格安SIM

口座振替のできるおすすめの格安SIM7選|注意点も解説

 

口座振替で使える格安SIMを探しているんだけど、どこかないのかな。

口座振替が利用できる格安SIMは増加傾向にあります。クレジットカード以外で契約した人におすすめです。

格安SIMはスマホをかなり安く使えるので、検討を進めている人も少なくないでしょう。毎月の費用が一気に下がる可能性があるので、コスト面を意識する人に特におすすめです。

とはいえ、クレジットカードの支払いのみに限定しているケースも少なくありません。クレジットカードを持っていない、もしくは持ちたくない人にとって大きなデメリットとなるでしょう。

2022年現在、口座振替に対応している格安スマホは増加傾向にあります。そのため、口座振替を希望している人でも候補に入れられますね。

そこで今回は口座振替に対応している格安SIM7選と注意点を解説します。口座振替で格安SIMを利用したい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

UQモバイルOCNモバイルONEJ:COMモバイルラインモy!mobileahamo楽天モバイル
プラン+月額利用料くりこしプランS(3GB):1,628円
くりこしプランM(15GB):2,728円
くりこしプランL(25GB):3,828円
500MB/月コース:550円
1GB/月コース:770円
3GB/月コース:990円
6GB/月コース:1,320円
10GB/月コース:1,760円
1GB:1,078円
5GB:1,628円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
3GB:990円
20GB:2,728円
3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円
通信速度平均下り速度: 53.23Mbps
平均上り速度: 10.63Mbps
平均下り速度:49.33Mbps
平均上り速度: 9.98Mbps
平均下り速度:62.11Mbps
平均上り速度: 10.07Mbps
平均下り速度:54.31Mbps
平均上り速度: 15.66Mbps
平均下り速度:59.92Mbps
平均上り速度: 15.42Mbps
平均下り速度: 138.34Mbps
平均上り速度: 14.45Mbps
平均下り速度:52.38Mbps
平均上り速度: 25.47Mbps
契約期間定めなし定めなし定めなし定めなし定めなし定めなし定めなし
  1. 格安SIMの支払い方法は4種類
    1. 口座振替での支払い
    2. クレジットカードでの支払い
    3. デビットカードでの支払い
    4. コンビニ支払い
  2. 口座振替ができるおすすめの格安SIM7選
  3. 口座振替ができるおすすめの格安SIM7選の特徴を解説
    1. UQモバイル:au回線を使用している知名度の高い格安SIM
    2. OCNモバイルONE:ドコモ回線を使用している人気格安SIM
    3. j:comモバイル:j:comが運営している格安SIM
    4. ラインモ:LINEの利用にデータ消費がかからない格安SIM
    5. y!mobile:トップクラスの知名度を誇る人気格安SIM
    6. ahamo:ドコモ回線をそのまま利用している格安SIM
    7. 楽天モバイル:楽天回線を使用した格安SIM
  4. 格安SIMを口座振替で支払う場合の注意点7つ
    1. 引き落としに手数料がかかる
    2. 審査が厳しい
    3. 会員登録等の条件がつく場合がある
    4. ネットでの手続きができない
    5. 登録が完了するまで請求書払いになる
    6. データ通信専用のSIMしか選択できない可能性がある
    7. 分割払いができない場合がある
  5. 口座振替のおすすめ格安SIMに関するよくある質問
    1. 口座振替だとスマホの分割払いはどうなるの?
    2. 支払い方法が口座振替だと審査に影響がある?
    3. 口座振替は審査なしで契約できる?
    4. 未成年でも契約できる?
    5. そもそも口座振替非対応の格安SIMが多い理由は?
  6. まとめ:口座振替ができるおすすめの格安SIMはahamo

格安SIMの支払い方法は4種類

格安SIMの支払い方法は4種類

格安SIMの支払い方法は大きく4種類になります。支払い方法の選択肢が多いので、自分に合っているものを選択するようにしましょう。

ここでは、4種類の支払い方法の詳細をご紹介します。自分の好みにあったものがどれになるのか確認してみましょう。

自分の好みにあった支払い方法を選択しましょう。

口座振替での支払い

口座振替での支払いに対応しています。格安SIMの支払い方法としてクレジットカードのみのものが多くありましたが、近年口座振替に対応しているものも増えています。

銀行口座を持っていれば使える制度なので、支払いのハードルがかなり下がりますよね。クレジットカードを持っていない、もしくは持ちたくないという人におすすめの支払い方法になります。

気軽に使える使い勝手の良い仕組みです。

クレジットカードでの支払い

ほぼ全ての格安SIM事業者がクレジットカード払いに対応しています。多くの選択肢から格安SIMを選択した場合は、クレジットカードを持っている方が良いといえるでしょう。

さらに、クレジットカードで支払いをした場合クレジットカードにポイントが貯まるので、料金以上にお得になります。クレジットカードをまだ持っていない人の中で作っても問題がないという人は、クレジットカードを作成した上で格安SIMの契約に進むのがおすすめです。

クレジットカードを持っている人の方が選択肢が広がります。

デビットカードでの支払い

デビットカードの支払いに対応している事業者も増えています。デビットカードはクレジットカードではないので審査がなく、銀行口座を持っている人であれば作成可能です。

しかし、対応している事業者の数はまだあまり多くありません。選択肢が少ない状態なので、今後に期待ですね。

デビットカードでの支払いに対応している事業者はまだ多くはありません。

コンビニ支払い

コンビニ支払いに対応している格安SIMも多く存在しています。コンビニから支払えるので、クレジットカードやデビットカードを持っていない人も、問題なく利用できますね。

しかしこちらに関しても対応している格安SIMはまだ多くありません。これから増えていく可能性が高いので、今後に期待ですね。

コンビニから支払いが可能なので、忙しくて時間がない人も安心できますね。

口座振替ができるおすすめの格安SIM7選

口座振替ができるおすすめの格安SIM7選

ここでは口座振替が可能な格安SIMを7つご紹介します。それぞれの詳細を確認した上で検討に進んでくださいね。

UQモバイルOCNモバイルONEJ:COMモバイルラインモy!mobileahamo楽天モバイル
プラン+月額利用料くりこしプランS(3GB):1,628円
くりこしプランM(15GB):2,728円
くりこしプランL(25GB):3,828円
500MB/月コース:550円
1GB/月コース:770円
3GB/月コース:990円
6GB/月コース:1,320円
10GB/月コース:1,760円
1GB:1,078円
5GB:1,628円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
3GB:990円
20GB:2,728円
3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円
通信速度平均下り速度: 53.23Mbps
平均上り速度: 10.63Mbps
平均下り速度:49.33Mbps
平均上り速度: 9.98Mbps
平均下り速度:62.11Mbps
平均上り速度: 10.07Mbps
平均下り速度:54.31Mbps
平均上り速度: 15.66Mbps
平均下り速度:59.92Mbps
平均上り速度: 15.42Mbps
平均下り速度: 138.34Mbps
平均上り速度: 14.45Mbps
平均下り速度:52.38Mbps
平均上り速度: 25.47Mbps
契約期間定めなし定めなし定めなし定めなし定めなし定めなし定めなし
違約金違約金なし違約金なし違約金なし違約金なし違約金なし違約金なし違約金なし

このように格安SIMと一括りにしても詳細に様々な違いがあります。料金や契約期間使用できるデータ量にも違いがあるので、よく確認し比較してから契約先を決定しましょう。

それぞれの違いを把握しよく比較した上で検討を進めましょう。

口座振替ができるおすすめの格安SIM7選の特徴を解説

口座振替ができるおすすめの格安SIM7選の特徴を解説

ここではおすすめの事業者7つの詳細をご紹介しています。それぞれに特徴が異なるので、詳細を把握した上で自分にあったものがどれなのかを確認してくださいね。

詳細を確認し、自分に合っているものを探してみましょう。

UQモバイル:au回線を使用している知名度の高い格安SIM

UQモバイル:auが運営している知名度の高い格安SIM

UQモバイルはau回線を使用している知名度の高い格安SIMです。CMなども多く流れているので、一度は耳にしたことがある人も少なくないでしょう。

UQモバイルは格安SIMの中でもトップクラスに通信環境が良く、速度に関しても問題がないことで知られています。大手キャリから乗り換えた場合も、その違いを感じられないという人も少なくありません。

通信速度を意識する人でコスト面を抑えたいという人におすすめの格安SIMです。

安く品質の良い回線を使いたい人に最適です。

OCNモバイルONE:ドコモ回線を使用している人気格安SIM

OCNモバイルONE:ドコモ回線を使用している人気格安SIM

OCNモバイルONEはドコモ回線を使用している格安SIMです。大手企業として知られているOCNが運営している格安SIMで、ユーザー数も増加傾向にあります。

価格設定がかなり良心的なので、少しでも安く使いたいと考えている人に最適でしょう。またOCN光とセットで利用することで毎月150円の割引が適用されます。

格安SIMは料金が安いので割引が適用されることはほとんどありません。そんな中固定回線と合わせると割引が適用されるのはかなり貴重ですよね。

固定回線と格安SIMの両方を検討している人におすすめです。

セット割引が用意されている貴重な格安SIMです。

j:comモバイル:j:comが運営している格安SIM

j:comモバイル:j:comが運営している格安SIM

大手企業として知られているj:comが運営している格安SIMです。料金が安く使い勝手が良いので乗り換え先として検討している人も少なくありません。

j:comモバイル最大のメリットは速度を制限された状態でも最大1Mbpsをキープしてくれるという点にあります。1Mbpsの速度を維持するのであればSNSはもちろん動画の視聴なども問題なく楽しめるでしょう。

速度制限wのそこまで意識する必要がないので、データを毎月たくさん使ってしまう人に最適です。

速度制限がきつくないのは嬉しいですよね。

ラインモ:LINEの利用にデータ消費がかからない格安SIM

ラインモ:LINEの利用にデータ消費がかからない格安SIM

LINEMOを運営しているLINEは、大人気メッセージアプリLINEを運営している会社です。LINEは人気のアプリなのでスマホに入れているという人はかなり多くいるでしょう。

中にはLINEを使うのがほとんどで、そのほかのアプリに関してはあまり使用していないという人も少なくありません。LINEMOではLINEの利用に対してデータを消費しないので、残量を確認することなく快適に使い続けられるでしょう。

LINEの利用が主でそれ以外をあまり使わないという人におすすめの格安SIMです。

LINEの利用のみという人に最適の格安SIMです。

y!mobile:トップクラスの知名度を誇る人気格安SIM

y!mobile:トップクラスの知名度を誇る人気格安SIM

Y! mobileは格安SIMの中でもトップクラスの知名度を誇っています。テレビCMやインターネット広告などで見かけたことがある人も少なくないでしょう。

料金が割安なのに品質が良いので、多くの人が乗り換えを検討しています。ソフトバンク回線を使用しているので、大手キャリアと変わらない快適なインターネット通信が楽しめるでしょう。

また、格安SIMには珍しく店舗を複数設けています。全国に展開しているので、WEBからの申し込みに不安がある人はそちらを利用するのも良いでしょう。

店舗がないと不安という人も安心できますね。

ahamo:ドコモ回線をそのまま利用している格安SIM

ahamo:ドコモ回線をそのまま利用している格安SIM

ahamoはドコモ回線をそのまま使用している格安SIMです。ドコモ回線をそのまま利用しているので、通信品質はかなり高いといえるでしょう。

ドコモとほぼ変わらない使用感なので、電波に不安があるという人に最適です。地方在住で伝お兄不安があるという人にもオススメできる格安SIMだといえるでしょう。

また、100GBの大容量プランが用意されているので、データをたくさん使いたいという人のニーズにも合致しています。電波に不安がある人、大容量使いたい人に最適な格安SIMだといえますね。

通信品質が良く、大容量プランが用意されているのは嬉しいよね。

楽天モバイル:楽天回線を使用した格安SIM

楽天モバイル:楽天回線を使用した格安SIM

楽天モバイルは楽天回線を使用している格安SIMです。楽天回線を使用している格安SIMは楽天モバイルだけなので、混雑しにくく使用感も問題はないでしょう。

また、価格がかなり良心的なのでコスト面を意識する人におすすめです。楽天ユーザー同士でアプリを使用すれば通話料が完全無料になるなど、サービスもかなり充実しています。

しかし、楽天回線はまだ利用できない箇所が多くあります。そのため、利用する前に自分のエリアが問題ないか確認しておきましょう。

楽天回線が入る場所であればかなり安く快適に使えるでしょう。

格安SIMを口座振替で支払う場合の注意点7つ

格安SIMを口座振替で支払う場合の注意点7つ

ここでは格安SIMを口座振替で支払う場合の注意点を7つご紹介します。以下のポイントに目を通し、問題がないか確認しておきましょう。

以下のポイントを確認した上で検討を進めてくださいね。

引き落としに手数料がかかる

口座振替の場合、引き落としに手数料がかかることがあります。少しでも安く使いたいと考えている人にとっては大きなデメリットになるでしょう。

手数料は数百円程度がほとんどですが、契約期間中で総額計算するとかなりの金額になります。少しでも安く使いたいという人には向かない方法になるでしょう。

コスト面を意識する人にはあまり向かない支払い方法になります。

審査が厳しい

口座引き落としは審査が厳しく設けられています。クレジットカードであれば引き落としができなかったということがありませんが、口座振替に関してはそのリスクが考えられることが大きな要因に。

そのため、口座振替を指定したことが原因で審査に通らなかったというケースが多くあります。審査に不安がある人には向かない支払い方法になります。

クレジットカードを使用した契約の方が審査の難易度はぐっと下がります。

会員登録等の条件がつく場合がある

会員登録などの条件を余分に求められる可能性があります。面倒な作業が増えてしまうので、あまり良いものではないですよね。

求められる条件は契約する事業者によって大きく異なります。口座振替で申し込む前に条件をしっかり確認しておきましょう。

条件を確認し、問題がないかチェックしましょう。

ネットでの手続きができない

口座振替の場合、基本的にはネットで手続きを完了させられません。簡単に契約を完了させられるのが格安SIMのメリットでもあるので、この点に関してはあまり良いとは言えないですよね。

簡単に手続きを終えたいと考えている人は口座振替以外の支払い方法を検討するのが良いでしょう。

クレジットカード払いよりも手続きに時間と手間がかかります。

登録が完了するまで請求書払いになる

登録が完了するまでに1~2ヶ月程度かかるケースがほとんどです。完了するまでの支払いは請求書払いになるということを知っておきましょう。

自宅に届いた請求書を使用して支払う方法になるので、届いているのを見逃してしまったり支払いを忘れてしまったりなど様々なリスクを伴います。口座振替を指定した場合、登録を完了させるまでの期間の支払いを忘れずにこなすようにしましょう。

登録完了まで時間がかかり、それまで請求書払いなのは少し面倒ですよね。

データ通信専用のSIMしか選択できない可能性がある

データ通信専用のSIMしか選択できない可能性があります。この点に関しては契約する事業者によって異なりますが、音声通話のSIMが選択できないケースも少なくありません。

口座振替の場合に契約可能なSIMはどれになるのかしっかり確認した上で契約を進めましょう。

対応しているSIMの種類が限定されている可能性があります。

分割払いができない場合がある

分割での支払いに対応していない場合があります。SIMカードの契約と合わせて端末も購入する場合、一括での請求になってしまうので注意が必要ですね。

端末の分割購入を検討している人は、口座振替以外の方法を検討しましょう。

端末を購入する予定がある人が注意が必要ですね。

口座振替のおすすめ格安SIMに関するよくある質問

口座振替のおすすめ格安SIMに関するよくある質問

ここでは口座振替におすすめの格安SIMに関するよくある質問をご紹介します。疑問点や不明な点が解消する可能性があるので、申し込み前に目を通しておきましょう。

以下の内容を確認してから検討を進めてくださいね。

口座振替だとスマホの分割払いはどうなるの?

口座振替を選択している場合、スマホの料金は一括に限定されてしまうケースがほとんどです。スマホ本体の料金は高額にことが多いので、デメリットだといえるでしょう。

スマホの料金を分割したい場合は口座振替以外の方法を検討してくださいね。

スマホを購入する予定の人は注意が必要ですね。

支払い方法が口座振替だと審査に影響がある?

支払い方法が口座振替の場合、審査はかなり厳しくなります。口座振替はクレジットカードよりも事業者にとってリスクがあるので当然といえますね。

審査に不安がある人は口座振替ではなくクレジットカードでの支払いを検討するのが良いでしょう。

口座振替の場合、審査はかなり厳しくなります。

口座振替は審査なしで契約できる?

口座振替は基本的に、審査が必要になります。そのため、審査に不安がある人は口座振替以外を選択するのが良いでしょう。

審査は必要になります。

未成年でも契約できる?

未成年でも契約できる格安SIMは多くあります。契約可能なのかどうかは各社HPに記載されているので、事前に必ず確認しておきましょう。

未成年の契約も事業者によっては問題ありません。

そもそも口座振替非対応の格安SIMが多い理由は?

口座振替に対応していない格安SIMが多いのは、申し込み完了までに要する期間が長く、書類の確認にかかる人件費が余分にかかってしまうためです。今後対応数格安SIMは増えていく可能瀬がありますが、現状では対応している事業者はそこまで多くありません。

口座振替を検討している人は、対応している事業者なのかを事前に確認した上で進めましょう。

格安SIMを提供するためのコスト削減の影響を受けていると考えて良いでしょう。

まとめ:口座振替ができるおすすめの格安SIMはahamo

口座振替が可能なおすすめの格安SIMはahamoになります。ドコモ回線を使用しているので品質が良く、料金も割安なのでかなり重宝するでしょう。

格安SIMを検討する場合は、自分の希望や条件と合致しているものを選択するのが最も重要です。各社を比較した上で、適切なものを選択してくださいね。

 

当サイトおすすめの格安SIMはこちら