格安SIM

iPhoneのテザリング料金はいくらかかる?無料にする方法を伝授

jun
jun

iPhoneでテザリングは料金がかかる?

iPhoneでテザリングをしたいと思ったときに、料金が発生してしまうのではないかと心配になったことはないでしょうか。

iPhoneでのテザリングは、テザリング無料のキャリアやSIM、プランを使えば一切料金がかからず利用できます

この記事でわかること
・キャリア別のテザリング料金
・iPhoneでのテザリング設定方法
・テザリングができないときの対処法
・おすすめの乗り換え先格安SIM

各キャリアのテザリング料金やiPhoneの設定方法、テザリングができないときの対処法やおすすめの格安SIMも紹介しています。

こちらを参考に、テザリングを上手に活用していきましょう。

回線名J:COMモバイル
LINEMO
Ymobile
y!mobile ロゴ
料金プラン
(月額+データ量)
1GB/月:1,078円
5GB/月:1,628円
10GB/月:2,178円
20GB/月:2,728円
ミニプラン
3GB/月:990円
スマホプラン
20GB/月:2,728円
Sプラン
3GB/月:990円
Mプラン
15GB/月:2,090円
Lプラン
25GB/月:2,970円
通信速度
(平均実測値)
下り:82.96Mbps
上り:12.07Mbps
下り:61.29Mbps
上り:16.14Mbps
下り:64.4Mbps
上り:15.92Mbps
通信回線au回線Softbank回線Softbank回線
テザリング料金無料無料無料
速度制限時1GB/月:最大200kbps
5GB/月:最大200kbps
10GB/月:最大1Mbps
20GB/月:最大1Mbps
ミニプラン
3GB/月:300kbps
スマホプラン
20GB/月:1Mbps
Sプラン
3GB/月:最大300kbps
Mプラン
15GB/月:最大1Mbps
Lプラン
25GB/月:最大1Mbps
  1. 【キャリア別】iPhoneのテザリング料金はどのぐらいかかる?
    1. ドコモのテザリング料金
    2. auのテザリング料金
    3. SoftBankのテザリング料金
    4. 楽天モバイルのテザリング料金
  2. iPhoneでテザリングするための事前準備
    1. iPhoneの基本設定をしておく
    2. auかSoftBankの場合は申し込みが必要
  3. iPhoneでのテザリング設定方法は?
    1. Wi-Fiテザリングの設定方法
    2. Bluetoothテザリングの設定方法
    3. USBテザリングの設定方法
  4. iPhoneでテザリングできないときの対処法
    1. 接続設定を再確認する
    2. ネット設定をリセットする
    3. iPhoneを再起動してみる
  5. 【iPhone対応】テザリング料金がかからない端末がある?人気の格安SIM5選
    1. J:comモバイル:データ盛適用で月間5GBが1,078円!
    2. LINEMO:ミニプラン3GBとスマホプラン20GBから選択可能。Softbank純正回線。
    3. Y!mobile:家族割を使えば月額990円から利用できる
    4. ahamo:ドコモ純正回線でどこでも安定した通信
    5. 楽天モバイル:月額3,278円でデータ制限なし使い放題!
  6. 大手キャリアから格安SIMに乗り換えるには?4ステップにわけて解説
    1. STEP①:乗り換え先を決める
    2. STEP②:格安SIMに対応している端末を用意する
    3. STEP③:乗り換え先に申し込む
    4. STEP④:端末が届いたら初期設定を行い利用開始
  7. iPhoneのテザリング料金に関するよくある質問は?
    1. iPhoneのテザリングが切れる原因はなに?
    2. UQモバイルのテザリングができないときの対処法は?
    3. テザリングが有料なのは大手キャリアだけ?
  8. まとめ:iPhoneでテザリング料金がかかるのは大手キャリアだけ

【キャリア別】iPhoneのテザリング料金はどのぐらいかかる?

まずはキャリア別にテザリング料金を紹介していきます。

ここで紹介するのは下記のキャリアです。

ドコモのテザリング料金

ドコモのテザリング料金は無料となっています。申し込みも必要ないためテザリング対応端末であればすぐに利用できます。

ドコモの大容量プラン『ギガホプレミア』や、無制限プラン『5Gギガホプレミア』でも無料で利用できます。

現在では新規受付を終了している『ウルトラデータパックL/LL』などの一部プランでは事前の申し込みが必要となるので注意してください。

また一部のプランや機種では別途spモードの契約が必要となることもあります。

ドコモ純正回線の格安SIM『ahamo』でもテザリングは無料となっています。

jun
jun

docomoは基本的にすべて無料でテザリングが利用できます!

auのテザリング料金

auでのテザリング料金は、現在受付中のすべてのプランで無料となっています。(タブレットプラン20を除く)

使い放題MAXプランなどでも無料なので、テザリングを使用しても無制限でパソコンやタブレットなどを利用できます。

注意点としては、ドコモと違い基本的に別途申し込みが必要となっているので、テザリングを利用する予定の場合は新規受付の時点で申し込んでおくことをおすすめします。

jun
jun

auに関してもほとんどのプランで無料です!

SoftBankのテザリング料金

Softbankのテザリング料金は、プランによって料金設定が変わってきます。

各プランの料金は以下のとおりです。

プラン名月額料金
データプランメリハリ
データプランミニフィット
データプラン50GB+
データプランミニ
データプラン3GB(スマホ)
データプラン3GB(ケータイ)
データプラン100MB
データ定額50GBプラス/ミニモンスター
データ定額20GB/30GB/50GB
データ定額スマホデビュー
家族データシェア50GB/100GB
法人データシェアギガパック(50)/(100)
550円
データプランメリハリ無制限
データプランミニフィット+
データプラン50GB(データ通信)
データプラン3GB(データ通信)
データ定額ミニ1GB/2GB
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額5GB
データ定額S(4Gケータイ)
無料
上記以外550円
jun
jun

Softbankではプランによって月額が必要です。

楽天モバイルのテザリング料金

楽天モバイルのテザリング料金は、無料となっており申し込みも不要ですぐに利用できます。

3GBまでなら1,078円、20GB以内なら2,178円、20GB以上使っても3,278円はテザリングを使用しても変わりません。

jun
jun

楽天モバイルは月間無制限でデータ通信ができます!

iPhoneでテザリングするための事前準備

ここではiPhoneでテザリングをするための事前の設定などを紹介します。

主な内容は以下のとおりです。

iPhoneの基本設定をしておく

iPhoneでテザリングを利用するためには、事前の設定が必要です。

テザリング設定の大まかな流れは以下のとおりです。

1.設定をタップ
2.『インターネット共有』をタップ
3.Wi-Fiのパスワードをタップし、任意のパスワードを設定する
4.『ほかの人の接続を許可』をオンにする

上記の設定をしておくことで、iPhoneのテザリング機能が実行されます。

jun
jun

事前のパスワード設定が必須となっています。

auかSoftBankの場合は申し込みが必要

お使いのキャリアがauかSoftbankの場合は、それぞれテザリング使用の申し込みが必要です。

どちらのキャリアも専用のWebサイトから申し込めます。

auは『My au』、Softbankは『My Softbank』から手続きできるので、24時間いつでも可能です。

Softbankで料金が発生するプランで月途中に申し込む場合の料金は、日割り計算となります。

jun
jun

申し込みはオンラインだけで完結します!

iPhoneでのテザリング設定方法は?

ここではiPhoneでのテザリング設定方法について解説していきます。

下記の接続方法について解説します。

Wi-Fiテザリングの設定方法

Wi-Fiテザリングでの設定方法は、Wi-Fiルーターと同様の設定となります。

SSIDについては、iPhone設定画面の『インターネット共有』の下部に表示されています。ほとんどの場合で『○○のiPhone』となっています。

Wi-Fiを接続したい他の端末のWi-Fi設定で先程のSSIDを選択し、設定したパスワードを入力すればテザリング完了です。

Wi-Fiでのテザリングは安定した通信速度と複数の端末と接続できるというメリットがありますが、バッテリー消費が激しいといったデメリットがあります。

jun
jun

動画やオンラインゲームがしたい場合はWi-Fi接続がおすすめ!

Bluetoothテザリングの設定方法

Bluetoothでのテザリングの設定方法は、通常のBluetooth接続と同様の流れとなります。

テザリングする端末、iPhoneどちらもBluetooth機能をオンにします。つづいてテザリングする端末のBluetoothペアリング設定にはいります。

iPhoneと端末に表示されたパスコードが一致することを確認し、iPhoneに表示されたペアリングの要求に許可をしましょう。

どちらもBluetooth接続ができていれば完了です。

Bluetoothでのテザリングは、バッテリー消費が抑えられるためスマホ側の付加を下げることができます。

その反面、通信速度が遅いため動画視聴などには向いていません。メールなどテキストメインの使い方であれば問題なく利用できます。

jun
jun

Bluetoothでは接続台数は1台のみです。

USBテザリングの設定方法

USBでのテザリング設定は、それぞれのスマホと接続する端末に合ったケーブルを使って物理的に接続する形式です。

iPhoneと端末を接続後、接続する端末側でインターネット設定を開きます。その後、iPhoneのSSIDを選択して設定したパスワードを入力すれば完了です。

USBテザリングは、安定した通信が可能でバッテリー消費も抑えられる接続方法となっています。

その反面ケーブルをそのつど持ち運ぶ必要があり、1台しか接続できないといったデメリットがあります。

jun
jun

専用のケーブルはiPhoneモデルによって変わるのでよく確認しましょう。

iPhoneでテザリングできないときの対処法

ここではiPhoneでテザリングができないときの対処法について解説します。

試して欲しい対処法は下記の3点です。

接続設定を再確認する

まずは接続設定を再確認しましょう。

接続する端末のWi-Fiがオンになっているか
機内モードになっていないか
・iPhoneのデータ通信がオンになっているか
・データ通信量は残っているか

これらを確認してみて、接続が改善されるか試してみましょう。

上記の点で問題が見つからず、改善しない場合は下記の項目を参考にしてみてください。

jun
jun

接続する端末、テザリングする端末のそれぞれを確認してみましょう。

ネット設定をリセットする

つづいてはネット設定のリセットを試してみましょう。

一度Wi-Fi設定をすると、それぞれの端末は接続情報を保存しています。そのデータを一旦削除する流れとなります。

各端末のネットワーク設定を開き、それぞれ保存されている接続設定を削除して、改めて設定し直してみましょう。

jun
jun

なにかの拍子で保存情報がおかしくなっていることもあります。

iPhoneを再起動してみる

上記の項目を試してみても改善しない場合は、iPhoneの再起動をしてみましょう。

iPhoneのシステムの中でエラーがでており、設定画面だけでは解消しない場合は再起動で解消される可能性があります。

これらをすべて試してみても治らない場合は、契約しているキャリアなどに相談してみましょう。

jun
jun

困った時は再起動!

【iPhone対応】テザリング料金がかからない端末がある?人気の格安SIM5選

それではテザリング料金がかからない格安SIMを紹介していきます。

ここでの通信速度は『みんなのネット回線速度』というサイトを参照しています。

比較項目の通信速度についてここで紹介する格安SIMは下記の5選です。

回線名J:COMモバイル
LINEMO
Ymobile
y!mobile ロゴ
ahamo
楽天モバイル
楽天モバイル 表用
料金プラン
(月額+データ量)
1GB/月:1,078円
5GB/月:1,628円
10GB/月:2,178円
20GB/月:2,728円
ミニプラン
3GB/月:990円
スマホプラン
20GB/月:2,728円
Sプラン
3GB/月:990円
Mプラン
15GB/月:2,090円
Lプラン
25GB/月:2,970円
20GB/月:2,970円
100GB/月:4,950円
Rakuten UN-LIMIT Ⅶ
3GB/月まで:1,078円
20GB/月まで:2,178円
無制限/月:3,278円
通信速度
(平均実測値)
下り:82.96Mbps
上り:12.07Mbps
下り:61.29Mbps
上り:16.14Mbps
下り:64.4Mbps
上り:15.92Mbps
下り:134.03Mbps
上り:14.35Mbps
下り:47.83Mbps
上り:23.72Mbps
通信回線au回線Softbank回線Softbank回線docomo回線楽天回線
テザリング料金無料無料無料無料無料
速度制限時1GB/月:最大200kbps
5GB/月:最大200kbps
10GB/月:最大1Mbps
20GB/月:最大1Mbps
ミニプラン
3GB/月:300kbps
スマホプラン
20GB/月:1Mbps
Sプラン
3GB/月:最大300kbps
Mプラン
15GB/月:最大1Mbps
Lプラン
25GB/月:最大1Mbps
最大1Mbps無し

 

J:comモバイル:データ盛適用で月間5GBが1,078円!

J:COMモバイルは、ケーブルテレビではおなじみであるJ:COMを提供するジュピターテレコムが運営する格安SIMです。

4種類のプランから選ぶことができ、ユーザーのニーズに合わせたデータ量を選んで利用できます。

当月であまったデータ量は翌月に繰り越しができるので、月末にあわてて消費する必要もいりません。

J:COMモバイルで注目したい点は、『データ盛』を適用すれば各プランの月間データ容量を増加させることができます。

各プランの増加するデータ量は下記のとおりです。

・1GB→5GB
・5GB→10GB
・10GB→20GB
・20GB→30GB

データ盛を適用するためには、J:COMのサービスを一つでも利用する必要があります。

ケーブルテレビやインターネットでJ:COMを利用していたり、これから利用する予定があればJ:COMモバイルはおすすめです。

jun
jun

データ盛が使える状況ならぜひ検討したいSIMです!

LINEMO:ミニプラン3GBとスマホプラン20GBから選択可能。Softbank純正回線。

LINEMOは、Softbankの直系格安SIMとして提供されており、純正Softbank回線が利用できるサービスです。

料金プランはミニプラン3GBとスマホプラン20GBが用意されており、必要なデータ量のプランを利用できます。

そのほか、LINEアプリを利用する上での通信量はカウントされないのでLINEでの通話やビデオ通話などは無制限で利用できます。

さらにスマホプランであればLINEではおなじみである『スタンプ』が、1,000万種類以上の中からダウンロードなしで使える『LINEスタンププレミアムforLINEMO(ベージックコース)』が利用できます。

LINEをよく利用する方や、なるべく安くて安定した回線が使いたい方におすすめです。

jun
jun

LINE通話が無制限なのは嬉しいポイントですね!

Y!mobile:家族割を使えば月額990円から利用できる

Ymobileは、Softbankの廉価キャリアとして提供されているサービスです。

3種類のプランから選択して利用できる上に、ソフトバンク光とのセット割にも対応しています。

さらに家族で利用すれば、2回線目3回線目が値引きされます。上記のプラン料金から毎月1,188円割引されるのでSプランであれば990円で利用できます。

注意点は、ソフトバンク光とのセット割と家族割は併用できないことです。どちらかを適用してSプラン990円が最安価です。

jun
jun

家族で一斉に乗り換えたいブランドですね!

ahamo:ドコモ純正回線でどこでも安定した通信

ahamo ロゴ

ahamoは、docomoの直系格安SIMとして提供されているサービスです。

docomoの純正回線が利用できるので、3大キャリアの中でも特に安定した通信が利用できます。

テザリングも無料で利用できます。月間100GBプランであれば月額4,950円なので、ポケット型Wi-Fiとしても考えればコストパフォーマンスは高いです。

jun
jun

100GBプランは最近はじまったプランです!

楽天モバイル:月額3,278円でデータ制限なし使い放題!

楽天モバイル ロゴ

楽天モバイルは、大手ネットショッピング楽天が運営する新しいキャリアです。

楽天モバイルの料金プランは1つだけとなっており、データ量を使った分だけ料金が上がる他社にはない料金システムです。

月間の最大データ量は設定されておらず、どれだけ使っても無制限で最大3,278円で利用できるプランとなっています。

テザリングも無料なので、他の端末も月間無制限でデータ通信ができます。通話についても、専用のアプリを使えば無料です。

楽天市場での買い物時につくポイントもアップし、楽天が運営する他コンテンツも特別価格で利用できます。

楽天モバイルの現状の弱点は、通信品質が他社3大キャリアと比べると繋がりにくく場所によっては使えないことがあります。

jun
jun

無制限3,000円台は楽天モバイルの強みですね!

大手キャリアから格安SIMに乗り換えるには?4ステップにわけて解説

ここでは大手キャリアなどから格安SIMに乗り換える流れを解説します。

大まかな流れは下記のとおりです。

STEP①:乗り換え先を決める

まずは乗り換え先の格安SIMを決めましょう。

乗り換え先を決める上で抑えておきたいポイントは以下のとおりです。

・月間データ量
・月額料金
・オプション
・利用回線
・通信速度

特に通信速度の面については、純正回線であるか、そうでないか(MVNO)によって大きく変わります。

なるべく速い回線が使いたい場合は、純正回線を使っているSIMを選びましょう。

jun
jun

価格面を重視するのか、速度を重視するのか

STEP②:格安SIMに対応している端末を用意する

つづいて格安SIMに対応する端末を用意しましょう。

お手持ちのスマホキャリアと乗り換え先を同じ回線のSIMにすれば、そのまま利用できます。

別の回線であっても、SIMロック解除を実施すればどのキャリア回線のSIMでも使用できるようになります。

SIMロック解除方法は各キャリアによって異なるので、それぞれ確認しておきましょう。

乗り換え時にスマホを買い替えたい場合は、乗り換え先のキャリアで同時購入ができることもあるので活用してみましょう。

jun
jun

SIMロック解除は基本的にどのキャリアのスマホでも可能です!

STEP③:乗り換え先に申し込む

乗り換え先、使用する端末が決まったら実際に申込みに進みましょう。

格安SIMはオンラインのみで完結させられるところが多く、気軽に乗り換えることができます。

プラン内容も自分のペースでよく確認しながら申し込みを進められるので、不要なオプションや過度なプランになる恐れもありません。

jun
jun

Ymobileや楽天モバイルなどは店舗で申し込みもできます!

STEP④:端末が届いたら初期設定を行い利用開始

SIMや端末が届いたら初期設定を行って利用を始めましょう。

SIMカードを端末に挿入して、その後は各キャリアごとに決められた設定をします。

それぞれ入力する内容が変わってくるので、いっしょに送られてくるマニュアルなどをよく確認して進めていきましょう。

jun
jun

SIMカードを入れずに利用できるeSIMもあります!

iPhoneのテザリング料金に関するよくある質問は?

ここではiPhoneのテザリング料金に関してのよくある質問をまとめていきます。

主な質問内容は以下のとおりです。

iPhoneのテザリングが切れる原因はなに?

iPhoneのテザリングが切れる原因は、設定ミスや端末内のエラーなど様々あります。

こちらの項目でそれぞれ解説しているので、参考にしてください。

UQモバイルのテザリングができないときの対処法は?

UQモバイルでテザリングができない場合でも、こちらの項目を試していただきたいです。

UQモバイルでも他キャリアでも同じ原因であることが多いです。

テザリングが有料なのは大手キャリアだけ?

現状テザリングが有料なのは、auとSoftbankの一部プランとなっています。

格安SIMはこの記事で紹介したキャリアや、その他主なキャリアでは無料となっています。

まとめ:iPhoneでテザリング料金がかかるのは大手キャリアだけ

この記事ではiPhoneでテザリングをする際の料金などについて解説しました。

全体を通して抑えておきたいポイントは以下のとおりです。

・au、Softbankではテザリング料金が発生するプランがある
・docomoのテザリングは無料で申し込みも不要
・iPhoneでは事前にテザリングの設定が必要
・テザリングができないときの対処法は様々ある
・乗り換え先は自分のニーズを抑えてから選ぶ

テザリングはau、Softbankでは一部料金が必要となるプランがあるので注意しましょう。

docomoでは、どのプランでも無料となっており別途申し込みも必要ないのですぐにテザリングが利用できます。

iPhoneでテザリングを使うためには、事前にiPhone内の設定を行う必要があるので必ず行うようにしましょう。

テザリングができないときの対処法は原因によって様々あります。まずすぐにできることから試していきましょう

格安SIMを選ぶ際は、どういった使い方をしたいのか、何が必要なのかを確認して選ぶことをおすすめします。

jun
jun

テザリングをうまく活用して、便利にWi-Fiを利用しましょう!