Category: wimax

WiMAX W04はおすすめできない!スペックや口コミまとめ!

2019.10.21

WiMAXの提供しているルーター、W04についてお調べではないでしょうか。

こちらは高速通信を押し出した機種となっており、そのデザインについても魅力的でファンも多いタイプの機種でした。

しかし現在はW04よりも優れた機種が出ているため、残念ながらおすすめすることができません

今回はそんなW04について、詳細なスペックやメリットとデメリット、また最新機種と比較して現在でも導入すべきなのかについて説明していきます。

もし乗り換えなどを検討している場合には、是非こちらを参考にしてみてください。

1.WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W04のスペック

WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W04のスペック

WiMAXのW04は、正式名称を「WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W04」とよびます。

高速通信が可能となった機種として一躍話題を集めたルーターで、こちらのシリーズでは現在W06が最新機種として販売されています。

W01が2015年に登場し、W04は2017に発表された機種となっています。

2019年にはW06が発表されたため、現在では若干古い型のルーターなので、注意が必要です。

続いてこちらの機種のスペックについてそれぞれ解説していきます。 

1-1.サイズ/重量

W04のサイズは、高さ130mm、幅53mm、奥行き14.2mmとなっています。

W03では横型デザインでしたが、縦型のデザインとなり、サイズとしてはやや大きく変更されている点が特徴的です。

W06ではさらに横型となり薄くなっていますが、どのタイプもサイズとしては大きく変わりません

また重量は、W04が約140g、W03が約127g、W06が約125gとなっており、やや重いタイプのルーターとなっています。

1-2.通信速度

基本的な下り最大速度は440Mbpsとなり、オプションを利用することによって下り最大速度758Mbpsを実現しています。

W03では下り最大速度が370Mbpsであったため、速度に関してはかなり向上している点が魅力的です。

ただし、現在最新機種のW06では下り最大速度1.2Gbpsを実現しているため、速度としては最新も機種よりは劣るようになりました。

通常のインターネット利用を行う上では問題なく利用できる速度は実現されています。

1-3.バッテリーの持ち時間

W04のバッテリーの持ち時間は、休止状態で約850時間、ハイスピードモードのノーマルモードで約540分となっています。

W03ではハイスピードモードのノーマルモード使用で約610分の連続使用が可能であったため、やや全機種よりも劣るバッテリー駆動時間となっている点に注意が必要です。

ただしW06でも同様に、ハイスピードモードのノーマルモード使用時の連続起動時間が約540分となっているため、こちらに関してはあまり差がないものとなっています。

2.WiMAX W04のメリット

WiMAX W04のメリット

W04を使うことで得られるメリットについて、それぞれどのようなものがあるかについて紹介していきます。

こちらは2017年製ということで、登場した当時は光回線に負けず劣らずの高速通信が可能なモバイルルーターとして魅力を集めていました

現在ではそれを上回る後継機種が発売されているため、これから導入を考えている方にとってはメリットについてどうなのかが気になる点です。

順を追って紹介しますので参考にしてみてください。

メリット1.安定した通信速度

W04は前機種や他のルーターと比較しても、通信速度が安定したルーターです。

複数のアンテナから送受信を行う特殊な技術を用いていることで、他の機種にはない高速で安定した通信を確保しており、W04を利用する最大のメリットと言えます。

エリアの拡大を随時行っていることもあって、都会だけでなく地方でも多くサポートできるようになっている点にもついても注目です。

またLTEと併用することで最大速度がさらに上がるなどもメリットとして挙げられます。

メリット2.持ち運びしやすいデザイン

他のシリーズでは横型のデザインがメインとなっていますが、W04では縦型のデザインでスリムなルーターである点が魅力的です。

片手で握り込める程度のサイズ感でポケットにも入れやすく、持ち運びをする上では非常に便利なサイズ感が特徴となっています。

他機種と比較して大きなサイズの違いはありませんが、縦型のルーターの方が画面が見やすい、縦型が好みという人にとってはおすすめできるデザインと言えます。

また縦型のため片手で画面操作が行える点も注目ポイントです。

3.WiMAX W04のデメリット

WiMAX W04のデメリット

高速通信が可能で優秀なルーターとして発売当初より注目されていたW04ですが、現在の最新機種と比較したこちらのデメリットについても紹介していきます。

現在では上位互換とも言える後継機種も登場していきていることにより、端末のキャンペーンやデザインを理由とした場合は選ばれることも少なくなっています。

もしこれから導入を検討されている場合は、こちらのデメリットについても参考にした上で必要性について検討してみてください。

デメリット1.バッテリーの持ち時間がやや短い

他の機種と比較した際に、バッテリーの持ち時間がやや短い点がデメリットとなっています。

常に充電を行いながら利用する環境下であれば特に問題はありませんが、長時間旅行に行く際などには、バッテリーが不足する可能性があるため注意が必要です。

W03と比べて高速な通信が可能になった分、エネルギーの消費量も大きくなっていることが原因ですが、6時間程度であれば連続使用できます。

もし外出先で長時間使用する場合には、別途モバイルバッテリーを持っておくと安心です。

デメリット2.W06に比べて大きくて重い

後継機種で最新のW06のサイズと比較してやや大きく、重量もやや他機種に比べて重くなっている点もデメリットと言えます。

致命的な差ではありませんが、デイリーユースとして使用していく場合にバッグに入らない、重量感を感じるということも考えられるため注意が必要です。

ルーター自体あまり持ったまま使用することがないため、さほど気になる点ではないですが携帯する面において、若干劣る部分がある点については覚えておきましょう。

4.WiMAX W04は選ぶべきなのか?

WiMAX W04は選ぶべきなのか?

現在ではW06と呼ばれる最新機種も登場しており、バッテリー面以外ではW04が勝る点がないため、結論から言えばこちらをあえて選ぶ必要性はありません

デザインが気に入っている、格安で購入できる手段があるなどの場合には利用価値がありますが、長期的に使うにあたって不利となってくる可能性もあります。

なるべく最新の機種を導入した方が安定した利用ができるため、購入する際にはこの点についてもしっかり検討しておきましょう。

5.WiMAX W04を使っている人の口コミ・評価

WiMAX W04を使っている人の口コミ・評価

W04を実際に使っている人の口コミや評価についてもそれぞれ紹介していきます。

こちらは使う人の環境や利用方法などによって評価も分かれてくる部分ではあるため、ご自身の環境と照らし合わせながら参考にしてみてください。

現在では最新機種に乗り換えている人も増加しているため、使用者も減少傾向にある点にも注意しておきましょう。

またクレードルやバッテリーについてもそれぞれどのような評価がなされているかについても紹介していきます。

5-1.WiMAX W04のの口コミ・評価

現在は最新のW06が発売されていることで、二世代昔のモデルとなっていることもあり比較した際には遅さを感じる事があります。

また地域や環境によっても繋がりやすさに差があることが特徴的で、無難に接続できている人も居れば上手く接続できない人もいる状態です。

最新の機種であればアンテナに改善が行われていることもあるため、接続面においては安定しやすい傾向があるためおすすめとなっています。

また今後サポートが縮小することも考えられるため、なるべく最新機種を利用することをおすすめします。

5-2.WiMAX W04のクレードルの口コミ・評価

クレードルを使用して有線接続を行っても、安定した接続状況が得られないということもあるようです。

またW04のクレードルをW06でも流用可能ということもあるため、こちらは乗り換える場合に便利です。

W04自体が既に古い機種となっていることもあって、現状の最新機種と比較してい不安定なこともあるため、クレードルの利用でも接続が改善されないこともあります。

もし最新機種への乗り換えかW04の継続使用を検討している場合は、クレードルを試してもまた使い回しができる点が魅力的です。

5-3.WiMAX W04のバッテリーの口コミ・評価

W04のバッテリーは、ハイパフォーマンスモードで利用する際にはかなり早く消耗するようです。

また充電を行う端子についても扱いにくいという意見もあるため、利用する際にはケーブルについても注意が必要となります。

接続速度を向上させるシステムは前機種よりも上となっていますが、その点バッテリーが早くなくなるという点に気をつけておきましょう。

おおむねバッテリー容量自体が少ないという評価が多くなっており、持ち歩く際には不便となる場合があります。

6.WiMAX W04の初期設定の手順

WiMAX W04の初期設定の手順

W04では初期設定を行うことによって利用が可能となります。

初期設定の方法についてその手順について紹介していきます。

  1. 端末の電源ボタンを長押しして起動する
  2. パソコンやスマホなどの端末でW04を接続してブラウザを立ち上げる
  3. アドレスの入力欄にhttp://speedwifi-next.home/と入力する (こちらでログインできない場合はhttp://192.168.100.1と入力することでも可能)
  4. ユーザー名「admin」、パスワード「任意 (初期設定ではIMEIの下5桁)」でログイン
  5. Speed WiFiの設定画面が立ち上がれば初期設定を選択する
  6. 利用する通信モードやパスワードなどの変更があれば加えていく
  7. 最後にOKを選択すると設定完了の画面が出るため、利用可能かを確認する

以上のような方法で初期設定を行うことができるため試してみてください。

WiMAXの初期設定について、もっと詳しく知りたい人は「たったの3ステップ!WiMAXの初期設定方法を解説」の記事をご覧ください。

まとめ

WiMAX W04についてのまとめ

今回はWiMAXのルーターW04について紹介していきましたがいかがだったでしょうか。

珍しい縦型のモバイルルーターという点が魅力的で、通常に使用する分には問題ありません

現在では更に優秀な後継機種が販売されているため、特段な事情がない限りこちらよりも最新機種の購入がおすすめです。

キャンペーンなどで在庫分が安く手に入ることもありますが、長期契約を行う場合には注意が必要となります。

導入してから失敗しないように、後継機種と比較して検討してみましょう。

file_copy この記事のURLをコピーする