Category: wifi

光回線が高い原因と選び方に失敗しないポイントをそれぞれ紹介

2019.08.25

今では光回線を使うのが主流ですが、その料金が高いと感じていませんか?

その原因は何も意識せず、適当に契約していたからです。

  • 今使っている光回線を乗り換えようと思っている
  • 安くなる選び方がわからない
  • 通信が安定していてストレスなく光回線を使いたい

上記のように考えている人は、これから紹介する節約の方法を利用してみましょう。

光回線を乗り換えるだけなので、高いと感じている人にはおすすめの方法です。

光回線の料金が高い3つの原因と対策

節約

今の光回線のサービスは、たくさんの業者が参入していて、どこに違いがあるのかわかりにくいですよね?

何もわからないまま光回線を選んでしまうと、いつの間にか料金が高くなります。

その原因は以下の3つが基本であり、意外と見落としがちです。

  • 通常より高い光回線業者やプロバイダを選んでいる
  • オプションに加入していて無駄な支払いが多い
  • お得な割引を利用していない

基本的に光回線について詳しくないと、どれも気付きにくいため、それぞれ以下で詳しく紹介しますね。

その1:元から高い光回線やプロバイダを契約している

光回線の相場を知らずに契約すると、今契約しているサービスが高いのか、判断しにくいはずです。

そこで光回線の相場を、この際把握してしまいましょう。

光回線の相場がいくらなのか調べてみると、マンションのような集合住宅と、一戸建てでは料金に違いがありました。

  料金の相場
戸建て 5,000円
マンション 4,000円

上記の表よりも高い料金の光回線を利用しているなら、そのサービスは高いと意識しておきましょう。

また光回線とは別に、プロバイダを契約していないと、インターネットに接続できないサービスも存在しています。

有名なところだとNTTが運営しているフレッツ光。

この光回線だとプロバイダ料金が別に必要になるので、以下を参考にプロバイダ料金も比較してみてください。

 

  月額料金
BBexcite 500円
plala 800円
@nifty 950円

引用:フレッツ光公式サイトより

ちなみにプロバイダとは、インターネットに繋ぐためのサービスです。

契約しておくべきですが、中には光回線とセットになっているプロバイダも増えています。

ちなみにプロバイダとは、インターネットに繋ぐためのサービスです。

契約しておくべきですが、中には光回線とセットになっているプロバイダも増えています。

対策1:月額料金が安い光回線業者に乗り換える

  戸建て マンション
NURO光 4,743円 4,743円
BIGLOBE光 4,980円 3,980円
ドコモ光 5,200円 4,000円

料金を安くするためには、乗り換えるのが1番おすすめです。

上記で紹介しているように、平均より安い光回線を選びましょう。また乗り換える方法も簡単ですよ。

  1. 乗り換えたい光回線に申し込みをする
  2. 折り返しの電話がかかってくる
  3. 契約する内容を確認して工事日を決定
    (工事が不要な場合もある)
  4. 今使っている光回線を解約

光回線を申し込む場合は、申し込みページ専用のサイトを使うか、電話で連絡をしましょう。

ちなみに光回線を解約する場合、違約金が発生する可能性があるので、更新月などを確認してくださいね。

その2:無駄なオプション加入・解約忘れ

光回線には基本料金の他に、オプションサービスが用意されており、それにも料金が追加されています。

基本的に以下のようなサービスが用意されていますが、使っていないのに料金を支払っているケースがよく見られます。

  特徴 月額料金
ひかり電話やIP電話 固定電話サービス 500円~
ひかりTV 映像配信サービス 1,000円~
リモートサポートサービス トラブルなどのサポートサービス 500円
セキュリティソフトサービス ウイルス対策サービス 300円~

スマホを使っていて固定電話を使わない人や、インターネットを仕事で利用しないのなら、ひかり電話などのオプションサービスも不要です。

ひかりTVに関しては、動画に興味がある人のみの契約しましょう。

人によってはインターネットや、パソコンに自信がある人もいますよね?

そんな人はリモートサポートサービスなどの、トラブルを避けるためのオプションも必要ありません。

また現在では、ウイルス対策のためのセキュリティサービスも、市販の物を使っても十分に効果があります。

オプションサービスだと永久に月額料金が発生してしまいますが、市販のサービスだと1回で支払いが終わるため、節約するにはピッタリです。

対策2:無駄なオプションを外す方法

有料のオプションをそのままにしている人は、解約してしまいましょう。

2,000円以上安くなるケースもありますよ。

解約する方法については、大きく分けて2つです。

  • 電話で解約
  • 会員ページから解約

電話での解約はオペレーターに相談できるので、安心してオプションを解約できますが、繋がりにくいのがデメリットです。

会員ページからの解約も可能ですが、対応していない光回線も一部あり、その場合は電話で解約しましょう。

その3:割引を利用していない

必要最低限のサービスを利用しているのに、光回線が高いと感じる人は、割引をうまく利用できていない可能性があります。

大きく分けて以下のような割引があり、使い方によったら、かなりお得な料金になりますよ。

  • 長期で月額料金を安くする
  • 光回線と組み合わせたら安くなる
  • 新規の人向けの割引

月額料金が割引になる場合は、それなりの条件があり、長期で利用するのが前提のキャンペーンに多く見られます。

また光回線と一緒に、指定されたスマホを利用するなど、組み合わせによって割引をしてくれるものもあります。

トータルでお得になるので、用途によって使い分けましょう。

ちなみに工事費が無料になるなど、契約して最初だけお得になる割引もあります。

その他にも高い光回線の料金を、安くできる方法があるので、以下でその内容を紹介しますね。

対策3:キャンペーンを利用して総額を安くする

割引の他にもたくさんのキャンペーンが用意されており、それを利用すれば、トータルでお得にできます。

その中でも以下のキャンペーンは、料金を下げやすいので、うまく利用してみましょう。

  • キャッシュバック
  • スマホ割

キャッシュバックとは、条件を満たせば、現金を口座に振り込んでくれるキャンペーンです。

ほとんどの場合は光回線を乗り換えた場合に利用できます。

スマホ割とは指定されたスマホのキャリアを利用していると、そのスマホの料金を割引してくれるキャンペーンです。

  キャッシュバック スマホ割
auひかり 最大52,000円 最大2,000円
ソフトバンク光 最大35,000円 1,000円
ドコモ光 最大15,000円 最大3,500円

上記のような大手スマホキャリアが運営している光回線だと、キャッシュバックもスマホ割も用意してくれています。

またキャッシュバックに関しては申し込みが必要です。

専用のサイトから申し込みをしてから、乗り換えをするようにしてくださいね。

ちなみに乗り換えをするのなら、注意するべきポイントがあります。

乗り換えをしてから後悔しないように、以下の正しい選び方を意識しましょう。

光回線が高いと感じる人が他社の乗り換えで失敗しない選び方

上記の料金を抑える方法と一緒に、乗り換える際に注意するべきポイントがあります。

特に光回線の料金に不満なら、以下の内容を意識して選びましょう。

  • 工事費の金額
  • 違約金の金額や内容
  • 通信速度

乗り換える光回線によっては、損をしてしまう可能性があります。

そうならないためにも、ちょっとした料金のチェックを忘れずにしてくださいね。

またストレスが溜まらないように、通信環境のチェックをするのもポイントです。

工事費や違約金が安い光回線を選ぶ

光回線を選ぶ際に、工事費や違約金を基準にすれば、損をする可能性が抑えられます。

まず工事費に関してですが、1番安く抑える方法が、光コラボ同士の乗り換えです。

光コラボとは、NTTが運営するフレッツ光の回線を借りて、サービスを提供している光回線の事。

以下が光コラボを利用している光回線の一部になります。

  光回線サービス
大手キャリア
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
プロバイダ
  • BIGLOBE光
  • excite光
  • OCN光
  • ぷらら光 など
その他
  • 楽天コミュニケーションズ光
  • TSUTAYA光 など

光コラボ内で乗り換えをすれば、工事が必要ないため、工事費が無料になります。

料金を抑えるために乗り換えをするなら、覚えておいて損はありません。

ちなみに本来だと工事費は18,000円以上かかるため、注意しましょう。

工事費が無料になるキャンペーンが用意された光回線もあるので、それも利用してみてくださいね。

また違約金に関してですが、この金額も光回線によって違いがあります。

  違約金
eo光 最大27,000円
コミュファ光 最大27,000円
auひかり 最大15,000円

相場としては10,000円前後ですが、高い光回線だと上記のように、20,000円を超えるサービスもあります。

光回線を再び乗り換える可能性が少しでもあるなら、違約金ができるだけ少ないサービスにしましょう。

また更新月に合わせて解約すると、違約金が発生しない場合もあるので、解約する場合は調べておくと安心です。

通信速度が安定している光回線を選ぶ

料金が安い光回線を契約しても、通信速度が安定しないと、実用的ではありませんよね?

そこで通信が安定している光回線を利用しましょう。

  通信速度
NURO光 最大2Gbps
auひかり 最大1Gbps

上記の光回線は通信速度が早いと言われており、特にNURO光は公式が発表している速度でも、他の光回線より早いとされています。

auひかりは公式発表だと一般的な光回線と同じ1Gbpsですが、独自で光回線を展開しているため、通信が安定していておすすめですよ。

光回線に満足できないならポケットwifiを選ぶ

上記の方法を使っても、そこまで料金が安くならないのなら、ポケットwifiを利用してみるのもおすすめです。

  料金の相場
光回線 4,000円~5,000円
ポケットwifi 1,500円~4,000円

ポケットwifiとはスマホなどの電波を使って、インターネットに接続できます。

そのため工事などが必要ないので、上記で紹介した工事費も発生しません。

しかも月額料金も安いサービスが多く、光回線よりお得になりやすいのがポイント!もちろん通信が速いサービスも多いので、利用してみる価値はありますよ。

光回線が高いのはポイントを抑えられていないから見直しが必要

電卓を持つ女性

光回線の料金が高いと感じる人は、以下のような原因を意識できていません。

  • 月額料金が高い光回線を選んでいる
  • 無駄なオプションサービスを契約したまま
  • 割引を利用できていない

これさえ意識して契約内容を見直せば、乗り換えをしなくても安くなる場合があります。

とはいっても元から高い光回線を契約していると、高い料金はそこまで変わりません。

そこで安い光回線やポケットwifiに、乗り換えをしてみるのがおすすめです、

その際には以下のポイントを意識して、契約するサービスを決めてみてください。

  • 月額料金
  • 工事費や違約金
  • キャンペーンの内容
  • 通信速度

これだけで高い料金が抑えられるので、かなりの節約になりますよ。

file_copy この記事のURLをコピーする