Category: wifi

WiFiで「認証に問題」になる原因と対処法まとめ

2019.09.10

スマホやPCをWiFiに繋げるときに「認証に問題」が起こることがあります。

このエラーメッセージが出ると、インターネットを快適に利用できません。

ネットを使いたいのに、トラブルが起こると不安になりますよね。

この記事では、WiFiで「認証に問題」になるときの原因や対処法を詳しく解説していきます。

トラブルの解決は難しいようにも感じますが、一度覚えてしまえば簡単に改善できるようになるはずです。

まずは原因から紹介するので、自分の状況を把握するところから始めてみてください。

1.WiFiが「認証に問題」となるよくある原因

「認証に問題」が表示されて頭を抱える女性

WiFiに繋げるときに「認証に問題」と表示されたときの代表的な原因は以下の5つです。

  1. パスワード(暗号キー)が間違っている
  2. SSIDが間違っている
  3. 無線LANルーターに不具合がある
  4. WiFiに繋ぎたい端末に不具合がある
  5. 特定の周波数によって干渉を起こしている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

原因1.パスワード(暗号キー)が間違っている

意外に多い原因の1つが、「パスワード(暗号キー)」の打ち間違えです。

多くのネットワークでは、利用するためにパスワード(暗号キー)が必要になります。

ネットワークによっては、小文字や大文字が混ざっていたり文字数が多かったりと複雑なパスワードが必要になるときもあるので、打ち間違えが出やすいのです。

まずは、暗号キーが正しいかどうか細かくチェックして、改めて打ち直してみましょう。

原因2.SSIDが間違っている

WiFiに繋げたい目的のSSIDが間違っているときも認証エラーが発生しやすくなります。

SSIDとは、簡単にいうと各ネットワークに付けられている名前のことです。

繋げたいWiFiにもSSIDが付けけられているので、事前に確認しておきましょう。

名前が似ているネットワーク名もあり、似ているSSIDに繋げようとしてインターネットが利用できなくなることはよくあります。

ネットワーク名は複雑な名称もあるので、本当に正しいかを確認してからして繋げるようにしてみてください。

原因3.無線LANルーターに不具合がある

電波を発信している無線LANルーター自体に不具合が起きている場合もあります。

一時的な不具合は、ルーターを長期間連続して使用している場合や内部データの蓄積によって起こるものです。

一時的な不具合があると以下のような症状が現れます。

  • 速度がいつもより遅くなる
  • 通信が途切れる(安定しない)
  • WiFiマークの本数が少なくなる

このような症状が現れたら無線LANルーターの不具合を疑ってみてください。

原因4.WiFiに繋ぎたい端末に不具合がある

無線LANルーターに不具合が起きるように、WiFiに繋ぎたい機器に不具合が起きている可能性もあります。

  • PCやスマホなどの本体自体が故障
  • 内部のソフトの設定が変えられている

端末に不具合があるときには上記のどちらが原因なのか判別しなければなりません。

利用している端末やOSによって対処法は変わるので、自分が利用している端末とOSを理解して、適切な対処法を調べることが大切です。

原因5.特定の周波数によって干渉を起こしている

WiFiに使われている代表的な周波数は「2.4GHz」と「5GHz」の2種類です。

 2.4GHz5GHz
概要家電などにも使われる
一般的な周波数
主にWiFiのみで使われる周波数
通信速度やや遅い速い
電波の届きやすさ届きやすいやや届きにくい

5GHz帯は基本的にWiFiでしか使われていない周波数ですが、2.4GHzは電化製品でも使われている周波数なので干渉を起こします。

2.4GHzを他の電化製品の近くにWiFiを設置してしまうと、お互いの周波数が干渉を起こして接続に問題が出てしまうでしょう。

WiFiの周波数について詳しく知りたい人は、以下の記事を確認してください。

WiFiの2Gと5Gの違い徹底比較!通信速度や接続範囲が異なる!

2.WiFiが「認証に問題」となるときの6つの対処法

対処方法を試してWiFiに接続する様子

それでは、いよいよWiFiが「認証に問題」となるときの6つの対処法について解説していきます。

対処法と聞くと難しく感じるかもしれませんが

  1. 無線LANルーターを再起動する
  2. 無線LANルーターの接続可能台数を確認する
  3. WiFiの接続情報を再設定する
  4. WiFiに接続したい端末の電源を入れ直す
  5. OSのバージョンをアップデートする
  6. 設置場所を変更する

上記6つを上から順番に試していけば、思っているよりも意外に簡単に解決できるはずです。

原因が特定できているのであれば、自分の状況に合った対策方法を試してみてください。

対処法1.無線LANルーターを再起動する

無線LANルーターに不具合がある場合は、無線LANルーターを再起動するといいでしょう。

再起動の方法は難しくありません。

ほとんどの無線LANルーターでは、電源ボタンを押すことで再起動できます。

改めて本体をオンにすることで、インターネットの接続状況が改善して、認証トラブルが無くなることがあるので試してみる価値はあるでしょう。

対処法2.無線LANルーターの接続可能台数を確認する

認証トラブルの解決方法の1つに、無線LANルーターの接続可能台数を確認する方法があります。

無線ルーターは、端末を接続する台数に限りがあるので、現時点でどれくらいの端末が繋げられているかチェックしましょう。

例えば、接続可能台数が4台の無線LANルーターに、5台や6台と端末を繋げていると、接続状況が悪くなり、ネットワークが利用できなくなります。

無線LANルーターの接続可能台数は説明書や専用の箱に書かれていることが多いので、調べてみてください。

対処法3.WiFiの接続情報を再設定する

WiFiの接続情報を再設定することで、起きているエラートラブルが解決することがあります。

接続情報の再設定には、「SSIDを確認する方法」と「WiFiのパスワードを再入力する方法」の2つの方法があります。

それぞれの方法をチェックしてみてください。

接続済みのSSIDを確認する

まずは、接続済みのSSIDを確認してみましょう。

間違えたネットワークに接続していることがたまにあり、その場合は問題が起きてしまいます。

目的と違うSSIDに接続していたときは、一度WiFiを切断して、改めて目的のネットワークに繋げるといいでしょう。

すぐに確認できるので、気になった場合はトライしてみましょう。

WiFiのパスワードを再入力する

WiFiの暗号キーを間違えると「認証に問題」とメッセージが出ます。

WiFiのパスワードは、SSIDによっては複雑で長いものもあるので、パスワードによっては、非常に間違いやすいのです。

パスワードは、小文字や大文字の違いにも気をつけましょう。

スマホでの入力だと複雑で長いパスワードは誤入力を起こしやすいので、1文字ずつ確認しながらゆっくりとパスワード入力をすることが大切です。

対処法4.WiFiに接続したい端末の電源を入れ直す

無線LANルーターの再起動も効果的ですが、WiFiに接続したい端末の再起動でも、WiFiの起きている問題が解決する可能性があります。

スマホやPCなど、端末は様々ですが、再起動であれば難しくありません。

再起動する前に、データを保存したり実行中のアプリを停止したりする必要があるので、注意してください。

再起動したあとに、改めてWiFiに再接続してみて問題が発生するか確認してみましょう。

対処法5.OSのバージョンをアップデートする

パソコンやスマートフォンなどのOSの不具合によって、WiFiを認証できないことがあります。

その場合は、OSのバージョンをアップデートすることで、認証エラーを解決することが可能です。

WindowsやiOSなど、OSによってアップデートの方法は違うので、公式サイトでアップデートの方法を調べてみましょう。

また、アップデートするときはネットワーク環境が必要なので、エラーが出ている別のインターネットに繋げて、アップデートする必要があります。

対処法6.設置場所を変更する

周波数の干渉を起こしてしまっているときや、電波が正常に届かないときはWiFiの設置場所を変更する必要があります。

これは、WiFiに使われている電波と電化製品から出ている電波が干渉してしまうからです。

特に「電子レンジ」は強力な電波を使い分子レベルで摩擦熱を発生させて温める機器なので、WiFiから出ている電波と干渉を起こしやすいのです。

最適な設置場所を見つけるときには以下の点に注意してみてください。

  • できるだけ自宅の中心に置く
  • 高い場所を選ぶ
  • 電化製品と離す

設置場所を変えて通信環境を整えてあげるだけでも、認証に問題ができるときの対策として有効です。

WiFiの電波と電子レンジの関係については、以下の記事をチェックしてみましょう。

WiFiは電子レンジの影響で切れる!原因や解決法3選を紹介!

まとめ

快適にWiFiに接続する様子

ここでは、WiFiで「認証に問題」が出るときの原因や対処法について解説してきました。

ネットワークエラーがでるときの原因や対策は様々で、状況によって変わります。

そのため、自分の状況がどの原因に当てはまるかを考える必要があり、対処法についてもよく調べなければいけません。

しかし、ほとんどの場合は簡単に解決できるので、そこまで心配する必要はありません。

今回の記事で紹介した

  1. 無線LANルーターを再起動する
  2. 無線LANルーターの接続可能台数を確認する
  3. WiFiの接続情報を再設定する
  4. WiFiに接続したい端末の電源を入れ直す
  5. OSのバージョンをアップデートする
  6. 設置場所を変更する

上記6つの対処法でネットワークに起きているトラブルが解決できるかどうか試してみてくださいね。

wifiでお悩みの方へ

  • 使用しているWiFiの速度が遅い
  • 少しでも回線料金を節約したい
  • 外でもバリバリ仕事をしたい

上記のようなお悩みの方に、弊社のFUJIWiFiというモバイルWiFiがおすすめです。

  • 月額2,500円~と最安級の格安料金
  • 契約期間の縛りなし
  • 1日あたりの速度制限なしで、4GLTE高速通信

ただいま7日間のお試しが500円で可能なキャンペーン中なので、一度検討してみてください。

今すぐ詳細を見てみる

 

file_copy この記事のURLをコピーする