おすすめの回線

Wi-Fiのキャッシュバック比較|最もお得に契約できるプロバイダはどこ?

Wi-Fiを契約するとき、キャッシュバックがもらえるケースは多いです。実際に契約するにあたって、キャッシュバックを重視する人は多いのではないでしょうか。

キャッシュバックを重視してWi-Fiを契約するのであれば、金額と併せて還元方法や申請時期・申請方法を必ず確認しましょう。

この記事ではWi-Fiのキャッシュバックについて徹底比較し、おすすめのサービスを厳選しました。押さえておきたいポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

【この記事でわかること】
・Wi-Fiキャッシュバックの基本知識
・Wi-Fiキャッシュバックがお得な光回線・ポケット型Wi-Fi
・Wi-Fiキャッシュバックの選び方
  1. Wi-Fiキャッシュバックの基本知識
    1. Wi-Fiのキャッシュバックは現金とは限らない
    2. 申請方法はプロバイダや代理店によって異なる
    3. 受け取りのタイミングもプロバイダや代理店によって異なる
    4. 事業者の公式特典と代理店特典の2つがある
  2. キャッシュバックがお得なポケットWi-Fi5社比較
    1. FUJI WiFi:データ容量が豊富
    2. GMOとくとくBB:大手プロバイダが運営
    3. BIGLOBE WiMAX:契約期間は1年のみ
    4. Broad WiMAX:口座振替に対応
    5. カシモWiMAX:初期費用が安い
  3. Wi-Fiキャッシュバックを選ぶ際のポイント6つ
    1. キャッシュバックの適用条件を確認する
    2. キャッシュバックの内容で選ぶ
    3. 余計なオプションに加入する必要がないものを選ぶ
    4. 公式独自の特典と代理店特典をそれぞれ確認する
    5. 契約期間の縛りがなくて解約時に違約金がないものを選ぶ
    6. 申請が容易なキャッシュバックを選ぶ
  4. Wi-Fiのキャッシュバックに関するよくある質問
    1. キャッシュバック以外にお得なキャンペーンはある?
    2. キャッシュバックが受け取れるのはいつ?
    3. インターネットを解約したらセット割もなくなる?
    4. キャッシュバックの申請を忘れた場合はもらえない?
    5. キャッシュバックが振り込まれない時はどうしたらいい?
    6. ネットから申し込むのと量販店から申し込むのではどちらがお得?
  5. まとめ:Wi-Fiキャッシュバックを利用してお得に契約しよう

Wi-Fiキャッシュバックの基本知識

知識のイメージ画像

まずはWi-Fiのキャッシュバックについて、以下4つの基本知識を押さえておきましょう。

ここからは4つのポイントについて、詳しく解説していきます。

Wi-Fiのキャッシュバックは現金とは限らない

Wi-Fi契約時のキャッシュバックは、主に現金での還元です。しかし、中には現金以外で還元される場合もあります。

・月額料金割引
・商品券での還元
・ポイント還元
具体的には上記のような還元方法があり、どのような方法が取られているかはWi-Fiの提供会社によって異なります。
キャッシュバックを目的としてWi-Fiを契約するのであれば、金額だけでなく還元方法についてもチェックしておきましょう。

申請方法はプロバイダや代理店によって異なる

Wi-Fiの申し込みでキャッシュバックが受け取れる場合、申請方法についても確認しておく必要があります。というのも、申請方法はプロバイダや代理店によって異なるためです。

・郵送による申請
・Webによる申請
・後日届くメールから申請

上記のような申請方法を採用しているプロバイダや代理店が多く、申請方法や必要書類を間違えるとそもそもキャッシュバックが受け取れません。

契約するプロバイダや代理店の申請方法を確認し、キャッシュバックが受け取れないといったことにならないようにしましょう。

受け取りのタイミングもプロバイダや代理店によって異なる

キャッシュバック申請後の受け取りタイミングについても、プロバイダや代理店によって大きく異なります。Wi-Fiを契約するときは、キャッシュバックの受け取りタイミングを必ず確認しましょう。

具体的なキャッシュバックの受け取りタイミングについては、以下の通りです。

・契約後すぐ
・契約後1ヶ月以内
・契約後半年
・必要書類送付後すぐ

上記の中でも特に多いのは契約後半年となっており、キャッシュバック受け取り忘れの主な原因の一つです。

契約から時間が経つと、多くの人はキャッシュバックのことを忘れてしまいます。そのため申請タイミングを過ぎてしまい、結果として受け取り漏れにつながるのです。

スケジュールやメモなどにキャッシュバックタイミングを控えておき、キャッシュバックを受け取り忘れないようにしましょう。

事業者の公式特典と代理店特典の2つがある

Wi-Fi契約時のキャッシュバックには、「事業者が提供している公式特典」と「販売代理店が提供している代理店特典」の2つがあります。

上記2つのうち、特に注目したいのが「代理店特典」です。代理店特典は販売代理店ごとに内容が異なり、各社契約を獲得するために高額なキャッシュバックを打ち出しています。そのため、キャッシュバック重視でWi-Fiを契約する人にとっては比較すべきポイントといえるでしょう。

ただし、契約時のプランやキャッシュバック条件は注意して契約を進める必要があります。というのも、代理店特典を満額受けるには、本来必要のないオプションを指定期間契約しなければならないことがあるためです。

キャッシュバック金額が高くても、月額料金の負担が増えれば得とは言えません。どのような条件でキャッシュバックが付与されるのかは、契約時に必ず確認しましょう。

 

キャッシュバックがお得なポケットWi-Fi5社比較

ポケット型Wi-Fi

ポケット型Wi-Fiをキャッシュバック重視で契約する人のために、おすすめのプロバイダ・事業所を5つ厳選しました。

サービス名FUJI WiFiFUJI WiFi表用画像GMOとくとくBBBIGLOBE WiMAXBIGLOBE WiMAX 表用画像Broad WiMAXBroad WiMAX ロゴカシモWiMAXカシモWiMAX
月額料金1日10GB:5,380円(税込)
30GB:2,680円(税込)
50GB:2,970円(税込)
100GB:3,980円(税込)
200GB:5,380円(税込)
4,688円(税込)4,928円(税込)ギガ放題プラス
DX(3年)プラン:4,708円(税込)
ギガ放題プラス
(2年)プラン:5,313円(税込)
3年プラン:4,455円(税込)
2年プラン:4,708円(税込)
通信速度下り最大150Mbps下り最大2.7Gbps下り最大2.7Gbps下り最大2.7Gbps下り最大2.7Gbps
初期費用事務手数料:3,300円(税込)事務手数料:3,300円(税込)事務手数料:3,300円(税込)事務手数料:3,300円(税込)
初期費用:20,743円(税込)
事務手数料:3,300円
契約期間6か月3年1年2年最大3年
キャッシュバック・端末代無料
・月額料金34,584円相当割引
最大19,500円キャッシュバック初期費用相当(20,743円)割引

上記の表をもとに、各社の特徴を確認していきましょう。

FUJI WiFi:データ容量が豊富

FUJI Wifi

引用:FUJI WiFi公式サイト

月額料金1日10GB:5,380円(税込)
30GB:2,680円(税込)
50GB:2,970円(税込)
100GB:3,980円(税込)
200GB:5,380円(税込)
通信速度下り最大150Mbps
初期費用事務手数料:3,300円(税込)
契約期間6か月
キャッシュバック

FUJI WiFiは、ポケット型Wi-Fiの中でもクラウドSIMを採用しているのが特徴です。

【クラウドSIMとは】
物理的なカードであるSIMカードを必要とせず、SIMカードの情報をクラウドサーバー内で管理する通信技術のこと。一般的に3大キャリアの利用可能エリアで通信可能。

クラウドSIMであるため、プランが豊富なことに加えて料金が安くなっています。また契約期間も短いため、短期契約を検討している場合にもおすすめといえるでしょう。

ただし、通信速度は最大150Mbpsと遅めです。利用方法によっては通信速度に物足りなさを感じる場合があるため、契約時は注意しましょう。

GMOとくとくBB:大手プロバイダが運営

GMO とくとくBB

引用:GMOとくとくBB公式サイト

月額料金4,688円(税込)
通信速度下り最大2.7Gbps
初期費用事務手数料:3,300円(税込)
契約期間3年
キャッシュバック・端末代無料
・月額料金34,584円相当割引

GMOとくとくBBが提供するポケット型Wi-Fiは、大手プロバイダのGMOが運営しています。世間的にも有名なプロバイダが運営していることから、サポート体制の評価が高いです。

下り最大2.7Gbpsに対応しているのも特徴で、光回線に劣らない速度で利用できるのも大きなメリットといえるでしょう。

契約期間は3年間となっているため、短期契約に向かない点は注意が必要です。

 

BIGLOBE WiMAX:契約期間は1年のみ

BIGLOBE WiMAX

引用:BIGLOBE WiMAX公式サイト

月額料金4,928円(税込)
通信速度下り最大2.7Gbps
初期費用事務手数料:3,300円(税込)
契約期間1年
キャッシュバック最大19,500円キャッシュバック

BIGLOBE WiMAXは、契約期間が1年間と短く設定されているのが特徴のポケット型Wi-Fiです。あらかじめ期間が決まっている出張や単身赴任などの場面で利用できると評価を得ています。

端末代も無料となっており、初期費用の面でも月額料金の面でも負担を減らせるポケット型Wi-Fiです。

下り速度も最大2.7Gbpsとなっていることから、速度重視のユーザーでも問題なく利用できるでしょう。

Broad WiMAX:口座振替に対応

Broad WiMAX

引用:Broad WiMAX公式サイト

月額料金ギガ放題プラスDX(3年)プラン:4,708円(税込)
ギガ放題プラス(2年)プラン:5,313円(税込)
通信速度下り最大2.7Gbps
初期費用事務手数料:3,300円(税込)
初期費用:20,743円(税込)
契約期間2年
キャッシュバック初期費用相当(20,743円)割引

Broad WiMAXは、口座振替に対応しているポケット型Wi-Fiです。ポケット型Wi-Fiの多くはクレジットカード支払い必須のことが多いため、クレジットカードがなくても契約できるのはメリットといえるでしょう。

下り速度は最大2.7Gbpsとなっており、通信環境も十分です。オンラインゲームはもちろん、動画視聴やアップロード、ダウンロードといった用途にも活用できます。

初期費用は他のポケット型Wi-Fiよりも高めですが、キャッシュバックを利用すれば大きく節約できるのも特徴です。

カシモWiMAX:初期費用が安い

カシモWiMAX公式ロゴ

引用:カシモWiMAX公式サイト

月額料金3年プラン:4,455円(税込)
2年プラン:4,708円(税込)
通信速度下り最大2.7Gbps
初期費用事務手数料:3,300円
契約期間最大3年
キャッシュバック

カシモWiMAXは、事務手数料以外の初期費用が掛からないのが特徴です。端末代は完全無料、その他の費用も掛からないため、初期費用を節約したい人にはおすすめといえるでしょう。

契約期間も2年もしくは3年から選択できるため、自分の用途に合わせた契約を進められます。

通信速度が速くて初期費用を節約したいのであれば、カシモWiMAXの契約を検討してみてください。

Wi-Fiキャッシュバックを選ぶ際のポイント6つ

ポイントのイメージ画像

Wi-Fiキャッシュバックを選ぶときは、以下6つのポイントを意識して選びましょう。

ここからはそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

キャッシュバックの適用条件を確認する

キャッシュバックを提供しているWi-Fiを契約するときは、必ずキャッシュバックの適用条件を確認しましょう。適用条件を満たしていなければキャッシュバックが受け取れず、契約した意味がなくなってしまいます。

キャッシュバックの適用条件として設定されることが多いのは、以下のような条件があります。

・指定プランの加入
・指定ページからの申し込み
・指定オプションの加入

なお、複数のキャッシュバックやキャンペーンが提供されている場合にはそれぞれの条件を満たす必要があるため、必ずチェックしておきましょう。

キャッシュバックの内容で選ぶ

内容を比較するのも、Wi-Fiを選ぶポイントの一つです。内容は各社それぞれ異なり、還元方法がさまざまです。

・現金での還元
・商品券での還元
・月額料金からの割引
・ポイントでの付与

上記のように、ャッシュバックは必ずしも現金で還元されるわけではありません。契約してから後悔しないよう、必ず内容を確認しておきましょう。

余計なオプションに加入する必要がないものを選ぶ

キャッシュバックを目的としてWi-Fiを契約するときは、余計なオプションに加入する必要がないものを選びましょう。

余計なオプション加入があると、そこまで得になりません。またオプションは数か月の加入が求められるため、約し忘れると余計な料金が延々と発生します。

申し込むだけで還元が受けられるWi-Fiを選べば、後日の手続きも少なくなり、手間が軽減できるでしょう。

公式独自の特典と代理店特典をそれぞれ確認する

キャッシュバックは公式が提供する独自特典と、販売代理店ごとに設定している特典に分かれます。それぞれの特典がどのような内容になっているかを確認すれば、より自分に合っものを見つけられるでしょう。

なお、代理店経由の申し込みはオプションの加入がほぼ必須です。金額だけを見ず、必ず適用条件を確認してから申し込みを決めましょう。

契約期間の縛りがなくて解約時に違約金がないものを選ぶ

対象の回線はそこまで多くないものの、契約期間が設けられていないWi-Fiを選ぶのも一つのポイントです。契約期間がなければ解約時に違約金も発生せず、初期費用と月額料金だけで適用されます。

ただし冒頭にも記載した通り、契約期間の縛りが少ないサービスはほぼありません。どうしても条件が合わなければ、契約期間が短いものを選ぶのもおすすめです。

申請が容易なキャッシュバックを選ぶ

申請方法が簡単なWi-Fiを選ぶのも、一つの選び方です。申請方法が複雑だと結果的に受け取り忘れや申請漏れにつながり、せっかくのキャッシュバックを受け取れません。

特に申請のタイミングについては要確認です。中には半年以上経ってから申請するWi-Fiもあり、受け取り忘れる可能性が高いです。

基本的には申し込み時に申請できるWi-Fiを選び、申請時の必要書類も少ないWi-Fiを選ぶようにしましょう。

Wi-Fiのキャッシュバックに関するよくある質問

QAのイメージ画像

Wi-Fiのキャッシュバックについて調べてみると、以下のような質問が多く見られました。

それぞれの疑問について、詳しくみていきましょう。

キャッシュバック以外にお得なキャンペーンはある?

Wi-Fi申し込み時に適用できるお得なキャンペーンは、以下のようなものがあげられます。

・工事費、端末代無料
・数か月間基本料金無料
・データ量増量(ポケット型Wi-Fiの場合)

上記にも適用条件が設けられているケースがありますので、契約時は必ず確認しましょう。

キャッシュバックが受け取れるのはいつ?

受け取れるタイミングについては、申し込み先の事業者によって異なります。

受け取りタイミングについては契約時に案内があるため、金額や適用条件と併せて確認漏れのないようにしましょう。

インターネットを解約したらセット割もなくなる?

スマートフォンのセット割を適用させている場合、Wi-Fiを解約するとセット割も消滅します。

スマホセット割は1台当たり1,000円前後の割引が適用されているため、解約する場合はスマホ側の料金が高くなる点に注意しましょう。

キャッシュバックの申請を忘れた場合はもらえない?

申請手続きが漏れた場合は、キャッシュバックはもらえなくなります。申請期限内に手続きを完了させる必要があるため、必ず手続きを済ませるようにしましょう。

一部事業者は、申請期限超過後でも問い合わせれば対応してくれることがありますが、あくまでも例外の対応です。自身で申請時期や申請方法を管理し、もらい忘れを防ぎましょう。

キャッシュバックが振り込まれない時はどうしたらいい?

万が一振り込みが確認できないのであれば、Wi-Fiを提供している運営会社に問い合わせましょう。何が原因で振り込まれていないかを調査してくれます。

自身のミスなのか運営会社側のミスなのかを把握したうえで、どのように対応すればいいかを聞くようにしましょう。

ネットから申し込むのと量販店から申し込むのではどちらがお得?

ネットからの申し込みと量販店からの申し込みは、確実にネットからの申し込みがお得です。そもそも家電量販店からの申し込みは指定オプションが多く、金額も少ないです。

割引額で比較してみると数万円の差額が生まれることもあり、決して量販店での契約はお得とはいえません。

上記のことから、ネットから申し込むことでお得な契約につながるといえるでしょう。

まとめ:Wi-Fiキャッシュバックを利用してお得に契約しよう

今回はWi-Fiのキャッシュバックについて、基本知識やおすすめサービスを紹介してきました。

結論として、契約時は内容と適用条件の確認が必須です。自分に合った条件でなければ、決してお得とは言えないでしょう。

この記事で紹介した内容をもとに、自分に合わせたお得な契約を目指してください。