Category: ポケットwifi

ポケットWiFiは自宅でも使える?メリット・デメリットを徹底解説

2019.12.02

自宅でネットを十分に使えるようにするため、固定回線かポケットWiFiのどちらが良いのか悩んでいませんか?

もしかしたら、大容量のデータ通信をするのでポケットWiFiで耐えられるのか気になる人もいるかもしれません。

結論から言えば、ポケットWiFiでも自宅のネットは快適な状況で使えます。

ですが、ポケットWiFiにはデメリットもあるんですね。

そこで今回は、ポケットWiFiを自宅で使うケースに絞ってメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

この記事を読み終わるころには、自分にポケットWiFiが合うのか判断できるようになるはずですよ。

まずは、どうしてポケットWiFiが自宅でも使えると言い切れるのかをチェックしてみてください。

1.【結論】ポケットWiFiでも自宅のネットは十分使える!

【結論】ポケットWiFiでも自宅のネットは十分使える!

結論としてはポケットWiFIでも、自宅でのインターネット環境として快適に使えます。

なぜなら、固定回線に劣らない速度の機種も登場してきており、大容量のデータを送受信するような場合でなければ問題なく利用できるからです。

では、本当に問題なく利用できるほど確保できるのか、通信速度と通信制限について見てみましょう。

1-1.ポケットWiFiの通信速度

大体の平均値はおおよそ400Mbps〜800Mbpsが多くなっています。

しかし、実際利用した際の速度は通信環境によって異なるので20Mbps〜40Mbps程度となることが多いです。

ですが、20Mbpsであれば十分高速な通信が可能となっています。

また、通信速度には上り速度と下り速度の2種類があるんですね。

それぞれの役割を表にまとめてみました。

速度の種類 用途
上り速度 データの送信やアップロード
動画の配信
下り速度 データ受信やダウンロード
動画の再生

データを受信するのに必要な下り速度の方を利用することが多いことから重視されています。

そのため、下り速度の数値が高いほど速度が速い通信環境と言えるでしょう。

1-2.ポケットWiFiの通信制限

固定回線と違って、ポケットWiFiでのインターネット利用の際には通信制限が行われることがあります。

こちらは各社のポケットWiFiによってそれぞれ制限内容が変わってくるんですね。

主要な会社のポケットWiFiを表にしてみました。

プロバイダ 制限にかかるデータ量 制限時間 制限時の最大速度
Softbank 3日間で3GB以上 月間 128kbps
Y!mobile 3日間で10GB以上 翌日18時〜翌々日1時まで 1Mbps
docomo 契約データを超過した場合 月間 128kbps
au 3日間で10GB以上 翌日18時〜翌々日2時まで 1Mbps
WiMAX 3日間で10GB以上 翌日18時〜翌々日2時まで 1Mbps
FUJI Wifi 契約データを超過した場合 月間 128Kbps

プランによっても制限内容に変動があるんですね。

この制限内容の変動は、プロバイダ選びに活かすことができます。

まず、プロバイダを選ぶときには普段使う通信容量を補えるものなのか、どの程度の通信容量が必要なのかをまずは考えてみてください。

次に、目的の通信容量を満たした条件のプランの中から、通信制限のゆるさで絞り込むと良いでしょう。

このように、プロバイダ選びの時には、通信制限についても確認しておくと快適なインターネット環境を整えやすいので参考にしてみてください。

では、次の項目でポケットWiFiを自宅で使った場合のメリットについても見てみましょう。

2.自宅でポケットWiFiを使うメリットは?

自宅でポケットWiFiを使うメリットは?

ご自宅において固定回線ではなく、ポケットWiFiを契約して用意するメリットも存在しています。

  1. 場所を選ばずに使える
  2. 工事の必要がない
  3. 引っ越ししても使える
  4. スマホ代金も節約できる
  5. 月額料金が安い

それぞれ見ていきましょう。

メリット1.場所を選ばずに使える

ポケットWiFiを使用する最大のメリットは、場所を選ばずにインターネットへ接続できる点です。

固定回線では設置した位置を中心に使用場所を考える必要性がありますが、ポケットWiFiの場合はあらゆる場所に移動させて接続できます。

電波を受信できる範囲内であれば、自由度の高いネット利用が可能でしょう。

メリット2.工事の必要がない

固定回線を利用した無線インターネットへの接続では、自宅に回線をひく工事を行わなければいけません。

ポケットWiFiであれば、数週間必要となる開通工事を行う必要がなく、届いたその日から簡単な設定を施すことで快適に使えます。

工事にかかる費用や利用を開始するスピード面でも、固定回線と比較して大きな利点があるのが特徴的です。

WiFiの工事について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

自宅でWiFiを利用するための工事の内容は?工事不要の方法も紹介

メリット3.引っ越ししても使える

ポケットWiFiを用意すれば、自宅に固定での回線が必要とならないため引っ越し先でそのままインターネット環境を持ち運べます。

引っ越し先がエリア圏内であることの確認は必要となりますが、特別な手続きなどは必要なくそのまま引き続き使用を行える点が固定回線にはない魅力です。

もし引っ越しを控えている場合にも、安心して導入できる点も便利となっています。

WiFiの引っ越しについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみましょう。

引っ越し先のWiFi環境はどうする?早めの準備と事前調べが大切

メリット4.スマホ代金も節約できる

スマホでインターネットをよく利用する場合は、外出先などでもWiFiを併用することができるため、結果としてスマホでのデータ送受信を抑えることができます。

これによってスマホ代金を節約することが可能で、速度制限などの対策にも便利です。

別途ルーター側での料金は必要となってくるため、もしスマホでのデータ通信量が多い場合には有効な方法となっています。

ポケットWiFiとスマホの組み合わせについて詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

ポケットWiFiとスマホで節約!接続方法と4つのポイント

メリット5.月額料金が安い

現在はポケットWiFiの月額料金も下がってきているため、固定回線と比較してもあまり差がなく安い料金での使用をおこなうことができます。

無制限プランに関しても、制限ありのプランと比較してあまり差がない料金設定で使用することができるポケットWiFi利用者の中でも特に人気です。

キャンペーンなども上手く取り入れることでさらに安い月額料金まで抑えられますよ。

3.自宅でポケットWiFiを使うデメリットは?

自宅でポケットWiFiを使うデメリットは?

固定回線と比較して、自宅でポケットWiFiを使う際にはデメリットとなる点も存在しています。

そこでメリットに加えてデメリットとなる点についても検討を行い、ご自身の環境に合うかどうかを考えてみてください。

デメリット1.通信状態が安定しないことがある

ポケットWiFiの場合には、近くの基地局から無線での電波を受信して接続を行うため、電波自体が安定しないことがあります。

周囲の電波の干渉や自然環境などの影響も受けやすくなっているため、固定回線と比較した場合には通信の安定性の面で劣ります。

もし安定した通信が必要な場合、頻繁に通信が切断すると困る場合などには有線での接続を行う方がおすすめです。

良好な環境下で無線LANを利用できている際には問題ないこともありますが、安定性が高いのは有線である点については注意しておきましょう。

ポケットWiFiの有線接続について詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になりますよ。

ポケットWiFiを有線接続する方法を徹底解説!

デメリット2.固定回線よりも通信速度が落ちる

現在ではポケットWiFiでも高速通信が可能な機種が出てきていますが、固定回線の最新機種などと比較すると通信速度の最大値は落ちます

そのため高速な通信が必要となるオンラインゲームやオンラインでの高画質の映画を視聴する際にはポケットWiFiでは通信が安定しないことがある点に注意が必要です。

もし高い通信速度が必要な回線利用を行う可能性がある場合には、ポケットWiFiでも十分に通信速度を確保できるのかを確認しておきましょう。

4.あなたはポケットWiFi?固定回線?

あなたはポケットWiFi?固定回線?

ポケットWiFiが良いのか固定回線が良いのか悩んでいる人は多いと思います。

結論から言うと、外でインターネットを利用する人や一人暮らしの人にはポケットWiFiがおすすめできます。

固定回線は、主に家でインターネットを使うことが多く、安定した通信環境を整えたい人におすすめと言えるでしょう。

どうしておすすめできるのかをそれぞれ解説するので参考にしてみてください。

4-1.ポケットWiFiはこんな人におすすめ

ポケットWiFiを用意する際は、どのような人におすすめできるかについてそれぞれ紹介していきますので参考にしてみてください。

  1. 外でインターネットを利用する人
  2. 一人暮らしであまり多くの台数の接続を行わない人
  3. 環境が都会的な人
  4. あまり頻繁にインターネットを利用しない人
  5. 家に居る時間が少ない人
  6. 光回線が用意できない地域の人

以上のようなタイプに当てはまる場合は、ポケットWiFiの方が比較的使いやすく向いていると言えます。

対応エリアに注意を

ポケットWiFiを利用する場合には、対応エリアの範囲内であるかどうか注意しておく必要があります。

公式ホームページから、ピンポイントエリア判定を行うことで利用する地域がエリア内であるかどうかを確認することができます。

もし対応エリア外の場合は利用することができないため、契約前に利用したいエリアの対応の可否について確認しておくようにしましょう。

また外出先で利用したい場合にも、エリア判定を事前に行っておくことが重要です。

ポケットWiFiのエリアについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ポケットWiFiのエリアは必ず確認して!回線ごとの確認方法も紹介

4-2.固定回線はこんな人におすすめ

固定回線を利用する場合には、どのような人がおすすめとなるのかについてもそれぞれ紹介していきますので、参考にしてみてください。

  1. インターネットでオンライン動画などをよく見る人
  2. データ通信量の多いオンラインゲームなどをよくプレイする人
  3. 家族で多くの端末を繋ぐ可能性がある人
  4. 安定したインターネット接続が必要となる人
  5. あまり外出先でインターネットを利用することが少ない人
  6. 住んでいる家が一軒家など広い場所で利用する人
  7. 田舎などでポケットWiFiの電波が届きにくい人

以上のような項目に当てはまる人は、固定での回線を使用する方がおすすめとなっています。

もし余裕がある場合にはポケットWiFiと併用することで更に便利となりますが、どういった環境でどの程度インターネットを利用するかなども含めて検討してみてください。

WiFiの固定回線について知りたい方は、以下の記事をチェックしてみると良いでしょう。

【自宅向け】家用WiFiの料金目安と選び方

まとめ

まとめ

今回はポケットWiFiが自宅でも快適な環境を整えられるかについて、比較を行いながら紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。

大容量の通信をしなければ、家でも外でも快適なインターネットを楽しめるようになるはずです。

向き不向きなどがありますので環境と照らし合わせて検討してみてください。

またポケットWiFi自体にも様々なタイプがあるため、ご自身の環境や利用状況に合ったものを選択すると良いでしょう。

file_copy この記事のURLをコピーする