Category: wifi

中国に行くならVPN付きWiFiを用意!旅行前にレンタルしよう!

2019.08.20

中国で思ったようにネットが使えない!」と悩んでいますね。

中国でも無料WiFiは普及していますが、接続しても日本で使えた検索サイトやSNS、webサービスが使えないことが多いです。

しかし、VPN付きWiFiルーターを用意することで、中国に居ても日本国内のようにネットが使えるようになります

ここでは、中国でネットサービスなどが使えない理由や解決方法、オススメのWiFiルーターなどを紹介します。

自分に合ったVPN付きWiFiルーターを使用して、中国でも快適なネット通信を行いましょう。

1.中国に行くならVPN付きWiFiルーターは必須

中国ならVPN付きが必須

中国へ訪れるなら、VPN付きWiFiルーターは必ず用意するべきです。

無料WiFiが普及している中国ですが、日本国内と同じようにネット通信が行えるわけではありません。

理由は、中国国内のネット通信が中国政府によって監視されているためです。

政府によってネットに規制がかけられており、国外のサイトやネットサービスなどへアクセスできないようになっています。

この対象はSNSにも適応されており、日本で使えていたSNSが中国では使用できないことがほとんどです。

1-1.中国では利用できないネットサービスやSNSが多い!

中国では、以下のようなネットサービスやSNSは利用できません

  • Googleサービス全般
  • Yahoo!検索
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • instagram
  • Eメール全般
  • YouTube
  • dropbox

Google検索やYahoo!検索すらも使用できないため、ちょっとした調べ物もできません。

また、日本で主要なSNSは全て利用できず、Eメールも規制されています。

さらにYouTubeで動画を見ることや、dropboxを使用したファイルの共有も不可能です。

この他にも利用できないサービスやSNSが多く、日本国内と同様のネット通信は行えないと覚えておいてください。

VPNを使えばいつも通りにネット通信が使える!

そんな中国でも、VPNを使うことでネット通信が普段通りに使えます

VPNとは「ヴァーチャルプライベートネットワーク」の略称です。

ネット上に仮想の専用ラインを用意し、この専用ラインを使用して通信を行います。

詳しくは「WiFiはVNPで安全にするべき!街中や海外で心置きなく使おう!」で述べていますが、この専用ラインを使用することで中国国外からネット通信を行っているようにすることが可能です。

このVPNが付随しているWiFiルーターを使用することで、中国国内でも特に規制無くネット通信が行えます。

またルーターを使用すると、通信環境がない場所でもネットに接続が可能です。

無料WiFiが無い地域に行ったとしても、ネット通信が行えるため調べ物や連絡などがいつでも行えます。

1-2.VPN付きWiFiルーター以外の通信方法は?

VPN付きルーター以外にも、VPNアプリを利用する方法があります

アプリを通してPCやタブレット、スマートフォンでVPNが使用可能です。

ルーターと違って持ち運ぶ必要が無く、アプリをインストールすることで利用できるため荷物が増えることもありません。

そんなVPNアプリには無料と有料の2種類があるので、それぞれ解説していきます。

VPN無料アプリはセキュリティ・クオリティ共に不安が残る

無料アプリでは通信が中々安定せず、中国国内で使用できないことも多いです。

また、通信できるデータ量の制限や低速通信なども少なくありません。

さらに、悪徳業者が個人情報の収集を目的としてアプリを提供していることもあり、非常に危険です。

使用する際は、SNSでの口コミなどを調べた上で、ある程度のリスクは覚悟して使用するようにしましょう。

VPN有料アプリもおすすめはできない

有料アプリだからと言って、必ずしもちゃんとしているとは限りません。

有名な会社が提供するアプリでは、3カ月契約など長期の契約になってしまうことが多いです。

そして、通信環境が無い場所での通信は行えません

無料WiFiがある場所から通信するか、中国用のSIMカードを契約して通信を行う必要があります。

一見、手軽に思えたアプリですが、様々な落とし穴がありますね。

一方、VPN付きWiFiルーターなら通信環境が無い地域でも、ネットに接続可能です。

そのため、中国に行く際はVPN付きWiFiルーターが人気となっています。

そこで次ではおすすめのVPN付きWiFiルーターを紹介します。

2.徹底比較!おすすめVPN付きWiFiルーター4選

おすすめVPN付きWiFiルーター4選

今回紹介するのは、VPN機能が付いたWiFiルーターを提供する4つの会社です。

  • Telecom Square
  • Wi-Ho!
  • Sakura Mobile
  • jetfi

それぞれの会社で特徴が異なっているため自分に合ったWiFiルーターを選んでください。

それでは順番に紹介します。

おすすめ1.Telecom Square

Telecom Square

(引用:海外携帯、スマートフォン、WiFiレンタルならテレコムスクエア

Telecom Squareは、1,000円/日から中国で使用できます。

通信方法は、4Gに対応しているので高速通信が可能です。

ルーターのレンタルが700円/日から、VPNの使用は300円/日となっています。

おすすめ2.Wi-Ho!

Wi-Ho!

(引用:海外WiFiレンタルならワイホー(Wi-Ho!)

Wi-Ho!は、980円/日から利用可能です。

通信方法は4Gと3Gとしており、3G回線を使用して中国国内全域で通信が行えるようにしています。

ルーターのレンタルが680円/日から、VPNの使用は300円/日です。

おすすめ3.Sakura Mobile

Sakura Mobile

(引用: WiFiレンタルSakura Mobile

Sakura Mobileは、850円/日から利用可能です。

通信方法は4G使用しており、中国3大通信会社の回線利用できるため安定した通信が行えるます。

ルーターのレンタルが500円/日から、VPNの使用は350円/日です。

おすすめ4.jetfi

jetfi

(引用:【公式】LTEで大容量使える格安海外Wi-Fiは「jetfi」

jetfiは、1,280円/日で利用可能です。

通信方法は4G使用しており、中国3大通信会社の回線利用できるため安定した通信が行えるます。

ルーターのレンタルとVPNがセットになっておりの使用できる通信量は500MB/日です。

  ルーター料/日 VPN料/日 通信可能量/日 合計金額/日
Telecom Square 700円~ 300円 500MB~ 1,000円~
Wi-Ho! 680円~ 300円 300MB~ 980円~
Sakura Mobile 500円~ 350円 500MB~ 850円~
jetfi 1,280円(セット料金) 500MB 1,280円

 

300MBで利用できる閲覧・送信量
WEB 約2,000ページ
マップ 約80回
YouTube 約20分
LINE 約150,000回(テキストのみ)
LINE通話 約720分
Twitter 約130分(閲覧のみ)
Instagram 約30分(閲覧のみ)
Facebook 約150分(閲覧のみ)

3.香港・マカオに行くならアジア用WiFiルーターを選ぶこと!

香港・マカオならアジア用を選ぶこと

香港・マカオに行くならアジア用WiFiルーターを使用してください

香港やマカオは中国の一部ですが、政治や経済が中国とは独立しており、国境まで存在する特別な地域です。

それぞれ異なる通信事業者が通信回線を構築しており、中国専用のWiFiルーターでは通信が行えません

このため、香港・マカオに訪れる場合は、複数の国や地域で利用できるアジア周遊用WiFiルーターを準備する必要があります。

また、香港・マカオのみに訪れる場合は「香港・マカオ専用WiFiルーター」プランも用意されている会社も多いです。

香港・マカオは、中国のようにネット検閲が行われていないため、VPNは必要ありません。

しかし、中国本土にも訪れる場合は、検閲回避のためVPNを契約する必要があるので注意してください。

まとめ

まとめ

中国でネット通信を使うならVPN付きWiFiルーターは必須です。

VPN付きWiFルーターを使うことで、中国でも制限なくかつセキュリティを高めながらネット通信が行えるようになります。

VPN付きWiFiルーターは空港でも受け取れるので、中国に渡航するなら必ずレンタルして中国を快適に楽しんでください。

file_copy この記事のURLをコピーする