Category: wimax

WiMAXのHOME L01sとL01の違いを徹底比較!

2019.10.08

WiMAXを自宅で快適に利用したい方には、ホームルーターの購入がおすすめです。

WiMAXのホームルーターは、自宅でインターネットを利用するための専用無線LANルーターとして開発されました。

そんなホームルーターですが、現在はいくつかのモデルが販売されています。

購入する際に多くの人に検討される2つのモデルが、以下の2つです。

  • HOME L01s
  • HOME L01

HOME L01の方が旧機種で、L01sの方が新しいという特徴があります。

モデル名は、小文字の「s」がついているかどうかの違いです。

しかし、ちょっとした違いはあるので、事前にチェックしておきましょう。

本記事では、WiMAXのHOME L01sとL01の違いを徹底比較していきます。

1.WiMAXのHOMEL01sとL01の違いを比較

WiMAXのHOMEL01sとL01の違いを比較

両者のモデルを比較するときには、どこに着目すれば良いのでしょうか。

購入するときに重要になるポイントは、以下の3つです。

  • サイズと重量
  • 通信速度
  • 最大接続台数

この3つのポイントを比較することで、より自分の通信環境に合ったモデルを選ぶことができます

ここでは、両者のモデルのそれぞれのポイントを詳しく比較していきます。

1-1.それぞれのサイズ/重量

まずはL01とL01sの、それぞれのサイズと重量をチェックしてみましょう。

下の表をご覧ください。

モデルサイズ重さ
HOME L01幅93mm×高さ180mm×奥行93mm約493グラム
HOME L01s幅93mm×高さ180mm×奥行93mm約450グラム

表の違いを見ても分かるように、両者のモデルのサイズ感には大きな違いはありません。

どちらもコンパクトで、扱いやすいサイズといえるでしょう。

部屋が狭くてもジャマにならないサイズ感だといえます。

サイズは同じL01とL01sですが、重さは変わります。

後継機であるL01sの方が、約40グラム軽い結果となりました。

しかし、たった40グラムの差なので、気にするほどではありません。

このことから、サイズと重量は両者にほとんど違いがないことが分かります。

1-2.通信速度について

無線LANルーターでチェックするべき重要なポイントが「通信速度」です。

どれだけ機能が搭載されていても、通信速度が遅いと、ネット通信で不満がたまってしまいます

両者の通信速度に差はあるのでしょうか。

表をチェックしてみましょう。

モデル4G LTE 受信/送信最大WiMAX 2+ 受信/送信最大
HOME L01370Mbps/37.5Mbps440Mbps/30Mbps
HOME L01s370Mbps/37.5Mbps440Mbps/30Mbps

サイズと重量感が変わらない2つのモデルですが、通信速度も変わらないことが分かります。

どちらも最大で440Mbpsの受信速度を実現していますが、440Mbpsはインターネットを快適に利用するのに必要十分なスピードです。

高画質動画の視聴やビデオチャットなど、高速通信が必要なコンテンツも、容易に楽しむことができます。

ホームルーターとして利用するには、どちらのモデルも十分な通信機能があるといえるでしょう。

1-3.最大接続台数の違い

意外と見落としがちなポイントが、ルーターの「最大接続台数」です。

これは、同時に何台のデバイスに繋げるかを表す指標になります。

両者の最大接続台数をチェックしましょう。

モデル最大接続台数
HOME L0140台
HOME L01s40台

驚いたことに、どちらのモデルも40台の同時接続が可能です。

家族4人が1人3台のデバイスに繋げたとしても、12台にしかならないので、同時接続可能台数が40台というのは十分すぎる性能だといえます。

一般家庭の利用では、接続台数に困ることはありません。

これらの結果から、2つのモデルには性能面でほとんど違いがないことが分かります。

2.WiMAXのHOMEL01sのメリット・デメリット

WiMAXのHOMEL01sのメリット・デメリット

2つのモデルの性能を比較しましたが、次はそれぞれのモデルのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

どちらかの購入で悩んでいる方は、両者の特徴を見比べることで、より自分に合ったモデルを見つけることができます。

2-1.WiMAXのHOMEL01sのメリット

WiMAX HOME L01sにはいくつかのメリットがあります。

それぞれのメリットを解説していきます。

有線LANポート部分のカラー

旧機種のWiMAX HOME L01では、ポート部分のカラーが全てホワイトで統一されていました。

しかし、新機種のL01sでは、ポート部分の周りがグレーへとカラー変更されています。

カラー変更することで、よりポート部分が際立ったデザインになっており、有線LANが差し込みやすくなっています。

重量が軽くなった

旧機種であるL01よりも重量が軽い点が、L01sのメリットといえます。

とはいうものの、40グラム程度しか軽くなっていないので、L01が重いというわけではありません。

重量の違いについてはそこまで気にする必要はありませんが、少しでも軽くなっているのは、やはり嬉しいメリットだといえるでしょう。

SIMカードのサイズ

L01との大きな違いは、SIMカードのサイズです。

L01ではmicro-SIMに対応していましたが、新機種のL01sではnano-SIMに対応しています。

このSIMカードのサイズ変更が重量の変化にもつながっているのでしょう。

nano-SIMカードが使える機種は多くあるので、より利便性が高くなったといえます。

2-2.WiMAXのHOME L01sのデメリット

HOME L01sはメリットだけではありません。

購入する前にL01sのデメリットも確認しておきましょう。

最新機種がある

WiMAXは年々、新しいモデルが発表されています。

現在HOME L01sよりも新しいモデルはいくつかあり、最新機種の方が機能性が高いことがあります。

そのため、少しでも機能性の高いモデルが欲しい方は、L01sよりも最適なモデルがあるかもしれません。

購入前に他のモデルを調べておくことが大切です。

L01とほとんど変わらない

L01sは、本記事で比較しているHOME L01とほとんど変わる点がありません。

SIMカードの変更は大きな違いといえますが、通信性能やサイズは同じです。

そのため、L01の方が安く購入できる場合は、L01を選んだ方が良い可能性もあります。

L01の購入をするときは、L01との販売価格の比較も忘れないようにしましょう。

3.WiMAXのHOMEL01のメリット・デメリット

WiMAXのHOMEL01のメリット・デメリット

次はHOME L01のメリットとデメリットをチェックしていきます。

L01sとほとんど変わらないL01なので、今回はL01シリーズのメリットに注目してみましょう。

3-1.WiMAXのHOMEL01のメリット

まずは、WiMAX HOME L01の大きなメリットをチェックしておきましょう。

開線工事が必要ない

これはL01sも同じメリットですが、L01には開線工事が必要ないというメリットがあります。

コンセントを差すだけでインターネットに繋げることができるので、賃貸でのお家でも気軽にWiFIを利用することが可能です。

LED消灯ができる

同じくL01sにも同じことが言えるのですが、L01には、機器のLEDランプを消すことのできる「LED消灯機能」があります。

LEDのランプを消すことができるので、寝室で使っても寝るときにランプの明かりがジャマになりません。

ユーザーにとっては意外と嬉しい機能ではないでしょうか。

デザインが洗練されている

デザインが洗練されているのも、L01のメリットです。

これはL01sも同じことがいえますが、お部屋のインテリアを崩さないデザインで、スタイリッシュにルーターを利用することができます。

今までの一般的な無線LANルーターとは、一線を画すデザインが魅力です。

3-2.WiMAXのHOMEL01のデメリット

HOME L01をL01sと比較したときの唯一のデメリットは、HOME L01が旧機種であるという点です。

HOME L01sの方が販売日が新しく、販売日に約1年の差があります。

そのため、WIMAXのアップデートがあったときは、L01sには適応されてもL01には適応されない可能性があります。

どちらの機種を購入するかで悩んだときは、将来性を考えて、新機種であるL01sを選んだ方が良いかもしれません。

しかし、この点だけを除けば、L01のL01sと比べたデメリットはないと言えるでしょう。

4.WiMAXのHOMEL01sとL01選ぶならどっち?

WiMAXのHOMEL01sとL01選ぶならどっち?

それぞれのメリットとデメリットを述べてきましたが、結局はHOME L01sとL01のどちらを選べば良いのでしょうか。

正直なところ、両者には大きな違いは見受けられません。

ここでは、「どのモデルを選べばいいのか分からない」と悩んでいる人へ向けて説明していきます。

  • HOME L01がおすすめな人
  • HOME L01sがおすすめな人

自分がどちらのタイプに当てはまるのか分かれば、より自分に合った機種を選択することができるはずです。

4-1.Speed Wi-Fi HOME L01はこんな人におすすめ

HOME L01は、L01sの前に発売された機種になります。

そのため、両者が売られていたときにL01を選ぶメリットはありません

なぜなら、一般的に少しでも新しい機種の方が、メリットが多いからです。

しかし、HOME L01sではなくHOME L01の方がセット割引やキャンペーンなどでお得に購入することができた場合のみ、L01を選ぶと良いでしょう。

例えば家電量販店で2つの機種が売られていたときに、L01の方が圧倒的に安く購入できるのであれば、L01を選ぶ方がお得です。

または、通販サイトや店舗を探しても新機種のL01sが見つからない場合は、代わりにL01を購入しても大きな違いはありません。

4-2.Speed Wi-Fi HOME L01sはこんな人におすすめ

どちらかの購入で迷ったときは、L01の後継機であるHOME L01sの購入をおすすめします。

理由は単純で、L01sの方が発売日が新しいためです。

発売日が新しいということは、WiMAXのアップデートなどでアップデートが適用される可能性が高くなります。

両者の機種が販売されていて、値段も大差がない場合は迷わずL01sを選ぶようにしましょう。

新機種であれば、新しい機種に乗り換えるときにも中古で高く売れやすくなります。

ただし、2つのモデルが並んでいて、L01の方が安く売られているのであれば、料金を安く抑えたい方はL01を選ぶ方が良いでしょう。

そのときの状況に合わせて購入するモデルを選ぶことが大切です。

まとめ

WiMAXのHOMEL01sとL01の比較についてのまとめ

L01とL01sの違いを比較してきましたが、どちらを購入するか決めることはできたでしょうか。

2つのモデルに大きな違いはないので、そのときの値段や、お店の在庫状況で購入を決めると後悔する可能性が低くなります。

もしも、どちらかで悩む場合は、新機種であるL01sの購入がおすすめです。

L01もL01sも快適にインターネットを利用できるという点では変わりないので、ホームルーターを購入して、ストレスの少ないネット環境を楽しんでくださいね。

WIMAXをご検討中の方へ

高速通信が可能なWiMAXですが、以下のようなデメリットもございます。

  • 契約年数の縛りがきつい(違約金がかかる)
  • 1日や3日など、短期間で使用しすぎると速度制限がかかる
  • 費用が高い

そんなWiMAXのデメリットが解消できるのが、弊社のFUJIWiFiというモバイルWiFiです。

  • 契約期間の縛り一切なし
  • 1日あたりの速度制限なしで、4GLTE高速通信
  • 月額2,500円〜と最安級の格安料金

ただいま7日間のお試しが500円で可能なキャンペーン中なので、一度検討してみてください。

今すぐ詳細を見てみる

 

file_copy この記事のURLをコピーする