Category: wifi

料金が安いWiFiの3つ選び方。比較ポイントを覚えて賢く導入

2019.09.03

「WiFiにかかる毎月の金額が気になる」「月々の支払いは安い方がいいけど不安もある」とお悩みではないでしょうか。

この記事では料金が安く、サービスも安心なWiFiの3つの選び方について紹介していきます。

対応エリアや通信制限、プロバイダなどによって異なる内容を知れば、ご自身の利用されている環境に合うものを選べるようになるはずです。

またそれぞれの比較ポイントや注意点についても紹介していきますので、これからの導入をお考えの方は是非参考にしてみてください。

1.WiFi利用はスマホ料金を安くできる

WiFi利用はスマホ料金を安くできる

WiFiの利用は、スマホの通信を節約することでスマホ料金を抑えられます。

WiFiルーターを活用することによってスマホでの通信量を削減し、料金を抑えることが可能だからです。

WiFiを使わないで接続すると、通信量が増えすぎてしまって通信制限を受けることもあるでしょう。

毎日スマホで動画などを見る方やアプリでゲームをする方にとって、通信制限は最大の障害となります。

WiFiの利用でスマホ自体のインターネットの通信量を減らせれば、その分だけ料金プランを安いプランに切り替えられるのです。

このように、WiFi利用はスマホ料金を安くできる多くのメリットがあると言えるでしょう。

2.WiFiの種類ごとの料金相場・目安

WiFiの種類ごとの料金相場・目安

WiFiは種類によって料金の相場が変わります。

自らどういった使用方法でWiFiを導入したいかによって、最適なWiFiは変わってくるでしょう。

2−1.WiFiの種類は3種類

WiFiには主に利用したい目的によって3種類の方法に分類されます。

  1. 出先、家庭など場所を問わずにWiFiを利用したい人は、モバイル回線
  2. 家庭内で安定した高速回線を利用したい人は、光回線
  3. カフェなど特定箇所の店のみで利用したい人は、WiFiスポット

以上のような目的によって最適なWiFiを選択することで、無駄を減らしてより料金を安く抑えられます。

現在の環境でどのようにWiFiを利用したいかを考えて、WiFiの種類を選択してみてください。

2−2.WiFi料金の相場・目安

先程紹介した3種類のWiFiで必要な月々の利用料金相場は以下の通りです。

モバイル回線 3,000円〜4,380円
光回線 3,000円〜5,000円
WiFiスポット 300円〜

となっており、プロバイダや契約内容によって前後します。

またキャンペーンなどを利用することによってさらに安く抑えられる場合や、弊社が運営しているレンタルサービスFUJI Wifiを利用することによって格安で利用する方法もあります。

3.料金が安いWiFiの3つの選び方

料金が安いWiFiの選び方

料金が安いWiFiを選ぶ際には明確な利用目的、プラン選択などの際にコツがあります。

ライフスタイルを考えた上でどのような状況でWiFiを使用したいかを確認してみましょう。

  1. プロバイダを利用する
  2. 自分に合ったプランを選択する
  3. キャンペーンを見逃さない

上記3つに分け、料金が安いWiFiの選び方についてそれぞれ解説していきます。

選び方1.お得なプロバイダを利用する

WiFiを利用する際にはインターネット事業者であるプロバイダを、自身の希望に沿った内容で選択することが重要です。

契約するプロバイダによって、特典やオプション、契約時の内容などが違ってきます。

総合的に考えて安く使いやすいプロバイダを選択しましょう。

また使用しているスマホ会社と同じプロバイダを選ぶと様々な特典が受けられるなど、ご自身の状況によっても最適なプロバイダが変わってくるので注意してください。

選び方2.自分に合ったプランを選択する

WiFiでは月に使用可能な通信量が定められており、利用する頻度を考えてプラン選択が大切です。

例えばオンラインゲームを楽しみたい、インターネットで映画を見たいなどの場合は大容量のデータ通信が必要とします。

しかし、使用可能な通信量が少ない契約を選んでしまっていては満足に楽しめない環境ができあがってしまうでしょう。

そういった場合も考えて、月々の利用が自分に合ったものかをしっかりと確認することが必要です。

多くの場合は無制限のプランを選択することで、結果的に安いプランを選んで容量を追加していくよりも支払いが安くなる傾向があります。

どの場合でも、利用目的に沿ったプランでマッチするものを探してみるのがよいでしょう。

選び方3.キャンペーンを見逃さない

プロバイダによってキャッシュバックや月額割引などのキャンペーンが異なります。

またシーズンによっても様々なタイプのキャンペーンがあるため、安く契約できるタイミングを見逃さないことが重要です。

例えば、弊社が運営しているレンタルサービスFUJI Wifiでは、1週間のお試しキャンペーンを行っています。

もし利用を考えていて、通信速度やエリア、端末に接続できるか不安な場合はキャンペーンを活用して一度試してみてください。

4.安いWiFiを選ぶときの注意点

安いWiFiを選ぶときの注意点

安いWiFiを選択する際には注意すべき点は以下の3つです。

  1. プランによる通信制限
  2. 対応エリアの確認
  3. 解約金の金額

安く契約できたとしても結果的に損をする場合もあります。

それぞれについて詳しく解説していくので参考にしてみてください。

注意1.プランによる通信制限

契約時のプランによっては使い方次第で通信制限にかかることがあるため注意が必要です。

特にモバイル回線を利用の際には、公平な通信容量確保のために一時的な通信制限が起こることも少なくありません。

大容量のデータ利用を行った際に起こるもので、概ね月々7GBまでのプラン、3日でトータル10GBまでのプランが用意されています。

もし多くのデータ通信を利用する可能性がある際には、無制限のプランを選択するようにしておくと安心です。

安いプランの場合は通信制限があるかどうかについても、契約内容を確認してみましょう。

注意2.対応エリアの確認が必要

安いWiFiを利用する際には、自身の利用したい地域やお住まいの地域が対応エリア内かどうかを確認することが必要です。

WiFiの対応範囲はそれぞれの基地局の数にも影響し、安いWiFiの場合は対応エリアが狭くなっている可能性があるため気を付けておきましょう。

利用したいWiFiのホームページで、自身の利用したい地域のエリア判定を行うことでサポート対象地域かどうかを判別できるため契約前に調べておくことが重要です。

WiFiの対応エリアについて詳しく知りたい人は、以下の記事を確認してください。

ポケットWiFiのエリアは必ず確認して!回線ごとの確認方法も紹介

注意3.解約金の金額も確認しよう

WiFi契約時には解約金についての金額を確認しておきましょう。

安いWiFiなどの場合は、月々の支払いが安い反面、途中解約などの際に多額の解約金が必要になる可能性があります

特に短期利用での解約を行うと別途違約金なども発生することがあるため、契約を行う際には特に慎重に選択する必要があるのです。

契約途中で他社に乗り換えたいなどのことがないように、契約前になるべく最新の機種、最適なプランを利用しておくようにしてみてください。

また弊社がレンタルサービスFUJI Wifiでは、途中解約でも解約金がなく、単月でも利用可能となっています。

対応エリアもソフトバンク回線なので広く、月額2,500円〜の格安料金でレンタルすることができるため、WiFiを試しに利用したみたい方にはおすすめのサービスとなっています。

また万が一の安心サポートや、通信制限のないプランもあるため、気軽に大容量利用したいというニーズの方にも対応できるサービス展開も充実しております。

もしライフスタイル上でどの程度の容量を使うか分からない、WiFiがどのようなものか分からないので利用してみたいという方は是非試してみてはいかがでしょうか。

現在も7日間のお試しキャンペーンを500円〜で行っているため、気軽にレンタルできますよ。

まとめ

安いWiFiを選ぶときのまとめ

今回は料金が安いWiFiの3つの選び方について解説していきました。

WiFiを導入することによってスマホ代を安く抑えられる、安定したインターネット利用ができるなどのメリットがあります。

月々のプランに関してもお手頃な料金設定のタイプが増えてきているので、是非この機会に導入や乗り換えを検討してみましょう。

ただし、契約前にはしっかりとプラン内容などを確認し、結果的に高額の利用とならないように注意するのを忘れないようにしてくださいね。

file_copy この記事のURLをコピーする