Category: ポケットwifi

ポケットwifiはどこで買うといい?用途に合わせて賢く選択しよう

2019.08.03

「ポケットWiFiをどこで買うのがお得なの?」

「どこで買うのがいいのか比較するポイントが知りたい!」

このように悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

ポケットWiFiを買う場所を悩んだとき、回線による対応エリア(インターネット接続できる範囲)の違いを知れば、自然にどこで買うべきなのか選べるようになるはずです。

この記事ではポケットWiFiに必要なものと、選ぶときのポイントを詳しく解説していきます。

ポケットWiFiはとても便利ですが、選び方を失敗すると上手く繋がらなかったり、通信速度が悪く思うようにいかないことも多いので参考にしてみてください。

1.ポケットWiFiを使うには?

ポケットWiFiとは持ち運びできる無線タイプのインターネットサービスです。

ポケットWiFiを利用するためには以下の2つが必要になります。

  1. ルーターが必要
  2. インターネット回線が必要

それぞれ見ていきましょう。

1−1.ルーターが必要

ルーターは、パソコンやスマホなどの機器をインターネットに接続するための機器のことです。

ルーター自体がポケットに入るぐらいの大きさなことからポケットWiFiと呼ばれています。

しかし、ポケットWiFiは総称のため「各社で名称が違う」ということも覚えておきましょう。

ルーターは、接続したインターネット回線を利用し、電波を飛ばすことでWiFi接続を可能にするのです。

ですので、インターネット回線の契約をしていないとルーターは利用できません。

1−2.インターネット回線が必要

ポケットWiFiを使うには、それぞれの会社で提供されているプランを契約してインターネット回線を用意しておく必要があります。

プランの内容や対応エリアには違いがあるため、自分がインターネットを使うエリアが含まれているかチェックしてから契約するといいでしょう。

ポケットWiFiの仕組みとか、メリットとかも知りたいという人は以下の記事もご覧ください。

ポケットWiFiとは?仕組み・メリット・契約手順もチェック!

2.ポケットWiFiはどこで買うのがいいか?

ポケットWiFiに必要なルーターと回線の契約は、主に以下3つの場所から可能です。

  1. 家電量販店で買う場合
  2. 携帯キャリアで買う場合
  3. オンライン上で買う場合

結論を先にいうと、急ぎで必要でなければ、ポケットWiFiを買う3つの方法のなかでは「契約が低価格で手軽に購入できるオンライン上で買う方法」がおすすめです。

それぞれ詳しく解説するので参考にしてみてください。

2−1.家電量販店で買う場合

ビックカメラやヨドバシカメラなどの大手家電量販店でポケットWiFiを販売しています。

端末の在庫があれば当日に持ち帰れるほか、ルーターに直接触れて使用感を確かめられるのがメリットです。

店舗によっては、ポケットWiFiの契約で「パソコンやタブレットの購入代金を割引」してくれるサービスを提供しています。

しかし、家電量販店によっては契約の金額設定が高いケースがあるほか、店員によっては知識不足で満足できる説明が受けられない可能性があるので注意しましょう。

2−2.携帯キャリアで買う場合

携帯キャリアで買うときにはdocomo、au、Softbankの携帯ショップから契約します。

スマホや携帯電話の機種変更、新規契約時に店頭で勧められることもあるでしょう。

家電量販店と同様に当日の持ち帰りができるほか、直接触れて使用感を確かめられるのがメリットです。

また、ポケットWiFiについての知識が豊富な点もメリットと言えます。

しかし、スマホとの契約のデータ量を分け合う形の契約や、通信量を補うような契約だと割引があっても料金設定が高いケースがあります。

2−3.オンライン上で買う場合

オンライン上で買う方法は、申込みからすべての手続きをする方法です。

実際に、店舗へ足を運ぶ必要もなく、早朝や深夜でも時間帯を気にしないでも手続きができます。

インターネット上での契約では、各種割引サービスも取り揃えられ、家電量販店や携帯キャリアよりも料金の安さが大きなメリットです。

ただし、直接触れられないことから使用感が分からない、端末が届くまでに時間がかかるなどがデメリットとして挙げられます。

3.ポケットWiFiの種類

一言にポケットWiFiと言っても回線には以下の3つの種類があります。

  1. docomo回線
  2. Softbank回線
  3. WiMAX回線

それぞれの詳細と特徴をチェックしていきましょう。

3−1.docomo回線

docomoが提供している「クロッシィ」を利用したポケットWiFiです。
対応エリアがかなり広く、接続や通信速度が安定している特徴を持っています。

docomo回線の契約は、docomo自体が自社でモバイルルーターを販売しているものや、スマモバやプレミアモバイルなどが代表的です。

3−2.Softbank回線

Softbank回線は、Softbankのエリアと旧イーモバイルのY!mobile(ワイモバイル)のエリアを統合したサービスです。

ルーターは、Y!mobileのポケットWiFiとSoftbankのポケットWiFiの2種類から選べますが、対応エリアはどちらも共有しているのでかなり広く用意されています。

3−3.WiMAX回線

WiMAXの回線は、通信会社のUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。
auとの関連会社なので、auが取り扱うポケットWiFiもWiMAX回線を利用しています。

docomoやSoftbankとは違う独自の回線を使っており、回線速度が速く「速度制限も比較的緩い」のが特徴です。

上記3つの回線を選ぶときには、対応エリアの違いに着目して「対応エリアのもの」を選ぶのがいいでしょう。

ポケットWiFiの対応エリアについて詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

ポケットWiFiのエリアは必ず確認して!回線ごとの確認方法も紹介

4.ポケットWiFiの契約方法は?

ポケットWiFiの契約は対応エリアの回線を持っているプロバイダを選んで行います。

  1. 必要書類を揃えて店舗で直接契約する
  2. インターネット上で手続きして契約する

の2つの方法から選びましょう。

ルーターを購入してインターネット回線を契約するだけなので、携帯の契約とほとんど変わりません。

まとめ

ポケットWiFiをどこで買うのかは対応エリアから考える必要があります。

エリアのチェックと一緒に、料金プランなど詳しく考えていくとお得に購入できるでしょう。

快適にインターネットを楽しむためにも、回線速度や制限などにも注意して選んでみてはいかがでしょうか。

file_copy この記事のURLをコピーする