容を確認する

手順の1つ目は「キャンペーン内容を確認する」ことです。

特にチェックしたいポイントは「最新情報であるか」と「適用条件」と「実施期間」です。

キャンペーンには入れ替わりがあるため、ネット記事だけを参考にしていると、申し込んでも「実施期間が過ぎていて特典を適用できなかった」というケースも考えられます。

キャンペーン内容は「公式サイト」からチェックするようにしましょう。

各社のWebサイトから格安SIMに申し込む

手順の2つ目は「各社のWebサイトから格安SIMに申し込む」ことです。

新規契約もしくは乗り換えたい格安SIMを選んだら、公式サイトから申し込んでみましょう。大まかな流れは、サイト側がアナウンスしてくれるので、指示に従って申し込み手続きを進めてみてください。

格安SIMに申し込むなら、事前に以下のものを用意しておくとスムーズに手続きを進められますよ。

【事前に用意しておくといいもの】
・本人確認種類
・クレジットカード(銀行口座がわかるもの)
・MNP予約番号(乗り換えの場合)

端末やSIMカードを受け取る

手順の3つ目は「端末やSIMカードを受け取る」ことです。

端末やSIMカードを受け取ったら、開通手続きを行います。同封されている説明書を読みながら、電話もしくはオンラインで開通手続きをしましょう。

大抵の場合、マイページにログインして開通ボタンを押せば手続きは完了します。複雑な操作はほとんどないので安心してください。

ただ同封の説明書が読みづらかったり、説明書を読んでもどうすればわからなかったりするなら、YouTubeなどの動画コンテンツを利用して調べながら手続きを進めるといいでしょう。

開通手続きを終えたら、SIMカードを端末に挿入します。最後に説明書を読みながら、初期設定を行うとすべての手続きが完了します。

キャッシュバックキャンペーンの場合は申請手続きを行う

キャッシュバックキャンペーンを適用したいなら、申請の手続きを行いましょう。

手続き手順は各キャンペーンによって変わります。適用条件があったり、適用までの時期がそれぞれ違ったりするので、詳細は「公式サイト」からチェックしましょう。

 

格安SIMのキャンペーンに関するよくある質問

格安SIMのキャンペーンに関するよくある質問を、ここでは5つ紹介します。

5つの質問の中に、興味がある質問があれば回答されている内容をチェックしてみてください。

格安SIMのキャンペーンは常にやってる?

格安SIMのキャンペーンは、常にやっているとは限りません。

ただ、キャンペーンを実施している格安SIM会社が多いのは事実です。

たとえば「格安SIMのキャンペーン10社比較」の表でお伝えしたとおり、どの格安SIMの業者も何かしらキャンペーンを行なっています。

どこの格安SIM会社でも、必ずキャンペーンが実施されているとは断言できませんが、大抵の格安SIM会社ではキャンペーンが実施されているといえます。

格安SIMのキャンペーン内容は時期によって変わる?

格安SIMのキャンペーン内容は時期によって変わります。

「月額料金が割引」や「最大20,000円のキャッシュバック」といったキャンペーンは、期間が定められていることが多いです。

キャンペーン内容は時間が経つごとに入れ替わることから、時期によって変わるといえます。

格安SIMのキャンペーンの最新情報はどこで確認できる?

格安SIMのキャンペーンの最新情報は公式サイトから確認できます。

ネット記事からも確認できますが、情報がアップデートされておらず最新情報ではない可能性があるため「公式サイト」からの確認が間違いないです。

キャンペーンの申請を忘れた場合はもらえない?

あらかじめキャンペーンに申請時期が定まっている場合は、特典を受け取れません。

格安SIMにはタブレット向けのキャンペーンはある?

格安SIMの中には、タブレット端末をセット購入できるものが存在します。

例を挙げるとするなら

・mineo
・IIJmio
・イオンモバイル

といった格安SIMが端末とセットで購入が可能です。

セット購入することで、お得な値段でタブレットを購入できるので、タブレットが欲しい方にはおすすめでしょう。

まとめ:格安SIMのキャンペーンは「楽天モバイル」が1番お得

格安SIMのキャンペーンの中で、いま1番お得なのは”楽天モバイル”です。

オプション加入などを一切必要とせず、契約後に「Rakuten Link」を使って10秒以上通話をすれば、楽天ポイントが20,000円分還元されます。

ただ、格安SIMを選ぶときに見るべきポイントは「キャンペーンの充実度」だけではありません。

たとえば、とにかく通信速度が速い格安SIMを求めている人がいたとします。楽天モバイルはキャンペーンは充実していますが、他社と比べると通信速度は見劣りします。

ですので格安SIM選びに後悔しないためにも

「料金が安い端末を求めているのか」
「通信速度が速い端末を求めているのか」
「特典が豊富な端末を求めているのか」

などといったように、利用用途を明確にして契約することがおすすめです。